11月30日はカレー記念日

カレー記念日

キーワード 「老後」を加えて 検索す

11月30日はカレー記念日

いまねえ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

じじょうくみこのオバサマー

祝宴狂想曲(4)ロマンティックが止まらない(師匠の!)

前回のつづきです。

これまでのいきさつはこちらをどうぞ。

祝宴狂想曲(1)はじまりはいつも姉。

祝宴狂想曲(2)ドレス砦の三悪人

祝宴狂想曲(3)誰が為に鐘は鳴る、きくえの為。

 

 

カモメ

 

 

月日は百代の過客にして、行き交う年もまた旅人なり。

なんて芭蕉的な洒落たつぶやきをするひまもなく、時はあっちゅう間に過ぎて地元祝宴の日が迫ってまいりました。

 

仕事の都合で直前に現地入りするザビ男を置いて、わたしはひと足お先にじじょう家に里帰り。とはいえ久しぶりの実家でのんびり…などといった余裕は一切なく、着いたその足で母上と姉きくえを引き連れ、問題のドレスショップへ出向くことになったのでありました。

 

そのお店はドレスショップというかザ・貸衣装屋といった風情で、人通りの多い観光地の片隅に店舗を構えておりました。ガラス張りの入口からは赤青黄色とド派手な衣装が所狭しと並んでいるのがよくわかり、その迫力に少々気後れしていると、背後からひとりの男子がひょっこり現れて「じじょう様ですかあ~」と声をかけてきました。なるほど、これがあの電話の主か。

 

「ドレスのお試着していただきますので、お2階へどうぞ~」

 

 

サダカメさん、という名の担当さんは、ひょろりとした長身のメガネ男子。電話の印象そのままの頼りなさそう感に不安を抱きつつ、階段をのぼると2階には制服姿の女性が3人待ち構えておりました。そのメンバー構成を例えて言うなら

 

 

和田勉寄りの内海桂子

渡鬼レベルの泉ピン子

事務員風味の山村紅葉

 

 

つまりは圧倒的存在感の熟女陣だったのでありました。

 

 

「いらっしゃい、じゃあね、こちらへきて、このドレスを着てくださいよ」

 

どんなドレスがお好みかとか、サイズは何号かとか、東京のドレスショップでさんざん聞かれたようなヒアリングは一切されないまま、内海桂子師匠はわたしを一瞥したあと1着のウエディングドレスを出してきました。それは、なんというかわたしの口から言うのもおこがましいほどの

 

全身ふりっふり、ブリッブリの超ド甘ロマンチックドレス

 

 

dress1

※写真はイメージです

 

 

実物はこの写真よりもっと、なんていうんでしょう、コスプレ感きつめな感じ? 全体に魚のひれのようなフリルがふわふわびっしりついていて、トレーンもかなり長め。てかデザインが完全にギャル向け。あまりの衝撃に思わず「こ、これを着るんですか……?」と聞いてしまったのですが、内海桂子師匠は何を言ってるのかしらといった表情で「まずはサイズを見ないといけないから」と有無を言わせない圧力感。

 

ショックで硬直している間にピン子と紅葉に「さささこちらへ」と奥の試着室へ連行されたのですが、試着室っていうかそこは軽く間仕切りしてあるだけのだだっ広いスペースで、うっすら仕切り開いてるし、桂子もピン子も紅葉もそばでウロウロしてるしってところで「じゃあぜんぶ脱いでくださいねー」

 

 

 

あ、ハイわかりましたー

 

 

 

って言えますかっての!

 

 

生命の危険を感じたのですぐさま隅っこに移動して「あの! ドレス用の矯正下着を持ってきたので! 着けていいですか!」と叫ぶと「いいですよー」とピン子。落ち着けくみこ、一瞬だけ我慢すればいいのだ、すべては母上のため…と自分に言い聞かせながら下着を装着し、震える手でドレスに袖を通したのですが、そもそもこんなドレスを着こなせるカラダでないことは誰が見ても明白なのに

 

ピン子「あらあー、ちょっときついわねえ…」

紅葉「ここもうちょっと上げればいけるんじゃない?」

桂子「これは下着を着けないほうが入るんじゃないの、脱いでもらおうか」

 

と熟女たちは口々に話しながら、ドレスの背中をぐいぐい締め上げてくるのです。そうしてどうにか装着できたところで「じゃあこちらへお願いしまーす」

 

って促されてもこの状態! このドレスの端という端からミートがオンしてオープンエアしているこの状態で! みんなの前に出ろと! そうおっしゃるのですか桂子師匠!

 

そんなわたしの焦りなどおかまいなしに間仕切りは開かれ、わたしのボンレスドレス姿が白日の下にさらされたのでありました。

 

 

「あーーーーーーー……」

 

 

あーーってね、言うよね一同言っちゃうよねーと泣きそうな気持ちになっていたのですが、そこにすかさず母上が

 

 

「わーーきれいきれい(・ω・)」

 

 

ってヤダやめて? 他の人はともかくあなたは? あなたのために決死の覚悟でこれ着てる娘に対して大人の対応するのやめて?

 

 

「すいませんが、このドレスはムリです…( ;  ; )」

「そうですかあ~? そうですねえ~」

「もっとシンプルで、すそがないドレスを希望しているんですけど…( ;  ; )」

「でもねえ、お客様に合うサイズのドレスは、このドレス含めて3着しかないんですよー」

 

 

3着くうーーーーー!!!

