5月24日はカレー記念日

カレー記念日

このまんま 5月の陽気が 続いてよ

5月24日はカレー記念日

Comet

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.78 自伝 適齢期について

『カニカマ人生論』(清水ミチコ 著)『ひとりじめ』(浅田美代子 著)を続けて読んだ。

ふたりには案外たくさんの共通点があると思う。まず、どちらも芸歴の長い60代。ほぼずっと第一線で活躍していて、同じタイプの芸能人がいない不思議な立ち位置。そして、なぜか芸能人としてのピークという概念が通用しない感じ。なんならずっとピーク、もしくはこれからもうひと波来るんじゃないか‥みたいな。

その他にも①ガツガツして見えない ②過度なアンチエイジングをしていなさそう ③マイペースで気楽そう ④建前より本音で話す印象 ⑤弄られ上手 ⑥名前が似ている など主観でいいならばいくらでも似ているところが浮かぶというものだ。

というわけで、ミチコさんとミヨコさんである。ふたりは実際にも仲が良く、先月(2024年2月15日)行われた【浅田美代子 50th Anniversaryコンサート】は(行きたかった!)はサブタイトルが【〜清水ミッちゃん頼みの50周年〜】である。自分のコンサートのタイトルに別の芸能人の名前を入れるってどうなの?だが、それも「浅田美代子なら(だから)許される」という感じ。実際、幕が上がって最初に登場したのはミヨコさんになりきったミチコさんだったそうだ。たぶん、その後にご本人が「もー!やだー!」なんて顔を手でパタパタあおぎながら登場したんだろう。ああ、見たかった。

そんなご両人が、相次いで自伝エッセイを出していた。これは偶然なのか必然なのか。自伝に適齢期があるというのか。

『カニカマ人生論』は、山あいの地方都市で生まれ育った、山っ気がある父親を持つ気弱な少女時代のミチコさんが、意外なようで、さもありなんでもある。父親の再婚で、幼い頃に家に美しい継母を迎えるという、なんなら1960年代に一世を風靡した三浦綾子先生の小説に寄ってもよさそうな環境に育ちながら、おかあさん大好き!となり、その後に生まれた、今じゃ清水ミチコライブでおなじみの十歳年下の弟イチロウを溺愛するというのもなんだか彼女らしい。

ミチコ父は堅実なタイプではなさそうで、店(ジャズ喫茶)の調度にも凝ったりしたらしく、それでも清水家の経済状態は、子どもの将来に影を落とすレベルではなかったようだ(借金はあったらしい)。なのに、自分の進学先として授業料の高い音大を選ばなかった(選べなかった)ミチコ十八歳!(ここは『アイコ十六歳』のイメージでどうぞ)。このあたりが地方在住だった同世代の自分にはしみじみよくわかる。

わたしの家庭環境は論外だったが、当時は周囲にそんな空気があった。家から通えるエリアに大学が存在しないという地方の人間は、進学の際、入学金や学費だけではなく生活費が丸々かかる。貧しい家庭でなくてもそれはけっこう家計を脅かす額で、同級生の多くが親に対して「申し訳ない」という気持ちがあった。だからみんな、案外真剣に金銭面のことも考えながら志望校を選んでいたのだ。

ミチコさんは東京の短大に進学し、上京後にバイト先で出会った人々の縁で芸能活動をはじめる。渋谷ジアンジアンの初ライブで永六輔に見染められた(?)経緯も、シンプルだが滋味がある。永さんに言われたという「芸はプロ 生き方はアマチュア」ってなんて素敵な言葉なのだろう。人と調和(ハーモニー)をとりながら市井を生き、ここぞという場ではタガを外して自分を出す‥能力を貯蔵できる分、下手なプロよりアマチュアの方が瞬発力があってたくましいのかもしれない。

一方、ミヨコさんの『ひとりじめ』は、樹木希林の死がきっかけで書かれた本だ。あとがきにもそのあたりの経緯が記されている。ちなみに、浅田美代子が林真理子や中園ミホとも親しいことにちょっと驚いた。「ミヨコさん、友達の守備範囲、ひろ~い!」(ここは夢グループの保科有里さんのイメージでお読みください)。なので、この本には常に樹木希林が居る。樹木希林がミヨコさんに言ったという「私の人生の語り部になって」が忠実に守られている内容だ。

