4月13日はカレー記念日

カレー記念日

足の爪 お腹がつかえて切れないじゃん

4月13日はカレー記念日

めー

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」2回>人間関係の「時差」が繊細に描かれていて好き。

 

★「最高の離婚」の登場人物や、この対談の経緯は、対談第1回をご覧ください。

 

「受け入れがたい他人」を受け入れる話だから、グッとくる。

 

小関: 結婚すると、家庭に光生がふたりになっちゃうからダメなんですかね 。

 

カリーナ: です。私の伴侶は結夏さんでないとダメなのかも。私は、あんなに生活面には細かくないけど、でも、根っこが光生なのかも・・・。

 

小関: こだわりがなくて、おおらかで、自意識が過剰でない人のほうが一緒にいて楽ですもんね…。

 

カリーナ:そうですよね。この話は、「受け入れがたい他人」を受け入れる話だから、すごくグッとくるのかもしれません。

 

 

中目黒2

 

小関: ああ、そうですね!<受け入れがたい他人を受け入れる話。そもそも、光生と結夏のなれそめが、東日本大震災の時の帰宅難民体験だったっていうあたり、うまいなあって思います。なんであなたたちつきあってるの? 結婚したの?っていう組み合わせの話を聞くのは、実生活でも面白いですし。
東日本大震災の日、帰宅困難となって徒歩で家路についた光生は、取引会社の受付であいさつ程度しか言葉を交わしたことがなかった結夏と出会い、声をかける。「歩くしかなくて、ひたすら。あ、甲州街道だったんですけど、そしたら前に何か見覚えある顔が見えて。誰だっけ。あ、得意先の受付の子だって。ま、いっても顔を知っているだけだから名前知らなかったし、ふだんなら声かけないんだけど、そのときは、なんか、あれして・・・」。二人は鳥のことや富士山のことや、馬のことなどを話し、どちらからともなく結夏の部屋にあがって古い湿気たお菓子を食べながら、手をつないだりして・・・「そんな感じで朝になって、一緒に住むことになって結婚したんです」)

 

カリーナ: ああ、あの話、いいですよね~。震災がからんでいるから、すごく繊細に扱わなくてはいけなかったと思うんですが、出発点にリアリティがありました。あの二人は、ああいう瞬間、お互いの心がある意味で解放されているときには、すごくうまくいくんですよねえ。日常のストレスやスケジュールがないときには。

 

小関: ああいう時じゃないと、コミュニケーションをとることもなかったふたりですもんね。

 

カリーナ: そうですよね。非常時のカップルとして生まれているから、常時には衝突するんですよね、きっと。

 

人と関わりを築くのに時差があるのかな。

 

小関: でも、ポイントポイントでは「この人じゃないとダメだ」ってなる。3話で、結夏が合コンで知り合ったサラリーマンと映画デートにいく話があって、遅刻するんですよね。で、サラリーマン氏は怒って帰っちゃう。光生も、結夏と映画にいったときに遅刻されたって愚痴ってましたけど、ちゃんと一緒に見ているんですよ。
(※第1回の冒頭で光生は歯科衛生士に 「待ち合わせして映画行くじゃないですか。たいがい、遅刻してきます。当然、映画はじまってますよね。見る、って言うんです。10分しか経ってないでしょ。何か、ちょっと起こっただけでしょうって。あの人にとって10分って時間はあってもなくても同じなんです。主人公の生い立ちが語られていようが、作者のテーマが込められていようが、何かちょっと起こっただけなんです。そんな人と映画見れますか?」とグチる。)

 

カリーナ: ああ、細かいなあ。光生という存在が魅力的なのは、根っこが「包容力」の人だからですよね。諒も受け入れるし、みんなのお世話をするし。しかし、結夏と待ち合わせしていたあのサラリーマン、EXILEの人なんですね!こんなところにも出ていたのか、EXILE(笑)。話は戻りますけど、あの金魚カフェで餃子を作りながら、諒と話すじゃないですか。いろいろ光生が不遇をかこったうえで「なんでそんなにモテるんですか」って聞くんですけど、あの素直さというか、無防備さというか。一度も人の上に立たないから、すごく見ていて幸せです。マッチョの対極で。
※EXILEのKEIJIさんでした。
※光生「たぶん、あなたが飲み会であんまりしゃべんないのねって言われるのと僕が飲み会で無言なのとは種類が違います」諒「うん?」光生「どうしたらそんなにモテるんですか」

