6月19日はカレー記念日

カレー記念日

言わないで 動かざる者 食うべからず

6月19日はカレー記念日

中島。

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

じじょうくみこのオバサマー

独女と村民。

さて、3回に分けてお送りしております結婚アジェンダ、今回は最後の3つめ。

「長年都会暮らししていた四十路独女が《全員みな知り合いな村社会》で大丈夫なのかどうか問題」について考えてみたいと思います。

 

よくテレビの『人生の楽園』なんかで見知らぬ土地に移住する熟年夫婦が出てきますが、よくやるなあ、田舎暮らしに憧れることができるのは都会人だなあ、などと思ったりしている僻地育ちのわたくし、じじょうくみこでございます。ですから結婚に際して夫婦問題、同居問題以上に最も恐れていたのが実はこの「村社会とけこみ問題」でありました。

 

 

カモメ

 

 

「いいなあ島暮らし。ぜったい遊びに行きますからね! あっ、島民あげて盛大にお迎えとか、手を振りながら海に飛び込んで見送りとかそういうのいらないんで!」

「島の人はみんな飲みそうだよねえ。毎日大変そう。飲み会とかしょっちゅうあるんじゃない?」

「島での祝宴はどうするの? 人いっぱい来ちゃいそう。3日3晩とかやるのかな? 踊り出しちゃったり?歌い出しちゃったり?」

 

 

シマ島に引っ越すことを告げた折、こんなコメントをたくさんいただきました。ここから見えてくるのは、みなさん離島に対して大変よい印象があること、人懐っこくて情に熱い島民のイメージ、島民同士の密接な人間関係、何かにつけて陽気な宴会をしているイメージですね。おおかた沖縄の島をベースにイメージが構築されているような気がしますが、かくいうわたしも離島というと似たようなイメージが浮かびます。

 

 

ただ、なにしろ田舎育ちですので田舎の嫌なところはよーく知っています。特に島は人間関係が濃そうですから、「48にして離島に嫁ぐ物好きの女がいる」なんて噂話には格好のネタじゃないですか。おまけにザビ男がなぜか結婚することを一切隠していたようで、結婚披露パーティの写真がフェイスブックにアップされたのを見て大騒ぎになっているということでした(ザビ男め、よけいなことを…)。

 

パーティに参列してくれた島の方々にも「島の人はどんどん上がりこんでくるから」と言われていたので、まあこんな環境を面白がれるのもオバフォーの特権、よっしゃこうなったらぜんぶ受けとめてやるわいとファイティングポーズでシマ島に乗り込んだのでありました。

 

 

左4c

ドキドキ

 

 

 

ところがいざ島での生活が始まると、

 

 

 

 

 

 

シーーーーーーーーーン

 

 

 

 

 

 

あ、あれ……(´Д` )

 

 

まったくといって何も起こりません。誰も訪問してこないし、外を歩いても誰もいない。祝宴についても、どうも立ち消えになった気配。うちの田舎にはよくあった町内会の会合や回覧板の受け渡し、掃除や草刈りなどの地域活動、村祭りへの参加などといったものも、一切我が家には声がかからないのでありました。

 

 

 

あれれれ…………????(ー ー;)

 

 

 

その一方で。
婚姻届を村役場に出したとき、役場の職員さんたちからさんざんからかわれた話を以前したことがありますが、2日後、今度は住民票を取りにひとりで役場に出向くと、わたしの顔を見るなり何も言ってないのに職員さんから

 

「住民登録、準備できてますよ♩」

 

と言われました。

 

また、郵便物の転送届けはザビ家の住所で申請していたので、転送されてきた郵便は母屋にその都度取りに行っていたのですが、引っ越して1週間後からは郵便も今の借家に届くようになりました(申請してないのに!)。宅急便も知らない配達のおじさんに

 

「荷物、こっちでいいんだよね?」

と言われ、借家のほうに届けてくれるようになりました(お願いしてないのに!!)

 

 

他にも玄関先を掃除していると、どこからともなくおじいちゃんが現れて「この家、あと5年は借りられるんだってね」と言われたし、中華料理屋でごはんを食べていたら「軒先にシェードがあると日差し違いますか?」と店のお姉さんに設置したばかりのサンシェードについていきなり質問されました。

 

 

……なんだろうこの「知らない人だけど相手はわたしのことめっちゃ知ってる感」……

 

 

カモメ

 

きわめつきは、ご祝儀、であります。

 

 

結婚披露パーティには島の方々はほとんど参加されなかったので、親戚の方からはあらかじめお祝いをいただいておりました。そこで内祝いを用意して島入りしたのですが、まあ来るわ来るわ、次々にご祝儀が。こんなにお祝いしていただけるとは思っておらず、ありがたいことだなあとしみじみ。多めに準備していた内祝いはあっという間に底をつき、そのたびに内祝いを追加注文しては、ザビ男と夜な夜な挨拶まわりをするハメになったのでありました。

 

これを機にソーシャルライフが広がるなら望むところなのですが、本当に挨拶するだけ。そこから何も始まることはありませんでした。けれど結婚して1ヶ月が過ぎてもご祝儀攻撃(!)はやまず、くれる人も親戚から近所の人、いとこ、いとこの友達とどんどん遠くなっていきました。しまいにはザビ男に「この人どんな関係の人?」と聞くと

 

「知らない」

 

って知らないのか! 

知らない人がご祝儀をくれるのか、この島はっ!!

