3月5日はカレー記念日

カレー記念日

アンニュイも あっという間に 忘れてる

3月5日はカレー記念日

都忘れ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

いどばた。

今だから分かるおばちゃんの諸事情とは?

いどばたみなさま大変永らくお待たせ致しました。

「いどばた」本日、新装開店でございます。

今回、店主を務めさせていただきますのは、わたくしミキティと、爽子さん。
二人で週替わりにお届けする予定でございます。

いどばた

 

さて早速ですが、栄えある第1回目のお題は、こちらです。
「今だから分かる、おばちゃんの諸事情??」

これはですねぇ、自分がおばちゃんになった今、若い頃は全く分からなかったおばちゃんの言動や所作、諸事情なんかに合点がいくようになったからなのです。

 

たとえば、私の場合はバッグ。
若い頃の私は、小さめのバッグを1つ肩掛けして持つのが好きでした。おばちゃんたちが重そうなバッグをよっこらしょと提げ、さらにはサブバッグまで持ち歩いている姿を見て、何をそんなに持ち歩く必要があるのかと不思議に思っていました。そして自分がおばちゃんになった今、明らかに私の持つバッグは膨張しつつあります。中身は、以前は持ち歩かなかった飴(血糖値が急に下がったとき用)、帰りに寒くなったとき用のストール(寒いとすぐに体調悪化します)、帰りにスーパーに寄るとき用のエコバッグ等々。ああ、こうやっておばちゃんのバッグは大きくなってゆくのだなと実感致しました。

諸事情というものは、ハタから見ただけでは分からないものです。自分が当事者になり、渦中の人になってみて初めて「あぁ、そうだったのね。」と合点がゆくものです。

みなさんの思う「今だから分かる、おばちゃんの諸事情」をお話しに来てくださいね。

店主ミキティ、首をなが~くしてお待ちしております。

 

★藍原ユキさんが描いた愛らしいイラストを使用させていただいています。
★藍原さんの立体イラストやキャラクタデザインはこちらから→ユキスタジオ


いどばた。 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • つまみ

    つまみ

    (のれんをくぐったテイで)やってる?(^-^)

    新装開店おめでとうございます。
    旧店舗の見世番としましては、新しい「いどばた。」も、気楽に立ち寄ってくださるご贔屓筋が増えることを心から願っています。

    仕事や介護や介助や育児(孫も含む)や勉強のリフレッシュになればいいなあ。
    そんな私も、今、仕事の報告書作成の息抜きにコメントしています。

    今だからわかるおばちゃんの諸事情、ありますよあるある。

    たとえば
    ページをめくるときに指を舐めるのを、若い頃は「ちっ!」と思って見てましたが、加齢と共に指先がかさついて、スーパーのビニールの口がめくれないことが増えました。

    さすがに舐めませんが、あの袋詰めの台にあるフキンは必需品です。
    でも店の中の、キュウリやバラ売りの魚を入れるビニールのところにはフキンがなく、口が開けられなくて難儀することがあります。
    そういうときは、指濡らしのために、水滴がついた野菜や豆腐関係売り場に出向(?)したりしています。

    ・・これって私だけですかね?

  • カリーナ

    ども、カリーナです。

    スーパーで指をなめる問題。ずーっと前に「指先が乾くよねえ。これってどうしたらいいの?」ってブログに軽い話題のつもりで書いたことがあるんです。そしたら、20代の「通りすがりさん」から「舐めたらいいんじゃないですか」ってコメントされたことがあります(笑)。いや、その、舐めたくないから言ってるわけで、おばちゃんの乙女心をわかってくれよ。若者よ、と思いました。

    そのほかにわかるようになったのは、「久しぶりに会った3~4人のグループのおばちゃんがはしゃぐ理由」です。あれ、やっぱり、ふだんちょっと抑圧されているんですよね。でも、心のなかはいつも「女学生」だから、パーッと解放されちゃう。楽しくなっちゃうんだなあとわかりました。わたしも、そうなってます(笑)

  • mikity

    mikity Post author

    わあ、つまみさん、
    いらっしゃいませ~~
    もちろん、バリバリ営業中です!

