2月9日はカレー記念日

カレー記念日

ひっそりと ガードルというのを 処分する

2月9日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第49回 なるべく小さな幸せと なるべく小さな不幸せ

会話の中で「幸せ」「不幸せ」を多用する人のことをちょっと警戒してしまう。そして、自分が通常よりそれを多く使い出したら危険信号点灯だと思っている。

とはいえ、その概念を極力回避して暮らしているわけではない。美味しいものを食べれば「幸せだなあ」と思うし、身体に不具合が生じたら、生じていなかった、たとえばギックリ腰発症直後における5分前を思い「あの頃は幸せだった」と遠い目をしたりする。幸せ、不幸せなんて、その程度のものだと思っている。「その程度」とは必ずしも、どうでもよかったり軽く見ることを意味するわけではないが、あまり囚われたくないというのが正直なところだ。

「自分は幸せ」と言い過ぎる人はその逆に見えるし、不幸せであることをちょいちょい匂わせる人は、そのとおりだろうなと思う。要するに、どちらもいいことがない気がする。言葉には言霊というものがあってだな…と浅い知識を開陳するほど言霊信仰はないのだけれど、幸せ不幸せの自覚はあんまり要らなくね?と思う。

よく思い起こすのは、ドラマ「すいか」(また出た!)の第9話。単位が欲しくて飛び降り自殺未遂をした女子大学生が、退院し、担当の崎谷教授(浅丘ルリ子)のところにやってくる。教授は彼女に、一寸先は闇、人生は先のことなんて誰にもわからない、と諭して帰す。教授と同じ下宿で暮らすヒロイン早川基子(小林聡美)は、そのあと教授に、教授はああ言っていたけれど、自分はあまり幸せそうじゃない20年先の自分が見えるんですよ、と言う。

それに対して教授はこう答える。「それは、今のあなたが考えてるだけの未来でしょう。本当は、どんな20年後が待ってるかなんて、誰もわからないんじゃない?」

でも、だいたいのことは見当がつく、と食い下がる基子。教授は、じゃあ、あなたは自分がここに住むと思ってた?友達(小泉今日子扮する馬場万里子)があんな事件(三億円横領)を起こすって想像していた?と聞く。口ごもる基子。教授は「20年先でも、今でも、同じなんじゃないかしら。自分で責任をとるような生き方をしないと、納得のいく人生なんて送れないと思うのよ」と静かに言うのだ。

このドラマを最初に見た約20年前のわたしは、最後の教授の締めの言葉はちょっと凡庸だと思った。責任をとる生き方とか、納得のいく人生なんて、安直な人生訓によく出てきそうな言葉だし、と。

でも、人は変わり、見える景色も変わる。それらが変われば、言葉は別な側面を見せてくれる。

たとえば、憂鬱な予定が控えているとする。緊張する仕事とか検査とかバンジージャンプとか。カレンダーを見てはため息をつき、どよんと暗い日を過ごす。テンパったり、不本意な状況になったり、体調が悪くなる自分を想像して、そんな予定がない人(たとえば家族)がのん気に見え心底うらやましくなる。私はつくづく不幸だ、ぐらいに思う。

なのに、前日になるとたいていは肝が据わり、ちょっと無に近い感じになる。嫌だけど、逃げたいけれど、明日の今頃には、この憂鬱さから解放された自分に戻れるのだ、上手くいかなくたって終わればオールOKじゃないか、に気持ちがシフトチェンジする感じ。

ほとんどの場合、結果は、長々とネガティブに考えていたよりは幾分かマシだったりする。直後の多幸感たるや!である。

今考えている未来なんてまず来ないわたしにとって「責任をとるような生き方」とは、気が進まない予定の前の数日間(もしくは数週間)の憂鬱さを、渋々ながらでも引き受け、最後は開き直ってやることだ。「納得のいく人生」は、そんなある種のわだち(!)を性懲りもなくリピートすることでしかない。予期せぬアクシデントも例外ではなく、基本的にはこの公式を当てはめて対応するしかないと思っている。

