1月18日はカレー記念日

カレー記念日

お年賀の菓子 食べきってから ダイエット

1月18日はカレー記念日

めー

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

50代、男のメガネは

緊急事態宣言の夜

さっき、安倍首相が緊急事態宣言を出した。あごが丸出しの小さめのマスクをつけて登場して、早口でそう言っていた。それを娘とみながら「マスクが小さい!」とツッコミを入れつつ聞いていた。ちなみに、マスクのサイズで言うと、その後、登場した小池都知事はマスクが大きかった。こちらには「マスクが大きい!」とツッコミを入れた。

緊急事態宣言を出そうというときに、自分の顔のフォルムにピッタリのマスクができない首相ってどうなのよ、と僕は思ってしまったのだった。でっかいマスクから可愛い垂れ目をのぞかせている都知事を見てどういうことだよ、と僕は思ってしまったのだった。

どんなマスクをしていようと、宣言の内容は変わらない。このままだと感染者が8万人になってしまう。なので、家にいてくれ。会う人の数を8割方減らしてくれ。というのが主旨だ。

さすがに緊急事態宣言というだけあって、その内容はなかなかに厳しい。だって、要請された内容を実現しようとすると、生活を保証してもらう必要がある。家で仕事ができる、という人の方が圧倒的にすくないと思う。飲食店で働いていた人は、仕事がなくなり収入がなくなる。不要不急と言われている広告の仕事などをしていると、有事に仕事が無くなるという経験はいやというほどしているので、慣れていると言えば慣れている。慣れてはいるけれど、収入が無くなるという恐怖に慣れることなんてできない。ましてや、不景気な時でも食いっぱぐれがないと言われている飲食店の人が、まさかの食いっぱぐれというのは、ものすごいインパクトだと思う。

そんな中で、仕事もせずに家にいてくれ、と言われて平穏でいれるわけがない。さて、それならどうすればいいのか。一番いいのは安心して失業できるだけのお金をもらうことだ。でも、国は多少の補償はしてくれそうだけれど、その手続きは煩雑そうだし、金額的に安心できる額には絶対ならないという確信がある。

そうなると、ほんと救いがないのですよ。うちは借家だし、仕事はあきらかに不要不急だし、もう一つの仕事は学校の先生で、そっちはすでに5月以降の始業になってるし。慌てても仕方がないと言いつつ、正直、えらいこっちゃなあと思っていたのである。

ということになるのだ。それほど、傷みを伴った話なのだ。だったらさ、ちゃんと顔のサイズにあったマスクをしてくれよ。と僕は思うのだ。いやいや、そんなのはどうでもいい。首相は見た目なんて気にせず、国民に伝えるべきことを真摯に伝えればいいという意見もあるだろう。だけど、どうしても気になるのだ。そのマスク選びの適当さが。マスク不足で選べなかったなんて言わせない。官邸なら、同じ使い捨てのマスクを二日も三日も使わなければならないような状況ではないはず。サイズだって、大きなのと、普通なのと、小さめサイズくらいあるだろう。

だったら、選んで欲しい。選んでください。で、周りもなんか言ってください。「もうちょっと大きい方が」とかなんとか言ってください。そんなことも言えないくらいにイエスマンで固めているのかも知れないけれど、それでも、やっぱり言って欲しい。

いや、なんでこんなことを書いているんだろう。すでに、自粛生活に嫌気が差していらついているのだろうか。う〜ん、そうかもしれない。


植松さんとデザイナーのヤブウチさんがラインスタンプを作りました。
ネコのマロンとは?→

「ネコのマロン」販売サイト
https://store.line.me/stickershop/product/1150262/ja
クリエイターズスタンプのところで、検索した方がはやいかも。

そして、こちらが「ネコのマロン、参院選に立つ。」のサイト
http://www.isana-ad.com/maron/pc/

植松眞人(うえまつまさと) 1962年生まれ。A型さそり座。 兵庫県生まれ。映画の専門学校を出て、なぜかコピーライターに。 現在は、東京・大阪のビジュアルアーツ専門学校で非常勤講師も務める。ヨメと娘と息子と猫のマロンと東京の千駄木で暮らしてます。サイト:オフィス★イサナ

★これまでの植松さんの記事は、こちらからどうぞ。


50代、男のメガネは 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • Jane

    ほんと、今回は不要不急の仕事と絶対必要な仕事とがくっきりと示されましたよね。普段から分かっていたことではありますが、こうはっきりされると不要不急の側の人は辛いですね。いや休みたくても休めない重要な仕事についている人も辛いですが。
    不要不急の仕事って、その経済的な不安定さを差し引いてもやりたい魅力があったりしますよね。いわば社会の余裕の中で生まれた贅沢を、私達は再び取り戻せるのか。私も不要不急なもの志向の人間です。仕事も殆どなくなり、オンラインでボランティアやっていますが、これまた不要不急な内容のボランティア。布マスク作って寄付するとか、近所の老人の代わりに買い出しに行くとか、有要なボランティアもあるんですけどね。

  • uematsu

    uematsu Post author

    Janeさん
    ボランティアとか、たくさんありそうですね。
    僕はなんだか少しずつ落ち込んでます。

    こういう時こそ、人が見えてくるというか、
    そういう事態に直面することが多くて。

    でも、人生は続きますからね。

  • 三日月

    初めまして。
    自治体の非常勤勤務をしています。

    私の場合は逆に、感染拡大を受けてやる仕事がなくなったので、「無給でよいから休ませてくれ」と申し出たのです。
    やることもないのに職場に出かけ、感染拡大のリスクを拡げた上に、税金から給料を貰う訳にはいかないと。

    すると、欠勤扱いとするならば、処分の対象になると言われました。
    訳がわかりません。不要不急の労働を控えようと、みずから自粛を申し出たのに…。

    正義感ぶっている訳ではありません。
    この非常事態に、公務員だけは別枠なのでしょうか。
    こんなことを訴えたら私は抹殺されるかもしれませんが、でも、訴えずにはいられません!おかしいです!!