    スーパーのレジ袋問題!
    エコ化によりレジ袋が以前より薄くなってますよね。
    それがさらにめくれにくくさせている気がします。
    なんの嫌がらせかっ。

    指をなめるようになったら世も末と自分に言い聞かせ、
    私も日々、お豆腐のパックなどからわずかな水分を分けてもらっています。

  • mikity

    mikity Post author

    カリーナさん、いらっしゃいませ~~

    ふふん、若い子には分からんのだ、この乾き問題。
    私も、自分が若かったころは、いちいち指をなめるなんて
    ばばっちいわ~と思ってましたから。

    そうそう、グループになるとおばちゃんははじゃぎますよね。
    キャッキャッしちゃいます。まさに気分は中高生。
    でも最近思うのは、あえて自分でテンション上げてるような気もするなあ。
    そうよ、私たち、今楽しんでるのよ~、見て見て~みたいな。
    そしてひとしきり騒いだ後に、
    「あ~おかしかった!」とつぶやくのもおばちゃんの特徴。

  • 爽子

    ミキティさん、こんばんは。
    あー、おかしかった!と、着地させる。
    やってるやってる。

    指先の乾燥、もはや、砂漠みたい。
    そうかー、みんなお豆腐パックとかで補給しておられるのか、レディだわ。
    わたしは野生的に、自前です。
    指一本じゃ足りないので、三本揃えて。

    わー、ばばっちいって、逃げていかないで〜〜。

  • 鈴木鈴子

    最近の発見です。なぜおばさん、おばあさんはゴミ捨てやちょっとそこまでのお使いにエプロンを
    付けていくのか。それは下着(ブラジャー)をつけてないのがわからないから。本当はシルエットで判るけど、だんだん締め付け感が耐えられなくなり、日常的につけない。それがもろには出ないからなんですね、エプロンで隠れて。60過ぎて発見しました。
    スーパーのレジ袋は、左右の持ち手をそれぞれ左右の手で横に引っ張ると、耳のようなものがちょっと出てくるので、それを引っ張ると簡単に開きます。

  • mikity

    mikity Post author

    爽子さん、いらっしゃいまし~~

    ええっ~、指なめなめ派ですか。
    まあ、でも私もいずれそうなること必至かも(^^ゞ

    でも最近、私口の中もよく乾く(ドライマウスとか言うらしい)ので
    そのうちその手も使えなくなるのかも(>_<)

  • mikity

    mikity Post author

    鈴木鈴子さん、初めまして!

    新装「いどばた」にようこそ~~
    ずずずい~っとご贔屓に願います♪

    なんと!スーパーのレジ袋にはそんな便利な仕掛けがしてあったのですね。
    全国の指なめ派およびお豆腐水分調達派のみなさま。
    よおくレジ袋をごらんあれ。ちゃんと開けやすいように工夫がされているそうですぞ。
    素晴らしい情報ありがとうございます。

    そしてエプロン問題。
    エプロンはおばちゃんの制服、もしくは戦闘服ですよね。
    それさえつけてれば安心ってところもあるし。
    そうかエプロンにはノーブラを隠す意味もあったのですね。
    これは知りませんでした。

    鈴子さん、またナイスな情報お寄せください~

  • アメちゃん

    おはようございます!

    そうです。
    ジャガイモや人参のバラ売を入れるために置いてくれてるビニール袋!
    あれって、ロールになってるものを置いてたりするので
    もともとの密閉度?真空度?が高いんですよね。
    私も、水滴がついてそうなモヤシの袋とか見る振りして持ち上げて、水分補給してますー。

    エプロンは、ポケットにいろいろ入れておけるっていうのもありそうですね。
    私の母もノーブラじゃないけど、
    「あ、輪ゴム?、あるよ」って
    エプロンのポケットから出してきます。ドラえもんみたい。

    そうそう。
    きのうたまたまTwitterにあがってたツイートに
    「日本のおばちゃんは「そう、そう、そう、そう」と、「そう」を4回言う」
    っていうのがありました。

  • mikity

    mikity Post author

    アメちゃんさん、初めまして!
    ようこそ新装「いどばた」へ♪

    そうです、そうです。
    レジ袋の他にあの小さいロールになったビニール袋。
    あいつもくせ者です。
    口が開かないだけじゃなくて、ロールからはがすのも一苦労です。

    確かにエプロン=ドラえもんのポケット説、ありますねぇ。
    それこそエプロンのポケットに指サックを常に入れて置けば
    スーバーに行ってももろもろめくるのに困らないかもしれません。
    迷案!?

