9月20日はカレー記念日

カレー記念日

年齢と 人生経験 比例せず

9月20日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第3回 時に正しさは五月蝿くて怖い

 

人間ドッグや各種ガン検診をマメに受けている人に引け目を感じる。晴れやかな顔で太陽の方を見ながら「家族が…こどもがいる者にとっては当然の義務だと思う」などと宣言された日にゃ、いろいろな意味で「スミマセン」としか言えない。

わたしだって基本的な健康診断と3個のガン検診(うち、1個は検便…いちいち言わなくていいか)は年に一度受けているが、実はそれすら、なんとかパスできないものかとひそかに思っている(思ってるだけです…今のところ)。なので、この手の発言にヘラヘラしながら「確かにそうですよねえ」と追従している自分は相当嘘くさい。内心、早く話題を変えてくれないかな、変えろっつうんだよ、ともぞもぞしているのである。

選挙の日のTwitterの「選挙に行ってきた」という善男善女のつぶやきも少し苦手。ここ数年、棄権はしてないが(たぶん)、よんどころない事情で棄権しそうになったときは、選挙がらみのツイートが「行ってきたアピール」「わたしは政治のことをちゃんと考えてる宣言」に思われ、軽い脅迫のようにも感じた。過剰反応か。

どちらも、ちゃんと、漏れなく行く人が120%正しい。そこに異論をさしはさむ余地は1ミリもない。話題を変えろとか、苦手とか、言ってる方がどうかしている。

重篤な病気から身を守るには、なにより早期発見早期治療だし、あのときちゃんと検査を受けていれば…的な話に対しては、それまで特に好感を持っていたわけでもない芸能人でも、知り合いの知り合いの知り合いであっても、心底、身につまされ、同情し、復帰を願い、自分も気をつけよう、ちゃんと検査を受けなきゃ、と心に誓ったりする。

選挙に対しても、どんなささいなことであれ、政治に何かを求めるなら、要するに自分がこれからも生きて行くつもりなら、選挙に行くことが基本で前提、と設定するのは当然でまっとうだし、投票率が上がることを、わたしも毎回心から願う一人だ。「選挙、行こうよ」になんら文句はない。いや、もうまったく。

でも、確かにそうなのだけれど、真っ直ぐな目で迷いなく正しいことを言われるのはなんだか苦手なのだ。真っ直ぐな目はちょっと五月蝿い。まるで、バンジージャンプ台にいる自分に後ろから「ここから飛ばないと次に行けませんよ。はい、どうぞ。イッチニーノーサン!ほらっ!」とせっつかれるみたいなうっとうしさがある。最初は飛ぼうと思っていたのに、飛べなくなる、飛びたくなくなる気がする。

自分のペース、タイミングでやりたいのだ。あせらせないでほしい。感情の流れを端折らずに進みたい。案件に対して、よけいな劣等感や罪悪感を発動したくない。義務ではなく権利、ぐらいに思って実行したい。たとえ到達点は同じでも、雰囲気や風潮に押し出されて、ではなく、自分の意思で動きたい。

検診や選挙ぐらいで、なに、しちめんどくさいことを滔々と言ってるんだ?と自分でも思うのだけれど、飛べ飛べとせっつかれるのは不快だ。そして、正しさが強くなり過ぎるのは、もしかしたら刹那的な露悪さより自分にとっては怖い。

いくら正しくても、それを笠に着ると、時に暴走するような気がする。でも、正しいから暴走に見えない。当事者も気づかない。だって正しいから。それが怖い。

たとえば、検診の間をあけた人がガンになったとき、悪気なく「自業自得だ」的な言い方をする人がいる。受けていれば…の悔いと、それは話が違うんじゃないかと思う。ガンの発症自体、検診を受けなかった落ち度だとでもいうのだろうか。発見時の進行の違い、生存率の差(生存率って、書いててつくづく生々しい言葉だと思う)はわかる。身近にもいたから。それは承知で言うのだが、怖い。

世界は、正しさを最優先に生きるべき場所で、それから少しでも逸脱したらどんな咎が待ち受けていようが文句は言えないとしたら、なんて息苦しいんだろう。自業自得という言葉が、自分の正しさを確認して安心するためばかりに使われるのだとしたら、そんな四字熟語…使用禁止にしてしまえ!(暴言)

全方位に正しいとされていることこそ、モンスター化しそうで不気味だと思ってしまいがちなわたしは、つくづく小心者なんだろうなあ。あと、検診に関しては、結果が出るまでの時間と結果表を開く瞬間、そしてヘンに検査に引っかかったりしたときの、あの言いようのない不安感がたまらない。

