11月13日はカレー記念日

カレー記念日

失敗を したくはないが せなわからん

11月13日はカレー記念日

都忘れ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

50代、男のメガネは

台風の夜の後悔。

 

台風がやってくるたびに思い出すことがある。

まだ、僕が小学生の頃のこと。おそらく、三年生だか、四年生だか、真ん中くらいの学年の頃だったと思う。

 

その日は学校で終わりの会をやっていた頃から、風が強くなり、雲が次々と流れ去っていくようになった。終わりの会の最後に、担任の先生は「今晩は台風がこのあたりを通過するという予報が出ています。まっすぐに家に帰って、お父さんお母さんと準備をして外に出ないように」と言い渡された。

 

家に帰ると、母はおにぎりをつくり、父は窓に板切れを打ち付けていた。隣近所でも同じように大人たちは右往左往しており、僕たち子どもはその足元で、大人に見つからないように人生ゲームをしたり、トランプをしたりしていた。

 

台風が来れば大きな被害がでるかもしれない、ということはちゃんとわかっていたのだが、それでも僕たちは父や母の影に隠れながら遊び、そして、得体の知れない何かがやってくることにワクワクしていた。

 

「そろそろ、子どもは寝なあかん」と父が台風速報をテレビで見ながら言い出したのはおそらく夜9時くらいのことだったと思う。台風でなくてもそのくらいの時間には「寝なさい」と言われていたので、おそらくそうに違いない。もしかしたら、あれやこれやに振り回されてもう少し遅い時間になっていたとしても不思議ではない。

 

僕は一つ違いの弟と一緒にとりあえず布団に入った。しかし、眠れるわけがない。僕と弟は布団を頭からかぶり、これからやってくる台風について、想像を交えながら話し込んでいたのだった。

 

そんなときに、僕はふと思い出したのだった。ベランダにセキセイインコのつがいがいる、と。このセキセイインコは父が買ってくれたものだった。

 

確か僕たちが学校近くで捨てられていた子犬を飼いたいと父に頼み、「犬や猫は絶対に飼わない」とけんもほろろに言われたのだけれど、なぜか「かごの中に入れて飼うものならいいと言われ、とっさに「セキセイインコがいい」と言ったのだったと思う。

 

それまで小鳥になんて興味がなかったのに、我が家はいきなりセキセイインコを飼うことになった。そして、セキセイインコのつがいがウチにやってきてわずか1週間ほどで台風がやってくることになったのである。

 

正直に言うと、僕はセキセイインコが好きではなかった。というよりも、鳥という動物を目の当たりにして、可愛いという気持ちがまったく浮かんでこなかったのである。

 

じっと見れば見るほど、羽毛の間から見える赤い血が透けて見えるような地肌がとても怖かった。目は愛らしく見えるのだが、下から上がってくる薄い半透明な膜がこれまた怖かった。極めつけは足を覆う鱗である。見れば見るほど、僕には鳥の中の爬虫類っぽさが恐怖を誘うのだった。

 

しかし、「セキセイインコが飼いたい」と言った手前、父にそんなことを言えるはずがなかった。僕はセキセイインコのつがいに歌を歌いながらエサを与え、名前を付けて話しかけた。

 

おそらく、父も母もそして弟も僕がこのセキセイインコのつがいをとても愛おしく思っていると感じていただろう。しかし、僕自身はセキセイインコを飼うことに、日に日に重荷に感じていたのである。

 

それでも、僕はセキセイインコが弱い動物であることもわかっていたし、できることなら家の中で飼った方がいいことも理解していた。しかし、父親は元々動物が好きではないので、「そんな鳥は、ベランダに吊しといたらええねん」と言い、実際にウチでは鳥かごはベランダの物干しにぶら下げられていたのである。

 

そこへ台風である。「お父ちゃん、インコのかごを家に入れてもいい?」と聞いたのだが、父の「大丈夫、ベランダなら雨はかからんやろ」という一言で、鳥かごは室内に入れられることはなかった。

 

そして、台風は僕たちが住んでいた地域を直撃して、翌朝には通り過ぎていた。

 

僕は台風が通り過ぎて、真っ青に晴れた空を部屋の窓から見ていた。そして、雀が鳴く声を聞いた。聞いてから、ふいにセキセイインコのことを思い出した。

 

慌ててベランダに出て鳥かごを見ると、セキセイインコのつがいは二羽とも死んでいた。おそらく強い風にさらされて、体温を奪われたのだと思う。父が言うとおり雨に濡れてはいなかったのだが、あっさりと死んでしまっていた。

