6月19日はカレー記念日

カレー記念日

仕事の日の雨は× 休日の雨は○

6月19日はカレー記念日

にゃまの

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ミラノまんま見~や!

「人生なめてんのか」ってくらい長い南欧のバカンス。スーパーはがらーん、家でだらーん。

 

南欧のバカンスは人生なめてんのんか~!というぐらい長―い。

 

005

 

大抵の現地校は6月入ってすぐバカンス突入。そうなると町全体が休みモードに入ってしまって、まじめに仕事している方が、どうしはったん、変な人、の様相を呈しはじめる。
言っときますが、夏休みが明けるのは9月半ば。

 

社会人の休みは、年に6週間と法律で決められた保障付き!その6週間分を、夏に4週間使おうが、どう使おうが人に気兼ねする必要いっさいなし。だってみーんな自分のバカンスはしっかり取りたいし、よって人のバカンスもどうぞどうぞ楽しんで行ってらっしゃ~い、ってことになるわけ。よきサイクルがむかーしからまわっているんですな。

 

しかしだからと言って日経企業で働くわれらがジャパニーズビジネスマンがこの休暇6週間を取るのは、なんでこうなるのか、夢のまた夢。オッチャン曰く、日本の本社が仕事している限り、こっちが休むわけにいかん、らしい。それどころか現地の社員が休暇で人数減になっているというのに、日本本社からは平常営業通りの仕事が要求されて、仕事量増、という皮肉なことになっているらしい。

 

遠慮なく言わせてもらえば、サイコ―にどんくさいサイクルが回ってるんです、お気の毒様。

 

話は戻って、要するにラテン系の人たちはバカンスをどう過ごすか、ということが人生の最重要課題といっても過言ではないほど。大抵は子供が休みになるや否や、仕事がまだあるお父さんを残して、子連れママたちが一足先にバカンスに出かける。山の別荘だったり、はたまたビーチだったり。とにかくバカンスに金の糸目なし。もちろん経済事情にもよるが、バカンスにかける費用の、対収入%は貯蓄国我が日本からは想像もつかぬほど。

 

バカンスに節約?いったい何のために1年間はたらいてるんだ?ってなことになるらしい。

 

がしかし、ある意味このバカ長い夏の休暇を、ジャパニーズビジネスマンよりも中途半端な過ごし方しているのが、われらが日本人母子。

 

004

 

気が付けば子供らの夏休みが始まっていて、周りの外人友はそろってバカンスに出かけてしまって留守。
日本人駐妻は車の運転する人は少ないし、自分たちだけで遠く行くのは難しい。月単位でバカンスにでかける習慣もないし、そんなお金の使い方になれていない。
第一、3月ごろからバカンスの計画を立て始めている外人ファミリーたちにバカンスの楽しみ方について勝ち目なし。

 

お父さんたちはまだ仕事があるし、必然的に子供たちと家でこもって過ごすことになる。そしてぼやぼやしていると、街中から人がごっそりいなくなって、そのうえ、商店も8月いっぱいまで休み!なんてざら。スーパーもガラーン、空いているのは午前中だけ。しかもおいてある生鮮品は賞味期限ザラ。先日はバスが来ないと思ったら、バスの本数まで夏時刻表になって運休続出!

 

なんですのんこれ、もうほとんどいやがらせ~!

 

milano9 ↑↑近くの児童公園からも人影が消えた。

 

子供たちは、所属しているスポーツチームも何もかも休みで、家でだら~ん~!
昭和40年代生まれには、このあまりにも長すぎるだら~んが、何とも気に食わん!

 

ホンナラ、どうせーちゅうねん~! ←これ自問自答の声です。

 


mity(ミティ)さんのプロフィール

1966年大阪市内の下町生まれ、下町育ち。「ひま!」を持て余して、野生児のように自由な少女期を送る。同級生だったオッチャン(夫)の仕事の都合で、海外生活は18年。
関西人的思考、生き方は海外では案外やりやすい、と実感を強めている今日この頃。現在はイタリアミラノ在住、3人の子供とワン連れのたくましくも美しい現在進行形大阪のおばちゃん。

 

★mityさんの連載は次回で最後となります!これまでの記事に質問やコメントなどどうぞ♪ mityさんが実際に答えてくださいますよー!


