6月19日はカレー記念日

カレー記念日

仕事の日の雨は× 休日の雨は○

6月19日はカレー記念日

にゃまの

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

第29回 有名人、どっちがどっち?の巻

坂東眞砂子さんの訃報を聞いたとき、最初、「あの『女性の品格』の人が亡くなってしまったのか」と思いました。
若い方の坂東さんだったとは・・。

1990年代、坂東眞砂子さんのホラー小説を怖がりながらも堪能した身としては(『死国』や『蛇鏡』、すっごくおっかなかった~)残念でなりませんが、それは別として、坂東眞砂子坂東眞理子は名前が似過ぎていると思います。
Adelie Penguins Standing on Ice

ぱっと見の名前が似過ぎて「どっちがどっち?」と思う有名人、けっこういます。
たとえば
あの半沢直樹の池井戸潤と安達祐実の元夫で有名なスピードワゴンの井戸田潤
磯野フネ歴45年の麻生美代子と最近ナチュラル系ファッション誌御用達の麻生久美子
元ガスター10西村雅彦と元ファイト一発!西村和彦
ふたりとも同じくらいよく知らない、酒井若菜酒井彩名
「どっちがどっち?」業界の王道、高橋克典 高橋克実
こっちもベタ、筒井康隆 筒井道隆
でもなんといっても業界のパイオニアは、竜雷太峰竜太
などなどは、瞬時の判別に全く自信がありません。

判別できたつもりでも、間違っていたり、ちょっと時間が経つと両者の情報が混在してしまうこともしばしばです。
ですから、10年ぐらい前の【数学者の秋山仁だと思って秋山幸二(現ソフトバンク監督)を講演会に招聘しちゃった事件】も他人事とは思えません(他人事ですが)。

坂東眞理子さんも、来年の今頃あたりには「え?亡くなったんじゃなかったっけ」と思っているかもしれません。
あまりに不謹慎過ぎる予想なので、今からゴメンナサイと言っておいた方がいいかも(誰に?坂東学長にか)。

一方で、漢字が似てるわけでも、聞きまつがいしやすい音でもないのに、自分にとっては紛らわしい物件もあります。

サカナクションスネオヘアー
全然違うじゃないか!の声のつぶてが各方面から飛んできそうですが、私の中で「若干意味不明なカタカナ表記の音楽関係者」で括られているのです。
どっちかがともさかりえと結婚したなあと思いつつ、すぐにはどっちかわからない。
「サカナクションはバンド名らしい」と認識する瞬間もあるのですが、しばらくすると、またそれがどっちかわからなくなります。
ポイントは「この2組に興味がない」ということだと思います。
ファンの方、すみません。

われながら渋いですが、日色ともゑ樫山文枝も混同します。
①自分が幼い頃にNHKの朝ドラのヒロインをやってた
②舞台女優という印象が強い
③地味だけど清潔感があって賢そう
・・などなど、共通項が多いせいかと思います。

日色さんはあの『大草原の小さな家』の「かあさん」の吹き替えをやったので判別できているはずなのですが、それでも時々混同します。
antique wooden wagon

ところで、『大草原の小さな家』のかあさんは、優しくて美人で料理が上手でとうさんと仲が良くて・・理想的な母親像でした。
それに目をつけた不二家がかあさん役のカレン・グラッスルをカントリーマアムのCMに起用したことがありました。
当然、CMコンセプトは「大草原の小さな家」。
彼女はドラマと同じような衣装と髪型で登場し、画面に向かってカントリーマアムの魅力を語りました。
もちろん、その声は日色ともゑさん。
ドラマと違うのは、一緒に出てくる子ども達がローラやメアリーじゃないことだけ。
画面には大きく「カレン・グラッスル 声:日色ともゑ」というテロップが出ていました。

実はこのCMにはラジオバージョンもありました。
ここで問題になるのは、ラジオでは「かあさん」のビジュアルもテロップもないこと。
ある意味、致命傷。
で、製作者はどうしたかというと、CMの第一声で日色さんに「こんにちは。カレン・グラッスルです」と言わせたのです。

