12月4日はカレー記念日

カレー記念日

洋服は 似合うかよりも 入るかどうか

12月4日はカレー記念日

都忘れ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

じじょうくみこのオバサマー

祝宴狂想曲(5)バケモノの子は、ブレイブハートで。

前回のつづきです。これまでのいきさつはこちらをどうぞ。

祝宴狂想曲(1)はじまりはいつも姉。

祝宴狂想曲(2)ドレス砦の三悪人

祝宴狂想曲(3)誰が為に鐘は鳴る、きくえの為。

祝宴狂想曲(4)ロマンティックが止まらない(師匠の!)

 

カモメ

 

 

ついに、わが故郷で食事会の日がやってまいりました。

 

司会進行はどうするのか問題(食事会なのに!)、ドレスは着るのか着ないのか問題(10人しか来ないのに!)、引き出物はつけるのかつけないのか問題(会費制なのに!)、そもそも姉きくえが一番ふりふりドレス着たいんじゃないか問題(諸悪の根源)など、普通の食事会なら発生しないはずの諸問題が浮上しては炎上し、当日を迎える前からすでに疲労困憊。

 

ですので後から現地入りするはずだったザビ男から、まさかの天候急変で「船が欠航で島から出られなくなった」と連絡が来たときは

 

天の恵み………(TдT)

 

と神に心から感謝したい気持ちになりました。

 

そして数時間後にザビ男から「飛行機に滑り込んだ! ギリギリ間に合いそう」という悲報が届き、一瞬浮き上がったぶんダメージ倍増したじじょうくみこでございます。

 

せめて外撮影がなくなりますように…というわたしの切なる願いもむなしく、当日は朝から爽やかな秋晴れ。貸衣装屋の前で待っていたサダカメくんの「最高のロケ日和でよかったですねえ~」という屈託のない笑顔に軽く殺意を覚えつつ、その日は早朝からヘアメイクを済ませて衣装を着こみ、朝のうちにプロカメラマンによる写真撮影、終わったら衣装を着たままホテルへ移動してランチ食事会…というスケジュールになっておりました。

 

貸衣装屋のドアを開けると、内海桂子師匠、泉ピン子、山村紅葉(あくまでイメージです)の熟女3人が相変わらずのド迫力でザビ男とわたしを待ち構えておりました。「さささ、こちらへ座って」と鏡の前に座らせられ、ザビ男はタキシードを選びに奥へ連行。東京ではあれほどタキシードを嫌がったザビ男ですが、今回はまな板の上の鯉状態でハイハイと素直に従っているのが不思議です。(熟女パワーか?)

 

椅子に座ると、ピン子がおもむろに道具を取り出し、あれこれいじり始めました。あ、ピン子がヘアメイクさんなのかーと寝ぼけた頭でしばらく見つめていたのですが、あれそういえばドレスのことで頭がいっぱいだったけど、よく考えたらヘアもメイクも打ち合わせしてないんじゃないか? と気づいたときには時すでに遅し。

 

こっちを塗り塗り、あっちをぐりぐり、あれ今日ってバレエの発表会か何かでしたっけ?と思うほど、ピン子は舞台化粧かと見まごう厚さでありったけの化粧をわたしの顔面にほどこしているのでした。アイラインもグリッグリと、ぶっとく描かれてパンダ状態。最後には長いつけまつげを取り出してきたので「え、それつけるんですか!? ちょっとメイク厚すぎじゃないですかっ!?」とピン子に声かけると、

 

「あらあ~そんなことないわよお。これぐらいやらないと、ドレスに負けちゃうのよ。ドレス着たらちょうどいいって思うから安心して。つけまつげ、初めて? だーいじょうぶだいじょうぶ、しばらくしたら重さに慣れてくるから」

 

ピン子はわたしの抗議などお構いなしに、マッチが20本くらい乗るんじゃないかってくらいのロングつけまをドスッと装着し、メイク完成。鏡を見て

 

「これが……わたし………?」(暗黒方面に)

 

 

ギャルメイクをほどこされた衝撃で無言になったわたしに、ピン子はさらに畳みかけてきます。

 

「髪型だけど、何か考えてる? 希望はありますか?」

「…もうできるだけコンパクトに! 小さくひとつに! まとめたいです! なるべく派手じゃないようにお願いします…」

「あ、そーお? じゃあね、2つやり方があるんだけど、どっちがいいかしら」

 

 

 

heir1

「こういう風に上にまとめるやり方と」

 

 

hair2「サイドにまとめるやり方」

 

 

 

 

いやいやいやいや

おかしくない? 提案まちがってない? ピン子さんそれ誰がどう見ても

 

キャバ嬢の盛り髪

 

ですけど!

