3月2日はカレー記念日

カレー記念日

二重顎 ズームで観察日記かな

3月2日はカレー記念日

Jane

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

50代、男のメガネは

日本で、ジャップと呼ばれてしまう日本人。

image

 

大阪へ向かう新幹線に乗ろうと、僕は中央線に乗っていたのだった。

 

普段なら朝8時台の中央線になんて絶対に乗らない。ましてやスーツケースを持っている。その日も、僕は荻窪から東京メトロ東西線に直結している電車で大手町駅を向かうつもりだった。ところが寝過ごしたのだ。起きた時間が出発しようと思っていた時間だったのである。

 

僕は新幹線のチケットをエクスプレスカードのクレジット決算で購入している。このシステムのいいところは、ギリギリまでチケットの変更が可能なところだ。手数料もかからずに変更ができるので、こんな場合、乗れないと確定した段階で次の便に変更すればいい。

 

ただ、慌てて家を飛び出したおかげで、それほど遅れずに荻窪の駅に着いてしまったのだ。これはもしかしたら、間に合うかもしれない。ギリギリだけれど、いつもは混んでいるからと乗らない中央線に乗って、大手町から歩かなければ、東京駅に真っ直ぐ向かえば、間に合うかも知れない。

 

だいたい、そういうことを考えた時には何か起こるのである。

 

そして、その日も事件は起こったのである。

 

目の前でドアが閉まりかけている中央線の8号車に僕は飛び乗った。それほどギュウギュウ詰めにはなっていない。これ幸いと、スーツケースを持ってた僕は入り口付近をあけるために、乗車して少しだけ座席のほうに体を入り込ませて、つり革を握った。

 

次の駅でそこそこの人が乗ってきて、ギュウギュウの一歩手前にまで混み出した。ふと右隣の見ると、背の高い白人男性がiPadで映画だかドラマだかを見ながら立っている。もちろん、耳にはヘッドフォン。

 

やがて新宿駅で人がドカドカ降りて、ドカドカ乗ってきた。車内はついにギュウギュウになった。僕は車両の奥へと押された。押されると、必然的に白人さんを押してしまうことになる。気持ちよく動画を見ていた白人男性は、ちらちらと僕を見て、やがて舌打ちまで始める。

 

いやいや、そんなにらまれても、僕だって押したくて押してるわけじゃないよ。と思うのだが、言い訳をしても仕方がない。なるべく白人さんを押さないように気をつけたつもりだったが、電車がガタンと揺れた瞬間に、僕は大きく揺れて、白人さんをギュウーっと押してしまう。

 

すると、その白人男性は、高い位置から僕を見下ろしして、でっかい声で「ドント、プッシュ、マイ、ボディ〜〜!!!」といかにも英語がわからない日本人に向かって使う英語で叫んだのだ。さすがに僕も、「押してるわけじゃないぞ。電車がゆれているのだから、仕方ないよ!」と言い返す。もちろん、日本語で。すると、その白人男性は僕の体をあからさまに自分の尻で押しのけるように突き出して、その後、ニヤリと笑いながら、小さな声で「ジャップ」とつぶやいたのだった。

 

なんだろう、この状況は。日本人が日本の満員電車で、日本人として最大限努力して外人さんを押さないようにしているのにも関わらず、押してしまった結果、JRの車内で、「ジャップ」と言われているこの状況は何なんだろう。

 

なんだか僕はくずおれそうになりながらも、いやここは怯んではいかん!と思わず「仕方がないだろう!このハゲ!」と、身体的な特徴を叫ぶという荒手に出てしまったのだった。世の中のハゲのみなさん。本当に申し訳ない。しかし僕は心から動揺していたのだ。ハゲにハゲと叫ぶほかないほど、道を閉ざされた気分だったのだ。許してください。

 

僕もそう言ってしまった後、「いかん、この馬鹿でかい白人男性に殴られるかもしれん」と思ったのだった。殴られるのなら、殴られて体に障害でも残ってしまったときに、こやつを逮捕するためにも、なにか証拠を残さねばと僕は、とっさに持っていたiPhoneで、こやつを撮影してやれ!と思った。

 

正直、プライバシーとか、周囲の人も映ってしまうとか、そんなことはなにも考えなかった。本当にとっさに、iPhoneをそいつに向けたのだった。

 

すると、その白人男性は微妙に撮影されない位置に体をずらしたのだ。「どういうことだ」と僕は思った。こいつが、自分のやったことを正当に思っているなら、逆に「なにを撮っているんだ!」と抗議するよな、と僕は思ったのだった。しかし、こいつはフードまで被って、撮られることを執拗に避けている。そして、満員電車の中をほかの乗客に「なにやってんだ!」と文句を言われながら、ものすごい勢いで僕から距離をとって別の出入り口のほうまで逃げていったのだ。

 

白人男性は四谷の駅で最後まで降りないふりをして、ドアが閉まる瞬間に飛び降りた。もしかしたら、この近くの大学で教えている講師か教授だったのではないだろうかと僕は考えた。であれば、あれほど最初に絡んできておいて、写真を撮られることにあれだけ抵抗した理由がわかるような気がする。そうかもしれない。どちらにしても写真は撮るふりしかできなかったのだけれど。

 

どちらにしても、相手は電車を降りた。これで一件落着、と思っていたら、降りた白人男性は小走りで、僕が立っていたドアの外側にやってきた。そして、わざわざ僕の立っていたドア付近のガラスを外から叩いてから、中指を突き立てたのである。

 

その時のえげつのない笑い顔といったら。本当におぞましい。しかし、僕も男である。ジャップと呼ばれ、中指を突き立てられて、黙っているわけにはいかない。いま、僕にできる唯一の抵抗はなにか。そう、僕も中指を突き立ててやることくらいだ。

 

僕はそう思い、とっさに右手を前に差し出し、突き立ててやったのだ!

