11月24日はカレー記念日

カレー記念日

あらいやだ 買い物中に おなら出た

11月24日はカレー記念日

めー

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ワッショイ娘とギョーシャ男の、どうしようもない愛について。

みなさま、ごきげんよう。月に一度の御目通り、恐悦至極に存じます。あなたのしもべ、じじょうくみこにござります。どなたさまも息災でいらっしゃいますでしょうか。

GWにつき前倒しで投稿しております

それにしても、月1ペースで書いておりますと環境の変化がよくわかるものですね。この崖待ち第3シーズンが始まった2月頭には、まだ遠くにうっすら影が見えるくらいだった新型肺炎。次の3月頭には明らかな脅威となって全国の学校を休校に追い込み、4月頭にはオリンピック延期、緊急事態宣言の発出。そしてゴールデンウイークを間近に控えて、浮き足立っているはずのいま。

シマ島にはひとっこひとり、おりませぬ〜(泣)

まさに坂道を転がり落ちるローリングストーン。1ヶ月後に世界がいったいどうなっているのか、想像もできなくなっているこの世界でできることといえば

はりつめたあ〜〜

生きろ、そなたは美しい、なんつうわけでですね、家にいるだけで世界を救える勇者になれるわけですから、とにかくそーっとじーっと息を殺して静かに生きていきましょってわけですね、今回はそんな静かな黄金週間にふさわしく

人生で一度もじっとしたことのない、或る女子の話をしたいと思います。

シマ島は本土から遠く離れていて交通アクセスも悪く、おしゃれなリゾートホテルも素敵なレストランも1軒もない、いたって素朴な離島です。それでも海が輝く春から夏にかけてのシーズンには、本土からそれなりに観光客がやってきます。

夏の島にやってくる客というのは、まあなんというか、いろんなところがゆるむわけですね。きれいな海に惑わされて、恋に落ちやすかったりもするわけですよ。そうするとですね、島の空気を味方につけて島の男たちはここぞとばかりに女子たちを口説きにかかるわけですね。

最近の10代20代の男子たちはそんなエネルギーもないのか、よくも悪くも優しくて奥手の子ばかりなんですが、これが30代以上、特にオバフォー世代になると一気に「島の男子が観光で来た女子とつきあって結婚」というケースが急増。そんなわけでシマ島で働いている女性の多くは、島外から嫁入りした女子なのでありました。

アカリも、そんなお嫁さんのひとりです。

20代で島でナンパされてデキ婚というベタすぎる展開でシマ島にやってきたアラサー女子のアカリは、名前の通り、そこにいるだけでパーっと空気を明るくするタイプです。

お祭り大好きで、神輿が出ると聞けばすっ飛んで行き、法被にねじり鉢巻で男衆と一緒に神輿をワッショイ。

誰とでもすぐに打ち解けて、カッカッカッと大声で豪快に笑ってワッショイ。

楽器をやらせれば迷いのないきれいな音を出すのだけれど、曲が覚えられないとすぐに泣きべそになり、でもちょっとでも褒められると笑顔でワッショイ。

人生はカーニバ〜ル

子供に想像を絶するキラキラネームをつけるアレな母ではありましたが、生命力のかたまりみたいな奔放なワッショイ女アカリは、ネクラなオバちゃんにはちょっとまぶしくて、少々あぶなっかしい存在だったのでありました。

そんなアカリについて、黒い噂が立つようになったのは秋の終わりのことです。

お酒が大好きなアカリは、少し前から小さなバーに入り浸るようになり、やがて自然な流れでバーで働くようになっていました。夏の観光シーズンが終わると、シマ島には潮がひくように人がいなくなり、飲食店もほとんどが店を閉じます。そのバーだけが島でも数少ない、冬でも遅くまで飲める貴重なお店として賑わっておりました。

なぜ賑わうのかというと、「ギョーシャさん」がいっぱいいるからです。観光客がいなくなり、海が荒れて船がしょっちゅう欠航する厳しい冬が来ると、島の住人以外で島にいるのは工事を請け負う外注の技術者だけになります。

日帰りができない島なので、彼らは数ヶ月、長いときには年単位で民宿に住み込みながら働きます。オフシーズンに島の経済を潤してくれる彼らのことを、島の人は「ギョーシャさん」と呼んで大事にするのですが、それでいて島の人とギョーシャさんの間にそこはかとない緊張感があることに気づいたのは、シマ島で暮らし始めて2〜3年経ったころのことでしょうか。

