6月14日はカレー記念日

カレー記念日

支援する つもりが心配 されている

6月14日はカレー記念日

Comet

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.68 第三グループ別格の変人

書く小説はおもしろいのに、そのエッセイにはあまりそそられないなあと思う小説家は案外多い。辻村深月とか宮部みゆきとか(名前出すな)。

サービス精神が旺盛で、細部まで目配り気配りが行き届き、行動や言葉や心理に説得力がある小説は、たとえダークな展開でも読んでいてどこか心地よい。賢くて誠実な人の脳内に安心してお邪魔しているような気持ちになるからかもしれない。

でも、小説以外の文章にそれらが発動され過ぎると、違和感、意外性、引っかかりがなさ過ぎて物足りない。いい人なんだけど好きになれないの、ゴメンね、みたいな。わりと同じ本を何度も読む方だが、そのラインナップに小説家の書いたエッセイはほとんどない。

それに比べて、音楽や美術や芸能関係者の書くエッセイは再読しがちだ。もはや本業はどっち?の手練れが多いが、山下洋輔さくらももこナンシー関清水ミチコ片桐はいり西川美和星野源若林正恭…諸氏の文章のおもしろさよ。粒ぞろいで、一粒で何度もおいしい。

文章以外の自己表現方法を知っている人が紡ぎ出す文章には、文章以上のものが乗っかるのかもしれない。経験値というか精神的支柱を持っていることが、その人の文章を自由にし、粒立たせるような気もする。

小説家でも芸術関係でもないプロの書き手、という第三のグループも存在する。小説以外の文章を生業としている人。そのなかでは、歌人の穂村弘と翻訳家の岸本佐知子の書くエッセイがわたしにとっては別格な存在だ。久々に読んだ岸本さんの『死ぬまでに行きたい海』は期待以上だった。

あとがきによれば、この本のテーマは「どこかに出かけて見聞きしたままを書く」だが、それでイメージされるようなふんわり感は微塵もない。どこまでが現実でどこからが妄想なのか、その境目が定かではない世界が次々に登場し、幻惑され頭がくらくらしてくる。

その中の一編「海芝浦」は、岸本さんが20年間行きたいと思い続けていた鶴見線支線の海芝浦に行く話だ。願いが叶ったわけだが、後日談が話の本筋で、岸本ワールドの真骨頂である。

行ってきてから彼女は妙なことに気づく。行ったはずの海芝浦に自分はまだ行けていない。20年来の空想が今なお膨張し続けて、現実の海芝浦と空想の海芝浦が頭の中で混在し続け悶々とする。しかも、本当の海芝浦はまた別にあるという感覚が拭えない。

そんなわけで、彼女はもう一度海芝浦に行く。そして半年ぶりに乗り換え駅「浅野」に降り立ち、わずかな期間に廃駅っぽさが増したと感じる。他にも、人類はすでに滅亡してしまった気分に襲われたり、生ぬるい風に吹かれ、生きていることを実感したり、自分が子どもの頃の高度成長期を思ったりもしながら、彼女は海芝浦駅にふたたび降り立つ。そして思う。

これで自分はやっと海芝浦に来たのだろうか、わからない、家に帰っても海芝浦は私を待っているのかもしれない、来れば来た数だけ海芝浦は増えているのかもしれない、自分もたくさんの自分に分裂してどれが本当の自分だかわからなくなるかもしれない、どの自分も本当ではないのかもしれない…

この感じ、ちょっと知っている。自分もこういうつかみどころのない世界を内包し生きていて、ふだんは仕舞い込んでいる。でも、在ることが大事だ。そして、この不確かで逃げ水のような非常識な感覚こそ、脳内が自由であることの証なのだと思っている。

「海芝浦」を読むことでそれが確認でき、不穏さを感じながらも少しうれしかった。

数年前、岸本佐知子さんのトークイベントに行き、最前列で観覧した。岸本さんは写真以上に楚々とした上品系の美人で(描写がベタだ)、話も、てっぱんの「ダメ過ぎる会社員で、それが翻訳の学校に行くきっかけだった」を含めどれも楽しく、そこに狂気の片鱗すら感じなかった。それでますます彼女のファンになった気がする。