これを最初に聞いたとき、笑っていいのかア然としたらいいのかわかりませんでした。
カレン・グラッスルがそこに全く介在していないのにカレン・グラッスル感満載の構図というのがやたらシュールだと思うと同時に、不二家は、もしくは電通か博報堂は、カレンにラジオも込みのギャランティを支払ったのだろうか、と下世話なことが気になりました。

話が大幅に逸れました。
ジェフリー・アーチャーアーサー・ヘイリーも混同しがちです。
昔、どちらも好きでけっこう読んでいたのにこのテイタラク。
『ケインとアベル』が、『ホテル』が、存命中なのが、政治家になったのが、一体どっちやねん!です。
日本語訳が両方とも永井淳さんだったんですよね・・って、言い訳になりませんかね。

認識濃度が同じくらいというのも混同のポイントのようです。

それはそれとしてキム・ヨナユン・ソナは私の言いまつがい界の常連です。
ビジュアルも職業も名前の語感も全く混同してないのに、口だけが勝手に間違うのです。

最後に、玉木宏玉置宏って意表を突く「どっちがどっち?」じゃないでしょうか。
どうでしょう?
どうでしょうって、われながらどうなんでしょう。

by月亭つまみ

こんなブログもやってます♪→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」

 

 


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • Comet

    Comet

    沢村一樹と北村一輝。どっちが家電?とか思う(それは細川茂樹)

    あと、そういえばメリッサ・ギルバートって私と同じ歳なのですが
    最近、どうしてる?と思って検索してみたら
    こんな感じに変貌をとげていらっしゃいましたよ。
    http://japan.techinsight.jp/2013/04/yokote2013042522480.html

  • ami

    こんにちは

    プププ。
    つまみさんにもCometさんにも激しく同意です!

    あと、スネオヘアーとサカナクション的に
    LUNA SEAとラルクアンシエル、
    ゆずとコブクロ、 もです。

  • rieko

    わかります!わかります!

    西村さんに限っては、まったくの同感です。

    スネオヘアーは、勝手にドラえもんのスネ夫の髪型のことかと。。。。(爆)

    ちょいと話がそれますがつい最近都知事選の応援に出ていた元首相の小泉さんの息子さんの名前がいまだに判別つきませぬ。政治家と俳優。。。

  • 青緑

    初めまして。
    サカナクション、スネオヘアー、そしてレミオロメン。名前の由来の想像がまずつきません。玉木宏と玉置浩二の顔と名前が一致しないときがあります。あと、ウォンビンとヒョンビンもイケメンだけどどちらの名前なのか即効忘れてしまいます。

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ

    スガシカオとカジヒデキが時々わからなくなります。
    田中美佐子と田中美奈子は世代的にわかります。
    あとこれはファンの方の大変なおしかりを受けそうですが、
    岡崎京子と安野モヨコ、どっちがエヴァンゲリオンの嫁だっけ?(ホントすいません)

    つまみさま、このシリーズめちゃ面白いです!
    もっと読みたかったあ〜〜〜。
    「どっちがどっち」、おかわりください。

  • okosama

    初代きれいなおねえさんが後藤田姓になるまで、水野真紀↔︎水野美紀↔︎中谷美紀でした。水野美紀さん、ごめんなさい。

  • つまみ

    つまみ Post author

    Cometさん、そのあたりもデンジャラスゾーンですね(笑)。
    樹(輝)つながりだと、大森一樹と大竹一樹(さまぁ~ず)もいますね。
     
    ローラ、すっかり大人になって(´;ω;`)
    人生いろいろあったのねー。
    依存症?
    傷だらけのローラ、なんちって。

  • つまみ

    つまみ Post author

    amiさん、こんにちは。
    LUNA SEAとラルクアンシエル、ゆずとコブクロがいっしょくたになってたら、誰がどのグループか全くわからない自信があります!
    ゆずとコブクロチームにはできればレミオロメンも入れて欲しいです。

    昔、ユニコーンとジュンスカが一緒になんかやっていて、「それでなくてもメンバーの区別がつかないんだから紛らわしいことをsないで欲しい」と思った記憶があります。
    今は昔。

