3月3日はカレー記念日

カレー記念日

売り子さん アクセを「この子」と呼ぶんかい!

3月3日はカレー記念日

めー

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

50代、男のメガネは

初めてのアルバイト

image

 

こないだ仕事に疲れて、「あ~、もう仕事したくない」と思ったのだけれども、そう言えば、初めて仕事をしたのって、いつだろうと思い返してみた。

 

家の用事や学校の委員会とか、そういうことじゃなくて、ちゃんとお金をもらって仕事をする、ということだとやっぱりアルバイトではなかろうかと。

 

だとすると、高校時代にやった新聞配達だ、と思ったのだが、いまふと思いだしたのだった。あった、もっと前にアルバイトをしたことが。

 

確か中学一年生の頃だった。ある日、うちの母親が僕に改まった声で聞くのだった。

 

「あんた、アルバイトするか」

なぜか神妙な表情の母。

「なんのアルバイト?」

と聞き返す僕。

 

母が言うには、近所の団地の掃除だという。

 

うちの母親は学校や団地など、いわゆる公共施設の清掃をする団体にパートのような形で仕事をしていた。

 

朝、その事務所へ顔を出して、今日はどこそこの学校、来週はあそこの団地、と指示されたところへ仲間たちと出かけて、掃除をする。

 

そんな仕事のどこに、中学生がアルバイトできる隙間があるというのだろう。そう思っていると、母がさっきまでの神妙な面もちなど忘れたかのように、今度は自信たっぷりに言うのだった。

 

「あんたも、もう立派な大人や。大人のフリして掃除しなさい」

 

つまり、中学生のバイトではなく、大人のフリをして、掃除の頭数に加われば、バイト料が入ってくる、という話のようでした。当時の僕はステレオ装置がほしくてたまらなかったので、その話にのっかることにした。

 

次の日曜日、朝の7時から近所の団地の公園に集合して、僕たちは掃除を始めた。母と僕、そして、母が日頃から一緒に仕事をしている人たちが二人ほど。どうやらこの仕事、イレギュラーに入ってきた仕事を母が胴元のように受けたようだった。つまり、いつも仕事をもらっている団体には内緒。ということは、いつもよりも実入りがいい。そして、どうせなら身内で稼ごうと強欲なことを考えたのではないだろうか。

 

ただ、母も調子に乗って僕に「おまえも立派な大人や」と言ったものの、僕は当時身長も低く、髪型だってぼっちゃんがり。どう見ても中学生。学生服じゃなければ小学生に見えたかもしれない。

 

母も当日の朝になってそう思ったのだと思う。我が子は自分が思ったよりも子供に見える。その事実に愕然とした母は、僕の見た目を偽装し始めた。

 

僕は母のモンペのような作業ズボンをはかされ、父の古着のジャンパーを着せられ、サングラスをして、マスクをして、帽子をかぶるという信じられないくらいに奇妙な格好をさせられたのだった。

 

いやもう、怪しいだろう。ぼっちゃんがりの背の低い中学生が、サングラスして帽子かぶって、マスクして、ジャンパー着て、モンペはいて掃除してるんですよ!

 

まあ、約束していた範囲の掃除が時間内に終わればそれでいいというもんではあるけれど、あきらかに「中学生ではありませんよ」と声高に中学生が叫んでいるという訳の分からない感じになっている。

 

吉本新喜劇で、間寛平が「ここには誰もおらんぞ」と人が隠れているロッカーを指さしているようなもんだ。

 

そういうわけで、僕のことを怪しんだ団地の組合の会長さんみたいなおばさんが「いつも、お掃除の仕事をしてるのかな」と明らかに子供に話しかける口調で探りをいれてきたのだった。

 

しかし、僕もここで子供だと自ら認めるわけにはいかない。あくまでも背は低いけれど大人の男であることを示さなければいかん、と僕はがんばったのだった。

 

「はい。わたくし、清掃業務はもう五年になります」

と、僕は声変わりしていない高い声をのどの奥で押しつぶして答えました。

会長さんはなんだか失笑気味に笑って、

「そう。ご苦労様です」

と言いつつ、振り返り振り返り去っていった。

 

セーフ! 僕は心の中でそう叫びながら掃除を続けたのだった。しかし、会長さんも諦めません。その後も、何度か僕に近づいてくるのだった。

 

「あら、もうお昼だわ。おなかすいたでしょう」

「いえ、わたくし、年をとってからは、そうおなかも減らなくなりましてございます」

 

もう、中学生がなにを言っているんだか。

そして、その直後、その日いちばんのピンチが訪れたのだった。

 

「おう!うえまつ!」と聞き慣れた声がする。おそるおそる振り返ると、友人が立っていた。

 

「いえ、わたくし…」

「わたくしって、なに言うてんねん」

 

友人はそう言って笑った。しばらくとぼけていた僕ですが、友人に通じるはずもない。僕は友人をすべり台の陰に連れて行くと事情を説明した。すると、そいつが「わかった。内緒にしとく!」と物わかりのいい返事をして立ち去ってくれたのだった。

