4月24日はカレー記念日

カレー記念日

ナプキンを 買うか買わずか 決めかねて

4月24日はカレー記念日

ミカス

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.10」

 

wedding-sikh

 

インドの婚活ってどうなのよ?結婚式の実態について
(前編)

 

日本はこれから夏本番!ですね。こちらデリーはモンスーンの雨が降るごとに気温が少しずつ下がり、ずいぶん凌ぎやすくなってきました。9月には秋らしくなり、10月からは「結婚式シーズン」に入ります。

 

インドの結婚式は派手派手~というのは皆様もお聞き及びかも。毎年秋になると結婚式の
招待状が届き始めます。招待状も金、銀、赤などおめでたい色使いで色々な形式があり眺めるだけでも楽しいもの。その年の流行色や、流行の模様、フォントなどもあり招待状が届き始めると、どこのが一番おしゃれだろう?って自分の中でランク付けするのが楽しみでもあります。

 

wedding-invitation11b

 

花嫁側から招待されるか、花婿側の招待か、普段の付き合いの度合いによってどの儀式から参列するかが決まります。なんせ関連イベントが目白押しなので。
例えば・・・花嫁側の場合にはレディースサンギートという女性だけが集まって行うダンスと歌の宴が催され、その際にメヘンディー屋さん(メヘンディーという植物の粉で、手や足にさまざまなおめでたい模様を描きます。2週間くらいでとれてしまいますが・・・)を呼んで参列者にメヘンディーを施してもらったり、嫁入りに持参する金製品やサリーのお披露目があったり。

 

mehendinite2

(レディス・サンギートで
しれっと大学生に混じって撮影してみた。笑)

 

いよいよ結婚式・・・・に至るまでには色々な紆余曲折もあるわけですよ。
何せインドの90%が「お見合い」結婚だっていうんですから。お見合い係(?)のご近所の
おせっかいオバちゃんや、親戚のすすめで・・・ってのもあれば新聞広告でお相手を探す人も
います。まずは項目別にインドの結婚事情解説をご覧あれ!(注:ここで紹介するのはデリーでの結婚式の場合です。)

 

お見合い記事

 

インドの新聞、日曜版には必ず「Matrimonial」というページが少なくとも4~5ページほどあって、色んな項目別に分けられています。出身地・共通言語・学歴・カーストなどなど。一人一人売りこみの台詞がふるっているんです。
「当方身長165センチ、スリムで色白なグジャラート出身25才女性。学歴のある、長身で年収〇〇以上の男性を求む。連絡は〇〇新聞私書箱〇〇へ」「アメリカ在住のNRI男性コンピューター技師、178センチ、パンジャーブ州出身。家族はルディアナ在住。英語に堪能で色白・美人のパンジャビ女性求む。カースト問わず。連絡はルディアナの両親へ」など内容は結構具体的で、「え~、厚かましいなぁ、自分のことこんなに褒めてるよ~」という内容のものもあり。
カースト廃止とは言いつつも、ここではモロにカーストまで書いてあるのがインドの矛盾。実際にこれで結婚が決まった人が多いので侮れないシステムなのです。両親がとても真剣に子供の結婚に口だしするのがインドの常。恋愛結婚はまだまだ比率が低いのが現状です。

 

私も最初にこのシステムを知ったときには「え~、お見合い?」って思ってたんだけど、生活スタンダードが同程度の家との縁組だから、「価値観の違い」はあまりないようで、意外とうまく
行ってるカップルが多いです。お見合いでの離婚率は2%弱だという統計も出ていました。
いまどきの若者ですら、意外とはっきりと「恋愛と結婚は別物」って割り切っている子もいて、
びっくり。

 

wedding-matrimonial

(掲載日が結婚記念日の有名カップルも登場。スラムドッグミリオネアにも出演していた男優・アニル・カプールのもの)

 

婚約式

 

