6月19日はカレー記念日

カレー記念日

仕事の日の雨は× 休日の雨は○

6月19日はカレー記念日

にゃまの

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

帰って来たゾロメ女の逆襲⑲ ~人生にローリスクでハイリターンはない、の巻~

 

 

20代の頃に働いていた会社に自称「整形評論家」がいました。

彼女・・Yさんは「整形をした顔(特に目)はゼッタイわかる!」と豪語し、アイドルや女優を微に入り細に入り鑑定していました。

 

まだ昭和で、整形する人の数は今より少なくて(たぶん)、世間の整形に対する認識も現在とはかなり違う(憶測)時代でした。

当時私は、Yさんの鑑定にいちいち驚き、でも鵜呑みにするわけでもなく、眉に唾をつけながら同時に食いつくという、かなり複雑でファジー(死語)な反応を示していました。

 Cat Staring at Goldfish

時は流れ、平成もまもなく26年になろうとする現在、気がつくと、タレントの顔に少しでも違和感を覚えようものなら、男女を問わず自動的に施術の有無を素人鑑定している自分がいます。

そして「これは直してるね」とか「目頭切開をやり過ぎてもはやキズだ」などと口に出し、夫に「そこは見逃さないよねー」と感心・・じゃなく、呆れられています。

 

「そこ」じゃなく「そこ」に

ふだんはうすらぼんやりして

部屋のホコリとか

支払期限が迫った請求書とか

賞味期限がきた食材とか

とれかけのボタンとか

壊れかけのradioとか(それはないか)

人の微妙な気持ちとか

人生のあれこれを見逃しまくっている妻なのに!

・・という夫の深層心理(深くもないけど)が透けて見えるような気がします。

 

Yさんは、とっくに音信不通になっている人間に、自分がいまだ影響を与え続けているなんて想像だにしていないでしょう。

なんか悔しい。

そして、下世話過ぎるぞ、自分!

Puppy Wearing Bow

 

ところで、整形というと、ずいぶん前に読んだ『整形美女』という小説のことを思い出します。

 

美人の甲斐子と不美人の阿倍子が出てきます。

摩訶不思議な名前の出典はカインとアベルだと思われます。

甲斐子は阿倍子のような地味な顔に、阿倍子は甲斐子のような美人に、整形します。

双方とも「モテたいため」「幸せになりたいため」の整形です。

 

阿倍子の動機は一般的ですが、甲斐子のそれは屈折していて、世の常識をあざ笑うかのような、世間の価値観なんかあっけなく反転してしまうことを示唆するような、こちらを不安にさせる不穏さがあります。

でも妙に切迫感というか説得力があってそこがまた恐ろしい。

 

姫野カオルコさんの小説ですから、ある程度覚悟しつつ読んだはずですが、ちょっと難解で、でも通俗的でもあり、ベタで不条理で、いろいろ幻惑された記憶があります。

細部は忘れてしまったのに、それまでの常識とか固定観念を掻き回された感覚は残っています。

 

自分が、顔のお直しそのものには敏感(?)なくせに、整形の是非や当事者の気持ちの領域までにはあまり立ち入る気分にはなれないのは、この小説を読んだせいかもしれません。

一度、掘り下げはじめたら元の場所に戻れなくなりそうで。

 

・・と、ここまで書いて、今回の文章はうやむやなままフェイドアウトだなあ・・と思いながらなにげなくテレビをつけたら、CSで『華やかな女豹』(1969年)という映画がちょうど始まったところで、つい見てしまいました。

 

主演は浅丘ルリ子。

腹違いの妹役が松原智恵子です。

ストーリーは正直言って退屈で、ただただ2人(特にルリ子)の美貌を見せつける映画でした。

 

この映画のルリ子さんはとんでもなくキレイ!

