1月21日はカレー記念日

カレー記念日

試着室 ほんとにこれが 私なの

1月21日はカレー記念日

Jane

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

50代、男のメガネは

便利になると人は諦めがつかなくなるのかもしれない。

 

 

フィルムで映画を撮影する、という経験は、その後のデジタルシネマに移行してからもとても大きな意味を持ってしまうようだ。

 

先日、自分がかつて学んだ映画の学校の夏の合宿に参加して、学生たちと一緒に16mmフィルムで短い映画を撮った。僕が学生の時は、映画と言えばフィルム撮影が当たり前で、テレビのドラマでも屋外のシーンはほとんどが16mmフィルムによる撮影だった。

 

時代が進んで、劇場でかかる映画もほとんどがデジタルシネマ、つまり、ビデオによる撮影になり、フィルム撮影される映画は皆無になった。デジタルで撮影すればランニングコストも低くなるし、コピーも簡単。さまざまなメディアへの展開も容易になる。

 

効率至上主義の世の中では、ランニングコストの低さは大きな意味を持つ。多少の不便さはあっても、同じクオリティでランニングコストが低くなるなら、今までのやり方を変えようと決断するに足りるということになる。

 

撮影を何度繰り返しても、フィルム代はかからない。撮影した直後に、撮影内容をくり返し検討できる。そんなデジタルシネマは急速に普及して、主流となっている。

 

今回、学生と一緒にとても短い映画をフィルムで撮影してみて思ったのは、「フィルムはやっぱり良いなあ」というノスタルジックな思い出はなかった。むしろ、デジタルの時代になったからこそ当たり前になってしまった、撮影後すぐのプレビューによって失われた撮影現場の機動力や、カメラマンを信じて撮影を任せきると言う現場の信頼関係のほうが気になってしまったのだった。

 

去年までビデオ撮影による映画の班を担当していたので、1カット撮影するたびに「今撮影したカットはどう?」と演出を担当している学生に聞いていた。学生は自信がないので「えっと、いまの表情はあれでいいんでしょうか」と聞いてくる。すると、僕は「自信がないなら、もう一回撮っておく?」という具合に、2回目、3回目の撮影が始まるのである。

 

これだけで、テイクが2倍、3倍になっていく。そして、とりあえず、自信がなければテイクを重ねれば良い、ということで緊張感が薄れていくのである。

 

そこへいくと、フィルムの緊張感は確かに半端ない。フィルムが回るたびに、お金が飛んでいく。その場で確認できないので、事前にカメラマンと信頼関係を結んでおき、映りに関してはカメラマンに任せるしかない。

 

ある意味、そんな潔さこそが、人間関係をつくり、仕事の推進力になっていたような気がするのである。

 

それは僕の本業の広告仕事でも同じである。原稿をつくって、クライアントに確認してもらうときにも、レイアウト用紙には実際の文章が書かれているわけではない。文章が入る場所にアタリがあり、「ここに文章が入ります」という印が打ってある。そして、実際の文章は別の原稿用紙に書かれていて、コピーはコピーでしっかり確認してもらう必要がある。写真やイラストだって、ときにはラフなものが貼られていたりするのである。

 

つまり、作り手とクライアントは信頼関係で結ばれていて、万が一、多少イメージが違っても、「任せたのだから文句は言わない」という大前提があったように思うのである。

 

しかし、それは以前のクライアントが物わかりが良かったから、という話ではない気がする。デジタルによる収録になってから、余計にややこしくなった動画撮影の仕事も同じで、「やり直しがきく」「何度でも確認ができる」という特性が、人の心の弱いところにつけ込んでいるような気がするのである。

 

多くの人は自分の判断に自信などない。しかし、自分の立場で精一杯戦い、判断を下して「OKです」という声を出す。そこに「本当に?」と問いかけられれば、みんなが戸惑うのである。

 

そして、そんな戸惑いを繰り出せる要素で、デジタルの世界は構成されているように思うのである。

 

人の暮らしを便利にするためのデジタル機器が、人の迷いを増幅させ、不便だったアナログ機器が、人を強くたくましく育てる。

 

