4月16日はカレー記念日

カレー記念日

マスク会食 脳トレ以上に難しい

4月16日はカレー記念日

爽子

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

50代、男のメガネは

さよなら、サザンオールスターズ。

 

image

 

秋葉原のヨドバシカメラの上のほうにあるタワーレコード。最近はダウンロードで音楽を購入することが多くなっていたので、久しぶりにCDが棚いっぱいに並んでいる様子に圧倒されてしまう。

いま流行っている曲はどんなだろう、と試聴をしたり、棚と棚の間を歩き回ったり。そうしているうちにサザンオールスターズの新譜のコーナーに行き着いてしまう。アジア大会で使用されている『東京VICTORY』が平積みされている。サザンはいまだにiTunesでダウロード販売されていないので、CDで購入するしかない。

 

1978年、僕が高校一年生の時にデビューして以来、ずっとレコードかCDでサザンのアルバムを購入してきた。しかも、ちゃんと予約しておいて、発売日に喜び勇んで買いに行くというファンだった。

 

ファンだったというと、ファンでなくなったかのような言い方だが、僕はいまでもサザンのファンだ。ただ、10代20代30代の頃のようにライブ会場に足を運ぶことはなくなったし、CDを発売日に手に入れなくても平気になった。まあ、それはもうすでにファンじゃないよ、といわれるなら仕方がないのだけれど。

 

でも、僕としては自分はサザンのファンだし、桑田佳祐のファンだと思っている。ただ、ここしばらくのサザン、桑田の画曲は明らかに面白くはない。好きか嫌いかと言われると好きな曲ばかりだし、いまだに新しい曲をさっさとiPhoneに取り込んで聞いている。

 

シングルが発表されて、アルバムが発売されるたびに、何度も何度も繰り返し聞いて、カラオケに行って歌い、車の中で歌っていた、あの頃のようなワクワクした気持ちはもうない。桑田佳祐の書く曲が、瞬間の恋愛を歌わなくなって、恋愛全体を歌うようになって、さらには人生を歌うようになって、僕のサザン熱は少し冷めた。そのことを痛烈に感じたのは『TSUNAMI』のヒットだった。サザン最大のヒットとなった『TSUNAMI』に僕はなんの面白さも感じなかった。

 

『TSUNAMI』の直前に発売された『イエローマン』がヒットしなかったけれどあれほどスリリングでワクワクしたのに、大ヒットしている『TSUNAMI』にはなにも感じない。むしろ、サザンの曲としてはつまらない曲としか思えなかった。

 

でも、「サザンはいい」「桑田の作る曲は最高」と僕は思ってきたし、そう思おうとしていたような気がする。いや、でもなあ、本当に好きな曲もあるんだよなあ。ただ、シングルカットされる曲が、まったくワクワクさせてくれないのだ。

 

やがて、桑田の病気が発覚し、そこから帰還したと思ったら、今度は東北の大震災が起きた。明らかに桑田佳祐がつくる曲は世界を憂うような内容だったり、人を元気づけるような歌へと変化した気がする。そんなサザンの曲が嫌いなのではないし、良い曲もあるし、実際に良く聞いているのだけれど、それでもやっぱり「瞬間の恋愛」を歌う桑田佳祐の声を聞きたい、という思いはいかんともしがたいのだ。

 

『東京VICTORY』のカップリング『天国オン・ザ・ビーチ』は馬鹿馬鹿しくていいけれど、笑えるほど面白くもない。

 

そんな話を友人としていたところ、「サザンが大御所になったってことじゃないですかね」と言われたのだけれど、どうなんだろう。もしかしたら、心のどこかで「ポップソングが人生語り出したらおしまいじゃないか」という思いが僕の中にあるのかなあ、とも思う。

 

いや、だからって、サザンが嫌いじゃないんです。いや、ファンなんです。だけど、だけど、♩女呼んでもんで抱いて、いい気持ち〜♩と歌っていたころのサザンがどうしても愛おしい。

 

でもね、それでもね、今までだったらサザンの新しいCDを買っていたはず。発売当日にね、『東京VICTORY』のCDをね。だけど、これからは本当に「これだ!」と思える曲が出てくるまで買わないでおこうという気持ちになっている。ファンじゃなくなったからじゃなくて、ファンだからこそ、そうしようと思うんだけども。

 

いやあの、なんというか、この50過ぎたおっさんのややこしいサザン愛というか、桑田愛はわかりにくいですか。う〜ん、わかりにくいでしょうね。すみません。いま何時っ!そうねだいたいね!

