3月5日はカレー記念日

カレー記念日

アンニュイも あっという間に 忘れてる

3月5日はカレー記念日

都忘れ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.5】 身内の悪口対応、どうしましょう?

 

高校時代の同級生のNさん(女性)は病身のお母さんを介護しているまじめな頑張り屋です。
わたしをはじめ友だちに長い電話やメールでグチや弱音をもらすのですが、
「身内の悪口」にどう対応すればいいか困っています。
同調しても気を悪くするかもしれないし、反論したらはけ口役にはならないだろうし…。
アドバイスが欲しいわけではないらしく、「こうしてみたら…」という言葉には耳を貸しません。
どのように接していけばいいと思いますか? (60代 ムスカリ好き)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 
まゆぽ:
いるよね〜、そういう人。
まじめな頑張り屋さんに多いかも。
まじめなだけに、冗談でかわそうとすると怒ったりするんだよね。
 
お母さんの悪口が出たら、
ひたすら「Nさんは偉いね、頑張ってるね、いい娘さんだね」と
ほめあげるのはどうでしょう。
 
つまり、お母さんを下げるのではなく、
Nさんを持ち上げる相対性理論の世界。
 
ほめられるとやる気の出るわたしのタイプだったら
すぐ木に登っちゃうんだけどなあ。

 

つまみ:
ちょっと耳が痛いお悩み。
相談者の方とNさん両方の気持ちが同じくらいわかるなあ。

Nさんは今の自分が好きじゃないと思います。
グチや弱音を言う自分にいちばんうんざりしてるのは自分じゃないかな。
だから、頑張っている部分を褒められても
逆に自己嫌悪に陥るとか
ますます「頑張ってるのに報われない自分は不幸」と思うかもしれない。

相談者さん、Nさんに自分を持ってかれないようにした方がいいです。
電話は、気が進まないときは出ない
または、今は手が離せないと言う、というのもありだと思います。
いざというときのSOSには答える、という但書付きで。

こういう関係を日常にすると、お互い疲弊すると思う。
相談者さんはたぶん優しくて
「私にグチや弱音を言うことでストレスが発散するなら」
と聞いてあげているのだろうけど
アドバイスが欲しいわけじゃないってところは
単に聞いてほしいというより、負のループにハマっている気がします。
まじめで頑張り屋さんだからよけい。

自分を少しでもラクにするため、現状を変えるため、のエネルギーを
負のループで浪費している感じがします。

介護が発生しているなら、担当ケアマネもいるはずだし
実務的なアドバイスは専門家に任せて
もう一度、気分転換や友達としてのアドバイスをしてみて
聞く耳を持たないなら、少し距離を置いた方が。

冷たく聞こえるかもしれないけど。

ひなげし

まゆぽ:
しゅげ〜。ほんとの人生相談みたいに深い回答だ
(ほんとじゃないのか、チチカカ湖?)。

たしかに「距離を置く」ってもしかしたら、お互いのために一番の解決法かもね。

違う方向に行っちゃうけど、
わたし人生で一度だけ「距離を置いてください」って言われたことがあるの。
友人本人じゃなくて、その夫から「妻に近づくな」って意味で。

まあ、意図してなかったけど彼女を傷つけたのはわたしだし、
感情の行き違いや誤解もあったとは思うけど、
そのときは「が〜ん」となったし、
そんな言い方しなくたって…と凹みもした。

でも、距離を置いてから5年あまりたった今考えると
そこではっきりそう言ってもらってよかったと思う。

ある意味、あ、距離置いていいんだ!っていうお墨付きをもらったわけだから
罪悪感なく、彼女のことを一切心から閉め出すことができたのね。
ぐちゃぐちゃ考えなくてよくなって、すごく楽になったかもしれない。
向こうから言ってもらって得しちゃった感じ。

だから、めんどくさいものは捨てちゃうという手もありだよね。

でも、そのときには相手にきちんと伝えることが必要かも。
きつい言葉とか、はっきりした態度ってお互い傷つくけど、
中途半端にしてずうっと悩んだり迷ったりするより、
早く立ち直れるものです。

って、全然お悩みに答えてなくてすみませんっ。

 

つまみ:
いや、ちゃんと答えてると思うぞ。
自分のも含めて、正解などない問題に対する回答だから
役に立つかどうかはわからないけれども(いまさらな原則論)。

われながら、今回はまじめっていうより、かたっくるしい回答になっちった。
身につまされちゃったのかも。
ま、いろんなチチカカ湖があるってことで(地理的には1湖でも)。

まゆぽさんの、友人の夫からの宣言、さぞや衝撃だっただろうね。
でもさ、キャラクターにもよるかもしれないけど
私も、そういうことは言ってもらった方がいいな。

今回のお悩み、私はどっちかっていうとNさん側だけど
もし、もうグチや弱音は聞きたくねえよ、と思っている人がいたら
言ってもらいたいし、言ってもらうことで、別な展開になる気もする。
もっと福祉や行政に訴えるとか、親類縁者を頼るとか。

もちろん、お母さんは大事だけれど
自分の精神の安定はそれより大事
そしてそれはきっと友人へのグチだけでは得られない、ってことに
Nさんが気づいてくれればいいなあ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まゆぽ:
今回やたらまじめに考えちゃったね、二人とも。
やっぱり人ごとじゃないからだよねー。