 

 

最初こそ想定外のご祝儀にラッキー♩と喜んでいたザビ男とわたしでしたが、そのうち母屋で「もらったよ」とパパママからご祝儀袋をわたされるたびにゲッソリするように…。そんな日々は結局2ヶ月続き、内祝いは都合5回追加注文したのでありました。

 

 

shuugi

 

 

ご祝儀が届くということはつまり、その人がザビ男とわたしの結婚を知ったということで、自分の知らないところでジワジワと噂が島内に広がっていくさまを想像しては「こわいよう、島こわいよう」と震え上がる今日このごろ。

 

 

それでもわたしのまわりは相変わらずシーーーンとしたまま。

さて、ここからどうやって島にとけこんでいけるかと、いまだ暗中模索のじじょうくみこでございます…。

 

それでは、また来週〜。

Text by じじょうくみこ
Illustrated by カピバラ舎

 

*「じじょうくみこのオバサマー」は毎週火・木・土曜日更新です。

 

 

早く楽園にしたい。


スポンサーリンク


じじょうくみこのオバサマー 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • takeume

    あぁ、なんていうか、怖い。。。
    いぇ、みんな家族のような温かさ・・・と言っておきます(--;)

    そして、ふと、島民はエリコさん(あの派遣のエリコさん)
    なんて言葉が頭をよぎりました。

  • いまねえ

    おお。じじょくみさん。。
    シマシマの皆さま一軒一軒が己の生活リズムを乱すことなく新たな村民(じじょくみさん)を自らの
    生活ペースに取り込んでいく、まさに実況中継ですね、、それがあちら側からの一方通行ってとこが辛い、
    なんにせよ多勢に無勢という。。しかしこれじゃいっそ派手に宴会やってくれたほうがなんぼか楽か?
    ・・とはいえ、そうか、シマシマではほぼ2ヶ月で新情報が島内一周するのか等々興味津々でもあります。
    シマシマ最大のイベントってなんなのでしょうね??人が集まっていればなにがしかイベントありそうですもんね?
    今朝は三時間半ほど畑の草取して腕がつらい、いまねえでした。。

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>takeumeさま
    こんにちは!いつもコメントありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ

    ヒャダ!こんなところにエリコさま!!
    でもあの諜報力・情報伝達力を考えると……秘密裏にシマ島上陸していた!?(゚o゚;;

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>いまねえさま
    いまねえさま、ああいまねえさま!

    北斗星はいってしまいましたが、中島慶子さんのワクワクで
    思いがけずいまねえさまのお姿を拝見してわたくしウキウキでございます\(//∇//)\

    本当にね、こちらとしては祝宴やってもらったほうが後が楽そうでしたけどねー。
    高齢者の方が多いので、まあしかたないかなーと。
    夏のお祭りも期待しましたが空振りしましたw

    まああまり考えすぎずにまったり過ごして時を待ちたいと思いますー。

  • こうまさん

    ご祝儀攻勢お疲れ様でした!

    こっちは知らなくても、
    あちら様は何でも知ってる、というのは田舎アルアルですかね?
    筒抜け感は、まあ、仕方ないのでしょうね~
    だって、みんな、この辺でうまれて、
    この辺で育って、この辺で結婚してるんですもん。

    初期の頃は、『顔知らない奴だ!』と認識されて
    犬の散歩してたら「あんたどこのひと?」と尋ねられ、
    家を教えたら、「あは~ん、○○さんね!」と納得されてしまうのです。
    その人は名乗らず・・・・・(泣)
    まあ、こっちが聞いたとしても、覚えられないんですけども。
    (郵便は、番地がなくても町内で引っ越しても、ちゃんと届きます(^_^)v)

    やがて、じわじわと、溶け込んで
    混じり合っていくと思いますよ~
    だって、一人っきりではないのですもの!

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>こうまさま

    こんにちは!コメントありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ

    こうまさんも田舎暮らししておられるのでしょうかー?
    描写がリアルで、ウンウンうなずいちゃいました(笑)
    みんな同じだと思えば勇気がわきます、ありがとうございます!

    相変わらずドギマギはしてますが、
    これは思った以上に時間がかかりそうだと腹をくくって
    時を待とうかという気分になってきました(^ ^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ミカスの今日の料理 昨日の料理

壊さないように : 白和え

今週の「どうする?Over40」

揺れても、間違っても、在る場所で

四十路犬バカ日和

試行錯誤もまた楽し。〜バンコク生活設営あれこれ〜

カレー記念日 今週のおかわり!

今週は 月亭カレーを 日替わりで

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.29】写真うつりが悪くて困ります。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.14 自作自演のイバラ道

いろんな言葉

介護の言葉 その3

50代、男のメガネは

のんという名前の切なさ。

これ、買った!

話題の漫画「ゴールデンカムイ」!!  そして「10ダンス(4)」買った!

わたしをライブに連れてって♪

大好きなあの人に会いに

これ、入るかしら?

vol.49 ストンと落ちるスカート

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

美容室問題②~腕以外だって大事!~

いどばた。

すきな麺について語り合いませんか。

あの頃、アーカイブ

【エピソード22】リタイア後の暮らし方

黒ヤギ通信

ロシアよ愛をこめて~その1

絵手紙オーライ!

古伊万里の油壷

KEIKOのでこぼこな日常

プリンタのインクはどれかしら?

昭和乙女研究所

昭和レトロ旅!?

ワクワクしたら着てみよう

初夏のおしゃれごとにワクワク〜♡

なんかすごい。

祖父は生きている。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

懺悔部屋

猫No.45  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

懺悔部屋

猫No.45  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up