 

 

  


 

植松眞人(うえまつまさと) 1962年生まれ。A型さそり座。 兵庫県生まれ。映画の専門学校を出て、なぜかコピーライターに。 現在、オフィス★イサナのクリエイティブディレクター、東京・大阪のビジュアルアーツ専門学校で非常勤講師。ヨメと娘と息子と猫のマロンと東京神楽坂で暮らしてます。

 

★これまでの植松さんの記事は、こちらからどうぞ。

 

 

 

 

 


50代、男のメガネは 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • きゃらめる

    私もそうです(^^;)

    10代のころ好きだったアーティスト達はもう50~60代となり、明らかに楽曲の傾向が変わっています。

    けして嫌いになったわけじゃないんです。
    でもいまの楽曲からは、あのころの興奮は得られない。あのころの味わいがいちばん好きだからです。

    アーティストを愛するあまりのわがままなのかな…

  • uematsu

    uematsu Post author

    きゃらめるさん
    だけども、「サザンはやっぱり最初の頃が良かったよねえ」とか言われると、
    「いまも、充分いいよ!年とっても同じような歌をうたってるほうがおかしいんだよ!」
    と心の中で叫んでいる自分がいます(笑)。

  • しづか

    はじめまして。私も似たような(ユーミンにも感じていますが…)感覚でした。今でも好きなのだけれど、「そういうことだったのか!」とuematsuさんの記事を読んで思いました!

    その瞬間がリアルタイムでないにせよ、遠くに想いをはせようとも、あのドキドキを感じたいです。

  • uematsu

    uematsu Post author

    しづかさん
    変化しても、なんか違うと思うし、変化しなきゃしないで、ずっと一緒かよ、と思ってしまう。
    ファンというのは本当に身勝手な者だなあ、と我ながら思います。
    だからって、若手を聞いても「うむうむ。わかるけれども、それはもう知ってるのさ」という気持ちになって、
    思う存分楽しめないということが多かったりもします(泣)。

  • おつ

    芸人さんが大御所と呼ばれ文化人枠になって、それまでのファンががっかりするのと似てるかも。

    少しの狂気(ハラハラ)があってこそなんでも面白いんだから。

    恥ずかしながら私はクロマニヨンズのファンです。

  • sairi

    あぁ、わかります。
    ソロの『本当は怖い愛とロマンス』は久々にドキッとしましたが、それにしても4年前ですね。

  • uematsu

    uematsu Post author

    おつさん

    クロマニヨンズ、いいですよね。
    僕も好きです。
    ブルーハーツのころから好きですが、
    「ブルーハーツの頃はよかったのに」とか言われると、
    なんだか、かちんとくるし。
    でも、あの若さゆえのはじけかたは確かにすごい、と思うし。

    そう考えると、「若気の至り」っていうのは、
    本当のすごい力なんだなあと、最近思います。

  • uematsu

    uematsu Post author

    sairiさん
    『本当に怖い会いとロマンス』はよかったですね。
    さっき、wikiのサザンのディスコグラフィーを見てたんですが、
    なんか、よく付き合ってきたなあ、十代の真ん中から、と我ながら面白くなってきました(笑)。
    もしかしたら、ドキドキしなくなったのは倦怠期かもしれませんね(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

カレー記念日 今週のおかわり!

使ったよ バズるに続いて エモいまで

出前チチカカ湖

第167回 この妄想が好きだ。

なんかすごい。

わたしは人見知り

50代、男のメガネは

大人なんだから。

これ、買った!

シャンプーブラシ買いなおした

ミカスの今日の料理 昨日の料理

おい、おい、老い! :美味しい漫画#2

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

今週の「どうする?Over40」

ボーダーとパーカーで犬の散歩する女(私)。アップデート必須、という問題。

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

いどばた。

お財布、どうしてます?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.45 本のソムリエをきどる

絵手紙オーライ!

春は、にゃんスケッチ

ワクワクしたら着てみよう

還暦目前気の迷い!? カジュアルの扉開く!!

OIRAKUのアニメ

第48回 ゴジラS.P<シンギュラポイント>

黒ヤギ通信

ボツイチ鼻水出金簿⑤未納は突然に

昭和乙女研究所

エレックさんのエンゼルケーキ

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ミニウォレット買った!

日々是LOVE古着

香水もヴィンテージ

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

茫然自失

猫No.29  by ミカス

猫大表示&投稿詳細はこちら!

茫然自失

猫No.29  by ミカス

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up