 

こうして、僕の初めてのアルバイトはドキドキハラハラのうちに終わったのだった。

 

母からもらったアルバイト料はおそらく相場の半分ほど。まあ、母親が胴元ならそうなるわなあ。しかも、翌日の月曜日、僕は団地で会った友人に学校帰りアイスクリームをおごらされ、取り分は本当にわずかなものになったのだった。それでも、働いて現金を手にする喜びというか、感激というか。そういう気分は今でも覚えている。

 

そして、これを書きながら思ったのだが、今でも名刺の肩書きに『コピーライター』とか『クリエイティブ・ディレクター』なんてよくわからないことを書いて、あわよくば、うまいこと仕事をこなそうなんて思っている間は、サングラスやマスク、オヤジのジャンパーで自分を大人に見せようとしたときと、そんなに変わってないんじゃないかなあ、などと思ったりもするのだった。

 


 

植松さんとデザイナーのヤブウチさんがラインスタンプを作りました。
ネコのマロンとは?→

「ネコのマロン」販売サイト 
https://store.line.me/stickershop/product/1150262/ja
クリエイターズスタンプのところで、検索した方がはやいかも。

そして、こちらが「ネコのマロン、参院選に立つ。」のサイト
http://www.isana-ad.com/maron/pc/

植松眞人(うえまつまさと) 1962年生まれ。A型さそり座。 兵庫県生まれ。映画の専門学校を出て、なぜかコピーライターに。 現在、神楽坂にあるオフィス★イサナのクリエイティブディレクター、東京・大阪のビジュアルアーツ専門学校で非常勤講師。ヨメと娘と息子と猫のマロンと東京の千駄木で暮らしてます。

★これまでの植松さんの記事は、こちらからどうぞ。


50代、男のメガネは 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • カミュエラ

    「はい。わたくし、清掃業務はもう五年になります。」ってもう・・・・・(笑)
    必死な植松少年の顔が思い浮かび、おかしいやら可愛いやらで涙目になってしまいました。

    私の初めてのアルバイトは18歳の夏休み、仙台から苫小牧を往復するカーフェリーの中のレストランでウエイトレスをする仕事でした。夏の忙しい時期の二週間だけ、フェリーに寝泊りして休日はなしで働きました。
    楽な仕事ではありませんでしたが、バイト料は7万円で、当時の私にとっては大きな金額でとても嬉しかったのを覚えています。

  • uematsu

    uematsu Post author

    カミュエラさん
    人間、とっさの時には妙なことを答えてしまうもんですね。
    まあ、だいたい、どこかで見聞きしたことであったり、ドラマで見たことであったりするでしょうけど(笑)。
    カーフェリーのアルバイトもなんだかいろんなドラマがありそうですね。そして、2週間で7万円は十代にはかなりのインパクト!
    十代の頃の労働体験って、その後の仕事にいろんな影響を及ぼしそうです(笑)。

  • nao

    「いえ、わたくし、年をとってからは、そうおなかも減らなくなりましてございます」がツボで声をあげて笑ってしまいました。
    必死なほど可笑しいってどういうことでしょう(笑)

    植松さんのところでは中学生はアルバイトできなかったのですか?
    うちの田舎は、私くらいの年代だと小学校高学年くらいにはクラスで何人か新聞配達や牛乳配達をしている男の子がいました。
    私自身は大学生になってからケーキ屋の売り子が初めてだったと思います。

  • uematsu

    uematsu Post author

    naoさん
    小中ではアルバイトしている子はたぶんいなかったですね。
    禁止されていた気がします。
    でも、実家の商売を手伝っていた子はけっこういました。
    八百屋さんとか、果物屋さん、食堂とか。
    僕は家の商売をしている子を見ると羨ましかった覚えがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

これ、買った!

ベレー帽、買った!

50代、男のメガネは

ヨーダって、怖いことを言う。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ごめんなさい:おからの煮物

今週の「どうする?Over40」

人生は、本筋と異なる決断の連続&お知らせいろいろ

黒ヤギ通信

猫薬

昭和乙女研究所

お菓子編 クッキー・ビスケットpart2

カレー記念日 今週のおかわり!

通勤で 咳をこらえる ツボ押すよ

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

写経のすすめ

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第30回 花粉症の世迷言

日々是LOVE古着

乱歩と指輪

出前チチカカ湖

第166回 私、これは意外と平気です(ゲスト付)

なんかすごい。

断水の金曜日

OIRAKUのアニメ

第46回 アーヤと魔女

これ、入るかしら?

vol.76 顔をマッサージする

いどばた。

ちょい足しの調味料を教えて。

わたしをライブに連れてって♪

求ム、雑談者。若干名。

絵手紙オーライ!

きつねのお面(初午)

ワクワクしたら着てみよう

ワントーンコーデにレイヤードで抜け感をプラス!

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

北島三郎

猫No.32  by 権太

猫大表示&投稿詳細はこちら!

北島三郎

猫No.32  by 権太

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up