  • つまみ

    つまみ Post author

    riekoさん、こんにちは。
    私も、元首相の息子の顔と名前、全く判別できません。
    同じく政治家と俳優でも、元都知事の息子はどんどん違う顔になっている感じなのに。
    小泉さんちはまだ若いってことなんでしょうか。
     
    スネオヘアー、スネ夫の髪型が出典だとは思うのですが、それを名前にするって凄いですよね(笑)。
    将来を見越して、みたいな展望が感じられなくて、むしろ小気味よいような気もします。

  • つまみ

    つまみ Post author

    青緑さん、ようこそ。はじめまして~。

    玉木宏と玉置浩二!
    違うのに幻惑される感じ、わかります!
    玉という字の威力でしょうか(そんなわけないですかね)。

    ウォンビンとヒョンビン・・難易度、高すぎます!
    世俗の垢を落として真っ新な自分にならないと区別がつかない気がします(笑)。

  • つまみ

    つまみ Post author

    じじょくみさん、ああ、スガシカオとカジヒデキ!そうよそうよ。
    全然アナグラムじゃないのにアナグラムみたいですよね。
     
    私は、岡崎京子と安野モヨコと桜沢エリカの絵の区別がつきません。
    ファンの方に叱られそうですけど。

    そうそう。
    世代的に大丈夫なゾーンもありますよね。
    私も、榊原郁恵と柏原芳恵は大丈夫です!?

  • つまみ

    つまみ Post author

    okosamaさん、こんにちは。

    そうでした!そこもありました!?
    水野真紀と水野美紀は嫌がらせかと思うほど紛らわしいですよね。
    酒井美紀と坂井真紀という食わせ者(←表現が失礼過ぎる!)もいますよね。
     
    後藤真希とか今井美樹とか藤本美貴とか、もう芸能人のミキマキ枠は飽和状態なので、今後、「ミキマキ禁止令」を出した方がいいのではないかと思う次第です!

  • 花緒

    わ~、面白いですね!
    みなさんのコメントも、うなずいて読みました。
    実は今回のつまみさんのブログを読む前までは、坂東さんが同一人物だと思っていました。
    何年か前に、何かのきっかけでこの方の小説にハマって何冊か読み、その後、「え!この人が女性の品格という本も書いているの?」と違和感を持ちました。
    今日やっと事実が判明しましたf^_^;
    高橋克典と高橋克実、水野美紀と水野真紀、ほんと似てます。
    分かっているつもりでも、モーガン・フリーマンと、デンゼルワシントンの区別に自信がないです。
    あと、ザ・ブルーハーツとハイロウズが分かりませんでした。
    今、コメントを書くにあたり、検索したところ、主要メンバー2人は両方に所属しているんですね(^^;
    ゆずは、デビュー当時は19と区別がつかなかったんですが、おかげ様(?)で、今は大丈夫です。

  • ハラミ

    ハラミ

    つまみさん、こんにちは。

    坂東眞砂子さんの『死国』他、こわかったですね〜。
    (古い因習が息づくストーリー、怖いながらも好みです)
    いまだに八十八カ所巡りに行くと聞くと、「逆打ち」という言葉が頭に浮かびます(^_^;)

    阿藤快と加藤あい、とか…。
    間違えようなかったですね… (^^ゞ

  • sherry

    NHKのソチオリンピック応援ソングと「ごちそうさん」の主題歌が
    同じように聞こえるのは私だけかと思っていましたが,
    ゆずとコブクロチームをここで発見!
    私だけじゃないってこと?
    ちなみに,いろんな曲が同じように聞こえるのは年取った証拠だとか(‘_’)

    いつの頃からか,メディアから聞こえてくる名前が,
    「曲のタイトル」なのか「歌っている人の名前orグループ名」なのか,
    区別がつかないこと多々の私です^^;え~~~~ん(泣)

  • つまみ

    つまみ Post author

    花緒さん、こんばんは。
     
    モーガン・フリーマンとデンゼル・ワシントン!
    アフリカ系の良心的役柄は根こそぎこの二人ですよね。
    モーガン・フリーマンは、『ショーシャンクの空に』も良かったですけど、やっぱり『ドライビングMissデイジー』が好きでした~。
     
    ブルーハーツ、大ファンでした。
    おっしゃるとおり、ヒロトとマーシーはハイロウズに行きましたが、私はそちらには同行せず、ブルーハーツ止まりです。

    そして、ゆずと19、確かに!