というのも島に来るギョーシャさんというのは、ほぼ100%が男性です。しかも彼らの多くが家族や恋人を本土に置いての、単身赴任です。そしてシマ島には、そんな彼らを癒してくれるようなオネエサンのいるお店はありません。そうなると何が起きるかというと、

ギョーシャさんと島の奥さんがよろしくない関係になる

ということのようで…。

ニャア

「だいぶ前に大きな災害が起きて、集落をつなぐトンネルが崩れてしまったことがあったんですよ。集落ごと孤立してしまうので、1日でも早く道路を復旧せねばということになって、大量のギョーシャさんが島にやってきて短期間でトンネルを完成させたんです。

とにかく大規模な工事だったので、島の飲食店では大勢のギョーシャさんの食事をまかなえず、仮設の食堂に島の奥さんを総動員で投入して毎日3食出していたんですよね。

そこまではよかったんですが、あろうことかギョーシャさんと奥さんが次々とつきあい出しちゃって。浮気だけならまだしも、駆け落ちして島を出る奥さんが続出しちゃったんです。くみさん知ってます? 1丁目のあそこの奥さんも、角のあのうちの奥さんも、みんなそれで出て行っちゃったの。

これはイカンぞ人妻を守れってことになって、奥さんは全員食堂勤務を辞めさせられて、かわりにマユミさんが親方になって食事を取り仕切るようになって。マユミさん、知ってます? 鬼みたいにおっそろしいババアですよ。それでも工事が終わるときには、私が知っている限りでも10人は奥さんがギョーシャさんと島を出て行きました」

と友人のタオちゃんから聞いたときは

ちょ、いつの時代の話よ!?

と驚きしかありませんでした。そういえばわたしが島に来たころ、ザビ男と一緒に歩いていると「ザビも奥さん大事にしなさいよ〜逃げられちゃうよ〜」なんて言葉をよくかけられていたんですが、そんな意味が含まれていたのかと思うと軽く寒気を覚える今日このごろ…。

話をアカリに戻しましょう。

彼女がバーで働き始めて半年ほどたった年明けあたりから、見知らぬ女性が島の中をウロウロするようになりました。こんな時期に女性のひとり客は、それでなくても目立つもの。しかもその女性はお店に入っては「アカリという女性を知っているか」と島の人に聞いて回っているというのです。彼女の話を総合すると、こういうことでした。

「自分のダンナがギョーシャとしてシマ島に滞在しているが、以前は連休があると帰ってきたのに最近は全く帰ってこない。おかしいなと思って調べてみると、どうやら島のバーで働いているアカリという女と浮気をしているらしい。どうかダンナを返してくれないか」

そんな話を触れ回っている奥さんもアレですが、どうやらアカリがギョーシャの男とつきあっているのは本当らしいということがわかってきました。そしてアカリが過去に何度もやらかしていて、島の人はみんなそれを知っているということも。

島外の男とわかりやすくデキちゃうアカリ。そういうアカリと別れない夫。そんな夫婦に慣れっこの島民。いやこれどうなん? と胸くそ悪くなってきました。そして当のギョーシャ男とアカリは浮気がバレても一向に悪びれる気配もなく、ついにヒートアップしたギョーシャの奥さんが

SNSでアカリの実名と写真とコトのすべてをさらす

というスキャンダルをぶち上げたのでありました。

なんすかこの三文芝居

やがて時は流れ。

一時は難を逃れて他の島にいるという噂もあったアカリですが、先日いつものスーパーに行くと、なにごともなかったようにレジに立って笑っていました。聞くところによると、「夫と別れてくれ。さもなくばこの島を出て行け」と奥さんに詰め寄られたアカリは

「アタシはこの島で生きていくから、出て行きませんよ。あなたのダンナさんとはとっくに別れているし、そもそもダンナさんのほうがあなたと別れたいって言ったんですからね」

と言い放ったとか言わないとか。そしてどちらの夫婦も、なにごともなかったかのように元さやにおさまり、元気にステイホームしているそうです。いやはや、すごいなオイ。この一連のスキャンダルの何がすごいかって、

すべてがコロナ禍で行われている

ということです。世界中が生きるか死ぬか、自粛だ休業だとせっぱつまっている中で、ここシマ島では惚れたはれた、やったやらないっていう丁々発止のやりとりが繰り広げられていたわけで。

ああ男と女ってどうしてこうも愚かで生々しい、どうしようもない生きものであることか。

どんなに苦しい時期だって、おなかはすくし、恋もする。ウイルスに負けるなんてくそアホらし。わたしたちもたくましく生きてまいりましょう。それではまた6月に、元気にお会いいたしましょう。それまで崖のところで(マスクしながら)お待ちしています。