    あれはなんででしょうかねぇ。
    確かに若いころより言葉を重ねることが多くなりましたよねぇ。
    この間なんて、ちょっと興奮してしゃべってたら
    「そう、そう、そう、そう、そう、そう」と6回も連呼してましたよ。
    思わず、友人に、
    「ねぇ、今、何回「そう」って言った?」って言われ、二人で爆笑してしまいました。

    言葉を重ねるのに加えて、
    同じ話を繰り返すっていう症状も出てますねぇ。

  • Comet

    Comet

    こんちわー。
    初代店主です。いや、私のときはまだ店じゃなかったな^ ^;

    とにもかくにも、新装開店おめでとうございます!

    そして「そうそう」問題に関連して、気になってたことを思い出しました。

    人の話を聴いてるとき、
    特に壇上の人が大勢の人に向けて喋ってるのを聴いてるとき

    おばちゃんは頷く! 
    大きく頷く! 
    何度も頷く!
    そうそうそう、とか、そうなのよねー、とか言いながら頷く!
    ついでに、見知らぬ隣の人の顔を覗き込んで、頷く(こともある)。

    何でじゃろうと、みのもんたの番組を見ながら思っていたものでしたが

    気がつくと、
    あれま
    首が動いてますよワタクシ。
    そうそう、とサイレントで口が動いてますよ。

    たぶんコレね、人生経験の長さと関係してるような気がしますね。

    いま耳に入って来たハナシと
    長年の人生経験からの知識とが
    合致したときの
    「喜びの舞」とでも名付けましょうか(笑)

  • mikity

    mikity Post author

    初代店主cometさま~
    新装いだばたにようこそおいでくださいました。

    名付けて「喜びの舞」!
    さすがは初代店主、すばらしいネーミングでございます。
    ありますねぇ。これ。
    おばちゃんは、ひとしきり大きく何度も頷きます。その会場全体がおばちゃんだったりすると、それはもう、「喜びの舞」の頷きが会場全体に伝播して大波になることでしょう。

    でも、頷きながら顔を覗き込んで同意を求められると、時々「いやいや、私はそうでもありませんから」みたいなしらっとした態度をとってしまう私は意地悪なのでしょうか。

  • ミカス

    お邪魔しまーす。
    開店おめでとうございます。
    なんだか居心地の良さそうなお店ですね。
    ちょくちょく寄っちゃおうかな。

    私も指先カッサカサです。
    スーパーのレジ袋が開けなくて、スーパー備え付けの濡れ布巾に手を伸ばす時の小さな屈辱感。

    あと、最近、若い俳優さんがわからなくなってきました。
    みんな同じ顔に見えちゃうんです。特に男の子の区別がつかない。
    順当におばちゃん化してますね。

  • 中島

    中島

    私は、目の前の人が自分より年上なのか年下なのか知りたくなります。
    最近びっくりしたのは、笑点の新司会者に抜擢された春風亭昇太さんが年上だった事です^^

  • mikity

    mikity Post author

    中島さん、ようこそ新装いどばたへ!!

    あらやだ、春風亭昇太さんって年上だったのですね。
    やけにツルンとしていらしゃるから、もっとお若いかと思っていました(^^ゞ

    そうですね。
    人様の年齢気になりますよね。
    でもそれって、自分の年齢±5歳くらいまでですよね。
    さすがに白髪のおばあちゃまが87歳か90歳かには
    あまり興味わかないですし、若い女の子が20歳なのか23歳なのかにも
    全く興味わきませんです。。。ハイ。

    あと、年齢で言うと、
    実年齢より若く言われたときのリアクションが変わりました。
    ちょっと前までは、「いえいえ、そんなそんな」なんてちょっと照れて謙遜していたのが、
    最近は、「そうでしょ~、見えないでしょう」とおおっぴらに肯定するようになりました。
    おばちゃんの開き直りでしょうかねぇ。。。

  • mikity

    mikity Post author

    おお~
    ミカスさん、いらっしゃいませ~~!!

    そうです、新装いどばたは居心地のいいお店です!!
    何でもぶちまけちゃってくださいね。
    店主ミキティ、出来る範囲で受け止めたいと思っております。

    ちっちゃな屈辱感、ありますねぇ。
    もうちょっと前までは、あの濡れふきんを使わずになんとか自前の水分で、、、
    とあがいておりましたが、もう無理は禁物です。はい、時間の無駄ですから
    さっさとふきんから水分をちょうだい致しましょう。
    ときにはあきらめも肝心です!

