10月18日はカレー記念日

カレー記念日

慣れた頃 必ず忘れる パスワード

10月18日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

帰って来たゾロメ女の逆襲㉑ ~固ゆでどうでしょう、の巻~

 

先だって、車で福島市に行って来ました。

東北道を北上するとき(運転は夫ですが)よく思い出すのが、風間一輝の『男たちは北へ』という小説です。

 

主人公はアル中のグラフィックデザイナー、桐沢風太郎44才。

彼は自転車で青森に行くことを思い立ち、東京のアパートを出発します。

道中、自衛隊のクーデター計画に巻き込まれたり、ヒッチハイクの家出少年と知り合ったり、と、ミステリや少年の成長物語(もしかしたら中年の成長物語かも)の要素もある小説ですが、私にとってのこの小説の魅力はなんといっても東京~青森間、千キロを越える自転車旅の部分です。

自転車1

著者が実際にこの区間を自転車で走破しただけあって、臨場感が半端じゃありません。

出発してすぐの「都内から埼玉に抜けるまでが意外とキツい」の説得力を筆頭に、リアルな描写が続きます。

自転車は高速を使えないので、桐沢はひたすら国道4号線を北上するわけですが、予想外の高低差と格闘することに。

まさに、山あり谷あり。

そしてクセモノはトンネルと橋。

Road Through Great Smokies

読んでいると興奮&高揚してきますが、一緒に息切れもします。

 

今回の福島行きで高速を車で走っているときも(運転は夫ですが・・しつこい)小説のことを思い出し、一人息が上がりそうになりました。

そして、車が栃木県から福島県に入り、郡山も過ぎ、福島市手前の二本松I.Cの「岳(だけ)温泉」という表記を目にしたら

そういえばここに桐沢が泊まったんだよなー

雨が降ってタイヘンだったよなー

地元のお酒(福島出身の私にはおなじみの)「奥の松」を飲んだんだよなー

と、まるで過去に自分が体験したことを思い出すような気分になりました。

15203

それにつけても、福島まででもかなりの距離、ハードな自然の中を走るのに、ここから先は広大で稀代の縦長県(?)である宮城、岩手というツワモノをクリアしなければ目的地である青森にはたどり着きません。

あらためて地図を見たら卒倒しそうになりました。

(画像をクリックするとちょっと拡大されます↓)

kokudo174_03

『男たちは北へ』は風間一輝のデビュー作ですが、彼は10編ほどの小説を残し1999年に50代なかばで亡くなりました。

自らがモデルであることが明らかな桐沢風太郎は他の小説にも登場し、まさに分身、著者は亡くなっても小説の中の桐沢(風間)は生き続けています。

 

 

私は前世紀末頃、彼をはじめ、大沢在昌、原尞、稲見一良、ロバート・B・パーカー、ディック・フランシス、ローレンス・ブロック、キース・ピータースンなど、洋の東西を問わず、いわゆるハードボイルドミステリを夢中になって読みました。

サラ・パレツキー、スー・グラフトン、高村薫、桐野夏生など、ある意味、男性より男前な作家の小説も好きでした。(←この文章、ジェンダー的に大丈夫ですよね)

トンネル

上に挙げた人たちの中には、今でもバリバリ現役作家もいますが、もう亡くなってしまった人も何人かいます。

でも、ハードボイルドに限らず小説の大きな魅力は、時空も表現者の生死も飛び越え、読み手のさじ加減ひとつで、その世界が自由に脳内宇宙を生き続けることだと思います(大きく出たな、自分)。

風間一輝の、四半世紀前に書かれた決してベストセラーとは言えない小説も、ふとしたきっかけである日突然ひょっこり自分の中に顔を覗かせることが少しも奇異なことではありません。

それがスンバラシイなあと思います。

 

稲見一良(いなみ・いつら)もだいぶ前に亡くなってしまった作家ですが、私は犬、特に大型犬を見ると彼の小説を思い出します。

Enjoying the Scenery

『セント・メリーのリボン』、犬を人生の伴侶と思う方にはオススメです。

 

 

・・とここまで書いてきましたが、読み直すとわれながら強引な展開に苦笑。

小説全般をハードボイルド仕様で「語って」ますが、完全にこじつけですね。

ただただ、風間一輝と稲見一良の小説を推したいだけの力技です。

でも、あえて最後の一推し。

 

今度のお正月休みあたりはハードボイルドどうでしょう。

 

 

by月亭つまみ

 

こんなブログもやってます♪→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」

 

帰って来たゾロメ女の逆襲 のバックナンバーはこちらです ⇒ 

 

  

スポンサーリンク


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • Naomi

    ども!リニューアル作業中のNaomiでございます、初めまして。

    私もダンナ(彼は郡山出身です)も、ロードバイクには乗るのですが、
    いやまぁ、もうお歳頃でございまして。峠を越える…なんて、空想の冒険。
    数年前までは「自転車で帰省する!」と、頑張ってはいたのですが。

    きっと、自転車の旅は、
    この小説が書かれた頃よりも、現在のほうが不便かもしれませんね。
    この「男たちは北へ」、
    お正月の帰省のお伴にしてみます(*^-^*)

  • つまみ

    つまみ Post author

    Naomiさん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    わー!ロードバイクですか。
    奇しくも今、前に録画したアメトーークのバイク芸人を見ていたところでした。
    チュートリアルの福ちゃんの本気(マジ)っぷりがスゴイです。
     
    ロードバイクとは無縁の人生のくせに、『男たちは北へ』を読んだ直後は自転車での旅にあこがれたりしました。
    もうずいぶん前ですが・・(と遠い目をする)。

    お読みになったらよかったら感想を聞かせて下さい。
    リニューアルの作業をして下さって本当にありがとうございます!
    よいお年を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

なんかすごい。

本を手渡す

50代、男のメガネは

去ってさっぱり、来てしあわせ。

これ、買った!

ガスファンヒーター買った!

OIRAKUのアニメ

第7回 ヴァイオレット・エヴァーガーデン

ミカスの今日の料理 昨日の料理

希望というものは : 塩こうじとり天

黒ヤギ通信

描かなくても絵封筒

日々是LOVE古着

サイズあれこれ

今週の「どうする?Over40」

友人と習慣と犬に感謝。そのチカラはすごい。

これ、入るかしら?

vol.52 『衣もろもろ』(群ようこ)

四十路犬バカ日和

母は強し!バトーのためならエーンヤコーラ♫

カレー記念日 今週のおかわり!

スポーツの秋 なんて言葉が あったよな

フォルモサで介護

大丈夫?介護サポート〜その1:言葉の壁〜

いどばた。

最近やめたことについて、おしゃべりしませんか?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.17 叫喚はあるが、共感はない…けど読んでよかった

わたしをライブに連れてって♪

今年もキャンプ納め~朝霧JAMに

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

おしゃれ番長とのファッション談義③オシャレブロガーさん紹介

絵手紙オーライ!

京都お菓子紀行

あの頃、アーカイブ

【エピソード26】結婚にまつわるエトセトラ

ワクワクしたら着てみよう

今月買ってよかったもの3連発~♫

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.31】女子会が苦手です。

KEIKOのでこぼこな日常

私、これに乗っていいかしら?

昭和乙女研究所

ドラマ「ムー」

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

一心不乱

猫No.56  by mikity

猫大表示&投稿詳細はこちら!

一心不乱

猫No.56  by mikity

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up