3月22日はカレー記念日

カレー記念日

NHK ラジオ体操 息が切れ

3月22日はカレー記念日

中島。

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説 その4

 

キャッチャー・イン・ザ・ライブラリー ④ 最終回

バックナンバーーはこちらです。

21

 

僕は呆然としてDBを見つめた。

それまで長いこと、つかみどころがなくてぼんやりしていたDBの輪郭が突然くっきりした気がした。そのかわり、今まではっきりと見えていたつもりの現実が、急にあいまいになった。

DBはそんな僕に気づかないように続けた。

「でも、あんなことを言ったおかげで自分にも暗示をかけちまった。あれ以来、オレも、たとえ草野球でもキャッチャー以外はやる気がしないんだ。本当はピッチャーっていうのもありだったかもしれないのにさ」

DBはそう言うと、ゆっくり立ち上がって、真正面の僕に向かってボールを投げる動作をした。まるで、ちょっと僕を挑発するように。

それは、オジサンの言うとおりきれいなフォームだった。そして見覚えのあるフォームだった。僕がかつて鏡に見立てて幾度も幾度もマネし続けたフォームだった。

思い出した。僕は昔、このフォームにすごく憧れていたんだ。そしてそっくりのフォームのピッチャーになって、気がつくと高校野球の予選のマウンドに立ってた。中味は、鏡のマネをするガキのままだったのに。

DBは、今度はそんな僕の気持ちを読んだように言った。

「あのとき‥3年前のおまえは、心細くてたまらなかったんだろ?ただ野球が好きで、それがちょっと得意なだけのほんの子どもだったのに、どんどん注目されて期待されて。‥あの日、本当はオレが球場に駆けつけなきゃならなかったんだ。チビのおまえと約束してたんだから。なのに、自分のことにかまけて、約束を破った上に、父さんに無理をさせちまった。おまえの投げたボールを受けるキャッチャーはオレだったのに」

 

僕は、3年前に自分が投げたボールが相手のミットに収まった音を聞いた気がした。宙に浮いたままだった、とてつもなく長い滞空時間のキャッチボールがやっと終わったんだ。

キャッチボールの相手は父さんじゃなかった。僕は、僕に左投げ右打ちの血を授けた父さんと、フォームを伝授してくれたDB、2人を相手にボールを投げてたんだ。ずっと。

ずうっと。

 

自分がまた野球をやる気になるのか、はよくわからない。ただ、ボールを握ることを想像しただけで感じていた胸苦しさはずいぶん薄れた。同時に、自分がまだほんの子どもの頃、キャッチボールをすることを想像しただけで感じていたときめき、みたいなものが、少しずつだけど甦ってる気がする。気がする、だけどね。

 僕はそのことをオジサンにだけ報告した。オジサンはうなずきながらうれしそうに「さっき、野球の本を眺めてたんですが、野球の本の図書館の分類の番号は783なんですね。 『悩み(783)無用の野球少年』で覚えておくことにします」と言った。

 さすが、DBと気が合うだけある。このオジサンもかなり変わってるよ。

 

 僕とDBとキヨノさんの日々は基本的には変わらない。キヨノさんは根拠なく威張り、まるでDBと僕の方が使用人だ。

 そうそう、この前、図書館の2階の階段のそばでひとりで遊んでいたちっちゃな子どもがバランスを崩して下に落ちそうになったんだ。あわてて走って行ってキャッチしたよ。

親にはしつこいくらい感謝されたけど、無意識のことだし、生まれ持っての運動神経だから別に感謝されても、って感じだったんだけど、ふと「これって〈キャッチャー・イン・ザ・ライ‥ブラリー〉じゃん」と思ったらおかしくなっちまった。

  

昨日、DBに「ライ麦畑的な夢ってなに?」と聞いてみた。DBはすっかり忘れたふりをしてたけど、あれは演技だね。最近、DBのことが少し見えるようになった。もちろん、気づかないふりをしたけどさ。

こう見えて、適度に鈍い弟を演じるのもタイヘンなんだよね。

 

 「キャッチャー・イン・ザ・ライブラリー」(終わり)

 

 

◆◆最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!◆◆

 

文・月亭つまみ

イラスト・みーる(Special Thanks)


ゾロメ女の図書館小説 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • uniumi55

    こんにちは。初めて、コメントします(ちょっと、緊張してます(^^;;。)