    若い俳優さんも歌手の方々も男女問わず、違いがわかりませーーーん。
    みんな同じに見えてます!
    昔、中高生のころ、テレビに釘付けでごひいきの芸能人を見ていると
    母親がよく「ミーちゃんもハーちゃんも、お母さんにはみんな一緒に見えるわよ」って言ってるのを聞いて、「は?全然違うじゃん、何言ってるの?アンビリバボー」って心の中で思っていたそのままの現象が自分にも起こりつつあります。
    いやはや歴史は繰り返すものですねぇ。

  • 鈴木鈴子

    若い子皆同じに見えますけど、理由の一つは、皆同じにしてるからでは?考えずに済むし仲間はずれにならないし。もちろん細部はこだわって違えてるのでしょうが、そんなの老眼には見えません。
    親の世代がビートルズの名前と顔が結びつかない、「左手でギターを弾いてるのがポール」と説明したような、、、

  • 鈴木鈴子

    よくutubeで落語を聴いてますけど、確かに春風亭昇太は古典落語下手だけど、無性にあの明るい声が聞きたくなることあります。ちゃんと考えてるし、皆が志の輔や文珍のような古典落語ができなくとも良いのではないかな?後、どうしたらあのように若く見えるのか、研究したい。志の輔と確か同期だと思う

  • mikity

    mikity Post author

    鈴木鈴子さん!!
    またの来店ありがとうございます。
    わたくし、大変うれしゅうございます☆

    >細部はこだわって違えてるのでしょうが、そんなの老眼には見えません。爆!
    まさに!老眼には細部よりもおおまかな輪郭が重要です。
    それに自分自身も我が身の細部にこだわらなくなってきたかも(いいのか悪いのか分かりませんが)

    鈴木鈴子さんは、落語がお好きなのですね。
    私もドラマ「赤めだか」を見て以来、落語に興味ありありです。日本の古典芸能ってやっぱり惹き付けるものがありますねぇ。というか自分が理解できる年齢になったのか。
    そうか、utubeで聴けるのですね。便利な時代です。
    yahooで「春風亭昇太」で検索すると、一番に「春風亭昇太 年齢」と出てきますね。やっぱりあの若さはただごとではない。56歳かあ~~。あのつるつるのお肌、エステとか行ってるのかしらん。

    そういえば、昨日、鎌倉にお散歩に出かけた際に初めて専門店でお香を買いました。これまで家でアロマオイルを焚くことはありましたけど、無性に伽羅の香りが嗅ぎたくなりました。なんだか妙に癒やされます~

    これもきっとおばちゃんの嗜好。

  • nao

    こんばんは。
    ちょっと日がたちましたが参加させて下さい。
    おばちゃんになってみないとわからなかったことって沢山ありますけど
    ひとつには「ファンデがよれる」
    若いときには、何のことかさっぱりわかりませんでしたが
    今はよれない日がありません(笑)
    潤いが足らなくなるってこういうことなんですねー

  • mikity

    mikity Post author

    naoさん、初めまして!
    ようこそおいでくださいました♪

    日にちがたってもお気になさらず、どんどん参加してくださいね。
    次のお題がでるまでは、ミキティがどっかりと店番しておりますから。

    「ファンデがよれる」問題。
    確かに若い頃は「よれる」って何?って思ってました。
    よれます、よれます、もうよれよれです。
    よれた上にファンデを重ねると、またそれが厚塗りおばちゃん感を増幅させます。

    全ては潤い不足ですよね。指がかさつくのも、ファンデがよれるのも。
    赤ちゃんの身体は90%が水分だとか・・・
    今の私の水分量は・・・・??

    まあ、それでも心の潤いだけはなくしたくないですよねぇ。

  • いまねえ

    遅ればせながら参加させてくださいませ。
    ずっと考えていたんですが(自分のことが認識できてない。。)
    まず
    声がでかくなる。→もともと大声ということもあるけど
    耳が遠くなっているんでしょうね、自分の発した声の大きさが自覚できず
    周囲(年下の男性社員)から笑われます。。
    それとやたら手を打ちませんか?拍手というのか、
    「あ。そうそう。それそれ」とか
    「わははっっ、そうそう!あるある!」ってとき
    掌が赤くなるくらい、両手を打ちまくります。(私)

    俳優やらミュージシャンやら政治家やら、思いがけず年齢が近いと知る。
    →つまり10歳程度の年の差はほぼ誤差範囲、同世代感覚となりました。
    20歳のころの30歳ってものすごく差があると思っていた。。
    因みに春風亭昇太さん、びっくり私と一つくらいしか違わないの?
    もっと若いと思ってた、というのが素直な感想です。。。。

