6月19日はカレー記念日

カレー記念日

仕事の日の雨は× 休日の雨は○

6月19日はカレー記念日

にゃまの

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

50代、男のメガネは

怒ってはいけないらしい。叱るのだそうだよ。

image

 

なんでもかんでも理由を求める不自由で哀しい時代になったもんだ。景色を見て、「絶景だなあ!」と声を上げるだけでは気が収まらない。どこへ行っても、なぜこのような地形が形成されたのか、ということを得々と解説するスマホ片手の輩がもっさりと立っておる。

 

広告の仕事をしていても、「面白いキャッチ」を求めるくせに、その説明が万人にわかるものでないと納得してくれない。みんなにわからないからこそ面白いんじゃないのかなあ、などとため息半分につぶやくと、「私はわかっているんですが、みんながね」とくる。

 

そういやあ、こないだ子育てを一生懸命にやっていて、なんなら子育てを人に教えましょう、子育ての苦労を語り合いましょう、というお姉さんから「いまどき、子どもを怒るのは時代遅れです」なんて言われる始末。

 

子どもは怒ってやってナンボのもんじゃねえか、と思うのだが、「怒っちゃだめ、叱ってあげるんです」だと。なんだそりゃ、と聞いていると、「だって、植松さんだって、子どもの頃、お父様に理不尽に怒られて、哀しくなったことあるでしょう」と言うので、「理不尽じゃなくても、親に怒られりゃ哀しいだろうよ」と答えたら、「でも、子どもの理解が違うんですよ」ときたもんだ。

 

曰く、子どもだって一つの人格なんです。子どものころから、一人の人間としてきちんと向かい合ってあげているうちに、人格形成が出来て、大人になっていくんです。

 

曰く、だからこそ、なにかいけないことをしたら、その理由をしっかりと説明して、叱ってあげる。そうすれば、本人も理解しながら、いけないことだと覚えるんです。

 

曰く、私自身、親の理不尽な仕打ちに翻弄された経験があるからこそ、これからの子どもたちにはそういう理不尽なことをしてあげたくないんです。

 

う〜ん、そうか。なるほど。それはよくわかるんだけども、なんだろう。この違和感。だいたい、人間って、理不尽なもんじゃないのかなあ、と思ったりする。特に親なんて本当に理不尽に子どもを怒ったり。昔はそんな親が多かったと思うんだが……。

 

だけど、怪我させるとか、罵倒するとか、そこまでいっちゃ言語道断だけども、そこまでいかない「叱る」じゃなくて「怒る」がそんなに悪いかね。

 

と、僕がいうと、「そういう方も多いですよね。だけど、時代が違うんです」と哀しそうな哀れむような目で見やがるわけですよ。そのお姉様が。

 

いや、だけどさ。と僕は思うのさ。世の中、理不尽なことしかないんじゃないの?と。物わかりのいい親だらけで、社会に出て初めて、物わかりの悪い理不尽な上司にぶつかったら、そいつつぶれちゃうよ?

 

いまどき、学校の先生だって事なかれ主義で、子どもを怒らせないように必死になってるのにさ。せめて、親ぐらい理不尽に立ちはだかってやって、時には悪者にならないとさ。

 

僕はなにかあったら子どもの話も聞いてやるし、時にはじっくり説明だってしてやるけれど、それ以上にこっちの気分も大事にして欲しいもんだと思ってるけどなあ。

 

だって、理路整然と子どもと話していても、「なんか腹立つなあ」と思ってる時には、それなりの理由が表面上何にもない会話の中に潜んでるもんなんだと思うんだよね。そんなのを抑えて、「怒っちゃダメだ、怒っちゃダメだ」と思っているって、どうにもおかしいと思うんだが、どうなんだろう。

 

じゃあ、そういう抑制しながら「怒る」のはいいとしても、親の都合だけで子どもに怒りをぶつけて虐待に発展したらどうするんです!という話になるんだろうなあ。それとこれは決定的に違うんだと思うんだけども、その説明はとても難しいなあ。

 

根っこに愛があるかどうかでそこは違ってくるんじゃないんだろうか……という話はちょっと難しすぎて、あれなんだが……。う〜ん、ごにょごにょ。逆に、あれじゃないかなあ。思わず、子どもを怒鳴りつけて、「しまった、こんなに子どもを愛しているのに、理由も説明せずに怒鳴りつけてしまった!」なんて自分を責めているおっかさんを増やしちゃってるんじゃないのかなあ、そのお姉様は。

 

だけど、世の中の親なんてみんなそんなもんだよって言ってあげたいけどね、そういう人には。と、書いてきて思いいたったんだけども、結局、親が子どものままなので、いちばん理想的な親の姿を教えてあげなきゃいけないってことですかね。

 

