4月20日はカレー記念日

カレー記念日

どうせなら、今度は若手で探すべし

4月20日はカレー記念日

爽子

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

最近、映画見た?

第5回 「ホビット 決戦のゆくえ」

 

「どうする?Over40」読者のみなさま、こんにちは。
イラストレーターの小関祥子です。
一ヶ月以上ぶりの更新となってしまいましたが、みなさん、お元気でしたか?

わたしといえば、展示があったり、東北のお茶「気仙茶」を紹介するイベントがあったりと、あわただしい日々を過ごしておりました。

そんな中でもペースダウンしつつ映画館には通っていたのですが、なかなか腰をすえてご紹介することができなくて…。
(シルベスター・スタローンおじさんたちによる部活動のような映画「エクスペンダブルズ3」は、多幸感に満ちていて最高に楽しかったです!)

さて、ようやく生活のペースも落ち着いてきましたところで、満を持して12月13日より公開となる映画「ホビット 決戦のゆくえ」のご紹介をしようと思います。
先日、試写会に伺う機会に恵まれまして、公開に先駆けて見てまいりました。

 

 

◆今回の映画(作品名は公式サイトにリンクしています)
ホビット 決戦のゆくえ

◆映画のあらすじ
臆病で平凡なホビット族のビルボは、竜に奪われたドワーフの国と財宝を取り戻すべく冒険の旅に出た。旅の仲間は13人のドワーフと、魔法使いのガンダルフ。やがて、森のエルフたちも加勢して、いよいよ竜と対峙する。火炎を吐く竜の凄まじい襲撃、財宝の奪還によって生じた仲間たちの対立、その裏側に忍び寄るさらに巨大な敵の存在――ついに明らかにされる冥王サウロンの邪悪な企み! 押し寄せる敵の大群に、破滅の足音が近づいてくる。団結か、全滅か。大地を二分する壮大な戦いの火ぶたが切って落とされる!(公式サイトより)

 

 

 

映画「ホビット」シリーズは、イギリスの作家J・R・R・トールキンの原作「ホビットの冒険」を、ピーター・ジャクソン監督が映画化したもの。

ピーター・ジャクソン監督といえば、トールキンによる架空の世界「中つ国」の歴史を描いた「指輪物語」を映画化した「ロード・オブ・ザ・リング」三部作(2001年~2003年にかけて公開)も手がけています。

映画「ホビット」の第一作目「思いがけない冒険」が公開されたのは、2012年の冬。
以前から「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズが大好きで、公開を心待ちにしてた私は、結局、映画館で4、5回この作品を鑑賞しました。

何度も映画館に足を運んだ理由はもちろん、1本の映画としてのクオリティーがとても高かったこと、大きなスクリーンであの映像美を味わいたかったことが挙げられますが、おそらく、2012年の私にとって「ホビット」は1本の映画以上の存在だったのだと思います。

私の郷里は、福島県いわき市。太平洋側の、小さな地方都市です。
生まれ育った土地ですが、10代の私には退屈で、閉鎖的で、とにかく早く出たくてたまらない場所でもありました。

その郷里が、2011年3月、東日本大震災に見舞われました。
「いちどは郷里を失いかけた(これについてはいろいろな意見があるかと思いますが、わたし個人がどのように考えているか書き始めるときりがないのでこのくらいにしておきます。しかし、そのときは本当にそう思っていたのです)」経験は、わたしの中にずっと残り続けていました。

映画「ホビット」シリーズは、竜スマウグによって奪われた王国=郷里を、ドワーフたち(力自慢の頑固な種族)が取り戻そうとする旅を描いたものです。

特にドワーフたちを束ねる王トーリンは、リーダーとしての責任感もあり、ひときわ強い望郷の念を抱いています。その故郷を恋しく思う思う気持ちが、無謀な旅へと彼らを向かわせます。

主人公のホビット(平和と安定を愛する種族)・ビルボは、彼らの強い望郷の念に胸を打たれ、ドワーフたちの旅に同行することを決めます。

2012年の冬、わたしを何度も何度も映画館に向かわせたのは、映画館の大きなスクリーンいっぱいに広がる美しい中つ国の風景、すばらしい俳優陣が演じる魅力的なキャラクター、重厚かつスリリングな物語の力ももちろんありますが、何よりこれが「望郷の物語である」ということが大きかったのだと思うのです。

