5月23日はカレー記念日

カレー記念日

「館」のつく 場所で行くのは 図書館だけ

5月23日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

つまみの「帰って来たゾロメ女の逆襲」

Red Boxing Gloves Hanging on Wall

 

古い話で恐縮ですが、実はワタクシ、今から11年前、某書評誌で1年間「ゾロメ女の逆襲」というタイトルでコラムを連載していました。

われながらスゴいタイトルですが、「ゾロメ女」という聞きなれない新語(?)は、姓と名の頭文字がカブる女というだけで特に深い意味はなく、内容はといえば、これもスゴくもなんともなく、本にまつわる主観的で勢い重視の戯言をコンパクトにまとめて毎月発表する、というものでした。

このコラム、特にこれといった反響もなく(たぶん)、当初の予定どおり丸1年できっちり終わり、その後、フェイドアウトするように文章を書く「仕事」からは遠ざかりました。

以来、「ゾロメ女・・」のことを思い出すことは正直、ほとんどありませんでした。

が、このたび縁あって別冊に参加させていただくことと相成り、カリーナさんをはじめとする立ち上げメンバーの方々とのやりとりの中で、唐突にこの「ゾロメ女・・」のことが甦ったのでした。

そして、この連載が自分にとってちょっと不完全燃焼というか残尿感(下品で申し訳ありません!)のある記憶になっていることをあらためて自覚するに至り、なぜかメキメキと、11年前とは違う、今の自分ならではの<本にまつわる主観的で勢い重視の戯言>を書きたい!と思うようになったのです。

自分勝手な、自己満足で自意識過剰で自己実現っぽい、自作自演のリベンジで、みっともなくてスミマセン。


その上、第1回で取り上げる本(人物)が、われながら「そこに自分の状況を当てはめてる!?ずうずうしいにも程があるだろ!」です。

いやもう、スミマセン×10。

でもやってしまう!

だって帰って来ちゃった時点で、羞恥心などかなぐり捨ててるわけですから!?

******

よくぞ帰って来てくれた!わが人生の励み!!と誰よりもエールを送りたいのは、5年前に現役復帰したクルム伊達公子選手。

いまさら彼女の活躍を年齢付きの時系列順に書くのもヤボなので省略しますが、11年のブランクを経て、今も第一線でバリバリ活躍中なのは誰もが知るところです。

伊達さんに関してはもう、すごいとかかっこいいとか、そのへんの形容詞では形容しきれないので、私はいろんなものを呑み込んで咀嚼して、なんなら反芻までして、一言、「美しい!」という言葉を送りたいです。

現役復帰(本人は「チャレンジ」という言い方をしていました)時、当然のように各方面から問いかけられた「どうして今また?」に対して、伊達さんは会見や自身の著書『CHALLENGE!!』(講談社)で「若い選手に刺激を与えられれば」と言っています。

でも、これに対して、伊達さんの後輩で、前世紀の伊達さん引退後、長らく日本女子テニス界を背負っていた杉山愛さんが、ラジオで以下のようなコメントをしたのを私は忘れていません。

ちなみにそのとき、杉山さんは微笑んでました。誤解なきよう。

「伊達さんは誰かのために頑張るような人じゃありません。自分のために復帰したんです。」

なんだか清々しかった、そう言う杉山さんも、言われる伊達さんも。

復帰後の伊達さんは必ずしも順風満帆ではありません。

ブログを読んでいると、ケガの辛さや勝てない悩みを率直に吐露していたりもして、胸が痛むことも少なくない。

でも、「ああ、さすがの伊達さんのチャレンジももう厳しいのかな」と世間が思い出す頃に決まって、まるでそれに反発するかのように、トップの選手に勝ったり、心が震えるような熱戦、の報が飛び込んで来る。

やっぱり究極の負けず嫌いかも。

それも含めて、美しい。

だからといって、なにも、自分がくすぶっている自覚のある40代以上はもれなく伊達さんを目指そうよ、とは思わないのですけどね。

新しい一歩を踏み出すことに関しては、それがどんなに些細なことでも、条件やタイミングがあります。

誰もが伊達さんになれるわけではないという現実は、オトナだからこそなおのこと、身に沁みて知っている。

でも「いつも心に伊達さんを」は自分にも言いたいし、世のオトナ達に推奨したい気がします。

だって勇気づけられるんだもん。

そして心は自由だもん。

これしか選べない、という消去法で暮らしても、自分の中にあるクルム伊達公子的選択肢も検討した上で、選んで今はこうしてますというテイでも、自由。

自分のさじ加減で決めていいじゃん、だ。

そんなことを書いているそばから、「クルム伊達公子 2013パタヤ・オープン ダブルス優勝!」のニュースが飛び込んで来ました。

ちなみに、Kimiko Date-Krumm って、ゾロメ女と言えるかも!?

