6月19日はカレー記念日

カレー記念日

言わないで 動かざる者 食うべからず

6月19日はカレー記念日

中島。

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ミカスの今日の料理 昨日の料理

忘れる人と暮らす : かき菜とベーコンの炒め物

最近少し疲れています。

忘れん坊将軍である母の症状は、毎日一緒にいる私にはその変化が見えにくいものです。
でも、ふと過去のことを思い出した瞬間に、
「ああ、2年前はそんなこともできていたか」と、時間と共に確実に進んでいることを実感します。

最近は、本当に直前のことを忘れてしまい、そして、忘れてしまったことすら忘れてしまうような日々です。
たとえば、最近通うようになったデイサービス。
日帰りなので小さな鞄を持って行くだけです。
それでも、母の中ではデイサービスとショートステイがごっちゃになってしまっているので、デイサービスから帰ると必ず「大きな鞄を忘れてきちゃった!」と言い出します。
「今日は日帰りだから、大きな鞄は持って行ってないのよ」と答えると、
「あら、そうなの?」と、いささかいぶかし気な顔をしながらも納得します。
その数分後、また「大きな鞄を忘れてきちゃった!」
「今日は日帰りだから、大きな鞄は持って行ってないのよ」
「あら、そうなの?」
これが何回となく繰り返された後、次は「私、今日まで入院していたの?」と新しい質問が始まり、それは、ご想像通り何度となく繰り返されます。
そして、最近その頻度は加速度的に高まっています。

これが日常ですから、数回は平常心でやり過ごすことができます。
でも、これが日常、つまり毎日起きることだからこそ、限度を超えるとイライラします。
本当にイライラします。
母には見えないように顔をしかめ、こぶしを握り締めて、声だけには出さないように同じ答えを私も繰り返します。
イライラすることは本当に疲れます。
でもそれ以上に、イライラしてしまう自分に対する失望が私を更に疲れさせます。
母は病気だ。
それがわかっているのに、優しくなれない自分に失望してまたイライラする。
イライラの上塗りです。

多分、介護を知る前の私が同じことを誰かに言われたとしたら
「それはイライラして当たり前だよ。自分を責めることはないよ」
と答えていたでしょう。
それが間違いだとは思わないけれど、実際に介護を経験している今は、イライラする気持ちがよくわかる。よくわかるだけに、軽々に「自分を責めるな」などとは言えないような気がします。
忘れる人と暮らすというのは、そんなに単純なことではないのです。
憎しみ、罪悪感、悲しみ、自己嫌悪、全てを混ぜ合わせて片栗粉でどろどろにしたようなもの。

気休めにしかならないことは分かっていても、このイライラを静めるために
今日の一品は『かき菜とベーコンの炒め物』です。
かき菜を含む菜花類にはカルシウムが含まれています。
カルシウムが不足するとイライラしがちになるというのは皆さんもご存じだと思います。
微量のかき菜を食べたところで私やあなたのイライラが収まるものではないかもしれませんが、病は気から。
ン?イライラは病じゃない?
気持ちは気から? いや、そりゃそうだろ。
まあ、とりあえず美味しいですかき菜。

  1. 洗って水気を切ったかき菜を3センチほどに切ります。
  2. ベーコンは1センチの短冊切りに、にんにくは薄切りにします。
  3. フライパンに油を引き、火をつける前ににんくにを加えます。
  4. 油が温まったらベーコンを加え、油がなじむ程度に炒めたら
    かき菜を加えて炒めます。
    固い茎の部分から先に加えていきましょう。
  5. 顆粒の鶏ガラスープの素を大さじ2程の水で溶き、4に加えます。
    これは、軽く蒸し炒めにしてかき菜の固い茎部分に火を通すためです。
    あくまでも炒め物なので、あまり水分を多くしないように気を付けてください。
    茎部分がさほど固くない場合は加えなくてもいいかもしれません。
    その場合は、塩を多めにして味を調整してください。
  6. 味を見て、足りないと感じたら塩を加えましょう。
  7. 火を止める直前に黒コショウを振って出来上がりです。

イライラするのは私の年齢のせいもあるかもしれません。
母の病のせいではないのだと思います。
ただ、全ては自分のせいだと受け止めるには大きすぎて、
相手のせいだと責めるには酷すぎるものを一体どう手懐けたらいいのか、簡単に答えは出ませんね。

というわけで、「介護するということ」をもう少し考えてみようと、
今週の木曜日から期間限定で新しい連載が始まります。
題して『介護の言葉』。
月亭つまみさんと私がオバフォーから探し出した介護に関する言葉について対談をします。
また、7月には実際に読者の方とお会いして介護をする人の現状について話し合うイベントを開催
します。
イベントの詳細については、後日改めてお知らせしますので、どうぞお楽しみに。