  • つまみ

    つまみ Post author

    ハラミさん、『死国』、こわかった{{ (>_<) }} 私の中では、篠田節子の『神鳥』と双璧をなすこわさです。 阿藤快と加藤あい! 出た!アナグラム!

  • つまみ

    つまみ Post author

    sherryさん、こんばんは。

    NHK仕様のメロディラインというのがあるのでしょうか。
    万人受けしそうな感じですよね。
    それにしても、いつから各局が別々にオリンピックの応援ソングを流すようになったのでしょうかね。
    札幌オリンピックは「虹と雪のバラード」一辺倒(?)でしたのに(^_^;)

    曲のタイトルなのか歌ってる人なのか区別がつかない、ありますあります!
    なんかもう、グループ名とかが自分のキャパを超えている感じで、私は全く覚えられません。
    もう、その土俵は下りました!?

  • Comet

    Comet

    虹と雪のバラード!
    いかーん、そっちに行ったらいかーん、本題とどんどんはずれていく〜、と思いながら、止められずにコメントしちゃいます。ごめん、つまみさん。
    モーレツ好きです。この歌聴くと、泣けちゃいます。なぜか。
    http://www.youtube.com/watch?v=rtbdr7DY9-0

  • つまみ

    つまみ Post author

    Cometさん、おはようございます。
     
    おー!今あらためて聴くと、ホント、心が浄化されるような曲ですねえ。
    トワ・エ・モアの声が澄んでる!
    なんつったって、芥川澄夫ですもんね!

    スポーツ=神聖、だとは必ずしも思っていないのですが、オリンピックというものに人々が描く夢とかきらめきとかなにかの理想形は歴然とあって、そこに向かう選手をはじめとした関係者の、努力とか真摯さとかは紛れもなく美しいものだなあと思います。
     
    札幌オリンピックの時代への郷愁も募ります。
    ジャネット・リン、どうしてるかなあ。
    金メダルを獲ったのに、完全にジャネット・リンの陰に隠れてしまったベアトリクス・シューバは元気かなあ。

    これを未来永劫、冬季オリンピックのテーマ曲にすればいいのにと思います。
    今回は「札幌の地に~♪」のところは「ソォォォチの地に~」にして。

    ・・なんかへんだな。

  • 爽子

    つまみさんの記事、それと同じくらいおいしいコメントの数々、ごっつぁんです。
    あーーー、至福、至福。

    はにゅはにゅの世界一の演技をチャンネル変えるたびに見られて、二重に至福。

    自分の脳内画像と脳で思い浮かべた名前だけでも、ちぐはぐなことが多いのに、それに加えて、口が勝手に発する音がまた違ってて、かすってるけど(自分標準で)全く別物。のらせん。

    最近の79歳義母と54歳わたくしの会話。
    79「富士真奈美と吉行和子とあとひとり仲良しやった女優さん、何てなまえやったかいな?
    アー出てこん。」
    54「うーーーーん、誰やった???」
    外出ののちもしばらく考えながら、道を歩いていて、はた!と思いつき、そのままでは忘れてしまうので、
    立ち止まって携帯を取り出し電話しました。

    54「わかった!お義母さん、岸田エリコやわ!!!(岸田今日子の顔をたーーーっぷり思い浮かべながら)」
    わたしの勢いにおされた義母は「ありがとう。」と電話を切る。

    それから、30分くらいして、義母から電話が
    「あんた、あれは全然違う、ひとりだけ年が違うやんか、私が言うてるのは女優やで。
    楠田枝里子は全然違う。」
    ????わたしの言いまつがいをきれいに聞きまつがいしてくれているのでした。
    おまけに
    79「ボケてんのとちゃうか!」と言い捨ててて、唐突に切られた電話を手に寒空の中でたたずむ。。。の図。

