10月30日はカレー記念日

カレー記念日

寒いのか あれ暑いのか 寒いのか

10月30日はカレー記念日

Comet

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

第53回 錦織と東海林と成金(敬称略)問題、の巻

2014年は錦織圭クンの年でしたね。

もしかしたら、2015年とか2016年はもっと飛躍して「今思えば2014年は序章だった」ぐらいの、より麗しい事態になるやもしれませんが、今の時点では、2014年の錦織選手もすでに、相当、かなり、スゴイことになっているという感じです。

 

私はテニス好きですが、先般行われ大きな話題になったATP(女子はWTA)ワールドツアーファイナルのことはよく知りませんでした。

 

その存在自体は知っていました。
年間ランキング上位8名のみが出場できる、選ばれし者のみの大会であることは、1990年代の伊達公子選手出場のときに知りました。
当時は、ワールドツアーファイナルとはいわず、チェイスと呼ばれていましたが、もしかしたらこれは女子大会のみの呼称かもしれません。

伊達さん、1996年出場のときは、当時ナマイキな盛りだった10代のマルチナ・ヒンギスにボロ負けしましたっけ。

あのときの伊達さんは引退を発表した直後で、露骨に「試合のモチベーションはゼロです。もうすっからかんです」オーラを放っていました。

まさか、あれから18年が過ぎた今、故障に苦しみながらも現役でシーズンを終えようとしている「そのモチベーションはいったいどこから?」の44才のクルム伊達公子に会えるとは予想だにしなかったです。

ケガから復活して出場した先日のドバイでは、準優勝。スゴイ。

人生はわからない・・から面白い。

テニス①

話をワールドツアーファイナルに戻します。

その存在は知っていたものの、出場選手はものすごくセレブ扱いされるとか、棄権すると相手が不戦勝になるのではなく補欠が登場するとか、その補欠の選手にも出番がなくても賞金が発生するとか、1次リーグは総当たりだとか・・などなどの、他のグランドスラムとは一線も二線も画した大会であることは全く知りませんでした。

 

テニスの最高の権威、晴れ舞台といえば、グランドスラムだったよね、とあらためて確認したくなるような今回のフィーバーぶり。

グランドスラムの中でも、特に権威の象徴みたいなウインブルドン(全英)の立場を心配したりして。
よけいなお世話ですけど。

 

でも、ウィンブルドンっていまだに伝統格式を重んじるというか、ある意味、時代錯誤というか、徹底してますよね。

選手は白いウェアしか着ちゃイケナイとか、芝の管理技術が凄いらしいとか、雨が降ってきたときの担当者の登場っぷりが物々しいとか(最近はセンターコートに屋根がつきましたけど)、優勝するとナントカ王子(ハンカチやハニカミや北区ではないらしい)からトロフィが授与されるとか。

大英帝国全盛期の面影を今いちばん感じることができるのはウィンブルドンでは?・・などと言ったら、イギリスの人に怒られてしまうでしょうか。

テニス②

それにつけても、ワールドツアーファイナルの認知度がこんなに上がったのは、錦織選手のおかげ以外のなにものでもないのは明らかです。

最近まで、下手すりゃグランドスラムも知らなかった人達が「あのツアーファイナルで」的に一喜一憂しているのは、揶揄や皮肉ではなく、心底スゴイことだなあと思います。

 

 

さて、実はここからが本題です(笑)。

「錦織」ぐらい、読み方の多い名字ってないような気がしますが、どうでしょう。

 

圭はにしこり
少年隊の一清はにしきおり
テノール歌手の健はにしこおり
原尞の小説『私が殺した少女』などに出てくる新宿署の警部はにしごり
(敬称略)

その他にも、にしごおりと読む人もいるそうです。

意外な難読名字です。
この名字に出くわしても、うっかり音読ができません。

テニス③

圭クン登場までは、たぶん一清氏や健氏のネームバリューで、にしきおり、にしこおりと読む人が多かったのだと思いますが、ここに来て、一気ににしこり優勢!