映画「ホビット」そして「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのすばらしさは、そのままトールキンによる原作「ホビットの冒険」と「指輪物語」のすばらしさでもあります。
ドワーフやホビットなど、実在しない種族にも関わらず、そこに描かれている人物像はどれもみな味わい深く、弱さや愚かさ、気高さ、愛、勇気など時には矛盾する感情を抱えています。
つまり、どのキャラクターも、とっても人間くさいのです。(人間でない種族に対して、人間くさいという表現を使うのもなんですが…)

そして、そんな人間くさい彼ら……つまり、わたしたちによく似た彼ら……が大きな出来事の前に悩み、決断し、戦う姿は、架空の世界とは思えないほど。
だからこそ、原作も映画も、長きにわたりたくさんのファンを魅了し続けてきたんでしょうねえ。

今回紹介する「ホビット 決戦のゆくえ」では、ドワーフたちの旅の結末が描かれています。
2012年からずっと、この「ホビット 決戦のゆくえ」の公開を楽しみにしてきましたが、見てしまった今、今回もまたすばらしい作品に仕上げてくれた喜びと、旅が終わってしまう寂しさで、心が千々に乱れております…。

幸運にも試写会で一足先に見ることができましたが、見終わった後、お誘いした同じく「ホビット」「ロード・オブ・ザ・リング」好きな方とふたり、夜の新宿をとぼとぼ歩きながら
「終わっちゃいましたねえ…」
「ですねえ…」
「すっごく面白かったしいい映画だったのにねえ…」
「さみしいですねえ…」
虚脱感の中、こんな会話をしておりました。

うれしい。けれど、かなしい。

なんだか、人生の味そのものだなあ……と今もぼんやり「ホビット 決戦のゆくえ」のことを思い出しながら、劇場公開されたらまた見にいこうと思っています。

スポンサーリンク


最近、映画見た? 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • keiko

    初めまして。
    13日の公開を楽しみにしていたので、こんな素敵な感想を読ませていただいて増々気持ちが盛り上がってきました。ドワーフの望郷の想い、考えると観る前から涙腺が緩んでしまいます。

    年末年始、この映画を観て、ロードオブザリングのDVDを自宅でゆっくりみようと思います。

  • 小関祥子

    小関祥子 Post author

    >keikoさん
    うれしいコメント、ありがとうございます!
    keikoさんも、旅の仲間ですね。

    ロード・オブ・ザ・リングは、今見ても「よくぞあの原作を、ここまで見事に映像化した!」と
    ほれぼれします。
    コラムでは書き忘れましたが、キャストの顔がどれをとっても「うん、この役はこの人しかいない」と
    納得で満ちているのがすばらしいです。
    (イライジャ・ウッド以外のフロド、オーランド・ブルーム以外のレゴラスなんて、もう想像できません)

    ぜひぜひ、よい旅を。そして、仲間たちとの名残を惜しんでくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File 27】人混みを上手に歩きたい。

なんかすごい。

まさみの帰る家

50代、男のメガネは

世の中、実はお金なんてないのかもしれないぞ。

これ、買った!

アイロン&アイロン台、買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ミカ料番外編:食べた!食べた! in Victoria #3

黒ヤギ通信

南極からの便り  風景印その2

今週の「どうする?Over40」

堂々と寿ごう。「〇〇、元気で留守がいい!」をよろこべる、わたし。

これ、入るかしら?

vol.47 『もう悩まない!「素敵」になれる大人服のルール』読んでみました

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

大人のまぶたに艶とハリを与えてくれる絶品アイシャドウ

ワクワクしたら着てみよう

ツイードジャケットコーデとメルカリと♪

いどばた。

たのしい誤変換コレクション♪

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.12 イッツ ア ワンダーワールド

絵手紙オーライ!

絵てがみ再び。

あの頃、アーカイブ

【エピソード21】文化釜の時代

KEIKOのでこぼこな日常

もうすぐ35歳

昭和乙女研究所

マリンテイストの服

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

わたしをライブに連れてって♪

・・・♪フェスのすすめ♪・・・

四十路犬バカ日和

バトーさまバンコクお輿入れ荷物

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up