めでたく話がまとまったら、すぐに「婚約式」と相成ります。双方の親族一同の顔見せも兼ねているのです。男性から女性へ婚約指輪や金のアクセサリーが、女性から男性へはスーツ生地や金製品などが贈られます。

 

花嫁側の準備

 

ダウリ《持参金》は法律で禁止されたとはいえ、結婚式関連となると花嫁側の負担大です。「娘3人持つと家が潰れる」とは日本でも言いますが、インドは準備すべきものが多くて本当に
大変です。まずは金製品…「金の腕輪ひとつも持たない嫁なんて…」と言われることのないように嫁入り道具として金を選ぶ女性とその家族の真剣な眼差し…インドに金や宝石を扱う店が多いのも頷けます。ネックレスとイヤリングのセット・チュ-リ(腕輪)セットなどなど…。
(花婿もお母さんや姉妹に「結婚式で向こう(花嫁側)にひけをとらないように」と金のセットや新しいサリーを購入したりするのです。参列の親戚達の分まで女性にはサリー、男性にはスーツ生地を贈る習慣があるので双方ともに結婚前はお金に羽根が生えて飛んで行く)

 

wedding-gloom

(花婿の衣装も様々…「おいおい、映画スターかい?」ってな
感じのデザイン多数。上は広告より抜粋)

 

結婚式のサリー選び

 

品揃えのよい店で次から次に見せてもらいそれでも決まらなければ次の店へ…何せ一生に
一度のことですから家族総出でサリー選びに行く場合もあります。赤や金糸銀糸、ビーズを
使ったものが結婚サリーの定番ですが、家によって「赤」のシェードが決まっていて朱赤・真紅・マルーン(えんじがかった赤)などなど様々。結婚式サリーやレへンガーチョ-リー(スカート・丈の短いブラウス・ショールの三点セット)を扱う店は、たいていが一面布団のようなふかふかマットレスがひいてあり、選ぶ側はゆったりと座って(または寝転んで)時間をかけて選べるシステムになっています。いっぱい見せられて訳がわからなくなることもあるので、いくつかピックアップしてから家に持ち帰り、家族親戚と相談してから決めることもできます。

 

サリーまたはレンガチョーリーが決まったらすそ上げやふち飾りをつけてもらったり、ブラウスを縫ってもらうのにテーラーに行ったりで花嫁さんは大忙し。披露宴を何日かに分けて行う場合にはその都度サリーやレへンガチョーリーを換えますから選ぶだけでもクラクラッ…
お次は靴も!!きらきらライニングつきや金銀の靴が売っていて、「シンデレラ」もびっくり。
おまけに嫁入り道具としてのサリーやおよばれ用のパンジャビスーツなども新調するので花嫁は買い物だけでもヘトヘト。インドで結婚するのは体力勝負???

 

レディースサンギートとメヘンディー

 

結婚式前に花嫁を囲んで女性が集まって歌や踊りで賑わうのが「レディースサンギート。」ここで親戚の女性たちに金製品やサリーなどのお披露目をして、わいわいおしゃべりに花が咲きます。メヘンディー屋さんも雇われて、女性にメヘンディーを施すのもこのとき。

 

花嫁はお式の前日にメヘンディを描いてもらいます。孔雀やマンゴなどのめでたい模様の中に、各所に小さく小さく花婿の名前のアルファベットがちりばめられるのです。
式当日、親族や招待客は「メヘンディ見せて~!」と花嫁の手を取ります。メヘンディの色が
濃ければ濃いほど、「お姑さんから可愛がられるお嫁さん」なんだそうですよ。

 

 

花嫁用のチューリー(腕輪)

 

