7月20日はカレー記念日

カレー記念日

同じ物 買っても許せるのは 2回まで

7月20日はカレー記念日

にゃまの

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

50代、男のメガネは

クリスマスの思い出。

 

 

もうすぐクリスマスである。今年もクリスマスである。僕が生まれてこの方、毎年12月になると僕の周囲ではクリスマスの食事会やらパーティやらが催され、その時々に楽しんできたのである。

 

その時々、というのは、バブル景気の頃には、なんだかわからないのだけれど、グランドピアノが置いてあるようなオシャレなラウンジを借り切ったパーティーに呼ばれたり、リーマンショックであたふたしているときは、近所の中華料理屋で餃子を食べながら「メリー苦しみます!」と乾杯してみたりするような、その時々である。

 

元来、真言密教檀家である僕の家ではなくてもいいような行事なのだが、物心ついたときから12月と言えば、クリスマスなのである。世の中がクリスマスに乗じて商売を繁盛させようとしているのだから、仕方がないと言えば仕方がないのだが。うちの亡くなった親父などは、家ではえらそうな口は聞いていても、外では調子乗りだったらしく、宴会場で仲居さんに抱きついているような写真や、三角の紙の帽子をかぶって踊っているような写真を密かに見たことがある。

 

それに、クリスマスの定番と言えば、ケーキ!チキン!プレゼント!と、子どもが「!」を付けないと言えないようなものばかり。このあたり、布教活動の一環かとおもったりするほどの用意周到さである。

 

というわけで、子どもの頃から、我が家にもサンタはやってきていたのである。らくだのシャツとあたたかそうな起毛のパッチをはいて。確か小学校の二年生くらいだっただろうか。まったく眠くないクリスマスイブの夜。しかし、寝ないとサンタは来ない。なので、必死で寝たふりをしていたのである。すると、がらりとフスマが開いて、らくだのシャツとパッチをはいたサンタらしき影が入ってきた。「なんと、お父ちゃんに似た格好だろう」と僕は思っていたのだが、サンタはその後ろにいた、これまた母親にそっくりな人影に「クリスマスは本来、仏教徒には関係ない」と話だした。

 

「クリスマスは本来、仏教徒には関係ない」

「ほんまやなあ」と母。

「な、そうやろ。それを子供だましの商売するために利用しとるんや」

「そうやな」

「けどもまあ、プレゼントやらんと肩身の狭い思いをさせるかもしれんしな」

「ほんまや、それはかわいそうや」

「そやから、もう思い切って、プレゼントを買ってきてやったんや」

「ほんまえらいわ」

「な、靴下用意しとるんか、うちの子どもらは」

「してます、してますよ。ほら」

「あほか!こんなもん小そうてはいるかい!」

「ほな、横においときいな」

 

そんな会話のあと、父と母は出て行ったのである。ああ、そうである。もうこの時点で、二つの影は父と母に似たサンタと誰かではなく、紛れもない父と母であることに僕は気付いていたのである。そりゃそうだろう、あんだけクセの強い話は、父親以外に聞いたことがない。

 

二人がいなくなって、僕はすぐに期待に胸を膨らませて、プレゼントを見たのである。すると、僕が用意していた、僕が持っている中で一番大きなゴムの伸びきった靴下の横に、プレゼントはあった。それは不二家の店先で昼間手にとって眺めていた長靴型のお菓子の詰め合わせだった。

 

なんとなく、「ああ、これか」とがっかりしてしまった僕は、ここでがっかりすることは、この家の一員ではなくなることのような気がして、一通り不二家の長靴を眺めた後、僕の靴下の中に無理矢理詰め込んで寝たのであった。なぜ、靴下の中に詰め込んだのか、当時の気持ちは思い出せない。なんとなく、ちゃんとしたクリスマスプレゼントにしなければ、と思ったのかもしれない。

 

翌朝、前夜のやりとりを聞いていたせいか、素直に僕は「サンタが来た!」と言うことができた。

 


 

植松さんとデザイナーのヤブウチさんがラインスタンプを作りました。
ネコのマロンとは?→

「ネコのマロン」販売サイト 
https://store.line.me/stickershop/product/1150262/ja
クリエイターズスタンプのところで、検索した方がはやいかも。

そして、こちらが「ネコのマロン、参院選に立つ。」のサイト
http://www.isana-ad.com/maron/pc/

植松眞人(うえまつまさと) 1962年生まれ。A型さそり座。 兵庫県生まれ。映画の専門学校を出て、なぜかコピーライターに。 現在、神楽坂にあるオフィス★イサナのクリエイティブディレクター、東京・大阪のビジュアルアーツ専門学校で非常勤講師。ヨメと娘と息子と猫のマロンと東京の千駄木で暮らしてます。

