7月19日はカレー記念日

カレー記念日

「わかりみが深い」と ついに言ってみた

7月19日はカレー記念日

Comet

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.16】 話を盛るクセがあります。

まるっきりウソというのはないのですが
見栄なのか、つい少し話を大きくしてしまいます。
 自覚しているのは数字が多く、友達に
今まで付き合った人の数(2人なのに4~5人かな、 と言いました)
 外国に行った回数(一度なのに3回)
と、盛って言ってしまいました。
 二度同じことがあったりすると、何度も、と言いがちですし
会社でも、タイヘンな仕事をさせられると
実際より大げさに、自分がいかに苦労したかを
 アピールしてしまいます。

 誰しもたまにはそういうことがあるのかもしれませんが
自分の今までを振り返ると
意味もないのに、無意識にやってしまっていることも多いです。

こんな習慣、やめるにはどうすればいいでしょうか。

(30代 メリー)


 

まゆぽ:
どうしてどうして出チチでの相談は
「そうそう、わたしもそうなの」な内容ばかりなんでしょう!?

盛ります、わたしも、ついつい。

こないだの土曜日に実家に行った時、
「電車すっごい混んでた。全然座れなくて、疲れたよ〜」と
母に愚痴りましたが、
ほんとは半分くらいのところで目の前の席が空き、
20分は座って寝ました。

こういうの、ダメですか、やっぱり?
やめた方がいいですか?

って言うか、良心の問題なんでしょうね。
メリーさんがそういうことで「やってしまった」と凹むなら、
やらないですむ方がいいですよね。

そこで、考えたのは「具体的数字は言わない」案です。

付き合った人? う〜ん片手では数えられるよ とか、
外国ねえ、一番好きだったのは台湾かな とか言うってどう?

それで、相手がどう受け取ろうと、想像しようと、
それは相手の勝手じゃん、わたし嘘も言ってないし
盛りもしてないし、と思え……ません?

 

つまみ:
うひゃひゃ!
まゆぽさんの「具体的数字は言わない」案、賛成の賛成!
そうだよ、もういっそ
外国と言わず、海外と言い
 ひそかに自分の中で「外海」に変換して
島に行った数も入れるとか
付き合った数も、デート一回のみもカウントする、とか。

そこまで姑息にするこたぁない?

 私もあるっていうか、若いときはよくありました。
そして、私もわりと無意識だったかも。
 安く買った服をより安い数字で言ったり
苦労話も盛ることがあった。

 一応、過去形で言いましたが
最近は「些細なことをいかに盛らないか」
を意識してるんですよ。
 別に、良心に目覚めたわけじゃなく
 じゃないと、本当に本当のときも
 ウソくさく感じて自分がつまらないから。
これって、「大変な目に遭ったときの自分」
 限定かもしれないけど。
ふだんは盛らない私が言うんだから
 みんなちゃんと驚けよ、みたいな(ちょっと違う気もするが)。

ってか、今ふっと思ったけど、
しょっちゅう大変な目に遭ってる(病気や事故は除く)
スペシャルエピソード満載の人っているじゃない?
ずっとあれって、運が悪いっていうか
 そういう星の下なのか、とかと思ってたけど
盛ってるかもしれないってこと?
 

まゆぽ:
そうかあ、最近は意識して盛らないようにしてるのね。

「盛る」って基本的にはサービス精神じゃないかと思うのよ。
自分を大きく見せたい気持ちもあるかもしれないけど、
それ以上に、相手に喜んでもらいたい…みたいな?

だから、自分がいよいよというときつまんないと嫌だからという
つまみちゃんはともかく、メリーさんは盛っていいんだよ〜と
わたしは思っています。

スペシャルエピソード満載の人にしてもさ、
本人的には本気で大変なんだと思うよ。
事実とは多少違ってても、
「個人の感想です」って頭の中に断り書き入れて
聞いてればいいんだしさあ。

ただ、ちょっと盛ってしまった話が、
伝言ゲーム状態でどんどん変わって、ねじれて、
尾ひれやしっぽやあれやこれやがくっついて、
ブーメランみたいに自分に戻ってきたら困るねえ。

 

つまみ:
それで思い出した。

20代のとき勤めていた会社で、朝、階段を一段踏み外して
 スネをぶつけたら切れて、思いのほか大量出血したの。
でもスネをぶつけただけで、たいして痛くもないし
 そのへんの数人が協力してくれて
救急箱を持ってきてもらったり、階段を拭いたりして
自分の席についたんだけど
面白いから、職場の人には大惨事風に語ったわけだ。

