9月23日はカレー記念日

カレー記念日

読み切れない 車内ニュースが すぐ次へ

9月23日はカレー記念日

れみまる

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

夫婦というレッスン

<第11回>「俺はいいけどYAZAWAはどうかな?」

 

「ほぼ日」で糸井さんがおっしゃっていたと思うのですが、矢沢永吉さんが何かを決めようとするとき、「俺はいいけどYAZAWAはどうかな?」としばしば口にされるとか。おもしろい言い方だなあと感じて記憶に残っています。「YAZAWA」には、ファンの期待、これまで作ってきた実績やブランドイメージなどロックミュージシャンとしてのすべてが含まれているのでしょう。

 

永ちゃんほどスターじゃなくても、また永ちゃんほど自覚的でなくても、だれしも「俺」と「YAZAWA」の両面を持っています。私的な「俺」と社会的な、他人の認めるイメージとしての「YAZAWA」の両面を。

 

男女が出会うとき、最初は、この「YAZAWA」が入り口になります。「スポーツ万能で面白いクラスの人気者」とか「バリバリ仕事ができるのに優しい先輩」とか…(ベタなたとえですが)いずれにしろ、そっち方面が入り口になる。「YAZAWA」から垣間見える「俺」の質感を嗅ぎとって好きになるというか。それが個人的に交際するようになると「俺」の内実が次々に開示される。私的な空間に招かれ、私的な嗜好が開示される。

 

結婚生活が長くなると、今度は、ほぼ「俺」一色になります。いっしょに仕事をしている場合をのぞくと外で働く様子はなかなか見られないので「YAZAWA」の楽屋裏(つまり「俺」)ばかりが見えるわけです。

 

政治家や歌舞伎役者、お相撲さん、プロスポーツ選手などは、それぞれの「YAZAWA」像が明確なので夫婦間共有も大変であると同時に容易でもあり、相手が「YAZAWA」でありつづけるために努力をする。内助の功ですね。

 

なんか、YAZAWAの比喩を多用したせいで訳がわかんなくなってきましたが(笑)、「昼間のパパはちょっと違うから尊敬しなきゃ」、ということが言いたいのでなく、夫婦生活って相手の「ある部分」が非常によく見えるようになるかわりに、「別の部分」が見えなくなるんだと思ったのです。ミクロな相手ばかりが見えはじめるというか。これは、女性から男性についてのみ語っているのでなく、男性から女性についてもいえることだと思います。

 

どちらもが相手を「こいつ、大した奴じゃねえ」って思いやすい構造にある。もしかしたら、それぐらいがちょうどいいのかもしれませんが、「こいつ、大した奴じゃねえ」かもしれないが、「案外、そうでもないかもしれない」という想像力を適度にもちつづけるのが大事なんだろうなと思います。

 

「俺」と「YAZAWA」の両面をもつのは男性だけじゃなくて女性も同じです。澤穂希さんが、「あなたが結婚するのは、だれだと思ってるの?『澤穂希』だよ」と婚約者に言ったと、これもバラエティ番組で知りました。どんな女性にも「私」と「澤穂希」はいる。「澤穂希」ほど存在が大きくなくても。自分の目の前にいる妻としての「私」だけにしか関心がなく、パブリックイメージを大事にしてくれない旦那さんはきついでしょう。それは、相手(妻)への敬意と密接につながっていると思うからです。

 

「人生フルーツ」の英子さんは、樹木希林さんとの対談で修一さんにパリッとした服装をさせるというようなことをおっしゃっていたと聞きました。このご夫婦は、おたがいに「YAZAWA」と「澤穂希」を大事にしつづけた夫婦だったのだろうと思います。敬意を失わなかった。

 

つまみさんが、英子さんについて「劇場型」(第三者がいることより、自分の心の高まりがさせる行動を優先した心のありようが劇場型だ)と書いていますが、ああ、そんな見方もあるんだ、しかし、確かにその通りだなあ!と膝を打ちました。

 

あの家には、玄関がなくどこから入ってもよいんですよね。玄関は来客の視点と視界を制限するけど、それをせずに視界開放するのも「劇場型」なのかもしれません。誰が来ても来なくても丁寧に生きる、というのは「観客の内在化」といえるでしょう。「俺はいいけど、YAZAWAはどうかな」の別バージョン。「私たちはいいけど、後の世代の人たちはどうかな」だったのでしょうか。

 


夫婦というレッスン 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • YUKKE

    おぉ、昨日のNHKに中尾彬、池波志乃夫妻が出演していて、まさにそんなことを話していました。

    志乃さんの内助の功がすごすぎて、びっくりだった。
    毎晩お品書き書いて、丁寧なお料理作って、晩酌を2人で楽しんでるの。
    すっごく良い感じのご夫婦に見えたよ。

    大断捨離もしていて、これまた見習いたいご夫婦像でした。

    バックグランドみせっこできるのも、夫婦だからだよね。
    なんだかとってもよくわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

今週の「どうする?Over40」

クラウド・ファンディング、おすすめ返礼品のご紹介。

カレー記念日 今週のおかわり!

上出来だ 今日もひとつは やり遂げた

なんかすごい。

今日のわたしは新しいわたし

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

50代、男のメガネは

タピオカドリンクが流行っている。

これ、買った!

マキタ充電式クリーナーを買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ミカ料から大切なお知らせとお願い:カイゴ・デトックスin京都開催決定

OIRAKUのアニメ

第22回 彼方のアストラ

黒ヤギ通信

紙のタオルハンカチ

日々是LOVE古着

最近の戦利品

これ、入るかしら?

vol.62 この夏のサンダルとシャンプーと

いどばた。

みんなのバスタオル事情をおしゃべりしましょう。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.28 ヨシタケシンスケかもしれない

わたしをライブに連れてって♪

男の色気 女の色気

絵手紙オーライ!

ありえないほど綺麗な花々

あの頃、アーカイブ

【エピソード34】スポーツ観戦で語るカナコさんの60年

KEIKOのでこぼこな日常

ただ今、なんちゃって料理中

昭和乙女研究所

お菓子編 昭和のガム(後編)

ワクワクしたら着てみよう

秋の気配だけどまだまだワンピースなお年頃!

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.40】 せっかちを直したい。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

お勧めのマスカラ、そして究極のファンデ。

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

大神降臨

猫No.23  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

大神降臨

猫No.23  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up