8月12日はカレー記念日

カレー記念日

ほんとうだ すべて笑える 記憶になった

8月12日はカレー記念日

ダイジャエモン

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

閑話休題 前口上

このサイトで初めて【帰って来たゾロメ女の逆襲】を書いたのは2013年2月7日です。(こんな記事でした⇒)早いもので、丸4年が過ぎました。

記事の第1回で私は「<本にまつわる主観的で勢い重視の戯言>を書きたい!」と表明しました。そして毎回、ほぼ強引&偏屈なテーマを決め、それにまつわる本とその周辺について約60回の文章を書きましたが、2015年4月から「ゾロメ日記」にリニューアルしました。ありていに言ってネタが尽きたのです。

そのゾロメ日記も前回で68回を迎えました。日記形式で…時にはその形式にこだわらず、日々の出来事や気持ちを綴るのはとても楽しいのですが、最近、また少しずつ「本のことを前面に出したタイトルの記事も書きたい」と思うようになってきました。

私は本を読むのは好きですが、とりたてて読書家でも本の目利きでも活字中毒でもありません。これは謙遜や卑下ではなく、自分に対してのまっとうな認識だと思っています。一日の読書時間は短いかゼロの日も多く、寸暇を惜しんで本を開いたりもしませんし、本の所有欲もなければ、新刊を人より先に読みたい願望もありません。長く図書館員をやっているくせにナンなのでこっそり告白しますが、本について、作家について、さほど詳しくもないし、実のところ、詳しくなりたいともあまり思っていないのです。

それなのに、なにゆえ臆面もなく「私は読書が好きだ」と言い、本について書きたいと思うのかといえば…読書を通して、思いもかけない場所、考えたこともなかった気持ち、に出会うことが大好物だからです。本を読むことで、日常の風景や周囲の人たちがそれまでと違って見えたり感じられたりすると、おおげさではなく、この本を読む前に死ななくてよかったと思います。そして、それらについて雑感を述べることは数少ない長年の「趣味」なのです。

先日、『本屋、はじめました』(辻山良雄/著)という本を読みました。静かで押しつけがましくなく、小憎らしいほど落ち着いた筆致の本なのに、ガツンと衝撃を受けました。

著者は、荻窪でTitleという本屋さんをやっている人です。私は以前、「いどばた。」で、お店をはじめるなら本屋さんをやってみたいと書いたことがありますが(⇒)この本が私の心にヒットしたのは、必ずしも私の夢を、地に足がついた見事さ(苦労話を前面に出さない奥ゆかしさも含めた小憎らしいほどの見事さ)で実現させているせいだけではないようなのです。

なぜなら、この本を読んでいる途中から私の中にむくむくと湧き起こった気持ちは、本屋さんっていいな、ではなく(じゃないのか!)、「やっぱり【帰って来たゾロメ女の逆襲】で本のことを書こう」だったからです。

 

どうして『本屋、はじめました』を読んでそう思ったのか、上手く説明できません。書こうとしてみたのですが、言葉を重ねるほどに、似て非なる手軽な言葉で気持ちをショートカットしてしまいそうになる自分がうさんくさくなり、やめました。力不足。修行が足りん。

ただ、この本の183ページにあった

<マーケティングから売れる本の何が良くないかと言えば、必ず違う似たような本に取って変わられるからです。言ってみれば「替えがきく」という事なので。本は、元は一冊一冊が「替えがきかない」はず。替えがきかない「切実な本」にこそ、人の興味はあると思います。>

は、心に残りました。「切実な本」っていい表現ですね。小憎らしいほどです。(「小憎らしいほど」って三回言った!)

そんなわけで、2017年度は【帰って来たゾロメ女の逆襲】を再びリニューアルします。勝手にやってくれよ、かもしれませんが、自分に言い聞かせたく、長々と(ピントがボケた)前口上を述べさせていただきました。

あらためて、今年度の木曜日のこの枠のラインナップをお知らせします。よろしくお願いします。

第1木曜日 まゆぽさんの【あの頃アーカイブ】
第2木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 私的切実本(仮)】
第3木曜日 はらぷさんの【なんかすごい。】
第4、5木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 ゾロメ日記】

 

…語ったわりに、この腰の引けた頻度。ヘタレだわ、わたし。

byつまみ

『本屋、はじめました』の楽天ブックス情報はこちら ⇒ 

まゆぽさんとの掛け合いブログです。→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」

◆来週は第三木曜日。はらぷさんの「なんかすごい。」です。

スポンサーリンク

 


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • Comet

    Comet

    金曜日に買って、土日で一気に読んじゃいました。

    「地に足がついた見事さ(苦労話を前面に出さない奥ゆかしさも含めた小憎らしいほどの見事さ)」

    まさしく!