 

中指を!と思っていたら、中指ではなく、親指だった。

 

普段から、上品に生まれ育ち、人に向かって中指など突き立てたことのない僕は、こんな時に、親指を突き立てたのだった。そう、まるで悪魔のような白人男性に「グッジョブ!」と賞賛しているかのように。

 

やがて中央線は東京駅にすべりこみ、僕はもともと予約してあった新幹線に乗り込むことができた。朝一番の一人騒乱罪のような騒ぎがあったからだろうか。それからの二泊三日の大阪出張中、いいことばかりが続いた。しかし、正直いまの僕は、いいことは起こらなくてもいいから、穏やかに傷つくことなく暮らしたいのである。

 

 


 

植松眞人(うえまつまさと) 1962年生まれ。A型さそり座。 兵庫県生まれ。映画の専門学校を出て、なぜかコピーライターに。 現在、オフィス★イサナのクリエイティブディレクター、東京・大阪のビジュアルアーツ専門学校で非常勤講師。ヨメと娘と息子と猫のマロンと東京神楽坂で暮らしてます。

 

★これまでの植松さんの記事は、こちらからどうぞ。

 

 


50代、男のメガネは 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • izumi

    お、親指立てちゃったんですねー(*≧▽≦)/
    ごめんなさい、悔しい気持ち、情けない気持ち、
    なんなんだよクソ!って気持ちが渾然となった
    その状況が分かるだけに
    笑っちゃいけないしむしろ腹が立つのですが
    でも、思わず笑ってしまいました…。
    だけどその後の出張ではグッジョブだらけだったようで
    それもこれも、非礼を非礼で返さなかった
    親指のお陰かもしれませんね。
    自分にグッジョブ!
    とはいえ穏やかに暮らしたい、分かります。

  • アメちゃん

    こんにちわ。

    下品な侮辱に対して、おなじ下品な土俵に立たず
    ここは余裕かまして
    親指で「グッジョブ!」だろーーと
    読みながら思ってたら
    ホントに「グッジョブ」してたので笑ってしまいました^^。

    中指にたいして親指を立て返すという大人の対応(図らずも)に
    その白人男性は「恐るべしジャップ、、。」と思ってるかも?

  • uematsu

    uematsu Post author

    izumiさん

    そうなんです。親指立てちゃったんですよねえ。
    しかしまあ、東京っていう人の多いところにいると、
    こっちで避けようとしても、
    変な人に会ってしまうことが多くて、
    時々、出かける前からため息が出てしまうことがあります(笑)。

  • uematsu

    uematsu Post author

    アメちゃんさん

    この話をした別の人からは、
    「親指を立てたことで、お前の顔が鮮明に写っている写真が撮れたぜ!」
    というサインだと思われたのでは?
    と言われました。
    うむ。そうだとしたら多少溜飲は下がるのですが、
    たぶん、そうは思われていないと思います(笑)。

  • okosama

    uematsuさん、またなんか引き寄せはったんですね。申し訳ないですけど 笑ってしまう。
    日本には中指を立てる文化は無いですもんねぇ。あ、親指もあちらの文化かしらん。

  • マレ

    この白人腹立つー!よし!中指立ててファキン……グッジョブ?

    もうお腹いたいw

  • uematsu

    uematsu Post author

    okosamaさん

    いや、ホントに僕は何にもしてないんですよ。
    「どうせ、その白人さんをにらみつけたりしてたんでしょ」
    なんて言われたりもしたんですが、
    逆に、押してしまったときに「すみません」
    なんて謝ったりしてたんですよ(泣)。

    まあ、今となっては親指立てて良かったなあと思います(笑)。

  • uematsu

    uematsu Post author

    マレさん

    もう、みんなグッジョブ!ってことで丸く収まった!?
    う〜ん、おさまったような収まってないような。
    でも、ヘッドフォンしてゲームしたり、動画見ている人のほうが、
    自分の世界に入り込んでいるので、
    ちょっとした外からの刺激に敏感に反応する人が多い気がします。
    もう、iPad、iPhoneで動画見ている人には近づきません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ごめんなさい:おからの煮物

今週の「どうする?Over40」

人生は、本筋と異なる決断の連続&お知らせいろいろ

黒ヤギ通信

猫薬

昭和乙女研究所

お菓子編 クッキー・ビスケットpart2

カレー記念日 今週のおかわり!

通勤で 咳をこらえる ツボ押すよ

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

写経のすすめ

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第30回 花粉症の世迷言

50代、男のメガネは

バスのなかであれやこれや。

日々是LOVE古着

乱歩と指輪

出前チチカカ湖

第166回 私、これは意外と平気です(ゲスト付)

なんかすごい。

断水の金曜日

OIRAKUのアニメ

第46回 アーヤと魔女

これ、入るかしら?

vol.76 顔をマッサージする

いどばた。

ちょい足しの調味料を教えて。

わたしをライブに連れてって♪

求ム、雑談者。若干名。

絵手紙オーライ!

きつねのお面(初午)

ワクワクしたら着てみよう

ワントーンコーデにレイヤードで抜け感をプラス!

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

これ、買った!

ブーツ型湯たんぽ!?

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

黒隠才蔵

猫No.27  by れこ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

黒隠才蔵

猫No.27  by れこ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up