ただ、芸能界に入るきっかけとなった伝説のドラマ「時間ですよ」のオーデションで浅田美代子を選んだ審査員のひとりだった、悠木千帆こと樹木希林との長い歴史を語ることは、浅田美代子史を語ることでもあるわけで、生まれ育った家庭環境、ドラマ出演とアイドル歌手としての日々、吉田拓郎との交際と結婚と離婚、その後再開された芸能活動は「ああ見えて骨太な人生」語りにもなっている。

正直、文章には気になる箇所がいくつかあった。たとえば、自身が世間のイメージとは違って料理好きであると書かれた章にある「あらゆる食材を容易に扱えるのは、7年間の主婦生活のおかげだろうか」は、その表記はあまりに雑じゃない?と思ってしまった。あらゆる食材を容易に扱える人なんて、プロでもいるんだろうか、とわたしなんぞは思ってしまう。あらゆる→ほとんどの 容易に→自由に に変えるだけでまったく違和感がなくなるのに、プロの書き手ではないとはいえ‥だからこそ、文藝春秋の担当編集者、そこはしっかりするところだぞ、と思った。

とはいえ、樹木希林論としても、昭和~平成~令和を、振り返ればいつのまにか独自のスタンスで歩んできた、飼い慣らされた感じがしない芸能人の自伝としても、なかなか面白い。

それにしても‥樹木希林さんは病院から自宅に帰った日の夜に亡くなったのかあ。わたしの母親も24年前、転院先の大きな病院から地元の病院に戻った翌々日、息を引き取った。良かれと思った転院が身体の負担になったのだと長いこと悔やんできたが、この本で、希林さんが亡くなる数時間前、家のベッドで刻んだ葡萄を舌の上で転がして汁を舐め「おいしいねぇ」と味わっていたということを知り、わたしも、戻った日、大きな病院では母に食べさせることができなかったアイスクリームを買ったことを思い出した。母はおいしいおいしいと舐め、その翌日にさほど苦しむことなく逝った。もしかして、戻ってこられてよかったのかなあと『ひとりじめ』を読んだことで初めて思えた。

ふたつの自伝エッセイを読んで、確かに、60代は自分史、自叙伝を書く適齢期かもしれないと思った。まだ一般的には先の長い50代でも、老いと本格的に向き合う(これも一般的には、だが)70代でもなく、60代。適齢期を迎えた、迎えようとしている方々、いかがですか。

by月亭つまみ


Amazon


Amazon


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • アバター画像

    アメちゃん

    つまみさん、こんにちは。

    浅田美代子かぁ……今、どんな感じなのかな?と画像検索したら
    なんだか清水ミチコに似てますね(笑)
    お二人は不思議と、時代が変わっても古臭くならないですよね。
    感性が瑞々しいとか、そんな風でもないんだけど
    いつも今の空気になんとなくフィットしてる感じがします。
    頬に色々入れてパンパンになってる芸能人が多い中
    そんなこともなく自然なところが、好感持てますね。

    私の父も、誤嚥性肺炎で3ヶ月入院した後亡くなったのですが
    生前通ってた喫茶店のオーナーが持って来てくれた珈琲味の羊羹を
    「食べたい」と言いだして
    「舐めるだけよ!食べたらあかんよ!」と看護師が見守る中
    舐めさせたことがあります。ほんとに、ぺろっとだけ。。
    3ヶ月、まともに食べないままあの世に行ったので可哀想でしたね。

    【業務連絡】
    先月末、京都へタブレット純単独ライブを観に行きましたー!
    ものすごーーく楽しかったですー!
    つまみさんがお近くに住んでたら、一緒に行きたかったです。
    ↓こちらにライブの様子をレポートしてます(長文です)。
    良かったらお時間のあるときに・・。
    https://note.com/mikatao/n/n1760378c7918

  • アバター画像

    つまみ Post author

    アメちゃんさん、こんにちは。

    タブ純単独ライブレポート、面白すぎる!\(^o^)/
    いやあ、興味はありましたが、予想以上の濃さですね。
    お笑い的なネタも随所に盛り込まれているのかと思いましたが、それはきっと「単独」という文言のせいかと思います。
    しかし、パンツ一丁!そのパンツの形状も‥定番なのですかっ!
    彼の、モノマネの際の豹変はラジオでも驚きますが、それを目の当たりにすることを想像すると、これは相当の覚悟での参戦になるな、などと、行く予定も今のところはないのに思ったりしています。

