7月20日はカレー記念日

カレー記念日

同じ物 買っても許せるのは 2回まで

7月20日はカレー記念日

にゃまの

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

あの頃、アーカイブ

【エピソード20】私の昭和20年

さてさて、聞いた話を形に残すことを仕事にしている「有限会社シリトリア」(→)。
普通の人の、普通だけど、みんなに知ってほしいエピソードをご紹介していきます。

【エピソード20】

今回は聞いてまとめたお話ではなく、ご自身で書かれた文章をこのコーナーのためにちょっとリライトさせていただきました。73年前、3月の東京大空襲に続く5月の空襲を千駄ヶ谷で経験したチカさんが語ります。

・3月東京大空襲、そして5月

 昭和20年の年が明けて間もなく、家の前の大通りをガタガタと馬車の長い列が続き、人の噂では千駄ヶ谷駅前の徳川家が疎開されるとか、その列は日がな一日続いた。
 それまでに東京の空襲は何回かあったが、3月9日の夜の大空襲は本格的で、空襲警報と同時に下町方面の空が真っ赤に染まり、私の家からはかなり距離があるのに凄い音が伝わってきた。遠くに見える屋根屋根が赤い空をバックに影絵のようにはっきり映し出されて見えた。翌朝大勢の罹災した人達が、家の前の通りを列をなして何処へ行くのか、さしたる荷物もなく茫然と歩いていた。
 それから何日もせずに、我が家も強制疎開(類焼を避けるため、家屋を壊し広い道路を確保)の通知を受け、考えもまとまらないうちに、町の警防団の人達がやって来て大きなハンマー、太いロープで埃を舞い上げながら次々と家を壊していく。

 やむをえず近くの長姉夫婦(姉は幼児と、義兄の新潟の実家へ疎開)の家へ移り住み、新婚早々の次姉夫婦、他の地で罹災した親類も同居するようになり、空襲のない夜はお風呂の順番を譲ったり、今日は珍しいものが手に入ったと得意になったりして、雑居生活の賑わいを結構楽しんでいた。食べ物も楽ではないが未だ深刻というほどでもなかったし、皆一緒に耐えている時代で、自分達だけは絶対大丈夫と信じていたと思う。その年4月に入り、昼夜の別なく空襲はあったが、不安ながらも、私はけっこう遠くまで電車で通学をしていた。

・火の海を裸足で逃げた

 5月23日夜の大空襲に続く25日の夜、「今夜は危ないぞ、気をつけてかかれ」と庭の二つの防空壕に土をたっぷりかけ地固めをしていた父は、間もなく警防団としてかり出されていった。祖母と母と私は近くの松岡洋右邸の地下室へ隣組の人達と早めに避難した。防空頭巾を深く被り誰が誰やらわからず、身を寄せあって地上の様子をうかがっていた。祖母はひたすら念仏を唱えている。母は嫁として何かと祖母を庇っていた。

 その時、爆風で重い扉があき、「ここにいると死ぬぞ。早く出ろ!」と男の人の叫ぶ声がした。地上へ出ると辺りは物凄い火の海で、熱風の中、焼けたトタンがよじれながら飛んでくる。その時、肩の高さに炎が見えた。履いていた革靴に焼夷弾の油がつき燃え上がっていたのだ。慌てて靴を脱ぎ靴下のまま熱い地面を走った。

 昭和20年東京大空襲の被災樹木サイトより

 凄い数の照明弾が辺りを照らしながら降ってくる。まさに何万燭光の明るさだ。我が家の方を振りかえると、煙の中に火を吹く柱だけが目に入った。悲しいとか、恐ろしいとか思う余裕はなく、3人で手をつなぐのが精一杯であった。

 火の粉の中、近くの鳩森八幡神社の植え込みを縫うように鳥居まで来ると、大銀杏の下で、消防車がホースで避難してくる人達に頭からずぶ濡れになるほど水を掛けてくれる。防火用水槽に浸る人もいた。

 広い交差点に出ると、大きな竜巻が起こり押し出されるように身体が浮いた。

男の人が大声で「荷物は持つな。震災の時、荷物についた火で沢山の人が死んだんだぞ」と怒鳴っていた。空にはサーチライトの光線が右に左にと交叉し、高射砲の音が空しく響いている。

