10月23日はカレー記念日

カレー記念日

冬服を 取り出しサイズで 選り分ける

10月23日はカレー記念日

Jane

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

四十路犬バカ日和

虹の橋と永遠の命 ~パロンちゃん追悼号~

 

inu2

 

皆さんこんにちは!ふぇんふぇんです。
連日真夏日が訪れちゃってますよねー。皆さんへばったりしていませんか?
私は夏LOVERなので、何気にテンションあがってきてますよー!

さて、今週は「犬連れキャンプ」についてお届けする予定でしたが、
皆様もご存じだとは思いますが、
先日カリーナさんの愛犬パロンちゃんが虹の橋に旅立ちました。

実は、この犬バカコラムの隠れた産みの親はパロンちゃんなんです。
最初私にお話が来たのは「海外コラム」だったんですが、
「もう海外から帰ってきて長いし、今の私にはとても書けませーん。
 今自信持ってお届けできるのは、犬バカコラムぐらいですかねー?」
とお返事したら、「あ、それおもしろい!お願いしまーす!」ということで始まりました。
こんな流れになったのも、カリーナさんも私に負けず劣らず、
パロンちゃんの飼い主さんとしてご立派な「犬バカさん」だったから。

そうじゃなかったら、「犬の話題…?! そんなのは書いて頂かなくて結構ですのよ、おほほ」
となっていたかもしれません。
だから、パロンちゃんはこの犬バカコラムの「産みの親」といっても過言ではないのです。

なので、今回は急遽「パロンちゃん追悼号」ということで、
私が愛犬との別れについて日頃思っていることや、昔一緒に暮らしていた先代犬のことなど、
普段だったらおそらく書くことはないであろうことについて書いてみたいと思います。
(↑ カリーナさんいいですか?勝手に予定変更してごめんなちゃい…)

+++

さて、まずここまで読んで、「虹の橋」とは何ぞや?と思われた方もいるのでは?
これは、犬や猫の飼い主の間では結構有名な詩(「Rainbow Bridge」作者不明)で、
アメリカから世界中に広まったといわれています。

<要約>Wikipedia:「虹の橋(詞)」より

この世を去ったペットたちは、天国の手前の緑の草原に行く。
食べ物も水も用意された暖かい場所で、
老いや病気から回復した元気な体で仲間と楽しく遊び回る。
しかしたった一つ気がかりなのが、残してきた大好きな飼い主のことである。
一匹のペットの目に、草原に向かってくる人影が映る。
懐かしいその姿を認めるなり、そのペットは喜びにうち震え、
仲間から離れて全力で駆けていきその人に飛びついて顔中にキスをする。
死んでしまった飼い主=あなたは、こうしてペットと再会し、一緒に虹の橋を渡っていく。

 
この詩によると、ペットは虹の橋を「渡らず」に、たもとで飼い主を待っていることになっています。
でも愛すべき犬バカさん達の中には、
「私をずっと待ってるなんて可哀想。待ってなくていいから早く虹の橋を渡ってほしい」
という声もチラホラあります。
ただしこれには、虹の橋周辺は時間の流れがこちらと比べて非常にゆっくりなので、
待ち時間はほんの数日程度、という解釈がつけられていて、犬バカさん達を安心させてくれます。

私は普段はこういうスピリチュアル系?のようなお話は、あんまり信じないタイプなのですが、
虹の橋に関しては、「そうだったらいいな~」と素直に思っています。
(↑つまりガッツリ信じています。犬バカの前では論理など吹き飛ぶのです。笑)

それに最近よく思うのですが、もし将来バトーが虹の橋で私を待っていてくれるとしたら、
いつか自分が死ぬとき、ちょっと「バトーに会える」という楽しみがあるな~って。
死への恐怖がほんのちょっぴりでも軽減されるかもしれません。
そう思うと、犬(ペット)ってとっても親孝行なんだなー、と思うのです。
もちろん、そこへ至るまでの会えない時間は、限りなく寂しくって切ないのですが。

犬バカ13_1

犬の寿命はどんなに長くても20年以下、15歳でなかなかのご長寿と言われるくらいです。
どうしても人間は犬を見送ることになる訳ですから、
一度愛犬のお見送りを経験した人達は、
「お別れの辛さを考えると二度と犬は飼いたくない」ので次の犬は迎えない派と、
「もう犬無しの生活は考えられない」のでしばらくしたら次の犬を迎える派に、
分かれると思います。

私もバトーがいなくなってしまったら、その時どう思うかはまだ分かりませんが、
私には小学生の時から大学生まで、実家で一緒に暮らした柴犬サムという犬がいました。
家族で可愛がって飼ってはいましたが、なにせもう30年以上前ですから、
サムは玄関の外の犬小屋で暮らしていて、シャンプーは夏に水道水と牛乳石鹸で数回、
爪切りも肛門腺絞りも、もちろん歯磨きもした記憶もなく、
ご飯もビタワン(ドッグフード)ばかりでした。

なのでバトーとサムの暮らしは直接比べることも難しいくらいなのですが、
昔サムで苦労したことは、バトーへの子育てに確実に反映させていました。
例えば、サムは一度フードボールに入れたご飯をちょっとでも触ると唸っていたので、
バトーはそういうことで苦労しないように、子犬時代は食べてるときに頭をなでたり、
フードボールをちょっとずつ回しながら食べさせてたりしました。