    今日も、そんなことを思いながら、ラジオを聴こうと思います。

    ミチコミヨココンビ(コンビではない)は、ホント、時代が変わっても古臭くならないというのは稀有ですよね。
    特に感性を研ぎ澄ませている感じでもない、というのも同感です。
    人や物事に垣根を作らないってことなのですかね。
    垣根ばかり作りがちな自分は、どんどん古臭くなっています。

    母も、口からは何も食べられない三か月でした。
    最後のアイスクリームだけです。
    食いしん坊だったので、かわいそうでした。

  • アバター画像

    アメちゃん

    つまみさん、こんばんは!
    わー、さっそくにレポート読んでくださってありがとうございます〜!
    あの衝撃と興奮が、文字にするとイマイチ伝わらない(><)と
    悶々としてたのですが喜んでいただけて良かった。
    ライブ、ほんとーに面白くて楽しかったので
    もし機会があればぜひ!
    東京に住んでたら、東洋館の演芸も見に行きたいです。
    あ。昨夜の音楽の黄金時代。
    私のメールが読まれてしまいました(笑)

    誰だったか忘れましたが
    お商売をしている経営者の方のお話で
    「変わらずにずっと繁盛するためには、変わらなくてはいけない」
    みたいなことを聞いたことがあります。
    (スティーブ・ジョブズが言ってたんでしたっけ?)
    ミヨコミチヨコンビは、変わってなさそで変わってるのかもしれませんね。

  • アバター画像

    つまみ Post author

    アメちゃんさん、レポート、読みごたえがあるし、衝撃と興奮も伝わってきましたよ。
    でも、実際のそれは、文字では伝えられない気がしますよね。
    あとは、読み手の想像力に期待するしか。

    黄金時代、再びメールが採用されたのですね!
    わー!今回はラジコで聴けます!楽しみ!!
    ラジオネームがわからないと、どれがアメちゃんのメールかわからないのかな。
    でもまあいいや、全部聴こうっと。

    浅草東洋館、まだ行ったことがありませんが、BS朝日のお笑い演芸館をけっこう見ていたので、まるで行ったことがあるような。
    今はやっていないのかもしれませんが、一推しピン芸人のユリオカ超特Qとタブレット純は以前よく昭和歌謡イベントライブをやっていました。
    一度、行きたいなあと思っていたのですが。

    そうですね。
    ミチコさんもミヨコさんも、時代に合わせて(でも合わせ過ぎず)変わってるんですよね。
    だから繁盛してる。
    ジョブズ、いいこと言う!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

昭和乙女研究所

ハイカラな食品パッケージ

カレー記念日 今週のおかわり!

駅トイレ 和式はあいてる 譲り合い

出前チチカカ湖

第197回 プチ贅沢を味わってやる。

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第65回 丘の上には ララ 緑がもえる~♪

60代、男はゆっくりご乱心

どうなる、盆栽の会

OIRAKUのアニメ

第102回 寫眞館

ミカスの今日の料理 昨日の料理

救い、そして希望:大学じゃがいも

今週の「どうする?Over40」

Podcastで知った。「足首、大事!」の真実と佐良直美さんのYouTube。

黒ヤギ通信

片付け、始めました。

山あり谷あり再婚ライフ

古い我が家で認知症予防?

なんかすごい。

山を満喫した話

四十路犬バカ日和

遠すぎない目標を意識しすぎずに目指す

かわいいちゃん

ルームツアー

絵手紙オーライ!

清流を泳ぐめだか

いろんな言葉

That’s Dance!文字起こし 第6回(episode16) やっかみかもしれませんが‥番外編も兼ねて

母を葬る

(10)親子という仕組み

夫亡き日々を生きる

カリーナからゆみるさんへ 2023年2月4日

いどばた。

凹むこと最近ありましたか?

じじょうくみこの崖のところで待ってます

はなやぐお盆、わたしは墓へとタックルした。

ただいま閉活中

お守りが無くなったら

50代、男のメガネは

『レジェンド&バタフライ』で絶望の淵に立つ。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

人生は引き算である

日々是LOVE古着

(終)これからも。これからは。

これ、買った!

くっつかないしゃもじをもう一度買った!

ワクワクしたら着てみよう

最近思うことをとりとめもなく書いてみた♡

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

5月24日はカレー記念日

カレー記念日

このまんま 5月の陽気が 続いてよ

5月24日はカレー記念日

Comet

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

よもじ猫

舌先一寸

猫No.36  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

舌先一寸

猫No.36  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「ともに生きる。

  • ZOOMでプライベートレッスン、リモート英会話AQUA
  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up