オシャレで細くて、本当にお人形さんみたいです。

場面ごとに違う衣装、異なったヘアスタイルで登場するので、まるでプロモーションフィルムを見ているよう。

tumblr_lp7rw19YKD1qz5g75o1_500

この映画、クラブのママ役で弘田三枝子も出演しています。(画像左から3番目)

ちょうど、顔が変わった時期と重なっているようです。

当時、私はほんの子どもでしたが、彼女の変貌が大きな話題になったことを、うっすらと、うっすらとですが(ここ大事!試験に出ます)記憶しています。

 

 

整形についてあーだこーだ書いている最中にこの映画を見た偶然のせいか、現在私はちょっと弘田三枝子に寄り添うような気持ちになっています。

一言で言うと、「浅丘ルリ子や松原智恵子と一緒の業界にいるというのは、さぞやキツかったに違いない」。

それほどこの映画のふたりはキレイです。

罪なくらい。

 

やっぱり私は整形の是非はわかりません。

弘田三枝子に気持ちが寄り添った=整形肯定派に傾いた、というのでもないのです。

ますます「わからなくなってきました」。

ただ、それもひっくるめて人生に高い見返り(ハイリターン)を求めるなら高い代償(ハイリスク)を覚悟すべきであって、ローリスクでハイリターンはないとあらためて思ったことでした。

 

ハイリスクの覚悟が持てないあまり、「人生ローリスクでローリターン」に徹し過ぎている自分もちょっとどうかと思うんですけどね。

 

by月亭つまみ

 

こんなブログもやってます。ユルい気分のときにご覧下さい♪→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」

 

 


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • はしーば

    「華やかな女豹」!そそられますね〜。
    深夜に何気無くつけたTVでやっていたら、見入ってしまうこと間違いなしです。
    夫の石原浩二に素顔を見せたことがない、という伝説?も頷ける浅丘ルリ子の徹底した女優っぷり、今の女優さんにはない魔力のようなものが漂っていそうです。

  • つまみ

    つまみ Post author

    はしーばさん、おはようございます。
     
    「女豹」だけでも、ずいぶん派手なイメージなのに、「華やか」とは派手の上塗りなタイトルですが、浅丘ルリ子は全くタイトル負けしてませんでした。
    さすがの魔力です。
     
    2003年のドラマ「すいか」でルリ子さんは大学教授を演じていましたが、若い頃からの友達に「いいトシして厚化粧して」と言われ、「私、厚化粧だーいすき!」と応えるシーンがあり、印象的でした。
     
    でも最近、シナリオが文庫化され、あらためてそのシーンを読んでみたところ、脚本では「化粧なんかしてないもん。これが私の素顔だもん」でした。
     
    どちらもインパクトがありますが、ホント、ハマり役でした!

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

なんかすごい。

猫のさよなら

50代、男のメガネは

父の七回忌、写真の配置

OIRAKUのアニメ

第17回 海獣の子供

今週の「どうする?Over40」

「日常の平穏」は、いつだってホラー映画のオープニング。

日々是LOVE古着

自分でサイズ直し

黒ヤギ通信

ムーミン谷の仲間

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

mikityさん、チークの位置が古いです。

カレー記念日 今週のおかわり!

枕買ったら 目がよく見えるよ (当人比)

いどばた。

笑いをかみ殺したハナシをしましょう。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.25 ほむほむの後継者は、いま話題のあのヒトだ

ミカスの今日の料理 昨日の料理

切る覚悟:ねぎ酢だれ唐揚げとおまけの一品

わたしをライブに連れてって♪

おだやかな時間

これ、入るかしら?

vol.60 またまた髪について

絵手紙オーライ!

雨の日も また楽し。

あの頃、アーカイブ

【エピソード32】「外国」を肌で感じたEXPO70

これ、買った!

ゴルフウエアのワンピ買った!

四十路犬バカ日和

一年経って令和になって

KEIKOのでこぼこな日常

日本語って奥深い

昭和乙女研究所

昭和のあの町はどこへ…

ワクワクしたら着てみよう

パーソナルカラーが目からウロコのウインターでした

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.38】大人の女っぽく おならに対処したい。

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

呵々大笑

猫No.51  by まゆぽ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

呵々大笑

猫No.51  by まゆぽ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up