 

小関: 光生は優しいんですよね。たしかに、一度も「男なら」とか「女のくせに」みたいなことは言わないですね。女性性がつよい男性なんだなあ。

 

カリーナ: そうなんです。いっぱい、いっぱいこだわりを口にするんだけど、それは、頑なさとは違うんですよね。なんだろう。相手を受け入れるまでの葛藤を実況中継するみたいな。その実況中継が詳細だから、すったもんだの後に本質的なことを話すとき、すごい胸に迫る。今回、灯里さんにジュディマリの一件で「死ねばいいと思った」と言われて、ひとり傷ついて「僕、死んだらいいですかね」「僕、みんなに大縄に入れって言われて入ったら、自分で縄がひっかかるんです」というのも、しめっぽくなくて悲しい。相手に「いいのよ、それでいいのよ」と言ってもらおうと思っていない。承認欲求を満たそうとするときにベタっとはりついてくる厚かましさがないんです。
※実際のせりふは、「大縄跳びみたいな…。ぐるぐる回ってる。みんなはその中で跳んでて、入れっていう。入ってみると、縄が僕の脚に引っかかって、止まってしまうんです。何をどうしたらいいのかは分からない。何をどう言えばいいのかは分からない。ちゃんとできないんです。いろんな事が。ちゃんとできないんです。」

 

小関: 人と関わりを築くのに時差があるのかな。そういうタイプの主人公って、これまでのドラマにはあまりいなかったように思います。男らしさみたいなものに縛られていない。そこも、「最高の離婚」を面白いと思う人がいっぱいいた理由なんじゃないかと思います。

 

カリーナ: 時差、そう、時差です!そして、見ているこちらが光生にも結夏にもなれる。「ああ、こんなイケメンと恋愛したい」と自分を女性の場所においたまま恋愛や人間関係を見るんじゃなくて、両方を行き来して見られた。だから、心が解放されるんですよね。

 

小関: そうか…! 女性の側の視点だけじゃなく、男性の側の視点、もっといえば、性別問わずいろんな人たちのいろんな視点に身を置けるから、豊かな感じがしたのか。なるほど!

 

 「怒りの瞬発力がない!」と嘆く友人を思い出したり。

 

カリーナ: そうなんです。だから見ている時間が幸せでした。嫁のままじゃなかった、妻のままじゃなかった。解放されました。すごく、自分が。さっきの時差の話ですけど、私の友人に「私は怒りの瞬発力がない」と嘆く人がいるんです。相手に何か言われたとき、その場ですぐに怒れなくて、後になって怒りがわくんだけど、そのときにはもう相手はいないって。怒りの理由を言葉にできるときは、いつも手遅れなんだと。それってつまり、感情とその表出の時差ですよね。いま、小関さんがおっしゃったように人間関係には時差がつきもので、それを、光生が正直に実況中継してくれる。そして、いつも光生の理解は遅れる。そこに、すごく共感するんです。

 

小関: その場その場で、すぐに正しくわかるものじゃないですもんね、感情って。ドラマでそういうのをやるって、難しいでしょうに…。

 

カリーナ: そうですよね。なんか、その「遅れ」や「時差」が大事なものに触れさせてくれた気がしました。

 

小関: 人間関係の機微というか、繊細さというか。そういうものを、キャッチーに、楽しく、でも乱暴でなく見せていましたよね。登場人物たちに深みがあったのも、そういう作りだったからでしょうねえ。

 

カリーナ: みんなにリアリティがありましたよね。あとね、今回見て思ったんですけど、灯里の夢の話とか、歌手になりたいという。あれも、昔と今を上手に行き来させてくれました。

 