…やっぱり、単なる臆病者か。臆病でやっかみ屋、しちめんどくさいどころか、じゅうめんどくさいな。

by月亭つまみ

◆木曜日のこの枠のラインナップ
第1木曜日 まゆぽさんの【あの頃アーカイブ】
第2木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 月刊 切実本屋】
第3木曜日 はらぷさんの【なんかすごい。】
第4木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 やっかみかもしれませんが…】

まゆぽさんとの掛け合いブログです。3ヶ月ぶりに更新しました。→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」

スポンサーリンク


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • 中島

    中島

    今日のやっかみ、なんか好き〜^^
    昨日、舌痛症の話をしてたら、きっと真面目なんだね〜と言われ、ちょっと黒い気持ちになりました。
    そうだよ、真面目だよ、余裕ないよ、小さいやつだよって心の中でやっかんだ 笑

  • アメちゃん

    私はあれですね。
    Twitterで「デモに行こう!」「声をあげよう!」
    っていうのがニガテです。
    なんか
    「デモに行く人=政治に関心がある人vsデモに行かない人=政治に無関心な人」
    と対立されてる感じがするんですよね。

    私だって、現政権は私至上最悪の政権だと思うし
    早々に退陣してほしいと切に願うのですが
    皆と一緒にこぶしを挙げない、シュプレヒコールを起こさないのは無関心なのだ…
    と思われるのは、ちょっと違うよな…って。
    なんか、他人に強制する空気ってニガテです。

  • つまみ

    つまみ Post author

    わーい、中島さん、コメントありがとうございます。
    「なんか好き~」って、言われてうれしい言葉のかなり上位です♥

    「真面目だね」って言われると、イラッとしますよね。
    オメーになんて、わたしの真面目じゃないところなんて見せてやるかよ!人生、損したな、と言ってやりたくなりますね。

  • つまみ

    つまみ Post author

    アメちゃんさん、こんばんは。

    デモ、確かにTwitterでグイグイ押されると、そこに 行く人VS行かない人 の対立構図ができてしまう気がします。

    でも(←シャレみたい(^^;)、行く人の中にもたぶん温度差があって、行ったことのない人(私)はつい「デモに行く人はみんなものすごく問題意識が高くて尖鋭的」とか思ってしまいがちですが、こぶしやシュプレヒコールの外側の参加者も案外たくさんいて、もしかしたらその人たちは、「今の政治に危機感や嫌悪感があるけれどデモには否定的な人」と交じりあった層のような気もするのです。

    デモに行ったことがあるけれど、真ん中の方には行かなかったというお知り合いに「じゃ、なんでデモに行ったの?」と聞いたところ、「こぶしを上げたり、大声を出したりしたいわけじゃないけれど、今の政治にものすごく危機感があって、焦燥感も募って、行動せずにはいられなかった。だからデモという場所に行ってみた。実際に行ったら、自分のような人間がけっこう多いかもしれないなあという印象を持った」と言っていて、ああ、そういう参加のしかたもあるのかと思いました。

    あ、でもたぶん、そういう人は、Twitterで同調圧力を感じさせるようなツイートはしないと思うので、アメちゃんさんがニガテな空気を出す人ではないですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

なんかすごい。

筏に乗って

これ、買った!

簡易ジェルネイル機、買ってみた

50代、男のメガネは

膝が痛い(からの頑張るぞ宣言)

ミカスの今日の料理 昨日の料理

さらば胆のう : 豚肉の冷しゃぶ

今週の「どうする?Over40」

おしゃれしよう。好きなものを身に着けよう。自分を支え、守り、気分を上げてくれるぜ。

日々是LOVE古着

1960年頃の黒い線

カレー記念日 今週のおかわり!

平成に なった日のこと 訊かれたよ

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

おしゃれ番長とのファッション談義②お気に入りブランド大公開

いどばた。

美術館に行こう!

OIRAKUのアニメ

第5回 ユーリ!!! on ICE

わたしをライブに連れてって♪

クラブに行きたいやつはサカナクションライブに行け

黒ヤギ通信

続・アートにオマージュ♪ 

これ、入るかしら?

vol.51 毛先のハネの原因

絵手紙オーライ!

卵焼きは、甘いのが好き?甘くないのが好き?

あの頃、アーカイブ

【エピソード25】元軍医先生の扁桃腺手術

四十路犬バカ日和

NOMMY 〜悪党(ヤツ)は草むらからやって来る〜

フォルモサで介護

介護サポートを雇った理由

KEIKOのでこぼこな日常

拳大(こぶしだい)ってこんなに大きかったかしら?

昭和乙女研究所

「寺内貫太郎一家」

ワクワクしたら着てみよう

秋の妄想コーデにワクワク〜♡

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 番外編 「私家版・逃げ恥」

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.30】 同僚のお悩み相談がウザい。

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

貫禄十分

猫No.12  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

貫禄十分

猫No.12  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up