ミラノまんま見~や! 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • パンダヴァ

    こちらとすれば、マイナス金利にもなってのんきにバカンスなぞ行く気になれるのか
    って大いなる不安を覚えてる立派な田舎の日本人です

    イタリアに旅行に行った時も「いい大人が昼寝なんぞしてるんじゃねぇ」
    とか思ったものですが
    かくいう私も昼間になると寝転びながら、ヒルナンデス見たりして
    人のこと全く言えませンデス(あほ)

    それにしてもスーパー長期休みだと食べ物は売り切ってしまうのだろうか
    関係ないけどうちの近所のスーパーの週休一日制開始さえ衝撃的だったもんなぁ

  • ハウザー

    スゴいですね…でも日本は少し見習ってもよいのかもしれませんね。

    特に近年は「盆暮れ正月なく働いてるサービス業の方たちを思え」と、のんきに休暇を取ってるのは罪悪な風潮。
    確かにみんなが 休み になっちまえばこちらもどうにか対処するし、そのくらいの不便はあってもいいかも。

    しかし、バカンスにどどん~とお金をつぎ込めるくらいの度胸というか、安心感というか、何とかなるさ(してみせる)感はどうやったら身に付くのかしら。

  • tsukimachi

    tsukimachi

    mityさん

    こんにちは! 旅人になりたいtsukimachiです。笑

    みなさんがバカンスでジャパニーズビジネスマンは忙しい。。。というのはなんだかなあ。。ですが
    その、人生をたのしむ感!
    わたし、すーーーーっごくいいと思います!

    ハウザーさんがおっしゃる通り、その不便はどうにか対処するような気がします。
    それがここ日本で定着するとは考えにくいのですが
    できることならそんな日本になればいいのにな~と思ってしまいます。
    難しいことは知能不足で発言を控えますが、
    もっとのんびりいこうよ~な精神は、日本人には必要な気がしてしまいます。
    どこもかしこも24時間365日動いていて
    時には街も人も一斉休息日があってもいいんでは?と。

    なにせ旅人になりたい私なので
    バカンスのために仕事をするその生き方、わたしは大いに賛成派で実行中です!

  • mity

    バンダヴァさま
    本格的なバカンスにはいめる8月になると、何とかあいてる時間帯にスーパーに行っても、レジの人は全くやる気なーっし!
    っていうか、お客として買い物すること自体、仕事増やされた、って逆恨みされてることを疑うぐらい愛想悪い。「仕事すやしやがって、」みたいな。こちらもつられて「仕事ふやしてすみませ~ん」ってなモードになるんですが、これっておかしいですよね~!

  • mity

    ハウザー様

    確かにバカンスに休みを取るかとらないかは、習慣の問題かも。みーんなが休んでいれば、それはそれでちゃんと回っていくんですよね~。

    バカンスにほとんどの全財産つぎ込める度胸ってのは、私たちが農耕民族出身に対し、訪米人が狩猟民族だったことに関係しているのではないか、と独断で思っています。地道に勤勉に田畑を守っていればまずは収穫が約束されているのに対し、狩猟は「あるうちに食べとかな、次いつ食べ物にあるつけるかわからん」という発想が根本にあるのか、と。

    そして私自身、「先の事?そんなことわかるもんか、、よっておあるうちに楽しんどこ」的発想が体にしみこみしつつあって、ちとやばい状況です。

  • mity

    tsukimachiさま

    たとえばドイツはそこそこバカンスは長いのに社会の生産性は高い。見習いたいです。日本の精神論先走りの勤勉は私もちょっと引くものがあります。気分の切り替えがうまくできて、ドイツや北欧のような社会いいですよね~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

なんかすごい。

猫のさよなら

50代、男のメガネは

父の七回忌、写真の配置

OIRAKUのアニメ

第17回 海獣の子供

今週の「どうする?Over40」

「日常の平穏」は、いつだってホラー映画のオープニング。

日々是LOVE古着

自分でサイズ直し

黒ヤギ通信

ムーミン谷の仲間

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

mikityさん、チークの位置が古いです。

カレー記念日 今週のおかわり!

枕買ったら 目がよく見えるよ (当人比)

いどばた。

笑いをかみ殺したハナシをしましょう。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.25 ほむほむの後継者は、いま話題のあのヒトだ

ミカスの今日の料理 昨日の料理

切る覚悟:ねぎ酢だれ唐揚げとおまけの一品

わたしをライブに連れてって♪

おだやかな時間

これ、入るかしら?

vol.60 またまた髪について

絵手紙オーライ!

雨の日も また楽し。

あの頃、アーカイブ

【エピソード32】「外国」を肌で感じたEXPO70

これ、買った!

ゴルフウエアのワンピ買った!

四十路犬バカ日和

一年経って令和になって

KEIKOのでこぼこな日常

日本語って奥深い

昭和乙女研究所

昭和のあの町はどこへ…

ワクワクしたら着てみよう

パーソナルカラーが目からウロコのウインターでした

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.38】大人の女っぽく おならに対処したい。

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

吃驚仰天

猫No.26  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

吃驚仰天

猫No.26  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up