幸せ不幸せを多用する人は、人生を長いスパンで考えているのではないだろうか。それも大事なのかもしれないが、それだけが大事ではない。少なくても、他者に安易に自分をジャッジされるのを快く思わないという人は、自分に対してもそうなんじゃないですかね、と老婆心で言ってみる。

実はこのお題、ミカスさんとカリーナさんと話そうかってことになっていた(よね?)のだが、先に主観を書いてしまった。ごめんなさい。

by月亭つまみ


Amazon


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • アメちゃん

    つまみさん。
    私はあれですね。
    ふわふわっとしたスピ系や自己啓発系の方が、よく
    「足元の小さな幸せを感じましょう」的なことを言ってると
    「ホントは、エッセイストとかインフルエンサーで有名になるという
     大きな幸せを感じたいんじゃないの?」
    ってイヤらしく思ってしまいます。
    「自分は幸せ」を言いすぎる人は、ホントはそう思ってない自分を
    幸せだと思い込ませようとしてる風に見えますね。

    私は以前、取引先がギャラ(25まんえん)未払いのまま倒産し
    1円も回収できずに終わるという、まぁ一種の不幸が降ってきましたが
    その話を知人にしたら
    「うちは何百万円もの不払いを経験してますよー(笑)」
    と言われて、上には上がいるなって
    ムーディー勝山よろしく、不幸は右から左に受け流しました。
    ちなみにこの会社、各所に不払いをしたまま
    すぐに社名を変えてフツーに営業を再開しました。
    ムカつくーと一瞬思ったけど、
    もうどーでもいいやって思い出しもしません。
    (久々に思い出した)

  • つまみ

    つまみ Post author

    アメちゃんさん、こんにちは。

    エッセイスト、インフルエンサーのくだり、小気味よくて大笑いしました。
    昨日更新のPodcastでカリーナさんも、アメちゃんさんのコメントのことが印象的だったと言ってました。
    そういう「ちょっとうさんくさげな気づき系」に、今回取り上げたテーマは利用されそうなこともありつつ、なかなか一筋縄ではいかないジャンル(?)だと思います。

    ギャラ!
    不幸を乗り切るコツは、もっと不幸な状況の人を見て「自分はまだマシかも」と思うことだったりしますよねえ。
    ちなみに、夫は長く自営業でしたが、数百万円コースの経験者です。
    しかも、相手先の社長は自死するという、怒りにも転嫁できない案件で、しばらくどよんとした日々を過ごしました。
    もう二十年ぐらい前のことですが。
    私も久々に思い出しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.66 すぐそこにあった「エモい」

50代、男のメガネは

漫画を読み飛ばせ!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

思い出:カネロニ

OIRAKUのアニメ

第81回 金の国 水の国

今週の「どうする?Over40」

あなたの「10年前の自分に言いたいこと」を教えてください。

黒ヤギ通信

歓喜の歌 第0楽章 きっかけ

カレー記念日 今週のおかわり!

いつの間に 仕込んでたのか カレーのモト

出前チチカカ湖

第187回 十といえば?

絵手紙オーライ!

ひさごのちいさな贈り物

昭和乙女研究所

昭和のレコード

かわいいちゃん

バリアフリー

山あり谷あり再婚ライフ

同感したり、されたりで心が軽くなる時

なんかすごい。

時間は待ってくれない

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

人生は引き算である

いどばた。

今年のクリスマス、なんかします?

日々是LOVE古着

(終)これからも。これからは。

これ、買った!

くっつかないしゃもじをもう一度買った!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ああ、自粛。マスクとレタスのあいだ。

ワクワクしたら着てみよう

最近思うことをとりとめもなく書いてみた♡

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

呵々大笑

猫No.51  by まゆぽ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

呵々大笑

猫No.51  by まゆぽ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「ともに生きる。

  • ZOOMでプライベートレッスン、リモート英会話AQUA
  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up