 

僕がこの二羽のセキセイインコを恐れていたからだと思った。恐れるばかりで好きにならなかったことで、セキセイインコを死なせてしまったと思った。大好きなら、父に何を言われようと内緒で家の中に入れただろうし、風が強くなってきたときに様子を見に行っただろうと思ったのだった。

 

セキセイインコを死なせたのは僕だと思い、しばらくの間、死んだことを家族には言えなかった。恐怖と戦いながら死んだ二羽の亡骸をティッシュペーパーに包み、それをさらに新聞紙で包んで、近所の公園の持って行き、植え込みの脇に埋めた。そして、鳥かごをベランダの隅っこの方に隠したのだった。

 

いつばれたのか、今はまったく覚えていない。そして、死なせたことを知られてしまったときに父や母に叱られたかどうかも覚えていない。ただ、台風が来るたびに、子どものころほどではないにしても、小さな動物を死なせてしまった、ということをはっきりと思い出す。

 

そしてそれは、罪の意識というよりも、好きでもなかったものを飼いたいと言い出したことの後悔や、人と鳥が同じ空間にいるのはおかしいと思っていた父が間違っていたわけではない、という気持ちなど、いろんなことが複雑に絡んで思い出されるのである。

 


 

植松さんとデザイナーのヤブウチさんがラインスタンプを作りました。
ネコのマロンとは?→

「ネコのマロン」販売サイト 
https://store.line.me/stickershop/product/1150262/ja
クリエイターズスタンプのところで、検索した方がはやいかも。

そして、こちらが「ネコのマロン、参院選に立つ。」のサイト
http://www.isana-ad.com/maron/pc/

植松眞人(うえまつまさと) 1962年生まれ。A型さそり座。 兵庫県生まれ。映画の専門学校を出て、なぜかコピーライターに。 現在、神楽坂にあるオフィス★イサナのクリエイティブディレクター、東京・大阪のビジュアルアーツ専門学校で非常勤講師。ヨメと娘と息子と猫のマロンと東京の千駄木で暮らしてます。

★これまでの植松さんの記事は、こちらからどうぞ。

 

スポンサーリンク


50代、男のメガネは 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • okosama

    uematsuさん、こんばんは

    小鳥を飼うのって、難しいですよね。
    子供のころ、縁側に置いたカゴでジュウシマツのつがいを飼っていたこと。その卵を狙って蛇が上がってきたことなどを思い出しました。
    それにしても、「じっと見れば見るほどー」のくだりは、怖い…。

  • uematsu

    uematsu Post author

    okosamaさん
    小鳥って、なんだかか弱くて、でも毅然としていて、放置していいんだかまもらないといけないんだか、わからなくなります。
    確かにちょっと怖いのかもしれません。
    蛇が狙うというのも怖いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ミカスの今日の料理 昨日の料理

捨てちゃうの? : バターナッツかぼちゃのスープ

今週の「どうする?Over40」

これを現実と見定めて。バラ色の人生はなくても、よりよき明日はある。

これ、入るかしら?

無印 ONE SIZEのパンツ

カレー記念日 今週のおかわり!

寅さんて 知ってますか と訊くなんて

いどばた。

めまい体験について語りませんか?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.18 書き出しが魅力的な短編集とかけて…

50代、男のメガネは

誰のために生きるのか。

黒ヤギ通信

冬のはじまり

四十路犬バカ日和

バースデー準備は入念に!

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

差し色の法則

絵手紙オーライ!

金色のちいさき鳥のかたちして

あの頃、アーカイブ

【エピソード27】僕のそばには、いつもカメラがあった

これ、買った!

エアリズムの八分袖を買い込んだ!

OIRAKUのアニメ

第8回 GODZILLA

KEIKOのでこぼこな日常

種まきうまくできたかな?

昭和乙女研究所

商店のドラマって多かったですね

ワクワクしたら着てみよう

寒い季節のブルーはクール!

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.32】夜の自分をなんとかしたい。

なんかすごい。

本を手渡す

日々是LOVE古着

サイズあれこれ

フォルモサで介護

大丈夫?介護サポート〜その1:言葉の壁〜

わたしをライブに連れてって♪

今年もキャンプ納め~朝霧JAMに

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

無我夢中

猫No.8  by ミカス

猫大表示&投稿詳細はこちら!

無我夢中

猫No.8  by ミカス

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up