ミカスでした。

スポンサーリンク


ミカスの今日の料理 昨日の料理 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • kokomo

    ミカスさん、お疲れ様です。

    3年前に亡くなった祖母に対する冷酷ともいえる母
    (祖母の介護はしていませんでした)の態度を見て
    肉親だからこその悲しみや憎悪を理解する自分と、
    母の冷淡さを軽蔑して嫌悪する気持ちと、母を介護するときには
    同じような態度をとってしまうんじゃないかという自分に
    対する恐怖とが渦巻いてざわざわしていました。
    介護に身を置いていない私がミカスさんにかける
    言葉も見つからないのですが、近い将来の介護当事者として
    木曜日からの連載を基に色々考えてみたいと思います。

    かき菜、私の住んでいる隣県の名産で
    近所のスーパーにもありますが、全国的にはどうなのでしょう?
    ここに来る前は「かき菜」を知らず、八百屋さんに
    「『かき菜』って『牡蠣菜』ですか?」って
    聞いた覚えがあります。「掻き菜」なんですよね。
    そろそろかき菜の旬も終わり。
    今日スーパーでもし見つけたら、名残惜しさとともに
    「かき菜とベーコンの炒め物」を作ってみたいと思います。

  • はしーば

    ミカスさん、こんにちは。
    まさしく、そのとおり!
    私なんぞは、片栗粉どころか小麦粉、水分少な目、ダマだらけです。
    イライラは、更年期と重なると増長する気もします。我慢も良くない、とは言いますがね〜。
    私の奥の手は、「抑肝散」という漢方です。

    7月のイベント、お会いできるといいなぁ・・

  • ミカス

    ミカス Post author

    kokomoさん
    ありがとうございます。
    肉親だからこそ、ですよね。
    もし、お母さまを介護する時にkokomoさんが憎しみを抱いてしまっても、冷たくしてしまったとしても、それは仕方のないことです。
    ただ、その感情がエスカレートしてしまわないよう、エスカレートする前に吐き出す術を用意しておきましょう。
    そうだ、もしそんなことがこの先あったら、私に吐き出してください。

    かき菜、そろそろ終わりですね。
    ぜひ名残を楽しんでください。

  • ミカス

    ミカス Post author

    はしーばさん
    ダマになった小麦粉状態ですか⁈
    大丈夫⁈
    私も、母の物忘れ外来の先生から抑肝散を処方されたことがあります。
    どうしてもイライラしがちなお年頃。
    上手に乗り越えたいものです。

    7月、ぜひいらしてください!

  • ほっこり

    こんにちは、ミカスさん

    介護には直面していませんが、だからこそミカスさんの生の声が響きます。
    なんでも直面しないと本当の姿は見えないものですね。
    7月、ミカスさんのお話聞けると嬉しいです。

  • ミカス

    ミカス Post author

    ほっこりさん
    何事においても、実際に経験して初めてわかることってありますよね。
    私も、自分で介護をするようになって、それまで自分がいかにきれいごとを言っていたのかを思い知りました。
    でも、体験してないんだからわからない、と諦めないで、知ろうとする気持ちを持つだけでも大きく変わると思います。
    7月、ぜひいらしてください。
    介護する人の気持ちを覗いてみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ミカスの今日の料理 昨日の料理

壊さないように : 白和え

今週の「どうする?Over40」

揺れても、間違っても、在る場所で

四十路犬バカ日和

試行錯誤もまた楽し。〜バンコク生活設営あれこれ〜

カレー記念日 今週のおかわり!

今週は 月亭カレーを 日替わりで

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.29】写真うつりが悪くて困ります。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.14 自作自演のイバラ道

いろんな言葉

介護の言葉 その3

50代、男のメガネは

のんという名前の切なさ。

これ、買った!

話題の漫画「ゴールデンカムイ」!!  そして「10ダンス(4)」買った!

わたしをライブに連れてって♪

大好きなあの人に会いに

これ、入るかしら?

vol.49 ストンと落ちるスカート

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

美容室問題②~腕以外だって大事!~

いどばた。

すきな麺について語り合いませんか。

あの頃、アーカイブ

【エピソード22】リタイア後の暮らし方

黒ヤギ通信

ロシアよ愛をこめて~その1

絵手紙オーライ!

古伊万里の油壷

KEIKOのでこぼこな日常

プリンタのインクはどれかしら?

昭和乙女研究所

昭和レトロ旅!?

ワクワクしたら着てみよう

初夏のおしゃれごとにワクワク〜♡

なんかすごい。

祖父は生きている。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

茫然自失

猫No.19  by はらぷ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

茫然自失

猫No.19  by はらぷ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up