4月12日はカレー記念日

カレー記念日

ヘバーデン 曲がった指にも ネイル塗る

4月12日はカレー記念日

リョーコ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

【隔週刊★切実本屋】VOL.79 夜明けを待つ

現在、サイトのこの枠は、第二木曜日が【月刊★切実本屋】第四木曜日が【やっかみかもしれませんが‥】で営業している。認識している人はあまりいないかもしれないし、自分でも「どうだっていいか」と思わないでもないが、こう見えて決めごとを作るのは嫌いじゃないのだ(秘めごとと一字ちがい。しかも同じ韻‥どうでもいい)。なので本来、本日(3/28)は【やっかみかもしれませんが‥】更新の日なのだが【月刊★切実本屋】が隔週で緊急登板である。その理由は『夜明けを待つ』(佐々涼子/著)を読んでしまったからだ。

佐々涼子さんの本を読むのは2冊目で、読み終わったのは今回が初めてだ。昨年の夏、『エンド・オブ・ライフ』を読み始めたのだが、わりと序盤で挫折した。つまらなかったからではない。むしろその逆だ。逆過ぎてつらくなった。読み始めたタイミングで、特養入所中の義母が危篤になった(のちに回復し、現在は安定している)せいもあるが、今まで経験した身内の闘病や死にまつわる悲しみや逡巡や諦めや迷い、もっといえば逃避や倦厭や狡猾さが、次々によみがえってきて、なんだか責められているような心持ちになってしまった。

間違った被害者意識だとは自覚していたし、読み進めば、そんな自分のいまさらな後悔にも意味があったと思えるような光景が広がっているのだろうと予測もできた。が、目先のつらさで本を閉じてしまったのだ。

佐々涼子さんの病気のことを知ったのは今から数か月前だ。そのとき、最新刊『夜明けを待つ』もたぶんすぐには読めないし、読もうとしないだろうなと思った。

その方針を変更したのは、SNSで見かけたこの本の感想に、複数の人が「美しい文章」と書いていたからだ。改行の多さ、行間の広さ、居場所を失いそうな句点‥などに象徴されるようなご時世に「美しい文章」という、シンプルで普遍性を感じさせる表記は妙に新鮮に映った。抽象的だし、そこに食いつく自分は短絡的だとも思ったが、作者が文字どおり身を削って綴った(たとえ病気発覚前に書かれた文章だとしても)美しい文章なら、やはり時間を置かずに読もう、読むべきだと思い直した。

存外に静かな世界だった。そう、まさにタイトルどおり、夜明け前のしんとした佇まいだ。前半は短めのコラムが続く。読みやすい。シリアスなテーマばかりなのに、ことさら咀嚼の時間を設ける必要性は感じない。でも、だからといって咀嚼せずに丸呑みはできない。書き手は、文章と読み手の間の緩衝材であると同時に圧なのだ。圧などというと邪魔者みたいだが‥いや、邪魔者でいいのかもしれない。

書かれている世界=書き手が伝えたい世界 なら、書き手が文章に、より自分を投影、介在させ、流すことを阻止し立ち止まらせ、みっともないくらい必死に「伝えようとする」のは当然のことだ、だからよけいに文章の美しさが際立つ、美しさとはこころざしだ‥などと、なんだか月並みなのか変化球なのか不明の、愚にもつかないことを思いながら読む。

中盤からはルポルタージュになる。移民と難民‥特に彼らの言語・言葉についてが、静かで一定の温度の筆致で綴られる。温度は変わらずとも、そこにアツさや冷静さは出せる。アツく語る、クールに話す、という表現がいかに表層的かと思う。

『夜明けを待つ』の文章の美しさは、こころざしプラス透明感だ。圧倒されたり、打ちひしがれたり、社会に憤ったり希望を感じたり、いろいろなものを愛おしく感じたりして読んだが、常にそこに透明な水が流れている気がした。

そんな自分のこの本の白眉は、永平寺町にある寺での二泊三日の「禅の旅」の章だ。精神世界を語られる際にしばしば感じるある種の危うさやうさんくささを凌駕する自由を感じた。もっといえば、自由というのは、枠や制限や限界がないことではなく、それを感じてもなんらかの方法で超えていく可能性を捨てないことだと思った。

とはいえ、それが即、自分の今後を自由にするとは思わない。たぶんこれからもわたしは不自由で、自分で自分の鋳型を作り、それに嵌まり、なにもできないと嘆くのだろう。でも、ままならないことが多いからこそ享受できる清々しい一瞬がある気がする。気がするだけでも、少し希望を持つことができる。

佐々涼子さん、ありがとう。届け!

by月亭つまみ


Amazon


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.80 朝ドラと『化学の授業をはじめます。』の化学反応

60代、男はゆっくりご乱心

髭を生やしてみようと思うのだ

ミカスの今日の料理 昨日の料理

優しい人:ささみのオーブン焼き

かわいいちゃん

チューリップパーティー

今週の「どうする?Over40」

ぬるんで、ゆるむと、死者が帰ってくる。春。

夫亡き日々を生きる

カリーナからゆみるさんへ 2023年2月4日

いろんな言葉

That’s Dance!文字起こし 第5回(episode15) 大阪のお嬢様‥と見せかけての人

カレー記念日 今週のおかわり!

界隈で ラジオ体操 流行ってる?

絵手紙オーライ!

絵の具セットの思い出

四十路犬バカ日和

ハイシニア犬とご近所かかりつけ医

黒ヤギ通信

新しい季節

母を葬る

(9)無理ゲーの行き先

昭和乙女研究所

ファンシーケース

なんかすごい。

わたし、がいこくじん

OIRAKUのアニメ

第100回 響け!ユーフォニアム

山あり谷あり再婚ライフ

真面目キャラ卒業?

いどばた。

凹むこと最近ありましたか?

出前チチカカ湖

第195回 この言い方の復活を!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

はなやぐお盆、わたしは墓へとタックルした。

ただいま閉活中

お守りが無くなったら

50代、男のメガネは

『レジェンド&バタフライ』で絶望の淵に立つ。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

人生は引き算である

日々是LOVE古着

(終)これからも。これからは。

これ、買った!

くっつかないしゃもじをもう一度買った!

ワクワクしたら着てみよう

最近思うことをとりとめもなく書いてみた♡

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

蜜月時代

猫No.78  by 伽羅

猫大表示&投稿詳細はこちら!

蜜月時代

猫No.78  by 伽羅

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「ともに生きる。

  • ZOOMでプライベートレッスン、リモート英会話AQUA
  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up