そしたら、その日の昼休みには
 エレベータに挟まれ大出血し、病院に運ばれたことになってた。
ぷらぷら廊下を歩いていたら「なんでいるの!?」とか
「もう大丈夫なの!?」と言われ、びっくり。
しまいには、総務に呼び出されて事情聴取をされました。
ヒマな会社だなあと思ったけど
自分の「まわりは血の海になった」って言い方も良くなかったね。

で、結論は、メリーさんも私のような目に遭うと(ケガではなく事情聴取)
 盛りぐせもフェイドアウトするかも。
それまでは、まゆぽさんの言うように
 サービス精神を発揮して、行けるところまで行くってのも
 いいんじゃないかと思います。

 

 

by まゆぽ&つまみ

 

※出前チチカカ湖では、みなさんからのお悩みを募集します。
お悩み以外でも、ずっと気になっていた疑問、私たちへの質問も大歓迎です。
こちらのフォームからお気軽にどうぞ。よろしくお願い致します。

本家チチカカ湖はこちらです。 →→ 「チチカカ湖でひと泳ぎ」

■■トップ画面と本文内の「ぬのえ」の画像は、佐藤知津子さん(HPはこちら⇒


お悩み相談!出前チチカカ湖 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • つまみ

    つまみ

    誰にも聞かれてませんが、スネのその後について。

    凹みとしていまだに残っています。
    血の海になっただけあります、盛ってますけど。

    それと、まゆぽさんの「嘘もついてないし、盛りもしてないし」で思い出した、犬を飼っていたときの話。

    うちの犬は散歩中にしかトイレをしませんでした。
    犬を猫可愛がりしていた義父は、犬のトイレ事情に対しても心配性で、私や夫が散歩に連れて行ったときは、帰ると必ず「トイレしてきたか?」と聞くのでした。
    「しなかった」と言うと、その後、こっそり自分がもう一回散歩に連れ出すこともしばしばでした。

    ある日、夫が散歩に連れて行って、いつものように聞かれ、夫は「したよ」と言いました。が、義父がいなくなると私に小声で「したのは私ですけどね」と言いました。

    「だって、お父さん、また行くからさあ。マロ(犬)だって迷惑だよ。でも、私は嘘は一言もついてませんよ」。

    確かに、嘘も言ってないし、盛りもしてない。

  • 爽子

    爽子

    つまみさん。

    ケガ、大丈夫?
    血の海なんかになってしまって。笑

    夫さん、いい仕事しましたね~。
    「したのは私ですけどね。」に忍び笑いしました。

    お義父さんに可愛がられていたんだなあ。マロ。

    わたしも話を盛ってみたいな。

  • つまみ

    つまみ

    爽子さん、スネの傷、傷自体はなんともないのですが、その数年後、突然接触皮膚炎になって、ちょっとした刺激でも、腕や背中がミミズ腫れになる時期が続きました。
    で、皮膚科に行ったところ、スネの傷跡を見るや、「このせいかもなあ」と。
    へっ!?と言ったっきり、二の句が告げませんでしたが、そういう二次災害みたいなものもあるのですかねえ。

    接触皮膚炎は、その後、10年ぐらい続いて、いつのまにか治りました。

    義父はマロをとにかく溺愛してましたね。

    盛るのもたまにはいいかもよ♥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

お勧めのマスカラ、そして究極のファンデ。

カレー記念日 今週のおかわり!

孫の手を 借りたいときに 孫はナシ

なんかすごい。

猫さがしだいさくせん

50代、男のメガネは

社長はやっぱりえらいのだ。

これ、買った!

生ごみ乾燥機を買った!

OIRAKUのアニメ

第19回 ゲゲゲの鬼太郎/BEM

ミカスの今日の料理 昨日の料理

終わらない:麻婆ズッキーニ

黒ヤギ通信

それも梅雨のしわざ

日々是LOVE古着

妙な使命感

今週の「どうする?Over40」

おやつとおじさんは、スー(犬)の友だち。私には、ちと面倒でも。

これ、入るかしら?

vol.61 この組み合わせばかり着ています

いどばた。

pay使ってますか?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.26 お笑いと信用

わたしをライブに連れてって♪

岡村靖幸とデート

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

絵手紙オーライ!

金魚すくい

あの頃、アーカイブ

【エピソード33】ドイツの肝っ玉母さん。

KEIKOのでこぼこな日常

安全と不便のせめぎ合い

昭和乙女研究所

東京見物(高校編 昭和50年代後半)

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.39】 親の介護を想像するだけで気が滅入ります。

ワクワクしたら着てみよう

パーソナルカラーが目からウロコのウインターでした

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

北島三郎

猫No.32  by 権太

猫大表示&投稿詳細はこちら!

北島三郎

猫No.32  by 権太

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up