    つまみさん、ヒット飛ばしてますね。
    もーハートさらわれてしまいましたよ。今日はバレンタインデーです。ずっきゅん。

  • okosama

    爽子さんの小噺も大ヒットです!(≧∇≦)

  • サヴァラン

    サヴァラン

    先日、うちのシュジンがNHKラジオを聞きながら言いました。
    「あ、このひと。事務所が倒産してたいへんなんでしょ」
    ラジオのパーソナリティーは夏木マリ。
    事務所が大変なのはたぶん木の実ナナ。

  • つまみ

    つまみ Post author

    爽子さん、ありがとうございます。

    okosamaさんと共にウケました!
    言いまつがい⇒聞きまつがい、の最強の流れですね(^O^)
    明日にでも自分もやってしまいそうな「今そこにある危機」的展開です。

    電話を手に路上でたたずむ爽子さんの寒さが体感できるような気がしました(^_^;)

  • つまみ

    つまみ Post author

    サヴァランさん、夏木マリと木の実ナナ!盲点でしたヽ(´▽`)/
    さすがサヴァラン御シュジン、絶妙なところを無自覚に突いてきますねえ。
    それにしても、木の実ナナってなかなかすごい芸名ですよね。
    それで思い出しましたが、木の葉のこという人もいましたよねえ。
    回文芸名という新機軸。。

  • sprout

    小学生のとき、芸能関係にうとすぎてアルフィーと安全地帯の区別がついてませんでした。
    「あ」しか合ってませんがね。
    あと、作家に異常に「ようこ」が多いという「ようこ問題」があります。
    ようこってつけときゃいい女ってことになってる気がしなくもないですが、たぶん生まれたときからようこなんでしょうね。すみません。

  • つまみ

    つまみ Post author

    sproutさん、ホント、「あ」しか合っとらんですよ( ´ ▽ ` )
     
    安全地帯といえば、あの石原真理子が以前『ふぞろいな秘密』という暴露本的なものを出版し、噂になった玉置浩二のことなどが偽名で書かれているらしいのですが、彼が所属していたバンド名ももちろん偽名で「セーフティーゾーン」になっているそうです。
    ね、なんていうバンドのことなのか全然わからないでしょ(^_^;)

    ちなみにこの話はユリオカ超特Qさんのネタです。
     
    ようこ・・。
    気づかなかったです。
    これからじっくり「ようこ問題」を検証せねば!
    (ヒマなのか、私)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

なんかすごい。

猫のさよなら

50代、男のメガネは

父の七回忌、写真の配置

OIRAKUのアニメ

第17回 海獣の子供

今週の「どうする?Over40」

「日常の平穏」は、いつだってホラー映画のオープニング。

日々是LOVE古着

自分でサイズ直し

黒ヤギ通信

ムーミン谷の仲間

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

mikityさん、チークの位置が古いです。

カレー記念日 今週のおかわり!

枕買ったら 目がよく見えるよ (当人比)

いどばた。

笑いをかみ殺したハナシをしましょう。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.25 ほむほむの後継者は、いま話題のあのヒトだ

ミカスの今日の料理 昨日の料理

切る覚悟:ねぎ酢だれ唐揚げとおまけの一品

わたしをライブに連れてって♪

おだやかな時間

これ、入るかしら?

vol.60 またまた髪について

絵手紙オーライ!

雨の日も また楽し。

あの頃、アーカイブ

【エピソード32】「外国」を肌で感じたEXPO70

これ、買った!

ゴルフウエアのワンピ買った!

四十路犬バカ日和

一年経って令和になって

KEIKOのでこぼこな日常

日本語って奥深い

昭和乙女研究所

昭和のあの町はどこへ…

ワクワクしたら着てみよう

パーソナルカラーが目からウロコのウインターでした

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.38】大人の女っぽく おならに対処したい。

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

偽猫置物

猫No.69  by mikity

猫大表示&投稿詳細はこちら!

偽猫置物

猫No.69  by mikity

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up