Nさん的言動、自分でも思い当たるし、
相談者さんの立場になることも実際あるし。

何回か出チチをやってみて、あらためて気が付いたんだけど、
相談を聞くと「そうだよ、それ、わたしも悩んでたかも!」
って思うことが多いの。

悩んでいることに気が付いて、言葉にするだけでも
相談する人はわたしより先を歩いてるんだよね。

な〜んにも解決になってない回答ばかりで申し訳ないけど、
悩みを自覚することが解決への第一歩ってことで
きっかけくらいになれていたら、出チチの母sとしてうれしいねー。

 

byまゆぽ&つまみ

※出前チチカカ湖では、みなさんからのお悩みを募集します。
お悩み以外でも、ずっと気になっていた疑問、私たちへの質問も大歓迎です。
こちらのフォームからお気軽にどうぞ。よろしくお願い致します。

本家チチカカ湖はこちらです。 →→ 「チチカカ湖でひと泳ぎ」

■■トップ画面と本文内の「ぬのえ」の画像は、佐藤知津子さん(HPはこちら⇒


お悩み相談!出前チチカカ湖 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • 爽子

    今回のお悩みは、ほんとうに身近です。
    つまみさんも、まゆぽさんも、親身だわ~。
    とくにつまみさん、冷静な分析と思考の交通整理ができてる~。
    今度、なにかあったら相談に行ってい~い?

    ムスコが中学生だったころ、幼稚園からのつきあいのママ友から、ほぼ毎日、長電話がかかってきてました。
    女の子のお母さんだったんだけれど、反抗期で、日々のバトルが壮絶で、言葉を失うこともしばしば。
    あるとき、共感してみたら、翌日の電話で、「すごく傷ついた!」とひどい切れよう。
    彼女のゴミ箱には結局なれませんでしたよ。笑

    そういえばあんまり長電話かかってこなくなりましたわ。
    メールやラインが普及したからでしょうね。

    悩みの渦中にいると、ぐるぐるしちゃって、何度も元いた場所にたってるんだもの、なんだかつらい。

    忘れっぽいのは、つらくならないような自己防衛でしょうかね。

  • まゆぽ

    まゆぽ Post author

    爽子さま、いつもコメントありがとうございます!

    今回のテーマ、みんなに思い当たる節があるんですねぇ。
    ぐちっちゃう側の経験も、聞かされる側の経験も。

    つくづく人は相対的な存在だなあと思います。
    自分よりキャリアばりばりな女性と対峙していると
    「いいもん、わたしそんなにお仕事できないけど、
    ちゃんと家庭も守ってるし…」と思い、
    自分よりしっかり家事のできる家庭的な女性といると、
    「でも、わたし仕事だって一応してるし…」と思う自分が情けなかったりするんですが、
    自分の絶対値を持つことって、実はすごく難しいのかも…なんて
    また、ご相談と方向違いのことを考えてしまいました。

    ぼんやりと、比較的平穏に生きているわたしに比べて
    いろんな山や谷や原っぱを越えてきたつまみちゃんは相談相手に最適だと思います。

    爽子さんの人を見抜く目は確かですわー。

  • つまみ

    つまみ

    爽子さん、ありがとうございます!
    自分のことは全然ダメなくせに、人にはエラそうなことを書いてるなーともぞもぞしていましたので、そんなふうに言ってただけると、なんだか小っ恥ずかしいです。
    今回、学んだことは「自分のお悩みもヒトサマのこととして考えろ」ですね。

    悩みって本当に、同じところをぐるぐるしてしまいますねえ。
    蟻地獄みたいで抜け出せない感じ、キツいです。

    人に「すごく傷ついた!」と言う人はどうもなあ。
    傷ついたと言ったもん勝ち、みたいなところが。
    傷ついた、という言葉にしないで踏ん張る人の矜持もすごくあると思うんですよねえ。

    まゆぽさん、望外なお言葉だわ。
    でも、山や谷をアピールし過ぎなだけかもな、私。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

絵手紙オーライ!

犬の絵を描いてみたいのです。

ワクワクしたら着てみよう

近所へちょっこしお買い物コーデ

50代、男のメガネは

ヨーダって、怖いことを言う。

これ、買った!

ベレー帽、買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ごめんなさい:おからの煮物

今週の「どうする?Over40」

人生は、本筋と異なる決断の連続&お知らせいろいろ

黒ヤギ通信

猫薬

昭和乙女研究所

お菓子編 クッキー・ビスケットpart2

カレー記念日 今週のおかわり!

通勤で 咳をこらえる ツボ押すよ

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

写経のすすめ

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第30回 花粉症の世迷言

日々是LOVE古着

乱歩と指輪

出前チチカカ湖

第166回 私、これは意外と平気です(ゲスト付)

なんかすごい。

断水の金曜日

OIRAKUのアニメ

第46回 アーヤと魔女

これ、入るかしら?

vol.76 顔をマッサージする

いどばた。

ちょい足しの調味料を教えて。

わたしをライブに連れてって♪

求ム、雑談者。若干名。

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

吃驚仰天

猫No.26  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

吃驚仰天

猫No.26  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up