4月14日はカレー記念日

カレー記念日

鬼嫁は いつでもどこでも 後方支援

4月14日はカレー記念日

都忘れ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

晴れ、時々やさぐれ日記

〈 晴れ 時々やさぐれ日記 〉 ああ、オムライス。融合と分離のあいだ。②

 

――— 46歳主婦 サヴァランがつづる 晴れ ときどき やさぐれ日記 ―――

 

「ねえねえ、おかあさん、知ってた?字を習う順番、あれ、ほんまつてんとうなんだよー。」

 

 10歳の子どものはなしは突飛すぎて、飲んでいたお茶をこぼしそうになります。

 

まず紀元前に漢字が中国で作られるやろ。その漢字が日本にも伝わるやろ。ひらがなとカタカナはその漢字からやろ。カタカナの方が少しだけ先に作られたって、おかあさん知ってた? カタカナの「ア」は近所の阿部さんの「阿」のこざとへんのとこからやろ 。ひらがなの「あ」は安全第一の「安」を簡単にしたんやろ。 でもさー、一年生で習うのはまずひらがなじゃん。ひらがなのあとカタカナじゃん。そのあと、漢字じゃん。この順番って、「ほんまつてんとう」じゃない?

 

あー、それおもしろいよねー。でもさー、きみが言う、文字を習う順番が「本末転倒」ってのは、そりゃ「本末転倒」の使い方の間違いよ。順番がちがうってことと、大事なこととささいなことが入れ替わるってことは違うからねー。でもでも!おかあさんも平仮名と片仮名の成り立ちを知ったときは、たしかにきみみたいにびっくりしたっけー。

 

a0027_002642

 

先週の「オムレツ→オムライス」のはなしから、息子の「本末転倒」の誤用のはなしにつなげようとするところが、わたしたち親子のあいだに連綿と流れる頓珍漢遺伝子のあかしと申しましょうか、なんと言いましょうか、もごもごもご。。。

 

形体や順番がひっくりかえる、というのは「オムレツ→オムライス」に限ったことではないよな、ということが言いたいのでございます。そしてこの、ひっくりかえるという現象が、意外に快感を喚起する、ということも申し上げたいのでございます。そう。先週書かせていただいた、伊丹十三氏考案の「タンポポオムライス」のように、内側と外側がひっくりかえるという現象は、はー、ほー、そうか!という展開がうれしかったりいたします。

 

たとえば稲荷ずし。(なんで?)。わたしの育った名古屋圏では、一般的なお稲荷さんはお揚げが「表」のまま。ところ変わって別の文化圏に入ると、お揚げの「表」と「裏」がひっくりかえる。

 

たとえば和食の鯛の子。春に筍やわかめなどと炊き合わせにすると美味しい食材ですが、あれが「ひっくりかえり系」の料理だったと知ったときの軽い衝撃。

 

たとえば袋物のお裁縫。もともと中表で縫っているとはいえ、完成時にえいやっと表裏をひっくりかえしたときの ゆくりなき達成感。

 

 

ケーキ

Illustrated by 中島慶子

 

過日、このサイトの「いろんな言葉」というコーナーで、わたしは作家の田辺聖子さんの文章を引かせていただきました。

 

「 生きて、愛して、人生を楽しむこと、それがまず根本にあって、それを守るため政治も経済も法律もあるのである。お金も若さも美しさも、音楽も本も、そのためなのだ。 今はもうみんな、ひっくり返ってしまった。本末転倒になっている。 私としては、声を嗄らしてメガホンで屋根の上から叫んでも、誰も聞いてくれないのだから仕方ない。 もう、かくなる上は一々面倒を見ちゃいられない。私個人だけでも、そう生きるのだ。 まいにちの生活を大事にし、好きな人にかこまれ、チョコレートを楽しんだり、バラやレースの服を愛したりして、人生を終わるつもりだ。

 

田辺さんのこれ、諦念の宣言ではないとわたしは思っております。「かくなる上は一々面倒を見ちゃいられない」「私個人だけでも」とおっしゃってはいますが、あの方の作品を通して伝わるものは、「生きて、愛して、人生を楽しむ」こと。末より本の厚手の滋味。

 

先日のNHK「あさイチ」で、「専業主婦」がテーマに上りました。番組は国会中継による短縮版。「専業主婦」をめぐる種々の声を拾い、いわばパンドラの箱を開けたままの状態で番組は終了。開けたら閉じよう。わたしは思います。「視聴者のみなさんがこれを契機に何かを考えていただけたら」というスタンスは、わたしははっきり言ってキライです。あ、この発想は月亭つまみさんの「作り手の姑息さと、受け手の思考停止を助長してるだけなんじゃねーの?」につながります!ヤッホー。つまみさーん。

 

働く女性と専業主婦のあいだには、長い論争が横たわっています。(例えばこれなど→ )。論争の内容は、女性の生き方に関する価値観の問題のほかに、社会制度の変遷の問題が複雑に絡んできます。価値観の問題と社会制度上の問題は、きちんと整理して論じられるべき、とわたしは思います。そこを整理しないまま、女性同士を対立させるような曖昧な論調を続けることは、平成の現代においてあまりに知恵がなさすぎる。

 

そもそも、この問題に着手するにあたっては、「生きて、愛して、人生を楽しむこと」と「政治、経済、法律」「お金、若さ、美しさ、音楽、本…」の三者の位置づけについて、まずは腰を据えてみっちり話合ってからにするべきなんじゃぁないですかい、と、わたしは考えます。

