10月23日はカレー記念日

カレー記念日

冬服を 取り出しサイズで 選り分ける

10月23日はカレー記念日

Jane

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

いろんな言葉

バラのためになくしたじかんが、きみのバラをそんなにもだいじなものにしたんだ。

『あのときの王子くん』 アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ作 大久保ゆう訳

王子くんとバラ

 

『星の王子さま』のタイトルで知られるお話。

子どものころは全く理解できませんでした。
子ども向けファンタジーのように見えて、全然そうではなかった。

大人になってはじめてその含意がわかったような気がします。

 

王子さまが育てていた気難しいバラは、
俗っぽいことを言ってしまえば、サン=テグジュペリの妻の比喩なんですね。
愛想をつかしてバラを置いてきてしまった王子さま。
たくさんのバラが咲いている園で、ほかにもきれいなバラがあるんだと驚き、がっかりします。
自分のバラが特別なバラではなかったと。

でも、出会ったキツネが言うのです。

きみのバラは、きみだけと過ごしてきた時間があるから特別なバラなんだよ。

 

交通事故にあったところを偶然ひろって助けた、今や巨体のオッサン猫も。
ダメダメな夫も。
私が応援している、トップスターというわけではない、いぶし銀系のタカラジェンヌも。
私にとっては、ある時間を一緒に過ごした特別な存在なんだなあ。
(最後のはかなり一方的ですが^^;)

 

ちなみに、この訳は青空文庫に掲載されている訳から引用しました。
タイトルを有名な内藤濯訳の『星の王子さま』ではなく、
『あのときの王子くん』としたことについての訳者の言葉がまた素晴らしい。

「語り手が、その少年と出会った時が過去に存在し、そのために “le” をつける。
フランス語の話者には、その冠詞が当然のことであっても、日本語の話者にとっては違います。
もし〈星の王子さま〉と訳したとき、その含意は、すっかり抜け落ちてしまうことになります。
語り手にとって、〈星の王子さま〉だから大切なのでなく、6年前のサハラ砂漠に下りたとき、
〈あのとき〉に出会って一緒に過ごしたからこそ、少年はかけがえのない存在なのです。」

 


いろんな言葉 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • くるりん

     この物語、私の一番好きな作品です。
     何度読んでも、いえ色んな経験を重ねながら繰り返し読むたび、胸にすとんと落ちたり染み入ったりし
    ます。

     日々に追われて考えないようにしていること、でも本当はとても大切なこと。
     キツネのように、相手に届くようになってから言葉で伝える…そんな風に時間をかけて向き合うこと。
     関係を結ぶということ。

     タイトル、私も”星の”と訳すのはキャッチーではあるけれど何かが足りない気がしていました。
     小さな王子さま、と勝手に読んでいました…でも、王子さまと過ごした短い日々の話なのだから、この訳者さんのおっしゃることもわかる気がします。

     同じように感じたり、心を動かされたりしているひとがいるのかも。
     そう思うだけで、もうちょっと頑張ろうと思えます。

  • プリ子

    プリ子 Post author

    くるりんさん、コメントありがとうございます!
    くるりんさんとこのお話の間にも、特別な絆があるんですね。
    私は、良さがわかったのが最近なので、まだまだこれから読み解いていきたいです。
    キツネがだんだんと仲良くなっていく様子も素敵ですよね。
    原題は「Le Petit Prince」でしたっけ。「小さな」というのも愛情のある表現だと今気づきました。

  • サヴァラン

    サヴァラン

    Le Petit Prince
    学生時代、憲法の授業の隣の席の上級生(男性)が、
    授業中に“Le Petit Prince”を原書で読んでいたんです。
    色白で甘いマスク、長い指でページをめくる姿がかなり美しくて。
    そのひとが言ってました。
    “Le Petit Prince”を「星の王子様」とするのは出版社の意向かもと。
    あるとき
    「ぼく来週から一か月教育実習なんで
    その間のノートをコピーさせてもらえない?」と頼まれました。
    お貸ししましたしたよ。もちろん喜んで。
    「試験が終わったらお茶でもしよう」とにっこりほほ笑んだまま
    試験後はぷっつりと授業に現れず。
    おーい。憲法の授業のLe Petit Prince~。
    小惑星に帰っちゃたのか?お茶はまだか?待ってるぞ~。

  • プリ子

    プリ子 Post author

    サヴァランさん、遅くなりました、コメントありがとうございました!
    やだ、憲法の授業の“Le Petit Prince”、どこに行っちゃったんでしょう。
    原書で「星の王子様」を読みながら、軽~くお茶に誘うあたりが、ざわざわします。そういうタイプ、嫌いじゃないです(笑)。
    長い時間を一緒にいたわけじゃなくても、ほんの一瞬でも、忘れられない人っていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

カレー記念日 今週のおかわり!

手を出せば 出るの出ないの どっちなの

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ヘッドマッサージャーで柔らかあたま

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第26回 トラウマを蹴とばせ

50代、男のメガネは

男のほうが嫉妬深い、という話。

OIRAKUのアニメ

第41回 劇場版 鬼滅の刃 無限列車編/劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン

ミカスの今日の料理 昨日の料理

機械はわからない:揚げ里芋肉味噌がけ

今週の「どうする?Over40」

きっと私だけじゃない。「取り返しのつかないことになっていないか」と不安に思う新型コロナの1年。

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ああ島よ。ムッちゃん事件の顛末。

出前チチカカ湖

第162回 最近のトライ&エラー

なんかすごい。

2冊のZineと1冊の本

わたしをライブに連れてって♪

先生、倒れたってよ。

これ、入るかしら?

vol.73 髪をなるべくきちんと

いどばた。

エコバッグどれがいい?

絵手紙オーライ!

三つ葉のあの子・・・

日々是LOVE古着

古都の素敵古着屋さん

昭和乙女研究所

お菓子編 アイス

これ、買った!

スマホ消毒器、買った

黒ヤギ通信

ゆっくりと

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

ワクワクしたら着てみよう

冬のペールトーンコーデにワクワク~♡

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

猫路高寝

猫No.87  by じゅにお

猫大表示&投稿詳細はこちら!

猫路高寝

猫No.87  by じゅにお

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up