そうなると、それはそれで、また話が違ってくるのかもしれないなあ。あの、でも、これあれですよ。虐待の話とは別の話ですよ。念のため。

 

 

 

植松眞人(うえまつまさと) 1962年生まれ。A型さそり座。 兵庫県生まれ。映画の専門学校を出て、なぜかコピーライターに。 現在、オフィス★イサナのクリエイティブディレクター、東京・大阪のビジュアルアーツ専門学校で非常勤講師。ヨメと娘と息子と猫のマロンと東京神楽坂で暮らしてます。

 

★これまでの植松さんの記事は、こちらからどうぞ。

 


50代、男のメガネは 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • 青緑

    こんにちは。
    子供が小さい頃は、怒ったりしてましたわ。だって、子供が理不尽なんだもの。出産間近まで大人ばかりのセカイにいたOLあがりの私には理不尽だらけの子育てでした。当の私ら両親も思えば精神年齢が低く、よく育てわって感じです。精神年齢低い親が理不尽2人を育てるのに理路整然説明する余裕などあるのなら、好きなテレビでも見ながら楽しく食事をゆっくり味わって食べる時間のほうが、よっぽど大事だと思いますね。お姉さん、説得力に欠けてます。

  • uematsu

    uematsu Post author

    青緑さん
    しかし、世の中、生きづらくなったもんだなあ、と思います。いろいろ。

  • nao

    こんばんは。

    親としては子どもをちゃんと叱りたいところなのですが
    共に生活している者としては
    人ってこんな時にこんなに怒るものなんだって
    見られてしまうのは仕方ないし、そう悪いことでもないような気がします。

    いずれにしても、子どもの精神年齢が親に追いつく頃に
    ああ、うちの親も不完全なもんだったなーって思うんでしょうね。

  • uematsu

    uematsu Post author

    naoさん
    怒りたい親なんていないと思いますからね。
    なので、それぞれ一生懸命やれば、それでいいんじゃないでしょうか。
    と思うんですが、なんか、ねえ。

  • こたつ

    こんにちは。

    確かにその言葉、子育ての指南書で何度もみました。そのたびに自分を反省してます。

    が、自分のことで振り替えると、
    「そんな親じゃつまんなかったろうなぁ」と感じます。
    理路整然とプログラミングされたロボットに育てられてるみたい。

    ヒステリックに怒る母親と、無口で居るだけで怖い父親…
    確かに怒られて、哀しい悔しい思いもしたけど、いつの頃から、「親も人間だし頑張ってたんだよな」と受け入れられて労れるようになった気がするのですが。

    理路整然と理屈を説明させられるかと思えば、空気まで読まなきゃならないという、ほんと、大変な世の中ですよね。

  • uematsu

    uematsu Post author

    こたつさん
    ほんと、理路整然とした説明を求められますよねえ。
    そして、空気読まなきゃいけませんよねえ。
    ほんと大変だ。
    疲れますねえ。
    今日も疲れた。
    なんか、うまいもんでも食いに行こう。

  • 青緑

    叱るのは面倒だけど、怒るのは身に任せ言いたいこと言って気が済んだらおしまい。わたしです。自覚してるだけ、良しということでいいでしょうか。空気読まない集団になりましょう。認め合えば大丈夫。美味しいものが解決してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

なんかすごい。

猫のさよなら

50代、男のメガネは

父の七回忌、写真の配置

OIRAKUのアニメ

第17回 海獣の子供

今週の「どうする?Over40」

「日常の平穏」は、いつだってホラー映画のオープニング。

日々是LOVE古着

自分でサイズ直し

黒ヤギ通信

ムーミン谷の仲間

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

mikityさん、チークの位置が古いです。

カレー記念日 今週のおかわり!

枕買ったら 目がよく見えるよ (当人比)

いどばた。

笑いをかみ殺したハナシをしましょう。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.25 ほむほむの後継者は、いま話題のあのヒトだ

ミカスの今日の料理 昨日の料理

切る覚悟:ねぎ酢だれ唐揚げとおまけの一品

わたしをライブに連れてって♪

おだやかな時間

これ、入るかしら?

vol.60 またまた髪について

絵手紙オーライ!

雨の日も また楽し。

あの頃、アーカイブ

【エピソード32】「外国」を肌で感じたEXPO70

これ、買った!

ゴルフウエアのワンピ買った!

四十路犬バカ日和

一年経って令和になって

KEIKOのでこぼこな日常

日本語って奥深い

昭和乙女研究所

昭和のあの町はどこへ…

ワクワクしたら着てみよう

パーソナルカラーが目からウロコのウインターでした

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.38】大人の女っぽく おならに対処したい。

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

陥落直前

猫No.13  by はらぷ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

陥落直前

猫No.13  by はらぷ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up