10月27日はカレー記念日

カレー記念日

何観ても 聴いても滝の 涙出る

10月27日はカレー記念日

Jane

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

50代、男のメガネは

ぶっちゃければ正直、なんて思っている時点でお下劣だ。

image

 

建前は大事だと思う。若い頃は、建前なんてくだらない。みんなが本音で語り合えば世の中はよくなるのだ、と信じていた。でも、それは違うといまは思う。それぞれの立場で言っていいことと悪いことがある。本音を言えばいいのではなく、きちんと建前で話さなくてはわからなくなることがたくさんあるのだと思う。

 

僕たちが50年代60年代のハリウッド映画を見ていて、面白と思うのは、登場人物たちがそれぞれの立場をわきまえて発言するからだ。例えば、「ローマの休日」は王女は王女として生きていて、新聞記者は新聞記者として生きていて、そこから少し羽目を外すから、とてもスリリングで楽しい映画になる。

 

王女としては言えないこと、できないことがたくさんあり、王女から逃げ出した一人の女の子としてローマの町を歩くときに、初めてオードリー・ヘップバーンはイキイキと輝くのである。しかし、彼女はちゃんと最後に王女として生きていく決意を固めて、淡い恋心を封印する。

 

いまなら、王女は新聞記者に手を引かれて、「ぶっちゃけ、抱かれたいんだ!」なんて男言葉で叫んだりするのかもしれない。

 

そう考えると、「卒業」などに代表されるアメリカンニューシネマあたりから、本音で若者に訴えかけるという映画が増えたのだろうと思う。でも、それは建前が生きていたからこそ、それが面白かったのだと思う。それに本音で語ればすべてが面白くなるのか、と言われると決してそうではないはずだ。

 

日本映画でもここしばらくコンスタントに時代劇が作られるのは、本音ではなく建前で生きる人たちの人間模様の面白さにみんなが気付き始めたからだろう。

 

先生が「ぶっちゃけ、女子高生を抱きたいのだ」とか言い出して、「それも人としては自然な感情ですね」なんて擁護しだしたら、もうややこしくて仕方がない。教職は聖職だという建前は決してないがしろにできないものだし、やっぱり公立の小中学校の居残り学習を学習塾に委託しちゃいかん、と強く思うのだ。

 

「よくよく考えてみると」という言い回しも僕は好きではない。「よくよく考えてみると」という枕詞の後に、いわゆる言ってはいけない本音が繰り出されてくるから。だけど、よくよく考えてみると(と使ってみる)、そう言わざるを得ない状況にすぐに追い込まれるような環境であることは確かだと思う。

 

仕事で打ち合わせをすれば、どう考えてもこんなに人数はいらんだろう、という人数が集められて、それぞれが馬鹿の一つ覚えのように「どう思うか」ということを発表させられる。さすがに、仕事をしていて「言わなくても察してくれ」というやり方は通用しないだろう。だけど、「思うところがあれば言う」「意見がなければ黙っていればいい」という当たり前の状況に戻らないものだろうか。無理やり意見を言わされ続けると、誰もが中途半端に「意見の言い方」を覚えてしまう。そして、黙っているほうが悪い、という印象付けを知らず知らず実践してしまう。本来、人間のコミュニケーションはそんなもんじゃなかったはずだ、となんだか気分が荒ぶる思いだ。

 

浮気をしていて、「正直に言わないと悪いと思って」とパートナーに告白する馬鹿が増えたという。ああ、気持ちが悪い。そんな奴らと仕事なんてできるかよ!とぶっちゃけ思うのだった。

 


 

植松眞人(うえまつまさと) 1962年生まれ。A型さそり座。 兵庫県生まれ。映画の専門学校を出て、なぜかコピーライターに。 現在、オフィス★イサナのクリエイティブディレクター、東京・大阪のビジュアルアーツ専門学校で非常勤講師。ヨメと娘と息子と猫のマロンと東京神楽坂で暮らしてます。

 

★これまでの植松さんの記事は、こちらからどうぞ。

 

 


50代、男のメガネは 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • nao

    はい、建前は秩序なので必要だと思います。

    問題なのは、どんな建前を使うのかは人類共通のものではなく
    国、地域、時代によっても変わってしまうってことじゃないでしょうか。
    相手と共有できるコミュニケーションの方法をとらないと
    通じないのが悩ましいです。

    だから同時代を生きてきた人とはつながりやすいのかな。

  • uematsu

    uematsu Post author

    naoさん
    最近、いくら本音でもそれを言っちゃあおしまいよ、という場面に連続で出くわしまして、ちょっとばかり、本音怖いシンドロームです(泣)。
    確かに、同世代はそういう共通項は持ちやすいですね。
    でも、同世代ばかりじゃないですもんねえ。厳しい世の中だ(笑)