    いつも楽しく拝見しています。この度の『図書館小説』、すごく良かったです!!。なにより、文章、言葉使いに違和感がなく、とても、好感が持てました。内容も、短編?なのに、きちんと構成されていて、納得のいく内容でした(あたし、何様?(^^;;)。

    『図書館小説』、他にもあれば、ぜひ、披露していただきたいです。

    チチカカ湖〜を、見たときは、感動しました。対話式のブログなんて、初めてで、その発想と、内容の面白さに、大ファンになりました(#^.^#)。
    最近は、更新が少なく、淋しいです。
    お忙しいでしょうが、また、チョクチョク更新してくださいね。

    ゾロ目〜も、チチカカ湖〜も、応援しています〜\(^o^)/。

  • つまみ

    つまみ Post author

    uniumi55 さま
     

    コメントありがとうございます!
     
    わーいわーいヽ(*´∀`)ノ
    なんてうれしいお言葉(^O^)
    感涙(´;ω;`)
    うれし過ぎて顔文字を使いまくってしまってます。
     
    図書館小説、そんな風に言っていただいて、本当にやってよかったです。
    本当にうれしい感想です。
    ひとりよがりの世界をひとりよがりで公開してしまったかも
    と思ったりもしましたが、また次も公開させていただくことにしました。
     
    チチカカ湖~の感想もありがとうございます。
    早速、相棒に伝えねば!
     
    向こうも楽しんで続けます。
    どちらも今後共よろしくお願いします!

  • わに

    なぬっ 次回作。。。ふふふ。。。。楽しみ楽しみ。。。。

    すべての感想が 『すげー』 としか 表現できない 語彙の少なさなので はい
    感想は おいといて (置くなぁ~っ)

    母国語(って表現でいいのかな)じゃない 文を読む時 誰が翻訳したか で
    そのあとの 文に対するイメージ違うんだろうな

    The Catcher in the Rye
    野崎孝訳の『ライ麦畑でつかまえて』 か 村上春樹訳の『キャッチャー・イン・ザ・ライ』  か。。。。

    読んだ時の 年齢とか状況とか いろいろ

    あと 誰の後に読むかも
    あっ 一冊の本の貸し借りっていう意味だけじゃなく  誰の紹介?かも含めて 

    『ライ麦・・』 は レモンちゃんの影響で読んだような気がするけど。。。
    (悩めるお年頃だったけど) ふーん で 終わって 本の題名だけが残ってる 

    そうそう高校の時
     『昼休みがつぶれるからイヤ』 という理由で 人気のなかった図書委員やってたんだけど、
    返却されたばかりの本借りる って娘(子)がいて (おお 高校生にして上から目線っ)
    ????
    と 思って監察してたら   (すでに 家政婦の三田やってた女子高生。こわっ)

    いつもいつも 某先輩が借りた本をすぐに借りてた

    当時は 貸し出し図書カードだったから   
    ふふふ すぐに借りると名前が並ぶのよねぇ~ ふふふ

    バーコード貸し出しじゃ こーいう淡い恋心も 楽しめないんだろうね。 

    ひとりよがり・・・・ああ いけない事を想像してしまった。。。(アホです ワタシ・・・)

  • つまみ

    つまみ Post author

    わにさま 
     
    コメントありがとうございます!
    性懲りもなく、次回作、やらせていただきます。 
     
    海外モノは、訳でイメージが変わりますよね。
    海外ミステリーで、一時期
    ディック・フランシスの競馬シリーズと
    ロバート・B・パーカーのスペンサーシリーズが
    好きだったのですが、どちらも菊池光さんという方が
    訳してました。
    私、もしかして菊池光さんのファンだったのかも。
     
    誰の紹介かも、確かに大きいですね。
    ライ麦は私は、つかこうへいが誉めてて読みました。
     
    貸出カードのエピソード、微笑ましくてなつかしいです。
    岩井俊二の「ラブレター」という映画を思い出しました。
     
    ホント、バーコード貸出は味気ない!?