後は、バトーに色々してあげたり、私が犬に関する新しい知識を得たりするたびに、
「あー、何も知らなくてサムに悪かったなー」とか「サムにもしてあげたかったなー」と
思う私がいます。
そしてそう思うたびに、
「サムは私の中でまだ確実に『生きてる』んだなー」と感じます。
私が生きていて、サムの事が心にある限り生きてるんだなーって。

犬の命は人間よりもずっと短いけれど、飼い主が生きている限りずっと「生き続ける」、
それが愛犬の「永遠の命」、ということなのかもしれませんね。

バトーはいつかきっと、虹の橋のたもとで私を待っていてくれると思うけれど、
サムはどうかなー?
私じゃなくて、きっと一番サムを可愛がっていた私の父を待ってるに違いありません。

きっとそれが「絆」と呼ばれているものですよね。

犬バカ13_2

+++

カリーナさん。

パロンちゃんは虹の橋のたもとで間違いなくカリーナさんを待ってますよ。
だってカリーナさんは立派過ぎるほど立派な「パロンちゃんバカ」ですから。
 

 

 


ふぇんふぇんさんのプロフィール

大阪のおばちゃん予備軍な40代前半。
30代は中国4都市に「なんちゃって駐妻」として7年ほど生息。
帰国と同時に犬と暮らし始めて「正真正銘の犬バカ」に。

現在の犬バカ活動?!は主にInstagramで行ってます♪
犬バカ指数100%な「#犬バカばんざい倶楽部」ハッシュタグ主催(笑)
Instagram ID:kamayuko

 


四十路犬バカ日和 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • 中島

    中島

    虹の橋って言う言葉はよく耳にしてましたが、そいう意味だと初めて知りました。
    良いお話をありがとうございます。
    私が小学生の頃飼っていたスピッツは、父の転勤のため知人のブドウ園にひきとられましたが、じきフィラリアで死んでしまいました。何度か家族で会いに行ったのですが、かえって犬にとっては、残酷だった気がします。今もその子のことが忘れられません。
    きっと待っていてくれてるかな。
    なんか涙が止まらない〜

  • Tomi*

    パロンちゃん、きっと虹の橋のたもとでカリーナさんを待ってくれていますね。
    「虹の橋」のお話は、犬飼い・猫飼いにとって大きな悲しみを癒してくれると同時に、ふぇんふぇんさんがおっしゃるようにいつか自分が死を迎える時に、死の恐怖を軽減させてくれるものだと思います。

    私も子供の頃からずっと犬や猫を飼っていて、何匹も見送ってきました。
    それでも二度と飼いたくないなどと思ったことはありません。
    死をも含めて、その小さな生命が与えてくれるものは計り知れないくらい大きいです。
    今でこそネットで正しい飼い方などを調べることができるけれど、以前飼っていた犬猫には粗悪な食べ物を与えていたり、充分に愛情を注いであげられなくて可哀想なことをしました。
    時々思い出しては「ごめんね、ごめんね」と後悔しています。
    いい飼い主ではなかったけれど、虹の橋で待っていてくれるといいな…
    両親や姉も先に逝っているので、私は死を迎えることは怖くありません。
    今はただ、先に逝ったもの達の分までちゃんと生きようと思っています。

    パロンちゃんが美しい草原で駆け回っている姿が目に浮かびます…

  • ふぇんふぇん

    ふぇんふぇん Post author

    >中島さま
    子供の頃一緒に暮らした犬って、また違った意味で忘れられませんよね。
    昔は今ほど一緒に暮らせる住宅も少なくて、仕方ない選択もたくさんあったと思います。
    中島さんが今でもその子の事を忘れてらっしゃらないんだったら、きっと橋のそばで待っててくれてますよ♪♪

  • ふぇんふぇん

    ふぇんふぇん Post author

    >Tomi*さま
    そうですよね。見送りの切なさも含めて、いろんなものを私達に与えてくれてますよね。
    私もお別れの辛さを思うといたたまれませんが、逆に自分が見送れず後に残すようなことがあったら、それこそ辛い…と思いますし、その時その時で精一杯愛情を注いでいたら、いつかそのことが自分を支えてくれるような気がしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

カレー記念日 今週のおかわり!

手を出せば 出るの出ないの どっちなの

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ヘッドマッサージャーで柔らかあたま

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第26回 トラウマを蹴とばせ

50代、男のメガネは

男のほうが嫉妬深い、という話。

OIRAKUのアニメ

第41回 劇場版 鬼滅の刃 無限列車編/劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン

ミカスの今日の料理 昨日の料理

機械はわからない:揚げ里芋肉味噌がけ

今週の「どうする?Over40」

きっと私だけじゃない。「取り返しのつかないことになっていないか」と不安に思う新型コロナの1年。

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ああ島よ。ムッちゃん事件の顛末。

出前チチカカ湖

第162回 最近のトライ&エラー

なんかすごい。

2冊のZineと1冊の本

わたしをライブに連れてって♪

先生、倒れたってよ。

これ、入るかしら?

vol.73 髪をなるべくきちんと

いどばた。

エコバッグどれがいい?

絵手紙オーライ!

三つ葉のあの子・・・

日々是LOVE古着

古都の素敵古着屋さん

昭和乙女研究所

お菓子編 アイス

これ、買った!

スマホ消毒器、買った

黒ヤギ通信

ゆっくりと

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

ワクワクしたら着てみよう

冬のペールトーンコーデにワクワク~♡

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

絶対女王

猫No.82  by 伽羅

猫大表示&投稿詳細はこちら!

絶対女王

猫No.82  by 伽羅

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up