シマ島のじじょうくみこでした。

text  by  じじょうくみこ

illustrated  by  カピバラ舎

*「崖のところで待ってます。」は毎月第1土曜日更新です。次回は6月6日の予定です。

ゴールデンウイークどこにも行けないしやることないわ〜というあなた、暇つぶしに『崖待ち』まとめ読みいかがですか〜→『崖のところで待ってます。』

☆第3シーズン(2020年2月〜)

3-1 ジュテームの彼方、20年ぶんの埃かぶって、いま。

3-2 千客万来、よなよな裸エプロンの日々。

3-3 狂乱の春、シマ島は今日も嵐です。

☆第2シーズン(2017年10月〜12月)

2-1 ハーフセンチュリーは、嵐の季節。

2-2 シマ島の2年目は、モヤモヤから始まった。

2-3 恋わずらいみたいになって、あのひとにメールを書いた。

2-4 あのひとは言った、「未来のためにはアレを焼け!」

2-5 島暮らしってサバイバル。だって、ハブとマングースのはざま。

2-6 初めての友だちは、秘密のにおいがした。

2-7 彼女はウソを愛している、たぶん全力で。

2-8 島にいたって、人生は過ぎゆく。

☆第1シーズン(2016年7月〜2017年2月)

1-1 若返るわたし、そしてきらめくケンシロウのこと。

1-2 たくましくなったこの腕で、いざ地獄のケロリンツアー。

1-3 とある四十路女が民泊ってやつをやろうとしたら地獄が待ってた。

1-4 由美子&くみこ、オバフォー民泊体験するの巻

1-5 ああ無情、魔性の森がオレを呼ぶ。

1-6 リアルポケモンぞくぞく登場、そして暴れ出すわたしの未来。

1-7 ゴフジンさんが、暴れてまして。

1-8 シン・ゴフジンラと、ドクターK。

ヤダぜんぜん時間が埋まらないわヒマだわ、というあなたはこちらもどうぞ。

*第2シリーズ『じじょうくみこのオバサマー』(2015年8月〜2016年4月)

もうこうなったら全編読破しないと気が済まなくなってきたわ? という完璧主義者のあなたは、このさいこちらで。

*第1シリーズ『崖っぷちほどいい天気』(2013年5月〜2015年7月)


じじょうくみこの崖のところで待ってます 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • 爽子

    爽子

    GW前に更新されるとほぼ同時に食い入るように読みましたが、二度三度、おいしく読ませていただきました。
    奔放なアカリさんの、ゆるぎない体幹に圧倒される思いでおります。
    こういう人しか、不倫はしてはいけないのです。

    年だけいたずらに重ねましたが、こういう方には、勝ちようがありませんね。

    鮮やかな切り返しも素敵。(ほんまかいな

    さかのぼって読むじじょくみ大河ドラマは、私蔵図書の特等席に。

    登場人物が濃くて大変好ましいのです。

    シマ島に、以前の賑わいがいつの日か戻ってくることをお祈りいたしております。

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>爽子さま

    コメントありがとうございます〜( ´ ▽ ` )
    胃もたれするようなキャラばかりで、あいすいません!?
    シマ島に来てからというもの、「人間って」と考えることが多いです。
    つまりは、疲れます(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ロコモな私:鶏もも肉の甘辛炒め

日々是LOVE古着

子どもの頃の宝探し

今週の「どうする?Over40」

食べ物という言葉。犬のおやつも、大阪の飴ちゃんも、さりげなく。

カレー記念日 今週のおかわり!

ちょうどいい あったか肌着は どこにある

なんかすごい。

カリーナさんの本

出前チチカカ湖

第163回 最近なくしたものを語ろう

50代、男のメガネは

とりあえず、言っておく。

OIRAKUのアニメ

第43回 日本沈没2020劇場編集版 オーディオ・コメンタリー付き上映

これ、入るかしら?

vol.74 ドレスとカジュアル

いどばた。

誕生日がいっしょな有名人は誰ですか?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.40 ムズムズーム

これ、買った!

耐久 メガネのくもり止め買った!

わたしをライブに連れてって♪

みなさん、ZOOMしてますか

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ゆるふわゲストハウスへ、ようこそ!

絵手紙オーライ!

わたしの模写修行(棟方志功)

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ヘッドマッサージャーで柔らかあたま

昭和乙女研究所

お菓子編 アイス

黒ヤギ通信

ゆっくりと

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

ワクワクしたら着てみよう

冬のペールトーンコーデにワクワク~♡

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

趣味読書

猫No.52  by まゆぽ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

趣味読書

猫No.52  by まゆぽ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up