  • マーキョン

    初めまして。
    軽快な語り口の小説、楽しく拝読いたしました。第一

  • マーキョン

    ごめんなさい、スマホで打っていると間違えて送信してしまうことが多々あり失礼いたしました。

    第一話の終わりで、もしかしてサスペンス?と思ったのですが、見事に引っ掛かってしまいました(笑)。心暖まるお話でした。二人の息子の母のせいか兄弟の話に惹かれます。

    語呂合わせ小説とは???でしたが、そう言うオチだったんですね。

    雑著049の分類を、世界を『泳ぐ』と語呂合わせなさっていて、なるほどと唸ったのですが、私は49と言う数字に親近感を持っております。4月9日が結婚記念日だからですが、4月9日って死と苦を連想して、あまり佳い日にちではありませんよね。でも私はどうしてもこの日に結婚したかったのです。両親の結婚記念日でもある日なので同じ日に結婚して同じくらい幸せになりたいと願っていたからでした。その年の4月9日がたまたま土曜日であったことと、母校のチャペルが空いていたので、すんなり願いは叶いました。

    今回、図書番号の049が雑著の分類であることを教えて頂き、49と言う数字に、また1つ意味を持たせてしまいました。

    次回作も楽しみにしております。

  • つまみ

    つまみ Post author

    マーキョンさま 
     
    コメントありがとうございます。
    見事引っ掛かって下さってありがとうございます。
    達成感を覚えました(笑)。
     
    それにしても
    >両親の結婚記念日でもある日なので同じ日に結婚して同じくらい幸せになりたいと願っていたからでした。
    ってステキ。
    うらやましいです。
    心がほっこりしましたですよ。
    そして
    母校のチャペルにも反応しました。
    ●●女子大かなあ、とか。
     
    これからもよろしくお願い致します。

  • カピバラ舎

    最終話、いろいろ腑に落ちてなるほど〜と読ませていただきました!
    私も最初はミステリーかと…。
    少し乾いた感じの文章好きです。

    小説の書き方とか全く解らず読者目線ですが、
    短編をほどよく組み立てるというのは難しいのでしょうね〜。すごいです!

    あと何を読んでも、ストーリーの中に作家さんの身の回りに共通することが
    微かでもあるのかな〜と想像してしまうのです。
    (そういうところが気になるミーハー体質…)

    次回作もありましたら楽しみにしています!

  • つまみ

    つまみ Post author

    カピバラ舎さま
     
    コメントありがとうございます。
    腑に落ちていただけてうれしいっす。
     
    ちゃんとした小説家は事前に構成を組み立てたりするのかもしれませんが
    素人なので行き当たりばったりです。
    字数とかゴロ合わせとか設定(明らかにパクり)だけ
    真剣に考えていて、構成?なにそれ?という感じです。
     
    身の回りのこと、いろいろ取り入れています(^^;)
    大枠は完全にフィクションですが
    北側に公園のある図書館で働いていましたし
    階段のところで遊んでいた子どもを救出した経験があります。
    親戚は酒屋で、そこには兄弟(私にとっては従兄)がいます。
     
    恥ずかしげもなく、次回も続けることにしました。
    今は亡き愛犬の散歩中に実際に遭遇した出来事が出てきます。
    舞台は明らかに自分ちの近くです。
     
    お騒がせしますが、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ワクワクしたら着てみよう

ヒグチユウコ展 Circusへ行きました♡

いどばた。

古びたものを交換した話をしませんか。

なんかすごい。

3月に思うこと

50代、男のメガネは

アリバイ横丁でアリバイを考える。

これ、買った!

素敵ファッション本買った

ミカスの今日の料理 昨日の料理

カナダへ行ってきた。しかも妹と。#1

OIRAKUのアニメ

第13回 THUNDERBIRDS ARE GO

今週の「どうする?Over40」

買う前に着ろ、買う前に聞け。それから、娘の帰省は、思ったより疲れるぞ。

黒ヤギ通信

リョーコさんとお孫ちゃんたち①

日々是LOVE古着

モリハナエって?

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

花粉症が治ったはなし

カレー記念日 今週のおかわり!

もうすぐラクに なるらしいのよ 花粉症

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.22 脳福(造語)について

わたしをライブに連れてって♪

忘れちゃうひととき

これ、入るかしら?

vol.57 たまには試着しないと

フォルモサで介護

お通じ

あの頃、アーカイブ

【エピソード30】キクコさんの人生に寄り添う万年筆。

絵手紙オーライ!

木蓮を見上げて

KEIKOのでこぼこな日常

あれあれ、いつの間にやら…

昭和乙女研究所

カレッジロゴトレーナー

お悩み相談!出前チチカカ湖

【FileNO.36】どの人にどの話をしたか覚えられません。

四十路犬バカ日和

2度目の初めて 〜公園デビュー〜

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

一陽来福

猫No.76  by まぁ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

一陽来福

猫No.76  by まぁ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up