  • okosama

    若い頃「そうや!建て前が本音になるほど精進すればいいんや!」と考えた事が有りました…。(遠い目)
    uematsuさん、聞きたくない本音を聞かされたんですかね。

  • uematsu

    uematsu Post author

    okosamaさん
    あー、そんなことを思ってました、僕も。
    でも、そんなことも忘れたいほどの
    本音攻撃にあったんです、はい。

  • okosama

    ふたたび。
    実はつい先日、よく存じ上げない同世代の方に電話越しにぶっちゃけた話をして、「それはそれとして…(建て前を通しましょう)」と無事ご理解を得たところでして(よく分からん話ですみません)、本音を言うのも説得の一つの手だなぁなんて思っていました。

    が、思いもよらない本音を聞いてしまうと、自分の中で収まりがつくのに時間がかかりますよね。どこかでそれを切り捨てないと、素知らぬ顔で付き合い続けるのは難しい。浮気の話は墓場まで持って行ってほしいくちです。
    それにしてもuematsuさん、相変わらず?なんか呼び寄せてはりますね。(笑)

  • uematsu

    uematsu Post author

    okosamaさん
    しかも、思いもよらない本音の中に、
    思いもよらない悪意のようなものを微妙に感じ取ってしまったときの、
    胸の鼓動は、恋予感の比ではありません(笑)。

    ちなみに、僕がなにかを呼び寄せている、というお話ですが、
    周囲の者がいうには、
    「あなたは、『こんなことが僕の周りで起こった』と言っているが、それは違う。
    あなたが、そういうところに顔を突っ込んでいるのだ」
    ということなのだそうです。

    でもなあ、電車の中で変な人に会わないように、
    注意深く車両を選んで、選んで、選び抜いた上に乗り込んだ車両に、
    僕を目がけて突進してくるようなおばちゃんが乗り合わせているんです。

    もう、どうしようもない(泣)。

  • 爽子

    すいません、コメント順番においかけてて、最後のUematsuさんの受難?に、大笑いしてしまいました。
    浮気を悪いと思って告白するのって、自分の罪悪感はポイ捨てできるけれど、ダメダメですね。
    責任取らなきゃ、大人なんだから。
    なんでもぶっちゃければ、それで済んだら、世の中えらいことになります。

  • uematsu

    uematsu Post author

    爽子さん
    浮気して「嘘は良くないと思って」と言いつつ真実をばらすって、最近、多いらしいですよ。
    自分の罪悪感に耐えられなくて、人を巻き込む、という最悪のパターンですよね。

    あと、最近多いのは、ある人の欠点というかひどい人格を知っているのに、
    平気で人の会社に紹介したりする人。
    これは、実経験があるのですが「なんで、ちゃんと言ってくれないんだ」と文句を言うと、
    「うえまつさんの会社と合うか合わないか、相性があると思いまして」
    「それに、ぼくの一言で人の出会いのチャンスを潰してしまうことになると思ったりして」
    なんて、言い訳をされました。

    本人、言い訳のつもりもなんにもないんですが、
    結果的に、ものすごく無責任な行為をしていることに、
    気付いていないんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ミカスの今日の料理 昨日の料理

カイゴデトックス特設ページを開設しました:長芋の春巻

今週の「どうする?Over40」

今週金曜日、カリーナの本発売。そして、カイゴデトックスのサイトがオープンしました!

日々是LOVE古着

プリーズプリーツ…

カレー記念日 今週のおかわり!

手を出せば 出るの出ないの どっちなの

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ヘッドマッサージャーで柔らかあたま

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第26回 トラウマを蹴とばせ

50代、男のメガネは

男のほうが嫉妬深い、という話。

OIRAKUのアニメ

第41回 劇場版 鬼滅の刃 無限列車編/劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ああ島よ。ムッちゃん事件の顛末。

出前チチカカ湖

第162回 最近のトライ&エラー

なんかすごい。

2冊のZineと1冊の本

わたしをライブに連れてって♪

先生、倒れたってよ。

これ、入るかしら?

vol.73 髪をなるべくきちんと

いどばた。

エコバッグどれがいい?

絵手紙オーライ!

三つ葉のあの子・・・

昭和乙女研究所

お菓子編 アイス

これ、買った!

スマホ消毒器、買った

黒ヤギ通信

ゆっくりと

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

ワクワクしたら着てみよう

冬のペールトーンコーデにワクワク~♡

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

母作猫服

猫No.88  by じゅにお

猫大表示&投稿詳細はこちら!

母作猫服

猫No.88  by じゅにお

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up