12月9日はカレー記念日

カレー記念日

「西へ行け」 その西どっちだ 地図アプリ

12月9日はカレー記念日

いまねえ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

第34回 「熟成体質」というカッコつけたカミングアウトと、力強い小説達の抽象的な感想、の巻

私は高校を卒業して東京に出て来ましたが、当時、都内にはたくさんの名画座がありました。

中学生の頃から映画好きを自認し、東北の片田舎で映画に飢えた十代を過ごした私は、名画座に感激し、これまたその存在にいたく感激したシティロードやぴあという情報誌を片手に、学校や仕事(ほぼ勤労学生でした)の合間、今日は三茶、明日は飯田橋、来週は銀座か早稲田・・と名画座めぐりをしたものでした。
ところが、そのうちハタと気づいたのでした。
自分は名画座に向いてないかも、と。

CB057409

名画座は安い上に、たいてい3本立て。
当初はそれがすごくありがたくて、貧乏学生にはそれこそが魅力だったのですが、どうも思ったほど満喫できない。 

そしてある日、すとんと腑に落ちました。
自分は、映画(や音楽や小説)が終わった後、しばし余韻に浸ってしまう方で、もっと言えばその時間が大好きなのだと。 
だから、ひとつの映画が終わってまだ余韻をやっているうちに、「はい、次!」とトコロテンのように気持ちを押し出されて次の映画を見ても楽しくないのだと。

映画やコンサートが終わるとソッコーで感想を言える人がいますが、私はダメです。
「絶賛!余韻中!!」の間は感想など出て来ません。
きっと熟成体質なのでしょう(カッコつけて言ってみました)。

それを自覚して以来、シリーズ一挙上映などの特別なプログラムではない限り、名画座でも映画は1本だけを観るようになりました。
周囲には「もったいない」と言われましたが、せっかくこれぞという映画を見ても、その後に見たもののせいで印象が薄まったり、ブレンドされたりして、結局その日見た映画全体がうすらぼんやりした印象になってしまうことの方がもったいないと思ったのです。

Woman Writing a Check

そして長い年月が過ぎ、気がつくと名画座は激減していました。
名画座が体質に合わないことと、名画座がなくなることの淋しさは別ですが、正直、ここ数年は名画座に思いを馳せる・・どころか、映画館で映画を見ることさえほとんどない日々を暮らしています。

久しぶりに名画座のことを思い出したのは、最近『スタッキング可能』『冬虫夏草』『想像ラジオ』という、昨年発売になってそれぞれかなり話題になった小説を間髪入れずに立て続けに読んでしまったからです。
名画座のときと同じ理由でちょっと後悔しています。

3つの小説は、全体がうすらぼんやりした印象で終わるにはあまりにももったいない、どれも力のある物語でした。
なので今回は、この場を借りて感想を記すことで、それぞれの小説の間にぐりぐりと句読点を打つことにしました。
「余韻を断ち切るのではなく句読点を打つ」。 (またカッコつけてみました)
昔もこういう認識が持てたら、もしかしたらもっと名画座を堪能することができたのかもしれない、と思ったりして。

Empty chears put in big circle on green lawn

『スタッキング可能』(松田青子/著)は今年のtwitter文学賞国内編1位の小説です。
私は『問いのない答え』を1位に予想したのですが、外れました。

この、ちょっと人を食ったようなペンネームの作者の小説は、斬新でセンスが随所に漏れ出ていて、twitter文学賞受賞作に共通する「小説世界の新しい息吹」を感じさせます。 
作者は才能豊かで、感覚や言葉のセンスが鋭いなあと強く感じましたが、それが前面に出過ぎていてちょっとだけ辟易しました。
「私の世界のシステムを理解できない、する気のない人はどうぞお引き取りください」と頻繁に耳元で言われているみたいで。
そう言われるとむしろ燃える(「萌える」でも可)人にはたまらんのだろうけれど。
この小説が好きな自分が好き、みたいな。

あ、悪口みたいになっちゃった。
言い訳がましいかもしれませんが、そういう小説も、そういう種類の「好き」も「あり」だと思います。
実は私、江國香織さんの小説にもちょびっとそれを感じたことがあります。
『ホテルカクタス』とか。

『冬虫夏草』(梨木香歩/著)は、あの『村田エフェンディ帯土録』『家守綺談』の続編というか姉妹編です。
森羅万象、生きとし生けるもの・・だけじゃなく、異界も、なんとなれば過去も未来も、全てが自分の今いる場所に存在していると思わせてくれる小説です。
あいまいであやふやで、でも確かな存在が、覆いかぶさるのではなく寄り添うように旅をする主人公と常に共に在る。
それは、少しもどかしいけれど心強くて、あたたかくて、生きるよすがになるような気がします。
読み手にとっても。 
大好き。

Cascading Stream under Sunlight in Forest

そして『想像ラジオ』(いとうせいこう/著)
東日本大震災を、逃げずに真っ向から描いた小説で、なにより作者の勇気に敬意を表したいと思いました。
とにかく全編、緊張感がもの凄い。
 それは、現実に起こったあまりにも大きな出来事と対峙する作者の矜持というか、時にはまるでぎりぎりの均衡で睨み合っているかのようです。

この小説は、震災に感応した表現者が提示した、ひとつの想像力のテキストなのだと思います。
「完成された小説世界」というより、読んだ人間全てがそこに加減乗除すればいい、いわば素材。
完成度が低い小説という意味ではありません。
とにかく、これを提示した勇気に敬意を表したいです、しつこいけど。

