10月22日はカレー記念日

カレー記念日

いつまでも やる気起きない パソコン前

10月22日はカレー記念日

中島。

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

あの頃、アーカイブ

【エピソード24】時とともに郵便の仕事も変わるけど…。

さてさて、聞いた話を形に残すことを仕事にしている
「有限会社シリトリア」(→)。
普通の人の、普通だけど、みんなに知ってほしい
エピソードをご紹介していきます。

【エピソード24】

今回は、郵便局で働くマサユキさんのその後です。
時代の変化とマサユキさんのキャリアアップが重なって、
仕事も郵便局自体もどんどん変わっていきます。
それでも、リタイアした今も、変わらないものがあると
マサユキさんが話してくれました。

●配達から内勤へ

郵便局にも転勤があります。
それぞれの職制に基づいて研修や昇格試験を経ながら、
マサユキさんも入局6年後には県内の別の郵便局へ。

そこからは内勤となりました。
朝6時に駅に駆け付け、郵袋を運ぶ仕事もなくなり
早朝出勤もなくなったので、
結婚したマサユキさんには比較的落ち着いた生活が始まっていました。
内勤仕事の最初は、全国から集まってくる小包の仕分け。
その部署へ配属された理由ものんびりしたものでした。

「赴任したとき、当時の担当課長から聞かれました。
『お前釣りやるか?』って。
自宅は海も川も近かったから、『やります』と答えたら、
『じゃ、俺の課に来い!』ってことに(笑)。
でも課長の言ってたのは本格的な海釣りだった。
『今度の日曜、釣り行くぞ。針と釣り竿、新しいの買ってこい!』って
仕事中でも命令されたりして。

「いわたの釣り船」サイトより

ワンマンだけど面倒見のいい上司でした。
全国の地名を一番覚えたのもこの頃だったかなぁ。
なにせ日本中の小包を扱うんです。
小さな町でも、あ、これは〇〇県だって、すぐわかるようになりました」

 

●郵便番号の導入で変わる郵便局 

まだ郵便番号が導入されていない時代です。
局員がすべて手作業で送り先別に荷物を分けていく。
お酒の瓶など割れ物が破損する危険も常にありました。

郵便番号が導入され、郵便物の仕分けシステムが機械化されたのは
昭和40年代半ばころのことでした。

郵便局内の高い天井を、大きな皿に乗った郵便物が回り、
該当する場所まで来ると底がパタンと開いて小包みがすべり落ちて仕分けされる。
その風景を感慨深く眺めたことをマサユキさんは今でもよく覚えていると言います。
でもその小包や普通の郵便物も、やがて民間の宅配会社の台頭で競合の時代に入ります。それに伴い、複数の郵便局で管理職を務めてきたマサユキさんの仕事も
ずいぶんと様変わりしてきました。

「会社訪問とか大口のお客さん獲得で、
配達とは違う形で外に出かけることが多くなりました。
議員会館を訪ねて段ボール単位で葉書を買ってもらったり。
まだそういうことが許されていた時代だったからね。
とにかく郵便局はこんなにサービスしますってことを伝える仕事に、
懸命に時間を費やしていたような気がします」

●ディズニー○ンド建設中の配達も

しばらくぶりに配達もやったんだよと、マサユキさんは笑います。
場所はなんとディズニー○ンド建設予定地! 
時は昭和50年代に入っていました。

「当時僕は千葉の郵便局にいたんです。
ディズニー○ンドはもともと砂地でしょ。集配のバイクが走れない。
しかも建設予定地は果てしなく広くて、工事事務所は何カ所もある。
僕ら内勤の営業は軽四輪を使えたから、砂地を走って事務所に届ける。
その後ディズニー○ンドがオープンして子ども連れて出かけたけど、
赤い車で走ったのはどの辺りだったのかなぁ。
全然わからなくなってました(笑)」

「トレンドノート」サイトより

●手紙だからわかることがある

子どもたちも成長したことだし、「釣りは身体が元気なうちに…」と、
神奈川県内のある町の郵便局長を務め上げ、
60歳でマサユキさんは郵便局員人生にピリオドを打ちました。

今でも、バイクや車に郵便マークがあると
思わず目がいってしまうというマサユキさん。
連絡も場所確認も携帯が当たり前。女性の配達員も増えるなど、
自転車で回っていた自分の若いころとは隔世の感があるけれど、
それでも変わらないこともあるなと実感するそうです。

『手紙ってやっぱり喜ばれるよね。
字を見るとその人のことがわかるでしょう。
同じ人でも、もらう字で、今どういう気持ちなのかな、元気なのかな、とか。
字でわかるって、やっぱり手紙だけ。これは変わらない。
廃れることはないと思う。
だから僕もこれからも手紙や葉書は書き続けようと思います』

人から「待ってもらえる仕事」「喜んでもらえる仕事」をまっとうした
マサユキさんならではの、〝手紙〟への熱い思いです。

「SERMENT」サイトより

 

スポンサーリンク


あの頃、アーカイブ 記事一覧へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

今週の「どうする?Over40」

「プライドの檻」を壊して、苦しいときこそ情報公開。

カレー記念日 今週のおかわり!

「まんぷく」と カレーで満腹 土曜朝 

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

軸色に頼る

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.32】夜の自分をなんとかしたい。

なんかすごい。

本を手渡す

50代、男のメガネは

去ってさっぱり、来てしあわせ。

これ、買った!

ガスファンヒーター買った!

OIRAKUのアニメ

第7回 ヴァイオレット・エヴァーガーデン

ミカスの今日の料理 昨日の料理

希望というものは : 塩こうじとり天

黒ヤギ通信

描かなくても絵封筒

日々是LOVE古着

サイズあれこれ

これ、入るかしら?

vol.52 『衣もろもろ』(群ようこ)

四十路犬バカ日和

母は強し!バトーのためならエーンヤコーラ♫

フォルモサで介護

大丈夫?介護サポート〜その1:言葉の壁〜

いどばた。

最近やめたことについて、おしゃべりしませんか?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.17 叫喚はあるが、共感はない…けど読んでよかった

わたしをライブに連れてって♪

今年もキャンプ納め~朝霧JAMに

絵手紙オーライ!

京都お菓子紀行

あの頃、アーカイブ

【エピソード26】結婚にまつわるエトセトラ

ワクワクしたら着てみよう

今月買ってよかったもの3連発~♫

KEIKOのでこぼこな日常

私、これに乗っていいかしら?

昭和乙女研究所

ドラマ「ムー」

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

猫耳東風

猫No.66  by まゆぽ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

猫耳東風

猫No.66  by まゆぽ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up