    床から物を拾う時など、膝を曲げてかがむのが億劫になり
    お尻を突き出して拾い上げる。。
    もちろん膝が痛くて曲げられないという事情もあるのでしょうが
    狭い通路で急にお尻が飛び出てくるのはいかんとも・・・
    わが身を正そうと思います。
    ま、よいしょっと声をかけて行動開始くらいは
    可愛いもんかと自己弁護。。

  • 鈴木鈴子

    こんばんわー。
    年齢のことですけどね、最近年齢を聞かれなくなりました。白髪だし、丸まってきた背中やシワ、凸凹の膝とかで当然わかるからでしょう。そしてほんの少し会話にはさまるようになった、私に対する丁寧さ。礼儀正しい日本人としては当然な「目上の人を敬いましょう」。
    で、思うのは、人の年をすぐ聞きたがるのは、無礼だからではなく、「もしこの人が年上だったら敬語、丁寧語、年下だったら、少しくだけて」の判断を瞬時にするためではないかと。何という日本人のデリカシー。
    年を聞かれなくなったら、おしまいですよ。

  • mikity

    mikity Post author

    いまねえさん、始めまして!
    ようこそいらっしゃいました♪
    「いどばだ」はお客様はいつでも大歓迎でございます。

    声がでかくなる。。。というよりは、
    私の場合、耳が遠くなりましたです。ハイ。
    特に低音がだめですぇ。ですから男性の声が聞き取りにくく
    3回の1回ぐらいの割合で「えっ?」と聞き返す状況です。
    これじゃあ、おばちゃん通り越しておばあちゃんですねぇ(^0^;)

    年の差も感じなくなりましたね。
    特に自分より年が上の人たちとは、近い感覚を持つようになりました。
    親ともより同じ感覚で話しができるようになったと思います。
    これはよかった点かしら。

    ふふふ、お尻を突き出して床から物を拾ってます!
    何というか、足やら膝やらの動きがスムーズに行かないとでも言いましょうか。
    ロボットみたいだなと自分でも思うときがあります。

    電車はバスに乗り遅れそうになって慌てて小走りになると、上半身と下半身が別々になってしまいます。上半身だけが前のめりになって下半身が取り残される状態。なのでなるべく上半身と下半身の動きを同じに保つべく、時間に余裕を持って行動するようにもなりました。おばちゃんは5分前行動が基本。

  • mikity

    mikity Post author

    鈴木鈴子さん、いらっしゃいまっせ~~!!

    >最近年齢を聞かれなくなりました。

    うーん、なるほどです。だんだんと年齢も聞かれなくなってきましたね。
    聞かなくとも見りゃ分かるってことでかねぇ

    敬語と言えば、
    3,4歳下の女性だと、ついついこちらは同年代とみなして
    くだけた言葉遣いで接してしまうのですが、あちらから見れば
    例え3歳とは言え年長者。きっちりと敬語を使われてしまうと
    線引きされたようでちょっぴりシュンとしてしまいます。

    もっと上の年齢になると(たとえば80歳以上)
    聞かれなくても
    「私もう89歳なんですよぉ」と自ら年齢を開示するようになるようですね。

    年齢問題深いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

カレー記念日 今週のおかわり!

年季の入った リュック背負うよ 6年生

絵手紙オーライ!

犬の絵を描いてみたいのです。

ワクワクしたら着てみよう

近所へちょっこしお買い物コーデ

これ、買った!

ベレー帽、買った!

50代、男のメガネは

ヨーダって、怖いことを言う。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ごめんなさい:おからの煮物

今週の「どうする?Over40」

人生は、本筋と異なる決断の連続&お知らせいろいろ

黒ヤギ通信

猫薬

昭和乙女研究所

お菓子編 クッキー・ビスケットpart2

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

写経のすすめ

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第30回 花粉症の世迷言

日々是LOVE古着

乱歩と指輪

出前チチカカ湖

第166回 私、これは意外と平気です(ゲスト付)

なんかすごい。

断水の金曜日

OIRAKUのアニメ

第46回 アーヤと魔女

これ、入るかしら?

vol.76 顔をマッサージする

いどばた。

ちょい足しの調味料を教えて。

わたしをライブに連れてって♪

求ム、雑談者。若干名。

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

不細工寝

猫No.63  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

不細工寝

猫No.63  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up