上の表記、なんかの日付指定みたいにも見えますが(^_^;)

by つまみ
こんなブログをしています。正体不明な女二人のブログ。
お昼休みなぞにのぞいてみてください♪→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • なお

    わー、ゾロメ女、帰ってきてくれてうれしいですー。わたしもゾロメ女ですし。
    伊達さんも実は(?)ゾロメ女なんですね。うれしい。

    どれほどくすぶっていても、一歩踏み出す勇気もきっかけもまーったく見えなくても、気持ちだけは「いつも心に伊達さんを」。(……いや、わたしは「いつも」っていうより「いつか」って感じかなあ……。)

  • あお

    つまみさんの措辞巧みな文章力はタダモノではないと思っていたら、書くことを生業とされていたのですね!うーん、やっぱり違うなあ。
    私の唯一興味のあるスポーツはテニスなのですが、伊達さんが現役復帰して話題になったころは「いまさらなんだか往生際悪いよね~」なんて言ってました・・・浅はかでした(汗)
    先日の全豪オープンもWOWOWでしかと観戦しました。強くて美しい。素晴らしかった。
    インタビューなど見ると、外国人マダムのような貫禄さえあって、本当に素敵なんです。「いつも心に伊達さんを」ですね。
    あ、つまみさんの「ゾロメ女の逆襲」読んでみたいです。

  • つまみ

    つまみ Post author

    なおさん、ありがとうございます(*゚▽゚*)

    そうですか、なおさんもゾロメ女でしたかー。

    そうですよ。
    伊達選手も小泉今日子姐さんも宮部みゆきセンセーも木村カエラ嬢も峯岸みなみちゃんもゾロメです(^O^)

    私もなにかとくすぶり人生ですが、「心に伊達さんを」で頑張りたいです。

  • つまみ

    つまみ Post author

    あおさま

    ありがとうございます!!

    いや、生業という立派なものではまったくありませんで、そんなフリーズドライ業をいまさら引っ張り出させてくれた、この場に感謝しております。

    最近、伊達さんの試合を見るだけで、なんだか泣きそうになったりもしている、とんだ涙腺ユル子です。

    今後ともよろしくお願いいたしますm(__)m

  • わー!クルム伊達選手ーーの話、うれしいです!!!

    特にテニスファンじゃないけど、ニュースで勝ちを知ると
    ガッツポーズしちゃいます☆

    「若さじゃなくて、経験や知恵で勝ってる」って誰かが言ってたんですけど
    私も、少なくとも「ただ時間が過ぎてって、年取っただけ。」じゃ嫌で
    かけた時間を積み重ねたいと思ってます。

    ところで、ゾロメってかっこいいですね~。
    マントに仮面な、怪盗ゾロのイメージ!

  • つまみ

    つまみ Post author

    Rさま

    わ~。
    かけた時間を積み重ねたいっていいですね。

    確かに、怪傑ゾロに近い語感ですね。
    かいけつゾロリって、怪傑ゾロが出典だったことにいまさらながら気づきました。

    いや~、世の中、気づかないことばっかりです。

  • 爽子

    伊達選手の試合、なんのめぐり合わせか、結構しっかり見てしまうことが多いです。
    ほんとに素晴らしい。
    わたしも涙腺ユル子で見ています。
    2年に一度くらいで、お付き合いでテニスをすることがあるんですが、もう全く足が動きません。
    ゲームをするとそれなりの形にはなる・・という不思議なテニス。と、友人たちから評されるのですが。

    ゾロ目、ほんとうにそそられる。
    テニス関連で、RRの竜崎麗華さまも仲間に入れてくだされ。

    違った形のゾロ目で、ブログネタをいただいたので、そのうち書いてみようと思います。
    そのうち・・・そのうち・・・。
    最近ほんとうに先送り大王様になってしまっていて・・・お恥ずかしい。

    こちらを読みに来るたびに、よっしゃ!と思って帰るんですが。

  • つまみ

    つまみ Post author

    爽子さま

    竜崎麗香!!
    よもや、お蝶夫人がゾロメとは。
    気づきませんでした!

    他にもゾロメ女には
    三浦百恵さんや、勝間和代さん、という新機軸もいらっしゃいます。
    新機軸の意味が自分でもよくわかりませんが。

    私もたまにテニスをします。
    左利きです。
    以前、隣のコートでテニスをしていた見ず知らずのすご~くテニスの上手なご婦人に
    突然、「あなた!せっかく左利きで有利なはずなのに、それがテニスに活かされていない!
    もったいない!」と怒られたことがあります。

    あれはなんだったんだろう。

    先送り大王様ってなんだかものずごく堂々としていそうです(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第12回 やっかむ相手が…

50代、男のメガネは

お尻を触るのはいいけれど。

これ、買った!

マキタって書こうと思ってたのによぉ!イージーエクサツインを買った。

OIRAKUのアニメ

第15回 舟を編む

ミカスの今日の料理 昨日の料理

カナダへ行ってきた。しかも、妹と。(終)

今週の「どうする?Over40」

過去への信頼が崩れる、ちょいハードな経験も新聞連載に。

日々是LOVE古着

古着以外で最近買った古いもの

黒ヤギ通信

黄金週間ちまちま

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

メイクアップレッスンに行ってきた!

カレー記念日 今週のおかわり!

行けるのか わからんけれど 申し込む

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.38】大人の女っぽく おならに対処したい。

いどばた。

悲報、ポストが消えた・・・

なんかすごい。

偶然と天ぷら油

わたしをライブに連れてって♪

オシャレと若いは同居しない?

これ、入るかしら?

vol.59 新人になってみる

絵手紙オーライ!

令和元年

昭和乙女研究所

東京見物(中学生編 昭和50年代前半)

ワクワクしたら着てみよう

収納サービスを使っています!

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

あの頃、アーカイブ

【エピソード31】浅間山荘事件を覚えていますか?

KEIKOのでこぼこな日常

はたして楽しめるのか?!

四十路犬バカ日和

2度目の初めて 〜公園デビュー〜

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

片足打法

猫No.2  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

片足打法

猫No.2  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up