 

 

この部屋いっぱいに並んだドレスの中で、わたしに与えられた選択肢はわずか3着! 今着ているのは完全アウツなので、正しくは2着! ああ、とてもじゃないけど着こなせる気がしない。今すぐ島に帰りたい気分でいっぱいになりましたが「ささ、次のドレスを!」とピン子と紅葉に両サイドから羽交い締め状態で再び試着室に連行。

 

 

 

dress2

※写真はイメージです

 

 

 

 

ええ確かにね、「シンプルがいい」とは言いました、ええ言いましたけども

 

 

シンプル=布が少ない❤︎

 

 

ってことじゃないんですーーー!!!(号泣)

 

 

 

わたしがこれまで避けつづけた肩&腕丸出しのチューブトップ、おまけにスカート部分は前のドレスよりもレーシイなデザインで、常軌を逸したフェアリー感です。ショッキングすぎてなんなら意識を失って別の人格出してきましょうかってレベルになってきたところで、

 

 

「肩を出されるのは、ちょっとご不安ですか?」

 

 

そうだよ紅葉! よく言ってくれた! ブンブンブンと音がしそうなくらい激しくうなずくと、

 

 

「そういうときはベールをつけると隠れますよー(・ω・)ノ」

 

 

 

dress3

 

 

 

 

いやいやいやいや

目隠しになってませんから…………(むしろフェアリー感倍増)

 

 

 

放心状態で立ちすくんでいるうちに「最後のはちょっと昭和感があって古臭く感じるかもしれませんが、さささ」とピン子&紅葉にまたもや連行。非現実感もここまでくるとアレですね、人って何も感じなくなるんですね。もはや人形のように機械的に袖を通し、最後のドレスを装着。

 

 

 

201510011659000

 

 

プリンセス感ハンパない……

 

 

全面オーガンジーに花柄の刺繍が入った、恐ろしく乙女チックなデザイン。救いは肩も背中もしっかり隠れて安心ってことと、全体が軽くてトレーンも短いので自分でさばけるってところでしたが、何より

 

「うんうん、いいよ、これがいいね♪ これなら食事会に着ていっても大丈夫だね」

 

という母上のひとことで、このドレスでお披露目することに決定したのでありました。

 

 

どうにか肩出しは避けられたものの、これ着てみんなの前に立つのかと考えるだけで、ため息と一緒に体内から何か邪悪なものを吐き出してしまいそう…。どんよりしながら「せめてスカートはできるだけコンパクトに…( ;  ; )はい、パニエはなくてもいいです……( ;  ; )それで撮影するスタジオはどこなんですか……( ;  ; )」と確認すると、桂子師匠とサダカメくんが今まで見たことのない満面の笑みで

 

 

撮影は外ですよー。みなさん、ここから歩いて表へ出て、海岸沿いで撮影されるんです。素敵なお写真撮れますよー♪」

 

 

 

 

 

 

 

え( ゚д゚)

 

 

 

え、ちょ、え(O_O)

 

 

 

 

 

えええええーーーー!?((((;゚Д゚)))))))

 

 

 

 

 

 

外って言いましたネエネエいま外って言いました? 外の海岸ってそれ…

人でいっぱいのド観光地なんですけど!!!

 

 

 

ああ神様、どうかどうか師匠のロマンチックを全力で止めてください………。

 

 

(失神寸前でつづく…)

 

 

 

Text by じじょうくみこ

Illustrated by カピバラ舎

*「じじょうくみこのオバサマー」は毎週火・木・土曜日更新です。


じじょうくみこのオバサマー 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • はしーば

    「ドレス砦の三悪人」はここへつながる伏線でしたか!
    なんて関心している場合じゃありませんね。

    ああ、くみこさん、これがリアルタイムの出来事なら、この私が、全くの他人でも許されるなら、三悪人から救い出して差し上げられるものを。

    しかしながら、ここまでのドラマチック過ぎる展開を楽しみにして、もとい、ハラハラしながら見守っているじじょくみファンは決して少なくはないと思うのです。

    次回、ドキドキの青空撮影会。
    妄想が暴走しないようにしないと❤️

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>はしーばさま

    こんにちは!あちらでもこちらでもコメントありがとうございます♪( ´θ`)ノ

    あ、そういえばそうですね(いま気づいたすいませんw)
    いやー本当に、キョーレツな熟女陣でございました・・・。
    なすがままで迎えた当日談、しばしお待ちくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

今週の「どうする?Over40」

どうする?コロナ。どうなる?わたしの年末年始。

昭和乙女研究所

お菓子編 復刻してほしいもの

カレー記念日 今週のおかわり!

薬局で 勧められたよ あの薬

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

SUQQUのアイシャドウとその効果

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第27回 配偶者呼称問題(女性編)

50代、男のメガネは

叱らないとしんどいよ。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ロコモな私:鶏もも肉の甘辛炒め

日々是LOVE古着

子どもの頃の宝探し

なんかすごい。

カリーナさんの本

出前チチカカ湖

第163回 最近なくしたものを語ろう

OIRAKUのアニメ

第43回 日本沈没2020劇場編集版 オーディオ・コメンタリー付き上映

これ、入るかしら?

vol.74 ドレスとカジュアル

いどばた。

誕生日がいっしょな有名人は誰ですか?

これ、買った!

耐久 メガネのくもり止め買った!

わたしをライブに連れてって♪

みなさん、ZOOMしてますか

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ゆるふわゲストハウスへ、ようこそ!

絵手紙オーライ!

わたしの模写修行(棟方志功)

黒ヤギ通信

ゆっくりと

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

ワクワクしたら着てみよう

冬のペールトーンコーデにワクワク~♡

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

大神降臨

猫No.23  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

大神降臨

猫No.23  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up