5月25日はカレー記念日

カレー記念日

メガネどこ? 頭の上って 漫画かよ

5月25日はカレー記念日

写真屋ケンちゃん

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

夫婦というレッスン

<第4回> 夫婦は、好きですらなくてもいい。

 

あきらさんからカリーナへのメール

 

 

こんばんは。映画の感想をもとめてもらったことがうれしかったけど、思えば披露するような格別の感想ももてていないです。

まずはドキュメンタリーというのは作り手の思うように作るものだという前提があり。

 

監督が言っていたように「この世は生きるに値する」ということ。その「はげまし」と受け止めた気がする。「あ~、ワタシも好きに生きるぞ」みたいな。「からだと手を動かさなくっちゃね!」とか、「怖がらずに年を取っていこう!」とか。

 

これまでも、おふたりのことは雑誌などで拝見したことがあり、暮らしの細部がデザインされているところが楽しい。おふたりの畑や手作りの食べ物は憧れを誘うけど、ワタシは百姓をしたことが無いけれど、田舎のお百姓さんなら、みんなやっていることで、そこはことさらに言うなよ、みたいな気もちょっとある。

 

お金はなくても、山菜をとり、野菜を作り、おはぎやおすしや手作りの食べ物で人を喜ばせ、こんにゃく芋からこんにゃくを作り、干し柿も作り、日々からだを動かす。そんなことスローライフなんてことさら言わなくても、みんな田舎の人はやってるんだけどなぁって。それはそれとして、時代を生きてきた人への敬意。

 

ワタシは、ちゃんと時間は平等に流れて誰もが残念を残し、死んでいくんだということに安心感を感じます。生きていてほしい、続いていてほしいと、きれいを望んでもそうはいかない。(修一さんの)死に顔を長く映したことや、その諦念を共有することが作品として誠実さを感じさせました。

 

個人的には宗教のことを腑に落ちたいと思っているんだけど、夫妻のなかに宗教性みたいな文化がないのは少しさみしかった。でも、それはワタシの個人的な文化との比較に過ぎないです。あくまでも。

 

ことさら言わなくても津端さんだってそうだけど、「花びらは散っても花は散らない」。でもその先はワタシにはわかっていない。合理的な社会のなかにどう身を置くか。津端さんはあんなふうに。

 

あとね、「彼らに似た人や文化は見たことあるね」と友だちと話したの。ワタシの知ってるお寺のご住職夫婦が津端さんより少し年下かな、元は大学の哲学の先生と生徒で。今でもたぶん奥さまのことを「最高のガールフレンド」と言うと思うし、教団の進歩的な運動に傾いて損をしたりして時代を生きてきていらして。そのご夫妻には、津端さんと同じような匂いがします。

 

その友だちのお舅さんは元は、校長先生だったんだけど、まめに家族新聞を作っていらして、そのなかでお舅さんご自身の名前は「キタさん」だった。「(津端修一さんの)「修たん」って呼び方や筆まめなところに通じる匂いがあるね」と話しました。

 

「風が吹いて・・果物が実る」と自然のなかに暮らすこと、改めてモデルケースを目撃することに、「ああ、そうすればいいのか!」とみんな安堵するのかもね。わかっているようでわかっていないことだから。金子 みすゞに「木」という詩があって、「お花がちって実がうれて、その実が落ちて葉が落ちて、それから芽が出て花がさく」「そうして何べんまわったら、この木はご用がすむかしら」。 自然を感じることは、やはり深く深く、死と分かちがたいなぁ。

 

あ、あと、修一さんが亡くなったあとで奥さまが段ボールでみなさんに送る荷物を作っていらしたでしょ。箱の数がいっぱいあった。たぶんこれまでもいっぱい送っていらしたんだと思うんだけど。

 

友だちが「あれって承認欲求?」って言ったけど、ワタシはそうではなくて生きることへの「熱量の高い人」なんじゃ?と思った。それはいいとか悪いとかじゃなくて。何かに凝ったら原書でまで読んじゃうみたいな。ある意味、欲張り。だからこそ津端さんなんだと思った。真似することは出来なし、したいとも思っていないんだけど。

 

かっこよくても無様でも、生きてみせ、死んでみせされることに、やっぱり「はげまし」をもらうんだよなぁと思いました。

 

映画と離れて夫婦を考えるということになると、これまたワタシには複雑。どんなふうでもいいのだし。ワタシ自身については、ここしばらくのウチのダンナはもうワタシに幼児か犬のように懐いてます。もともと大いに不自由かつ一方で有能な人なので共依存的なことを望まれていたのだけれど、ワタシとしてはそうもいかず。

 

とはいえ依存されつつ攻撃もされ、かつ庇護もされているので、理屈抜きにダンナのことはもう一切合切引き受けますとも!と思っているんです。

 

どういうのが好きなことになるのかわからないけど、好きですらなくてもいいと思います。夫婦として積み重ねてきた何かしらの親密さは、それはそれとしていけばいい。利害もふくめ解放されたいと思わないなら夫婦のままでいればいい。ただそれだけでいいのじゃないかなぁと思っています。

 

お花が散って
実が熟れて、

その実が落ちて
葉が落ちて、

それから芽が出て
花が咲く。

そうして何べん
まわったら、
この木は御用が
すむかしら。

金子 みすゞ 「木」

 

スポンサーリンク


夫婦というレッスン 記事一覧へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

カレー記念日 今週のおかわり!

リンゴとハチミツしみじみ味わう

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

「GU」の勧め

いどばた。

カラオケで歌うなら、なにを歌いますか?

ワクワクしたら着てみよう

初夏のおしゃれごとにワクワク〜♡

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第2回 おしゃれって?

50代、男のメガネは

なぜ人は、自分が嫌いな人になるのだろう。

これ、買った!

夏っぽいトート、買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

お願い、教えて : レモン蕎麦

今週の「どうする?Over40」

30年ぶりの電話に思う、「寂しさ」のシェア&「よもじ猫」リニューアル

黒ヤギ通信

ペンは強し

四十路犬バカ日和

バンコクより愛を込めて

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File 28】母親への感情が不穏です。

なんかすごい。

祖父は生きている。

これ、入るかしら?

vol.48 ちょっとへんかしら?

絵手紙オーライ!

お茶でもいかが?

KEIKOのでこぼこな日常

魔法の杖ではありません

あの頃、アーカイブ

【エピソード21】文化釜の時代

昭和乙女研究所

マリンテイストの服

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

わたしをライブに連れてって♪

・・・♪フェスのすすめ♪・・・

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

化猫変化

猫No.14  by はらぷ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

化猫変化

猫No.14  by はらぷ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up