日常に秘められた妄想やちょっとした狂気こそ、その人の魅力かもしれない。まっとうに見える人がまっとうなことを書くことより、破天荒キャラが脳内妄想を爆発させることより、破天荒キャラがまっとうなことを書くことより、まっとうに見える人が日常の延長の魔界を見せてくれる方がワクワクする。

そう。岸本佐知子さんのエッセイの魅力は「日常と地続きの狂気」だ。ありていに言えば、岸本佐知子は変人なのだ。自分と同世代が堂々とそれを開示してくれることが心強い。現実に翻弄されても、現実だけを生きてるんじゃねーぞと思うことは、自分の居場所を増やすことのような気がするから。

隠れる場所、逃げ場所は多いに越したことがない、そう心から思う今日この頃だ。

by月亭つまみ


Amazon


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • アバター画像

    アメちゃん

    つまみさん、こんにちわ。
    向田邦子さんも元々は脚本家ですよね?
    でもエッセイは上質でいいですね。
    「ゆでたまご」ってタイトルだったと思うんですけど
    昔、会社時代に仕事中こっそり読んで号泣して
    感動したのでコピー取って経理の女性の机に置いてたら
    「こんなん置くなー」って私のデスクまで泣きながらやって来ましたよ(笑)

    私は女優の壇ふみさんのエッセイが好きです。
    自分で自分のことを笑うセンスの良さっていうんですかね。
    読んでていつも、あのおっとりとした日本美人の女優が
    目をパチクリして失敗したりドジしたりするのが
    目に浮かびます。
    面白く自分自身を笑うのに、文章が下品じゃないところも好きです。

  • アバター画像

    つまみ Post author

    アメちゃんさん、こんにちは。
    壊れかけたパソコンからコメントを入れさせていただきます(どうでもいいわっ、ですね)。

    「ゆでたまご」、さきほど読み返しました。
    さすがですね。
    ゆでたまごの温かさがこんなに悲しくてせつないものなのかと思いました。
    運動会のゴールの、校長先生の姿勢も目に浮かびます。
    視界に入ることと見ることは違うし、見ることと見つめることも違う、見つめることと書くことももちろん違っていて、その何段階もの過程を経ることって「本当に核に値すること」なのだなあと、わかったようなわかってないような感慨をもちました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

山あり谷あり再婚ライフ

楽しい、大変バスハイク

カレー記念日 今週のおかわり!

還暦に なっても特に 変わらない

60代、男はゆっくりご乱心

映画館でアナウンスできるなら

ミカスの今日の料理 昨日の料理

自分に楽をさせるために :ツナマヨおかひじき

かわいいちゃん

おまつり

夫亡き日々を生きる

ゆみるからカリーナさんへ 2023年3月8日

今週の「どうする?Over40」

イタリアの幸せすぎるYouTubeを見て、「もっと料理して、もっと食べよう」と誓った。

絵手紙オーライ!

ゆるい狛犬(青葉城址)

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.82 「悪くない」かも

四十路犬バカ日和

犬と飼い主との老老介護?!

黒ヤギ通信

片付け、続いてます。

母を葬る

(11)一族の誇り

昭和乙女研究所

ハイカラな食品パッケージ

出前チチカカ湖

第197回 プチ贅沢を味わってやる。

OIRAKUのアニメ

第102回 寫眞館

なんかすごい。

山を満喫した話

いろんな言葉

That’s Dance!文字起こし 第6回(episode16) やっかみかもしれませんが‥番外編も兼ねて

いどばた。

凹むこと最近ありましたか?

じじょうくみこの崖のところで待ってます

はなやぐお盆、わたしは墓へとタックルした。

ただいま閉活中

お守りが無くなったら

50代、男のメガネは

『レジェンド&バタフライ』で絶望の淵に立つ。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

人生は引き算である

日々是LOVE古着

(終)これからも。これからは。

これ、買った!

くっつかないしゃもじをもう一度買った!

ワクワクしたら着てみよう

最近思うことをとりとめもなく書いてみた♡

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

6月14日はカレー記念日

カレー記念日

支援する つもりが心配 されている

6月14日はカレー記念日

Comet

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

よもじ猫

舌先一寸

猫No.36  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

舌先一寸

猫No.36  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「ともに生きる。

  • ZOOMでプライベートレッスン、リモート英会話AQUA
  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up