 

まさか本気? 本気で盛るつもりなの? ウェディングなのにそんなことあるかい、と思ってふと隣でヘアメイクしていた若いお嬢さんを見ると

 

 

hair3

盛っちゃってるよねえ〜〜( ;  ; )

 

 

20代の若いギャルなら、それでもよかろう。けれどこのお店は、目の前にいるもうすぐ50になろうかっていう中年女性の肌感とか雰囲気とかいうものに一切フィットさせる気がないようです。「いやもっとこう、コンパクトに!まとめ髪に!地味にしてください!」と精一杯の抵抗はしてみたものの、「あらそーお?」とピン子はちょっと不服そうに、でもしっかりと盛るところは盛って、エクステ満載のギャルヘアを完成させたのでありました。

 

 

 

左4c

あれなんだろう震えが止まらない

 

 

 

 

 

「じゃあドレスを着てもらいましょうか」

 

 

ザビ男の衣装をひとしきり仕切り終わった風の内海桂子師匠と山村紅葉がやって来て、1階の奥の更衣スペースに先日選んだ(痛恨の)プリンセスドレスをスタンバイ。ところがそのスペースはトイレの個室くらいの狭い空間で、下着姿に着替えるので精一杯でした。「ちょっと厳しそうね、いま誰もいないから、こっちに出て着てもらえますかー」と紅葉に促され、下着のままドレスを抱えて更衣スペースを出ると、

 

いや紅葉!紅葉!紅葉! ここ店頭ですやん!

ガラス張りで外から丸見えですやん!!!!

 

 

店の目の前にある横断歩道の向こうに、観光客らしき集団が歩いているのを確認しながら、そそくさとドレスを装着。「誰も見てなくてよかったですねー」って紅葉! 安心のしかたがまちがってますから!

 

いやーすごいな、このお店。熟女たちの行動がラフすぎて、だんだん面白くなってきました。そうして準備オッケーになったところで、タキシード姿のザビ男が登場。どんなホストっぽい衣装を着せられたかと思ったら、予想外にシックな装い。なんだ熟女たち、扱いがずいぶん違うんじゃないか。あまりの不公平感にブツブツ言っていると、ザビ男がわたしを見てニヤリとひとこと、

 

 

「バケたねえ~( ̄ー ̄)ププ」

 

 

そのひとことで、もう今日は全力で笑いを取りにいく方向でがんばることに決めました。

 

母上、姉上、その他のゲストのみなさんも店の前に集合した模様。きらきらキャバ嬢ヘアメイクと、ぷりぷりプリンセスドレスと、ありったけの勇者の心で、じじょうくみこ48歳。人だらけの観光スポットでのフォトウエディングという戦場におもむいてまいります!

 

(熟女が強烈すぎて終わらなかった…来週へつづく…)

 

 

Text by じじょうくみこ

Illustrated by カピバラ舎

*「じじょうくみこのオバサマー」は毎週火・木・土曜日更新です。


じじょうくみこのオバサマー 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • アメちゃん

    じじょくみさん。とことんまでオモシロい。。。

    昔読んだ田辺聖子さんのエッセイに
    「本人が面白ければ、その子の人生も面白くなる」
    と書かれてたんですけど、まさにそんな感じですね〜。
    なにかもう
    お天気も登場人物も、面白いネタとして
    「引き寄せてる」としか言いようがない^^。

    私常々、ここ数年の成人式の女の子のヘアメイクが変だと、
    着物仕様じゃない!とおもってるんですけど
    ヘアメイクをする人が、がんばっちゃうんですね。納得しました。
    そーいえば
    以前勤めてた会社の同僚が結婚した時に
    あとで写真をみせてもらったら、文金高島田だったんですけど
    メイクがエレキテル連合みたいになってて、本人も「やり直したい、、」って言ってましたよ。

  • okosama

    じじょくみさん、こんにちは(^^)

    前回までは、なんちゅうお姉さんやねん⁈とやや憤りを感じていた私ですが、ザビ男さんの言葉で正気?を取り戻しました(笑)。
    やっぱり、ええわ〜。どんどんハマっていくお話、好きですわ〜。
    それでこそ、じじょくみさん!

  • いまねえ

    いやあぁぁ。。
    前回の記事はFaceBookの更新紹介で「職場でご覧の方はおきをつけください」と
    あったにもかかわらず、うっかり会社の食堂で読んでしまい、食後の会話を楽しんでいた
    友人達の中で突然、「うぷっ・・」と噴き出し失態を演じてしまいましたので
    今回は誰もいない居間で存分に堪能させていただきました。
    こうなると、こちらもハラハラドキドキ、ではありませんね、素直にまな板の上の鯉が
    ぴくぴく跳ね上がるが如く、私もお腹をひくひく震わせ筋肉痛を楽しみます!
    婚礼衣装と同じに、メイクも一生一度の大行事!と奮発なさるのでしょうかね?・・

  • はしーば

    ほんとにあの婚礼関係のヘアメイクの方々のハンパない頑張り様ってなんなんでしょうね。

    一度目の結婚式(二度目は式やりませんでした)のメイクリハで、ヅカメイクばりに盛られ、電車で帰らなければならないことに気付いた私は、駅のトイレに駈込みツケマを引っぺがした経験者です。

    やはり、「ドレスに負ける」と残念そーに言われましたが、本番はメイクさんを拝み倒し、自分でメイクしましたよ〜。

    それにしても、流石のくみこさん、切り替えが素早い❗️
    ザビさんの一言もニクい(^ν^)