 千駄ヶ谷駅前では道幅いっぱいに火の粉の風が吹き抜け、顔にチクチクと刺さり呼吸も苦しかった。どうすることもできずに幣原喜重郎元首相邸の大きな門扉の側に腰をおろした。

 八十歳の祖母が「もう死んでもいい」と座り込み、母もおろおろしている。今でもはっきり憶えているが、14歳の私が二人を守らなくてはと奮起し、駅前から夢中で明治神宮外苑に向かった。

・翌朝、焼けた家に戻ると

 ようやく火の粉から逃れ、励ましたり、なだめたりしてどうにか神宮外苑プールに辿りついた時、気が弛み床に座り込んでしまった。その場に詰めていた兵隊さんがバケツにいっぱいの水を持って来てくれたので、早速三人で顔を洗い、手足を浸してひと息ついた。濡らしたはずの衣服も火の粉の中を抜けて、からからに乾いていた。その場に家族が固まって、眠れない夜を過ごした。

 夜明けを待って火も鎮まってきた様子なので皆それぞれ家に戻り始めた。コンクリートの道路が裂け、物が飛び散る中を鳩森八幡神社まで戻ると、男女の性別もつかない二遺体が白くパンパンに膨らみ、まるでデパートのマネキン人形が寝かされているように倒れていた。太陽は月食のようなかつて見たことのない色をしている。

 すっかり焼けてしまった家の跡から次姉が私達を見つけ飛んできて、生きていた喜びにしばらく抱き合って泣いた。台所の蛇口はくねり、ふたのないお釜は黒こげに歪み、風呂桶はテッポウ釜が放り出され、桶のたがは輪投げのようにその場に重なっていた。座敷の跡では、ガラスがすっかり溶け金属の部分が絡まっている愛用の時計が妙に悲しかった。

 熱気の冷めるのを待って父が防空壕の扉を開けると、熱風が入ったらしく、お米はまるで玄米のような色でいぶ臭く食べられたものではない。大事にしていた和服は畳んだまま折山が焦げ、手布巾サイズに切れてしまっている。何もかも焼けつくされ、思考力もなく、ただ立ちつくす私であった。

 近所の出征していた青年がたまたま外泊を許されて自宅に戻った夜、この空襲に合い、焼夷弾の直撃を受けて即死したと聞かされた。

 何も力を持たない庶民が押し流された末がこれでは、あまりにも悲しい。そしてこの後の3年間は、食糧難、住宅難という大変な戦いが待っていたのである。

 

スポンサーリンク


あの頃、アーカイブ 記事一覧へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.30】 同僚のお悩み相談がウザい。

なんかすごい。

あしたうちにねこがくるの

50代、男のメガネは

交差点の向こうから力が押し寄せてくる。

これ、買った!

すごいホットカーラー買った!

OIRAKUのアニメ

第1回 サマーウォーズ

今週の「どうする?Over40」

アニメ愛を語る!3カ月限定連載「OIRAKUのアニメ」、はじまります。

これ、入るかしら?

vol.50 おしゃれ50代ブロガーさん見つけた

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

美容室問題⑤~ヘッドスパ&炭酸シャンプー~

カレー記念日 今週のおかわり!

境目が 曖昧になる お年頃

いどばた。

証明写真、撮り直しましょうか。

フォルモサで介護

介護には終わりがあります。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.15 憧れの芸能人

わたしをライブに連れてって♪

病み上がりのフェス

ミカスの今日の料理 昨日の料理

この胸の高鳴りを: おかひじきの胡麻マヨ和え

黒ヤギ通信

ロシアよ愛をこめて~その3

四十路犬バカ日和

アヤさんと僕 〜バトーとお手伝いさんとの素敵な関係〜

絵手紙オーライ!

国宝?鳥獣戯画

あの頃、アーカイブ

【エピソード23】みんな手紙を待っていた時代。

KEIKOのでこぼこな日常

私の空き時間

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ワクワクしたら着てみよう

10時には寝るべし!その効果にワクワク〜♡

昭和乙女研究所

昭和レトロ旅!?

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

非之商品

猫No.18  by はらぷ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

非之商品

猫No.18  by はらぷ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up