    夢を語るわけでもなく、希望を与えてくれる本でもないのに
    私も、何か始めたくなりました。

  • つまみ

    つまみ Post author

    Cometさん、感想ありがとうございます。

    そうそう。
    物語でも奇想天外なおもしろエッセイでもないのに、一気読みしちゃうますよね。
    私もそうでした。

    若いのに(あくまでも自分比)落ち着いていて、洞察力と判断力だけじゃなく直感にも秀でていて、でも達観とはまた違う静かな勢いも感じられて、何度も言いますが「小憎らしい」。
    現物…いや、本人も穏やかな雰囲気を醸し出してはったな。

    日常のオオモトは変わらなくても、日々のちょっとした向き…というか優先順位が変わるような、湧き上がらずとも滲み出るものを大事に掬い取りたくなるような、じわじわした原動力を意識したくなる本でした。

  • こんばんは。
    「やっぱり本のことを書こう」
    じゃんじゃん書いてください!とっても楽しみにしてます。

    世間ではいろいろ本屋大賞とか話題になる本は多いのですけど、実際に読んで心に残る、余韻があって再読してしまう本というのは古典かまたはひっそりと存在しているもので誰かにさりげなく紹介されて手に取ってみたらものすごくよかった・・・ということが圧倒的に多いように思います。
    つまみさんが以前紹介された「なずな」の堀江敏幸さんも、まったく存じ上げなかったのですけど、読んで、しばらくしてから土曜の日経新聞に「傍らにいた人」という連載をされていることに気づき。先日は佐多稲子の「水」について(堀江さんの文章とても好きになりましたー!)。もしもつまみさんが「なずな」紹介されていなかったらこの連載もスルーしていただろうと思います。
    つまみさんに感謝です。
     少し前に、クウネルの記事で酒井順子さんと豊崎由美さんの読書対談があり、それがきっかけで「風と共に去りぬ」を読んだのですが(ほんと今更で恥ずかしいですが、そしてあの長さにちょっとひるむんですけどお二人の対談がすごく楽しくてこれ読まないと絶対損だろうという気にさせるんです。)、圧倒されました。これ生きてるうちに読んでほんとによかったー!!というくらい。私にとっては「替えがきかない」ので、また何度でも読み返すと思います。
    本を読むことも好きですが、誰かが「こんな思いもかけない場所に連れて行ってくれるよ」と未知の本の話をしてくれるのを聞くことも大好きです。それはものすごく個人的な意見であって当然で、それだからこそ伝わってくるものがあるのですよね。
    長々と失礼しました。では、楽しみにしています(^^♪

  • つまみ

    つまみ Post author

    凛さん、こんばんは。

    わー、うれしいコメントです。
    この記事は、ひとりよがり感がハンパないなあと、確信犯ながらも気になってもいましたので、うれしいだけじゃなく、手を差し伸べてもらったようなありがたさも感じます。

    「個人的な意見であって当然で、それだからこそ伝わってくるものがある」って本当ですね。
    そんな風に思ってくださる人がこのサイトの文章を読んでいる…というより、そういう人だからこそ、このサイトに来てくれるような気がします。
    それって、スゴイことだと思います。

    『風と共に去りぬ』、読んだのは十代のとき一回だけです。
    確かにあの長さに怯みますが、長さという重い扉の向こうには新しい、十代に感じたものとはまるで違う世界が拡がっているのでしょうね。

    私もチャレンジしたくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

今週の「どうする?Over40」

「どうする?Over40」は、8月11日(金)~20日(日)までお休みします。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.4 脊髄反射的やりとり と 茄子の輝き

50代、男のメガネは

自分のことは自分でやります、ということ。

これ、買った!

眼鏡の跡を回避するもの買った!

着まわせ!れこコレ

同期会はあの街で

ミカスの今日の料理 昨日の料理

将軍様と私の昨今 : 鶏レバーの唐揚げ

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ミキティ&桜子の『これいいよ』~日傘②~

夫婦というレッスン

つばた夫妻は革命をやってたかも、という直観はあながちまちがいじゃなかった。

いどばた。

お化け屋敷は好きですか?

あの頃、アーカイブ

エピソード14★昭和40年代の引っ越し

KEIKOのでこぼこな日常

スマホで「聞く」読書

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.19】家庭的と言われるのが苦痛です。

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

ラジオブースから愛をこめて

ピクルス生活

昭和乙女研究所

夏はアルバイト!?

なんかすごい。

S.M.ソング

ただいま閉活中

(54)閉活総括~健康編

これ、入るかしら?

vol.40 ふくらんだ袖

四十路犬バカ日和

犬だって華麗に加齢!

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

じじょうくみこの崖のところで待ってます

シン・ゴフジンラと、ドクターK。

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

ワクワクしたら着てみよう

家でもそこそこ小綺麗に〜 & ZOZOTOWNに着ない服を売ってみた2

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up