にしきおり>にしこおり>にしこり ⇒ にしこり>にしきおり+にしこおり  になった気がします。

ここはひとつ、にしごり、にしごおりの濁音コンビにも奮起してもらいたいです。

 

 

名字の読みといえば、さだおのり子や古いところでは太郎(古過ぎ?)でおなじみの「東海林」を、とうかいりんと読むこともあると知ったときはかなりびっくりしました。
冗談かと。

 

東海林がどうしてしょうじなのか、その出自は知らないまでも、子どもの頃から「世の中には考えてもわからないイレギュラーなこともある。その場合は疑問を持たずに受容した方が得策」ぐらいな勢いでインプットされていたのに、今更「とうかいりんで~す」と登場されても、そっちが受容できないよ!みたいな。

 

百歩譲って、とうかいりんさんがいることはなんとか受け入れても、その後、東海林さんと出会うたび、「しょうじさん?とうかいりんさん?」と確認するのもなあ。

一歩間違えると、「とうかいりん?何言ってんの!?この人」と思われないかという危惧も。

テニス④

最後に、難読名字、珍しい名字、は数あれど、私が今までの人生でいちばんインパクトがあるなあと思った名字をご紹介しましょう。

 

 

 

 

それは、成金さんです。

文字どおり、なりきんさん。

20代の頃の職場の得意先の人だったのですが、書類に押してあるこの方のハンコを最初に見たときのインパクトは忘れられません。 

 

この名字に生まれたがためのエピソードには事欠かず、中には弊害も少なくないであろう成金さんですが、そのひとつとして、とりあえずローンを組みにくいだろうなあ。

宝くじも買いづらいかも。

将棋でもなんか言われそう。

 

ガンバレ!成金さん!!(あれ?そんな主旨だっけ?)

 

by月亭つまみ

こんなブログもやってます♪→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」< 

 

 


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • アメちゃん

    こんばんわ!

    私の人生のなかでインパクトのあった名前は
    「毒島(ぶすじま)さん」です。

    毒島さんは、私が会社勤めをしていた頃の取引先の方で
    それがまた、魅惑の低音ボイスで
    「あー。ぶすじまですが、、、」と電話をかけてくるので
    取り次いだ女子社員は
    「ぶすじまさんの電話やったー♡」
    と華やいでいましたが、男性だから良いようなものの
    女性だと、子どもの頃とかちょっとツラいかもなーと思いました。

    ちなみに
    私の苗字も、ものすごくどこにでもありそうで
    あまりない苗字です。
    以前、本屋さんで「日本人の苗字1000(?)」みたいな雑誌を見つけて
    目を皿のようにして、私の苗字を探しましたが
    ありませんでした(たぶん)。

  • nao

    知り合いの中島さんは、「なかじま」さんと呼ばれると
    「なかしま」です、と必ず訂正していました。
    白石さんも、「しろいし」「しらいし」がいて、紛らわしかったな。

    変わった名前の知り合いでは、祝部さん。「ほうり」と読みます。
    「ほうり」と打って変換されたので、パソコンってすごいと今思いました。

    ところで、以前からNHKの報道で出てくる現地記者の中には、変わった名前の方が多くいて
    そういう人を選んでいるのかと思ったことがあります。
    「八月一日」(ほづみ)さんとかね。あ、これもほづみで変換できたわ!

  • つまみ

    つまみ Post author

    アメちゃんさん、コメントありがとうございます。

    毒島さん、それはインパクトがありますねー。
    読みも相当ですが、名字に毒の字というのもなかなかです。
    魅惑の低音ボイスか、魅惑の容貌でも保持していないと、乗り切るのが大変な時期もあったかもと思わせる名字ですね。

    それにつけても、アメちゃんさんの名字が気になります!!