 

中島さんが書いてくださったこの素敵なケーキ↑。ケーキにあたるのは何で、足つきのトレイにあたるのは、何なのか?そこのところ、考えたい。

 

 a1180_007026

 

はなしがまたひっくりかえりますが、わたしはつくづく思います。「たまごって女性よね」と。お料理におけるたまごは、これがまあ、変幻自在。メインにもなれば脇役にもなる。単体で存在感を表すこともあればつなぎの役割もする。煉瓦亭のオムライスにいたっては、ライスもお野菜もいろんなものを内包する。たまごはときに乳化なんていうすごわざもこなす。フランス料理の世界では「オムレツにはじまってオムレツに終わる」って言うし…とまあ、たまごのしごとは種々さまざま。卵料理って、ほんとにバリエーション豊富です。

 

その中から、どの一皿を選びとるか。きっぱりとした理由があることもあれば、なりゆきという柔らかな選択だってある。ひとは悩み多き生き物ですから、お隣が選んだお皿がうらやましくなることもある。「これ」と選んだはずの自分のお皿が味気なく感じることもある。でも!もう半分食べちゃってるし。これはこれでおいしいわけだし。

 

ねえねえ、そのお皿おいしい?。おいしいわよ。そっちはどう?おいしいわよ。ちょっとはなし聞かせて。うん、そっちのはなしも聞かせて。

 

そういうテーブルが理想です。分離ではなく、ここはやはり融合。勝ち負けとか優劣であいだを隔てる殻なんてコツンと割ってポイっと捨てちゃえ。

 

まろやかになめらかに、人生を味わいたいものだとオムライスを前に思います。

 

 

こ~ら~五年生~、さっさと漢字の宿題すませなさい~。

 

 

 ☆ 「晴れときどきやさぐれ日記」の他の記事はこちらへどうぞ → 

 

 

 

 


晴れ、時々やさぐれ日記 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • つまみ

    つまみ

    ヤッホー。サヴァランさーん。

    引用していただいたから書くわけじゃ全然なくて、今回もすごく面白かったです。

    実のところ、私も既成概念や固定観念にバリバリ囚われているひとりですが、そういう自覚があるからこそ、ほんまつてんとうやひっくりかえす意味や意義がわかるのだわ、と今、勝手に納得しました。(ルールブックは自分だ!状態)。

    なににつけ、自分の感覚に変換するって大事ですねー。
    ついつい、物事を見流し聞き流してきまりきった鋳型に嵌めてしまいがちですけど、視野狭窄に陥らないように、ちょっとした違和感や引っかかりを大事にせねばいかんなあとあらためて思いました。

    そういえば、育休を3年に増やすとかなんとかの話が出てますが、さっきTwitterを見たら、「欲しいのは長い育休ではなくてぼちぼり続けられる環境」とあって、なるほどなあと思いました。

    そうそう。
    サヴァランさんの文章を読むと誰かを思い出す、と思ったら橋本治でした。

  • つまみ

    つまみ

    「ぼちぼり続けられる」ってなんだよ!?ですね。

    新語ではありません誤字ですぼちぼちです。

    村上春樹の新刊(194頁)にも誤字があるんだから、ぼちぼりぐらい・・。

  • サヴァラン

    サヴァラン Post author

    ハイホー。つまみさん。
    コメントありがとうございます(涙)
    えーそうですか?つまみさん、囚われの方ですか?
    自由闊達、融通無碍と
    羨望とともに拝察しておりますですよー。
    わたしは周囲のニンゲンに言わせれば
    「イチイチ立ち止まりすぎー。
    無駄すぎる観察日記365日×46年オンナ」とのこと。
    …ナットク。

    育休3年はどこからの声が聞こえてしまったんでしょうね。
    「ぼちぼり継続」は、たしかにリアルに聞こえています。
    「女性だけじゃなく、男性の育休強化!」という声も大きい。

    村上春樹の新刊194ページ
    「ちっとずつ」の「ょ」抜け、チェックしてきます!
    「ぼちぼり」はこのまま新語大賞に。
    あ。サヴァランの新語大賞という局所的受賞ですみません!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

50代、男のメガネは

大人なんだから。

これ、買った!

シャンプーブラシ買いなおした

ミカスの今日の料理 昨日の料理

おい、おい、老い! :美味しい漫画#2

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

今週の「どうする?Over40」

ボーダーとパーカーで犬の散歩する女(私)。アップデート必須、という問題。

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

カレー記念日 今週のおかわり!

始めた気分だけで浮かれる 4月です

いどばた。

お財布、どうしてます?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.45 本のソムリエをきどる

絵手紙オーライ!

春は、にゃんスケッチ

ワクワクしたら着てみよう

還暦目前気の迷い!? カジュアルの扉開く!!

OIRAKUのアニメ

第48回 ゴジラS.P<シンギュラポイント>

黒ヤギ通信

ボツイチ鼻水出金簿⑤未納は突然に

昭和乙女研究所

エレックさんのエンゼルケーキ

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ミニウォレット買った!

日々是LOVE古着

香水もヴィンテージ

なんかすごい。

春の匂いといえば

出前チチカカ湖

第167回 イメージがコロコロ変わる案件

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

不可抗力

猫No.41  by はらぷ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

不可抗力

猫No.41  by はらぷ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up