  • uematsu

    uematsu Post author

    三日月さん

    前例のない事態のなか、前例主義の職場では対応が難しいのかもしれませんね。
    そんなときには、こう対応してくれ、というマニュアルさえあればOKなんでしょうね。

  • 三日月

    身内に、重症化する恐れのある者を抱えており、私自身、何としても感染は防がなければなりません。

    私の立場は、公務員階級の中の最下層です。代わりはいくらでもいるので、嫌なら辞めろということでしょう。

    現在、有給を使って休んでいます。
    でもそれももうあとわずか。

    実際の仕事再開までの見通しは遠く、綺麗ごとや大袈裟ではなく、今後の自身の生きざまを深く問う日々です。

  • uematsu

    uematsu Post author

    三日月さん
    「嫌なら辞めろ」、嫌な言葉だけど、
    今まで何回も似たような言葉を投げられました。
    僕は自営で数名の社員を抱える生活が30年近く、
    フリーランスになってから1年と少し。
    ずっと「明日はどうなるんだろう」と思いながら
    生きてきました。
    いつも悩んで、いつも答えが出せないまま
    生きてきましたが、結局は信じた道にかじを切り、
    あとは、なるようになる、と楽観主義を決め込むしか、
    ないような気がしています。

  • 三日月

    「嫌なら辞めろ」
    本当に嫌な言葉ですね。

    非正規公務員の制度が改悪されてゆくたびに、異議を唱えてこの言葉を投げつけられ、実際辞めていった仲間が何人もいます。

    私はそれが悔しくて、そして、代わりはたくさんいるであろうが、私の代わりはいるものか!と、食らいついてやってきました。

    しかし今回、これだけ大勢の人々が路頭に迷うかもしれない事態に、規則にないからと言って、甘んじて税金をいただくということに、自分でも驚くほど憤りを感じているのです。

    でもこの怒りは行政にはうまく伝わらず、何なら「貴重なご意見ありがとうございました」という反応を返されました。

    世がこんな事態でなければ、ちょっとしたコメディですらあります。

  • uematsu

    uematsu Post author

    三日月さん

    もう世の中はブラックコメディですね。
    「まあ、なんとかなるだろう」というところから「え?こんなことで人類は滅ぶのか?」
    というところまで、行く時にはあっという間という感じもします。

    でも、たぶん人生は続きますからね。
    ブラックじゃなくて、心温まるコメディの登場人物でありたいもんですね。

  • 三日月

    先週、8日付のuematsu さんの記事にコメントさせていただきました、三日月と申します。
    (以前、カリーナさんのブログにも二度ほどコメントを送ったことがあります←控え目!)

    あれから、とりあえずブログを始めてみたり、現在の自治体のあり方をあちこちに問うてみたりしましたが、ブログを書くうち、よし!ここはやはり、いざ切腹!と覚悟が決まったまさにそのタイミングで、
    「切腹は待て!在宅でこれやってもらうから!」とのお達しがきました。

    そして今朝、カリーナさんがTwitterにのせていらした記事(“書くことで「自分の武器」を知る”)を読み、「あ!これ、ちょうど私もぼんやり考えていたことだ!」と、何だか背中を押してもらえたような気がした次第です。

    まだまだ小さな声ですが、続けてみようと思います。
    uematsu さん共々、ありがとうございました!!

  • uematsu

    uematsu Post author

    三日月さん

    継続は力ですね。
    僕も肩の力を抜いて頑張りたいなあと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

OIRAKUのアニメ

第60回 王様ランキング

今週の「どうする?Over40」

侮れない。家の「細かな修繕」というハードルの高さ。

黒ヤギ通信

3度目の寅年

カレー記念日 今週のおかわり!

まだまだこれから 米寿の父が言いました

絵手紙オーライ!

大津絵はたのし。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.53 今年初のヒット本はこれだ

50代、男のメガネは

奈良の山の中で聴くサッチモちゃん。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

新年早々狼狽える:干し柿の天ぷら

日々是LOVE古着

おばの遺品の色づかい

昭和乙女研究所

昭和の中学生のクリスマス会

出前チチカカ湖

第175回 本当はそんなに好きじゃなかった。

なんかすごい。

青天の霹靂

いどばた。

小さな工夫を見せ合いましょう。

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ああ、自粛。マスクとレタスのあいだ。

ワクワクしたら着てみよう

最近思うことをとりとめもなく書いてみた♡

これ、買った!

お雑煮用の椀、買った!

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

サコッシュとメルカドバッグとOSAJI

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

不細工寝

猫No.63  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

不細工寝

猫No.63  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up