  • つまみ

    つまみ Post author

    naoさん、こんばんは。

    そういえば、こちらのサイトでも話題になった「最高の離婚」というドラマでも、瑛太扮する「濱崎」が、「はまざき」さんと言われるたびに、「はまさき」です、と必ず訂正してました。
    それが、終盤には「訂正しなくなった」というモノローグになっていて、それが彼の変化の象徴みたいになっていました。

    祝部さん、確かに変換されますね!
    パソコン、エライ!

    そしてそして、私もNHKの記者の珍名率の高さに気づいたことがありましたよ!
    すっかり忘れてました。
    私のパソコンでは、ほづみさんでは変換できませんでしたー。
    残念~(>_<)

  • ぽち

    私もちょっと変わった三文字の苗字です。
    学校や職場で一度も同じ苗字の方に会ったことがないので、楽といえば楽です。
    〇〇〇です、というだけで通じますから。

    子供の頃は、父宛に届いた年賀状に〇〇市 〇〇〇よしお様 しか書いてなくても(郵便番号も番地もなし)ちゃんと元旦に届いていました。

    子供のころは、結婚したら佐藤とか渡辺とかの二文字の苗字になれるーと憧れていましたが、いまだに結婚できず(爆)。

  • つまみ

    つまみ Post author

    ぽちさん、コメントありがとうございます♥

    おおっ!
    郵便番号も番地もなしで年賀状が届くって、すごいですねー。
    人違いされないし、覚えてもらえるし、変わった名字のメリットって意外と多いのかもしれませんね。

    今、名字ランキングで検索してみたところ、私の旧姓は600番台で、結婚後は10番台でした。
    どちらも二文字ですが、平凡に成り下がりました~(^_^;)

  • ソラ

    漢字は単純ながら、神戸も読み方が多いと思います
    コウベ、カンベ、カミド、カミト、シンベ…カンノベなんて読み方も

    名字ではないですが、家族でおすもうさんの勢(いきおい)が好きです。
    勝てば「勢あるやん!!」、負けたら「勢ないな~」とつい言ってしまいます

  • つまみ

    つまみ Post author

    ソラさん、こんばんは。
    コメントありがとうございます。

    神戸、意外な伏兵でした(^_^;)
    カミト、シンベ、カンノベ!?知りませんでした。
    世の中、いくつになっても知らないことばかりです。

    勢(いきおい)も、ソラさんのコメントで初めて知りました。
    確かに、ついいろいろ言いたくなる四股名ですね。
    でも、すごくいい名前だと思いました♥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

カレー記念日 今週のおかわり!

油断して ゆるゆるゆるゆる 下半顔

50代、男のメガネは

Mくんのこと

ミカスの今日の料理 昨日の料理

カイゴデトックス特設ページを開設しました:長芋の春巻

今週の「どうする?Over40」

今週金曜日、カリーナの本発売。そして、カイゴデトックスのサイトがオープンしました!

日々是LOVE古着

プリーズプリーツ…

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ヘッドマッサージャーで柔らかあたま

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第26回 トラウマを蹴とばせ

OIRAKUのアニメ

第41回 劇場版 鬼滅の刃 無限列車編/劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ああ島よ。ムッちゃん事件の顛末。

出前チチカカ湖

第162回 最近のトライ&エラー

なんかすごい。

2冊のZineと1冊の本

わたしをライブに連れてって♪

先生、倒れたってよ。

これ、入るかしら?

vol.73 髪をなるべくきちんと

いどばた。

エコバッグどれがいい?

絵手紙オーライ!

三つ葉のあの子・・・

昭和乙女研究所

お菓子編 アイス

これ、買った!

スマホ消毒器、買った

黒ヤギ通信

ゆっくりと

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

ワクワクしたら着てみよう

冬のペールトーンコーデにワクワク~♡

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

愛情過多

猫No.55  by あずみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

愛情過多

猫No.55  by あずみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up