小関: 真木よう子さんの見た目でYUKIちゃんになりたかったって言われるの、すごく違和感があったんですけど、その違和感がかえって「叶わなかった夢」の切なさを強く伝えてるなあと思いました。

 

カリーナ: 真木よう子さんって、見ているだけで違和感ありますよね(笑)。違和感の力っていうか。だから、こう、「死ねばいいのに」なんかの破壊力がバツグンなんですけど。違和感力がすごい。

 

小関: お人形さんみたいな見た目だからかなあ。欧米の映画に出たら中和されてちょうどよくなるかもしれませんよ(笑) エンディングで四人がダンスするけど、尾野さんと真木さんが並ぶとスタイルの異常な良さが際立って怖いくらいです。

 

カリーナ: うんうん、ほんとほんと(笑) 

 

小関: 灯里と諒の夫婦は、ちょっと浮世離れしてるように見えます。灯里は思うことがあってもそれを出さずにその場をやりすごそうとする。真木さんの、あの整い過ぎている見た目がさらに「外見だけ取り繕う感じ」を強めてました。

 

カリーナ: そうですね。でも、お風呂(?)では、もんのすごい達観したババアみたいなことを言うじゃないですか。一筋縄でいかない感じがよく出ていましたねえ。
※灯里「夫婦って、だって今だけじゃないでしょ。将来の約束?してなるもんだし。極端な話だけど、最終的には旦那の葬式の喪主になれればいいんじゃないかな、妻って…」とちょっとやさぐれた感じで言いながら、サウナみたいなところに入っている。

 

小関: 灯里さんがダラダラもらす本音っぽいことも面白いですよね。意外と俗っぽい。

 

次回は、第4回~6回までを語ります!


小関祥子さんのプロフィール
福島県いわき市出身。女性向け、児童向けの実用ジャンルで主に仕事をしているイラストレーター。映画好き、料理好き。
小関さんの詳細なプロフィールやお仕事はこちら→kittari-hattari 

 

 


「最高の離婚」ファントーク 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ

    いやね、最高の離婚のタイトルってね、
    これから結婚を目指そうとする身にとっては
    嫌悪感ばかりがつのってしまうんですよ、
    離婚なんて口にもしたくない乙女心なわけですよ!

    だからリアルタイムではどんなにキャストが気になっても
    たとえ綾野剛が出ていても!
    完全無視を決め込んでいたのですが…

    ああ…ダメだ、もうダメだ
    お2人の会話に完全にやられちまってます。
    今夜から見るっ!!!

  • 中島

    中島

    お二人の考察の深い事!!
    そうそう!とうなずくばかりです。

    私は、ラストソングのダンスが大好きでした。
    毎回ちょっとづづ違うんですよね。
    特に瑛太の表現力がピカ1で目が離せなくなってましたし
    桑田さんのちょっとエッチな歌詞も最高だったなー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ミカスの今日の料理 昨日の料理

おい、おい、老い! :美味しい漫画#2

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

今週の「どうする?Over40」

ボーダーとパーカーで犬の散歩する女(私)。アップデート必須、という問題。

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

カレー記念日 今週のおかわり!

始めた気分だけで浮かれる 4月です

いどばた。

お財布、どうしてます?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.45 本のソムリエをきどる

50代、男のメガネは

学校の中におじいさんがやってくる。

絵手紙オーライ!

春は、にゃんスケッチ

ワクワクしたら着てみよう

還暦目前気の迷い!? カジュアルの扉開く!!

OIRAKUのアニメ

第48回 ゴジラS.P<シンギュラポイント>

黒ヤギ通信

ボツイチ鼻水出金簿⑤未納は突然に

昭和乙女研究所

エレックさんのエンゼルケーキ

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ミニウォレット買った!

日々是LOVE古着

香水もヴィンテージ

なんかすごい。

春の匂いといえば

出前チチカカ湖

第167回 イメージがコロコロ変わる案件

これ、買った!

セブンスピロー買った!

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

呵々大笑

猫No.51  by まゆぽ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

呵々大笑

猫No.51  by まゆぽ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up