11月13日はカレー記念日

カレー記念日

失敗を したくはないが せなわからん

11月13日はカレー記念日

都忘れ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

晴れ、時々やさぐれ日記

〈 晴れ 時々やさぐれ日記 〉 ああ、オムライス。融合と分離のあいだ。①

 

――— 46歳主婦 サヴァランがつづる 晴れ ときどき やさぐれ日記 ―――

 

10才の息子は今、休日になると台所に入り込み、あやしげな料理をはじめます。写真は彼が先日作った「スペイン風ライスオムレツ」(?)。 お肉とジャガイモが少々入った前夜のラタトゥイユ(この時点ですでにあやしい)にお冷のご飯を加え、卵でまとめて(?)焼いています。(お見苦しくてすみません)

 

春休みに奈良へ行きました。そのとき泊まったホテルの朝食には、「プレーンオムレツ」のほかに「パセリオムレツ」というメニューがありました。黄色と緑。わたしはにわかに、長年の懸案だった「オムレツ」→「オムライス」の発生の道筋を理解しました。そうか!そうだったのか!

 

PT350001

 

 

 むかしよく母と東京へ行きました。実家の名古屋から東京へは新幹線で2時間。朝は早起きして7時台の新幹線に乗り、最初に向かうのは日本橋高島屋。日本橋でウオーミングアップを済ませたデパート狂母娘は、そのあと上野や青山の美術館へ行き、夕方銀座へ立ち寄って有楽町から東京駅へという日帰りコースが定番でした。

 

銀座は文字通りの「銀ブラ」ののち、わたしたち定番中の定番の「煉瓦亭」の夕食へ。徹底した定番好きのわたしたちは、そこで注文するお料理もそれぞれ定番通りなのですが、あるときわたしはメニューにある「元祖オムライス」なるものに目がとまりました。

 

メニューには「元祖オムライス」のほかに「オムライス」という卵料理が。「元祖オムライスとは?」とわたしがした質問に、古風なお店にいかにも似つかわしい、白い小さな襞がたくさんたたまれたエプロンをしたウエートレスさんは、「はい、ごはんと野菜と鶏肉などの具材を卵でまとめたものでございます」と説明してくれました。???

 

「では、この元祖でない方のオムライスは?」と再度聞いてみると「こちらはふつうのオムライスでございます」とにこやかなお返事。

 

「元祖の方は、卵でこうくるっとひとつにまとめております」。ウエートレスさんはものわかりの悪いお客のために、「くるっ」のジェスチャーつきで説明してくれました。それでもわたしにはわかりません。「煉瓦亭」の「元祖オムライス」と「(ふつうの)オムライス」の違い。

 

わからないものは頼んでみるしかない。数分後、わたしの前に運ばれてきたものは、そう、構造的には先日息子が作ったスペイン風ライスオムレツ(ただし煉瓦亭のものはちゃんとオムライス型。そして当然のことながらちゃんと美しいひと皿)。「卵でまとめる」「卵で包む」、この表現の違いに翻弄された銀座の一夜でございました。

 

a1180_007023

 

煉瓦亭はいつ伺っても、にこやかで折り目正しい高齢のご主人がお店の入り口に立って、恭しくお客を迎えておられ、お父様にそっくりな佇まいの息子さんが立たれていることもありました。この地でこのお店を長年続けていらっしゃるご苦労も自負もことの他と拝察しますが、何しろこのお二人の姿勢は謙虚そのもの。糊のかかったリネンのごとき質実さと謙虚さが、このお店の魅力といっても過言ではない気がしました。

 

そんな「謙虚な」気風のお店ですから、メニューにある「元祖オムライス」が、日本の洋食界をいかにけん引し、その後の「オムライス」ブームへといかに道を開いたかというような、「元祖」の「元祖」たる由縁をことさら強調するような説明は、店内のどこにも見当たらない光景なのでした。

 

a1180_007027

 

Wikipediaの「オムライス」の説明はこうです。

オムライス は、日本で生まれた米飯料理である。ケチャップで味付けしたチキンライス(またはバターライス)を卵焼きでオムレツのように包んだ料理である。日本独自の洋食に分類される。オムライスという名称はフランス語のomeletteと英語のriceを組み合わせた和製外来語である(煉瓦亭では「rice omlet」と訳されている)。

 