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>アメちゃんさま

    こんにちは!コメントありがとうございます〜( ´ ▽ ` )ノ

    いえいえ、今回はわたしの人生の中でも突出した「事件」でしたので
    もうネタはないです(笑)

    でも本当に、いまどきは卒業式や結婚式など盛り盛りにするんだなあ〜と実感しました。
    実際、隣でヘアメイクしていた女子は盛りヘアメイクでも全然違和感なかったんですよ。
    あーこんな雰囲気の子、卒業式なんかで見たことあるなーと。
    なので単純なジェネレーションギャップかもしれませんね(ー ー;)

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>okosamaさま

    こんにちは!コメントありがとうございます〜♪( ´θ`)ノ

    いやもうたぶんこんなドタバタ、一生で二度とないと思いましたので
    たっぷり書かせていただいてます。逆に、もう二度と勘弁ですね(爆)

    ザビ男は常に情緒が安定しているので、
    いつもアワアワしている身としては
    大変助かっております( ̄▽ ̄)

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>いまねえさま

    いまねえさま!コメントありがとうございます〜。
    不審者化させてしまい大変失礼いたしましたm(_ _)m

    もうね、ここまでキョーレツなキャラがそろうと
    わたしじゃなくても、まな板の上の鯉になると思います(笑)

    あと、よく考えたら昔の結婚式は
    花嫁が前衛舞踏かってくらい白塗りのこともありましたので
    方向性が変わっただけで厚塗りに変わりはないのでしょうか…?

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>はしーばさま

    こんにちは!コメントありがとうございます〜♪( ´θ`)ノ

    「一生に一度ですから」「悔いの残らないように」など
    結婚式がらみにはいろんな殺し文句がありますが
    「ドレスに負ける」も立派な殺し文句なんでしょうねー。
    何をもって勝ち負けを決めるのか、はなはだ疑問ですが(笑)

    あーでもそうか、自分でやりますって言えばよかったんですね!
    ピン子に押し切られてしまい無念でございます。。。

  • 爽子

    ウッウッゥ。腹肉の痙攣が止まりません。笑わしてもらいました。
    お家の皆さん、さぞお喜びだったことでしょう。
    わたしは、結婚式のお支度部屋で、隣の花嫁さんは、付けまつげを付けて貰ってるのに、わたしには、、、。
    羨ましくて、お願いしたら、必要ありません!て、冷たいのなんの。
    わたしの花嫁メイクは、ファンデーションさえ白目でしたが、変身願望を全く満たさないものでしたわ。懐かしく思い出されました。
    ホテル美容室のエステに行ってないと意地悪されるんですね。
    お色直しの時の口紅の色が気に入らず、その色は絶対いや!と、山村紅葉に反抗しましたわ。
    朱色の口紅、美空ひばりかと思いましたわ。

    大人の結婚式って、置いた両親を安心させたり、喜ばせたり、そんな意味合いも加わってくるので、大変ですね。
    気持ちはきっと通じたはず。
    話が続くのすごく嬉しいです。
    ありがとうございます。

  • 爽子

    わ、すみません。
    置いた←老いた

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>爽子さま

    わー!すいません、コメント遅くなりました(ー ー;)

    なるほど、逆に徹底的に変身したい方もいらっしゃるのですね!
    でも、そんなそっけないメイクがエステ非利用のはらいせ・・・・?
    なんという了見の狭いことか!
    ホテル提携のドレスショップを使わないと披露宴でサービスが悪い、など
    婚礼業界ではいろんな噂をいまだに聞きますねー。。。

    どちらにしても、お疲れさまですお互いw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

絵手紙オーライ!

ときにはペンスケッチで・・・

50代、男のメガネは

いや、もうボクはいいです。

これ、買った!

GUのオーバーサイズハイネックニットチュニックを買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

手紙 を書いて: かぶと干し海老のトロ煮

今週の「どうする?Over40」

どうする?コロナ。どうなる?わたしの年末年始。

昭和乙女研究所

お菓子編 復刻してほしいもの

カレー記念日 今週のおかわり!

薬局で 勧められたよ あの薬

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

SUQQUのアイシャドウとその効果

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第27回 配偶者呼称問題(女性編)

日々是LOVE古着

子どもの頃の宝探し

なんかすごい。

カリーナさんの本

出前チチカカ湖

第163回 最近なくしたものを語ろう

OIRAKUのアニメ

第43回 日本沈没2020劇場編集版 オーディオ・コメンタリー付き上映

これ、入るかしら?

vol.74 ドレスとカジュアル

いどばた。

誕生日がいっしょな有名人は誰ですか?

わたしをライブに連れてって♪

みなさん、ZOOMしてますか

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ゆるふわゲストハウスへ、ようこそ!

黒ヤギ通信

ゆっくりと

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

ワクワクしたら着てみよう

冬のペールトーンコーデにワクワク~♡

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

避難場所

猫No.70  by 伽羅

猫大表示&投稿詳細はこちら!

避難場所

猫No.70  by 伽羅

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up