余韻を反芻しつつ、抽象的な感想を書き連ねてみましたが、以上の3作品、私は「目の前の現実だけが全て」と遮眼帯を装着したような狭い気分になったときに読みたいです。

もしよろしかったらお試し下さい。

by月亭つまみ

こんなブログもやってます♪→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」<


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • uematsu

    uematsu

    僕も2本立て3本立てが苦手です。
    名画座には今もよく行きますが、2本立てを1本ずつ見ます。
    1本見たら帰ります。
    で、上映期間中にもう1本見たければまた行きます。
    そうしないと、ちゃんと見た気がしません。
    そして、腰が持ちません(笑)。

    ゴダールの映画のほうの『映画史』もかなりの自己紹介ですよ。
    テレビで放送されたモノですが、日本ではDVD作品として発売され、
    映画館でも上映されました。
    通しで見ると5時間以上ありますが、これが面白い。
    内容を事細かにチェックしてしまうと、まったくわからないということになりますが、
    全体を貫くリズムがたまらない。

    そして、ラストに向かえば向かうほど、
    ゴダールの我が侭な立ち居振る舞いが、本当に気持ちいい(笑)。

    ぜひ。

  • uematsu

    uematsu

    あ、ゴダールは、カリーナさんの紹介記事にあった内容への返信になっちゃってます。
    すびばせん。

  • つまみ

    つまみ Post author

    uematsuさん、そうですそうです!
    私も、3本立てのうちの2本を別々に見に行って、知り合いに驚かれたことがあります。
    忘れてました。
    そして腰!
    古い映画館のイスは長く座ってられませんよね。
    映画の後半は、重心を変えたり、足を組み直したり、ふんぞり返ったり、前のめりになったりして見たものです。

    ゴダール、「勝手にしやがれ」と「気狂いピエロ」というメジャーどころしか見ていません。
    無職なので「映画史」を見る時間はたっぷりあります。
    見てみようかなあ。
    ところで、ゴダールってご存命なのでしょうか。
    調べればすぐにわかりますけど(^_^;)

  • アメちゃん

    こんばんわ!
    私も、昔はよく名画座に通っていました。
    だいたい2本立てで500円とか700円で
    500円の映画館なんて、ロビーにむき出しに映写機があって
    もちろんパイプ椅子でした。
    ルイ・マルの「さよなら子供たち」に大感動して
    2本立てで「さよなら…」+「2本目の映画」+「さよなら…」
    という荒技もしていました。
    入れ替え制じゃなかったから出来たんですけど。。。

    私も余韻派で、館内が明るくなるまで席は立たないのですが
    2本立ては大丈夫ですね。
    でも、最近は小さな名画座って無くなりましたよね。
    私好みの小品の名画を上映してたんですけど、、。
    寺山修司で、観客が私ともう一人という貸し切り状態も
    名画座ならでは、、ですね。

  • つまみ

    つまみ Post author

    アメちゃんさん、こんばんは。
     
    そうですよねえ。
    入れ替え制じゃなかった時代は、一日中映画館に滞在する、という荒技もありでしたよねえ。
    昭和のミステリーに「映画館で一日時間をつぶしていた」みたいな描写がよくあったようななかったような(どっちだ!?)

    寺山修司ではありませんが、私も総勢2名で映画を見たことがあります。
    さっきからタイトルを思い出そうとしてるのですが・・出てきません。
    ただ、かなり離れた席に座っていたもう1名のイビキの音が響いていたことはよく覚えています。
    孤独だから寝ないでくれ~と思いました。

  • uematsu

    uematsu

    ゴダールはご存命でございます。
    3D映画を撮るとか撮っているとかいう噂がありました。
    さすが、新しい技術を常に積極的に取り入れる方でございます。

  • つまみ

    つまみ Post author

    uematsuさん、ゴダールはご存命ですか。
    そうと知って、なんだか歴史上の人物が急に現世に舞い降りた感じです(おおげさ)。
    ひゃあ~!3D!
    あくなきチャレンジ精神ですねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ミカスの今日の料理 昨日の料理

50を過ぎた自分を磨く:豆苗の胡麻和え

わたしをライブに連れてって♪

So Kakkoii いま

今週の「どうする?Over40」

「うだつって何?」シンプルな問いに自分の囚われを知る。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

最愛コートを探して~そして見つけた最愛のコート

カレー記念日 今週のおかわり!

楽しみは 日曜昼の のど自慢

絵手紙オーライ!

上を向いて

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

50代、男のメガネは

中高年は省略しつつキレている。

OIRAKUのアニメ

第25回 アナと雪の女王2/きかんしゃトーマスとなかまたち

黒ヤギ通信

猫がいっぱい

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第17回 極私的雑誌人生そして今回のZineについて

これ、買った!

カイゴ・デトックス用に、タイツ買った!

昭和乙女研究所

懐かし化粧品の記憶

ワクワクしたら着てみよう

未だかつてないほど断捨離しました

なんかすごい。

木を植えるひと

日々是LOVE古着

危険な扉

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

これ、入るかしら?

vol.62 秋の買い足し

いどばた。

世界最強(怖)の動物は?

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

KEIKOのでこぼこな日常

ただ今、なんちゃって料理中

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

茶系同盟

猫No.39  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

茶系同盟

猫No.39  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up