「オムライス発祥の店」を自称する店はいくつかあるが、中でも有名であり有力とされるのは東京銀座の「煉瓦亭」、大阪心斎橋の「北極星」である。 「煉瓦亭のオムライス」は、明治33(1900)年に賄い食として、卵に白飯や具を混ぜて焼いたものが作られた。時期は不明ではあるが、これを客が食べたいと所望したため「ライスオムレツ」として供されるようになった。現在はこれを「元祖オムライス」という名前で提供しているが、ライスを卵で包んでいないほぼ具入りの卵焼きと言える製法など、現在一般的に認知されているオムライスとは別物である。その後、このライスオムレツ以外にも、一般的なオムライス(マッシュルームに、ひき肉、グリーンピースとお米が入っている)も提供をおこなっている。

 

このWikipediaの説明に 「タンポポ オムライス」なるものを発見。そーだ、そーだ、このオムレツがふわりと崩れるオムライスに一時期うちでも凝った時期があったっけ。あの崩れるオムライスの「元祖」が、『女たちよ!』の伊丹十三氏のアイディアだったとは。

 

映画「タンポポ」で有名になった作り方として、皿に盛ったチキンライスの上に中が半熟のプレーンオムレツをのせ、食卓でオムレツに切れ目を入れて全体を包み込むように開くという方法がある。これは伊丹十三がアイディアを出し、東京日本橋にある洋食屋の老舗たいめいけんがつくりだしたもので、現在「タンポポオムライス(伊丹十三風)」という名前で供され、店の名物の一つである。(以上 Wikipediaより )

 

なんか、いろいろ思い当たるぞ。この「オムレツ」から「タンポポオムライス」に至る歴史的文脈。

 

オムレツ(プレーン)→アレンジされたオムレツ(パセリオムレツ、ホワイトオムレツ、マッシュルームオムレツ スペイン風オムレツetc )→オムレツ + チキンライス → オムライス → チキンライス + オムレツ

 

もともとプレーンだったものが、様々なアレンジを生み、とりどりのものを内包しはじめる(例:「煉瓦亭」の「元祖オムライス」)。そのうち、「あんパン」的和魂洋才の発想がいわゆる「ふつうのオムライス( 大阪 北極星風 )」を生み、その後多種多様なバリエーションの果てに、再度「たいめいけん風タンポポオムライス」のような、「別々」あるいは「のっけ」のかたちに分離変遷し、気づけば「原点回帰」していく。こういう変遷をたどるものって、他にもいろいろある気がするぞ。

 

そもそも、わたしがかつて「元祖オムライス」のなんたるかが理解できなかった理由には、どうかすると「プレーンオムレツ」からイメージをスタートできず、「オムライス」にイメージを牛耳られていたからに他ならない気がする。降順と昇順の情報整理の違い?

 

a1180_007026

 

もとのかたち。そこから生まれるとりどりのバリエーション。華々しいバリエーションの陰で、ちょっと忘れかけられてしまうもとのかたち。これって、「オムレツ→オムライス」バリエだけじゃない気がする。。。

 

ほほー。考えてみましょ。一週間かけて。くだらないけど。 ( 次週に引っ張るツモリです。)

 

ほら きみきみ、 お料理のあとはちゃんとお台所を元通りにね。おいしいとこどりはゆるしまへんえー。

 

 

☆ 「晴れときどきやさぐれ日記」の他の記事はこちらへどうぞ → 

 

スポンサーリンク

 

 


晴れ、時々やさぐれ日記 記事一覧へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ミカスの今日の料理 昨日の料理

捨てちゃうの? : バターナッツかぼちゃのスープ

今週の「どうする?Over40」

これを現実と見定めて。バラ色の人生はなくても、よりよき明日はある。

これ、入るかしら?

無印 ONE SIZEのパンツ

カレー記念日 今週のおかわり!

寅さんて 知ってますか と訊くなんて

いどばた。

めまい体験について語りませんか?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.18 書き出しが魅力的な短編集とかけて…

50代、男のメガネは

誰のために生きるのか。

黒ヤギ通信

冬のはじまり

四十路犬バカ日和

バースデー準備は入念に!

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

差し色の法則

絵手紙オーライ!

金色のちいさき鳥のかたちして

あの頃、アーカイブ

【エピソード27】僕のそばには、いつもカメラがあった

これ、買った!

エアリズムの八分袖を買い込んだ!

OIRAKUのアニメ

第8回 GODZILLA

KEIKOのでこぼこな日常

種まきうまくできたかな?

昭和乙女研究所

商店のドラマって多かったですね

ワクワクしたら着てみよう

寒い季節のブルーはクール!

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.32】夜の自分をなんとかしたい。

なんかすごい。

本を手渡す

日々是LOVE古着

サイズあれこれ

フォルモサで介護

大丈夫?介護サポート〜その1:言葉の壁〜

わたしをライブに連れてって♪

今年もキャンプ納め~朝霧JAMに

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

高見見物

猫No.20  by はらぷ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

高見見物

猫No.20  by はらぷ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up