★これまでの植松さんの記事は、こちらからどうぞ。


50代、男のメガネは 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • カミュエラ

    こんにちは、今年もクリスマスがやってきましたね。
    私が子供のころ、サンタさんからプレゼントをもらったのはたったの一回きり・・・・・
    しかもそのプレゼントは自分ちの店(田舎の何でも屋)で売っていた「お絵かき帳」!
    それまでクリスマスとかあまりよくわかっていなかったのに、小学校に入ってたぶん友達とかに聞いたのだと思いますが、「靴下を枕元に置いておくとサンタさんが煙突から家に入ってきてプレゼントを靴下に入れてくれる」らしいと・・・・うちに煙突なんてないし、去年まで来なかったサンタさんが今年突然来てくれるのか?などちょっと心配な部分はありながらも、そんなことを突然言い出して自分の小さなピンクの靴下を枕元に置いて寝た年がありました。
    慌てたのは祖父でした。それぞれの仕事に忙しくしていた両親の代わりに特別私をかわいがってくれていたのが祖父だったのですが、突然そんなことを言われても・・・・(笑)
    朝起きたら、私の小さな靴下にそのお絵かき帳が丸めて入れてありました。
    見慣れたお絵かき帳を見てがっかりしたのは一瞬で、祖父の気持ちが痛いほど伝わってきて切なくなりました。
    それ以降はプレゼントを期待することもなくなりましたが、毎年祖父と一緒に近くの山に行ってクリスマスツリー用に樅ノ木っぽいのを失敬してくるほうが楽しかった思い出があります。

    昔は実家ではクリスマスといえばバタークリームのケーキかアイスクリームのケーキを仕入れて売っていたのですが、毎年アイスクリームのケーキが必ず少し売れ残ってそれは家族で食べるしかなかったのですが、クリスマスが終わった後に食べるケーキのなんとも物寂しい味がいまでも忘れられません。

  • uematsu

    uematsu Post author

    カミュエラさん

    いい話ですねえ。
    おじいさんの気持ちがとてもよく伝わってきます。
    いいなあ。
    樅の木っぽいのを取りに行く件も最高です。
    うちは、クリスマスになると、母親がチキンの照り焼きを作ってくれました。
    あれが七面鳥の、代わりだと気付いたのは成人してからでした。

  • アメちゃん

    カミュエラさんのお話、じーんときますね。
    おじいさんがとてもカミュエラさんをかわいく想ってたのが伝わってきます。

    そうそう。
    こどもの頃、クリスマスケーキはバタークリームが定番でしたね!
    我が家は母が「ショートケーキの方がおいしい」と言って
    サンタやモミの木の飾りのついたクリスマスケーキは買ってくれませんでした。

    とりあえず、夕食後にフツーのイチゴショートを食べて
    せわしく洗い物をしてる母(←外で働いてたので)に
    「歌とか歌わんの?」
    と聞いたら
    「何歌うん?歌わんよ」
    と言われ、
    私は一人、柱にもたれて「トロイカ」を歌ったのが
    私のクリスマスの思い出です。
    クリスマスパーティなどするような家庭じゃなかったですねぇ。

    それにしても思い出って、楽しかったことより切なかったことの方が
    色濃く残るのはなんででしょうね。

  • uematsu

    uematsu Post author

    アメちゃんさん

    トロイカ、僕も歌いました。
    なぜだろう、確か、従姉妹のお姉ちゃんに教えてもらったんだと思います。
    うちも、クリスマスパーティーなんかしませんでした。
    ただ、一度だけ、たまたまクリスマスのタイミングで、
    従兄弟たちが集まるということがあって、
    その時だけ、クリスマスパーティっぽくなったことがあります。

    でも、子どもたちが楽しくやっている間に、
    大人たちの酒盛りが始まって、
    父親同士がケンカしたり、そのケンカに入ったおばさんが泣き出したり。

    結局、どうしようもない感じになって終了。

    だけど、子どもたちはここで自分たちが騒ぎ出すと、
    パーティが終わってしまう、と思ったのか、
    修羅場のなかでも、歌を歌いながら、
    粛々とプレゼント交換なんかをしていた覚えがあります。

    やっぱり、切ないことばかり覚えてますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.30】 同僚のお悩み相談がウザい。

なんかすごい。

あしたうちにねこがくるの

50代、男のメガネは

交差点の向こうから力が押し寄せてくる。

これ、買った!

すごいホットカーラー買った!

OIRAKUのアニメ

第1回 サマーウォーズ

今週の「どうする?Over40」

アニメ愛を語る!3カ月限定連載「OIRAKUのアニメ」、はじまります。

これ、入るかしら?

vol.50 おしゃれ50代ブロガーさん見つけた

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

美容室問題⑤~ヘッドスパ&炭酸シャンプー~

カレー記念日 今週のおかわり!

境目が 曖昧になる お年頃

いどばた。

証明写真、撮り直しましょうか。

フォルモサで介護

介護には終わりがあります。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.15 憧れの芸能人

わたしをライブに連れてって♪

病み上がりのフェス

ミカスの今日の料理 昨日の料理

この胸の高鳴りを: おかひじきの胡麻マヨ和え

黒ヤギ通信

ロシアよ愛をこめて~その3

四十路犬バカ日和

アヤさんと僕 〜バトーとお手伝いさんとの素敵な関係〜

絵手紙オーライ!

国宝?鳥獣戯画

あの頃、アーカイブ

【エピソード23】みんな手紙を待っていた時代。

KEIKOのでこぼこな日常

私の空き時間

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ワクワクしたら着てみよう

10時には寝るべし!その効果にワクワク〜♡

昭和乙女研究所

昭和レトロ旅!?

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

寄切勝利

猫No.17  by はらぷ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

寄切勝利

猫No.17  by はらぷ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up