10本セットになっている赤い腕輪、両端に白がセットされたものが花嫁用。1セットまたは
2セット重ねつけする場合もあり、両手分を準備します。
チューリーの赤の色もサリーと同じく家によってシェードが決まっています。
結婚式当日、チューリーのプージャ(お清めの儀式)の際には「牛乳」にひたされ、お坊さんが
容器から取り出すまでは花嫁に見せてはもらえません。花嫁の友人たちはこの儀式に招待され、鉄の腕輪にきらきらの飾りを結び付けます。この飾りが多いほど友人も多く、祝福されたということ。下の写真はカリシュマ・カプール(女優・あの「きっとうまくいく」の主演女優、カリーナ・カプールのお姉さんです)の結婚式の写真で「ひゃー、これ何??」というくらいキラキラだったんですよ~。

 

wedding-karishma

 

赤白セットの花嫁腕輪は結婚後1ヶ月(地域やカーストによっては3カ月)何をするときもはずしてはいけません。新婚さんの間は花嫁は家事、特に水仕事はしなくて良いと言われています。チューリーの塗りがはげたりすると「あの家では嫁をこき使っている、結婚してすぐから水仕事させてるからチューリーの色が剥げてるよ」なんて噂されたりするのです。おわ~~~

 

そんなわけで、次回はいよいよ(やっと!?)結婚式当日編へ。
お国柄が表れているインドの結婚式事情、後編をお楽しみに!

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

 

★猛暑の日本で取り入れたいレシピが紹介されています。ジンジャエールの素が、魅力的!⇒青蓮さんのブログ     
 こちらには、青蓮さんのレシピページが。ひよこ豆の豆腐とか、もう、おいしそうです。                           

★青蓮さんへのコメントも、お寄せ下さい。この機会に興味のあることを聞いてみてくださいね♪

★3月まで連載されていた「YUKKEの今日のラテンステップで」を読む方は、こちらをどうぞ。メキシコの女性たちが生き生きと描かれています。

★前回の青蓮さんの記事は、こちらから

 

スポンサーリンク

 

 


青蓮の「マサラをちょいと」 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • keyaki

    青蓮さんの連載再開を楽しみに待っていました!
    初めて知るインドの結婚事情にビックリしたり、感心したり、なんだか「日印婚活比較学」なんて名前の講義を一コマ受け終えた気分です。後編も楽しみにしています!

  • 青蓮

    青蓮 Post author

    keyakiさま
    いや~~、なんと嬉しい励ましのお言葉!ありがとうございます。
    あれもこれも~と欲張って詰め込みすぎたかなぁ?と思いつつの
    原稿アップでしたが、楽しんでいただけて幸いです。
    後半もお楽しみに~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

KEIKOのでこぼこな日常

傘、ついてきてくれないかしら!

今週の「どうする?Over40」

ゴールデンウィークがパッとしなくても大丈夫!懐かしさの「核」は意外に地味だ。

昭和乙女研究所

真似したアイドルはいましたか?

眉毛に取り組む。

アイブロウサロンデビュー!その前に育毛から始めました。(桜子)

ラジオブースから愛をこめて

音の編集はたのし♪

いどばた。

あなたの使っている年代物はありますか?

なんかすごい。

子どもの絵

これ、買った!

美味しい玄米買った!

50代、男のメガネは

「検索しない」が流行っている。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ミカス、カナダへ飛ぶ : 突撃、カナダの朝ごはん

ゾロメ女の逆襲

閑話休題 前口上

着まわせ!れこコレ

れこコレ春のハン省祭り

ただいま閉活中

(51)アッチェレランドからリタルダンドへ

これ、入るかしら?

vol.38 よそゆき小物ふたたび

あの頃、アーカイブ

 エピソード10★大きな店から小さな店へ。

四十路犬バカ日和

バトーと私の老いじたく

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.15】探しものが見つかりません。

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

じじょうくみこの崖のところで待ってます

シン・ゴフジンラと、ドクターK。

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

ワクワクしたら着てみよう

家でもそこそこ小綺麗に〜 & ZOZOTOWNに着ない服を売ってみた2

ハレの日・ケの日・キモノの日

弱さも強さもナチュラルなオバフォ―祭りに集まったすんごいヒトたち

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up