今回の合宿では、カメラマンが被写体をぐるりと一周回って撮影するカットがあった。すると、逃げ場がないので、監督以下のスタッフが建物の影に隠れなければならなくなる。つまり、なんどもリハーサルを繰り返して、役者を演技と、カメラワークを確認した監督は、「ようい、スタート」と声をかけた後、カメラマンの「カット!」の声を待ち、OKかNGの判断さえもカメラマンに委ねなければならないのだ。

 

この撮影で、カメラマンの「カット、OK!」の声を聞いたスタッフ、キャストを歓声を上げた。監督も一緒になって声をあげる。その声は、リハーサルで観た演技と、カメラワーク通りに、いやもしかしたら、それ以上に彼らが頑張ってくれた、と監督が思ったからこそ出てくる声なのである。

 

世の中をよくするためのヒントはきっと彼らの歓声の中にあり、そして、その歓声をあげた彼らは、ひとつ、周囲の若者よりも信頼とはなにか、ということの欠片のようなものを経験できたのではないかと思うのだった。

 


 

植松さんとデザイナーのヤブウチさんがラインスタンプを作りました。
ネコのマロンとは?→

「ネコのマロン」販売サイト 
https://store.line.me/stickershop/product/1150262/ja
クリエイターズスタンプのところで、検索した方がはやいかも。

そして、こちらが「ネコのマロン、参院選に立つ。」のサイト
http://www.isana-ad.com/maron/pc/

植松眞人(うえまつまさと) 1962年生まれ。A型さそり座。 兵庫県生まれ。映画の専門学校を出て、なぜかコピーライターに。 現在、神楽坂にあるオフィス★イサナのクリエイティブディレクター、東京・大阪のビジュアルアーツ専門学校で非常勤講師。ヨメと娘と息子と猫のマロンと東京の千駄木で暮らしてます。

★これまでの植松さんの記事は、こちらからどうぞ。


50代、男のメガネは 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • nao

    プラスとマイナスは同程度。得るものがあれば失うものが必ずありすべてを手にすることはないのかもしれません。
    その時は気が付かなかった大事なものを失ったのか
    後にならないと分からないことばかりだなあと思います。
    それでも得たものをよしとして時代は進むのではないでしょうか。

  • uematsu

    uematsu Post author

    naoさん
    その通りだと思います。
    でもまあ、その通りなんですが、一定数の人が争うことも含めて、自然の成り行きなのかなあ、と思ったりもします。
    一筋縄ではいかないところが、世の中の面白いところですね。

  • ひらめ

    いい話ですね。
    涙ぐんでしまいました。

  • uematsu

    uematsu Post author

    ひらめさん
    ありがとうございます。
    今日、合宿で撮影したフィルムを
    学生たちと見ました。
    少しトラブルで光が被っている部分もありましたが、
    概ねよく撮れていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

黒ヤギ通信

かわいいお年玉切手

日々是LOVE古着

古着で結婚式

今週の「どうする?Over40」

自分の不運に耽溺せず冷静に。楽しみを手放さずにいたい。

カレー記念日 今週のおかわり!

何してる 近くて遠い 10連休

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

首は回しちゃだめ!

いどばた。

乾きが止まらない!どうしてますか?

なんかすごい。

年越しの記

50代、男のメガネは

金がなくても楽しめる老後はあるのだろうか。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

豆腐のたらこあんかけ

OIRAKUのアニメ

第11回 SSSS. GRIDMAN(電光超人グリッドマン)

わたしをライブに連れてって♪

あけましておめでとうございます

これ、入るかしら?

vol.54 衣類整理しました

絵手紙オーライ!

今年もよろしくお願いします。

あの頃、アーカイブ

【エピソード28】あの頃のお風呂屋さん

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.20 2019年は、あることないこと、書くぞ!?

これ、買った!

フードが乾くハンガー買った!

昭和乙女研究所

昭和のクリスマス

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No34】自分の立ち位置が定まりません。

KEIKOのでこぼこな日常

PCの前で自分に拍手!

四十路犬バカ日和

僕、12歳になりました!

ワクワクしたら着てみよう

いろいろと工夫してみました ^^

フォルモサで介護

記録、取るべし。

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

脱走作戦

猫No.neko73  by ミカス

猫大表示&投稿詳細はこちら!

脱走作戦

猫No.neko73  by ミカス

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up