3月25日はカレー記念日

カレー記念日

筋肉痛 すぐ出ちゃってさと 自慢する

3月25日はカレー記念日

じじょうくみこ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

 mutyo1002

fukidashi3

 

 

 

5歳と7歳の娘がいるのですが、上の7歳の娘の方が

しょっちゅう僕の作るご飯にケチをつけてくるので困っています。

 

まず、見た目で「なんだか美味しくなさそう」と言ってきます。

そしてそもそも見た目が気に入らないとあまり手を付けず、

食べるように促しても、「変な味がする」「まずい」とほとんど食べません。

 

下の子はわりといつも「おいしい」となんでもぱくぱく食べます。

 

mucho profile

 

好き嫌いなく食べるように注意するのも食育なのでしょうが、

 本人の味覚の感性で「まずい」と感じているものを、

「まずいと言うな!まずいと思うな!」と伝えるのもなにか違うような気がします。

感じたものを、感じたまま表現する練習も大切な気もします。

 

とはいえ、毎日のようにまずいと言われ続けるのは、

僕の精神衛生上良くありません。

 

ここはなにを優先すべきなのでしょうか? 


 fukidashi5

 

kari-na

 

 それでいいんじゃないでしょうか。料理は「餌付け」ですから、ケチをつけるぐらいでちょうどいいと思います。娘さん、飼いならせない野獣なんだな。可愛さマックス。

 

savaranそうですか。「まずい」と言われちゃいますか。お父さん、がんばってるのに ねぇ。わたしは息子に「デブ」と言われます。でも、実際デブだからな~(笑)。 親と子は、ときに傷つきときに笑い、時間をかけて互いに耐性をつける ことも必要だなとわたしは思います。優先すべきは……「面白がる!」かな?

 

nakashima食育ももちろん大事ですが、良い親子関係を築くキッカケになるような気がし ます。おじょうさんの気持ちをくんで、どのように改善すれば良いのか聞いて あげて出来る事をしてあげてはどうでしょうか。 時間があれば、一緒に作ってみても良いでしょう。

 

tsumami 妹さんに対抗してわざとそういう態度をとっていたりしてませんかね。おいしそうに食べる妹さんを見るおとうさんはうれしそう。それにヤキモチを 焼いちゃう。だから 翻弄させたい困らせたい。ベタでしょうか。あとはやっぱり「一緒に食事のしたくをする」をイベント化するのに一票!

komesan

 娘さんは「美味しくなさそう」「変な味」という言葉を使ってのプレイを覚えて、使いたい盛りなのでは。本気で相手をしてくれるパパの反応を楽しんでるんだと思いますよ。それと、こうして少しずつ「恋の駆け引き」を覚えていくんじゃないかなー。パパとのやりとりは「いい女」への第一歩(^ ^)

  

jijyoukumiko先 日「お父さんがキモい理由を説明するね」という本を読みました。高校生の娘と40代のお父さんの会話をまとめたものですが、 関係性は全ての父娘に通じると思いました。娘って時にロジカルに、時に感覚的に父親を嫌っちゃうんですよね。ムーチョさん、あきらめてください。娘を持つ父の宿命です(笑)

 

 

puriko父親とわりと仲良しだった私としては、お父さんがどこまでわがままを許してくれてるのか試してるんじゃないかと とっさに思いましたが、みなさんの経験を踏まえた回答が深すぎていたみいりました。

 

 

rekosan私にも7歳の息子がいるので、ムーチョさんと同様の悩みを持っています。

まあ我が家の対処法としては、

・味付けや見た目を工夫する
・小さくしたり他のものに混ぜる 

・一緒に作ってみる 

・(非推奨)それでも食べてくれなかったら、その日は諦めて冷凍食品様に頼る…などです。また、味覚が敏感な子供のうちに色々な味を体験させるべし、とも聞いたので、子供が苦手なメニューを敬遠しがちな自分を反省するのでした。

 

yumiko

 時間があるときに一緒に簡単なおかずやお菓子を作ってみるのは如何でしょうか?自分が作ったら美味しく感じると思われます。

 

 

 

 

 

ムーチョさんへの相談はこちらから、どうぞ! 

1008mutyo

 


 

ムーチョさんのプロフィール・・・専業主夫。34歳。現在講談社「たのしい幼稚園」で連載もやっているのでちょっとだけ漫画のお仕事あり。大学卒業後、某テーマパーク企業の人事部で働くが、過労や職場の人間関係などが原因で体調不良に陥り、退職。2007年に一度主夫となるが、会社員生活が諦めきれず、何度も再就職を繰り返す、、、が、やはり体調不良で退職。3回目の正社員が決まった時に「これでダメだったらもう働くのやめよう」と決意、結局ダメだったので下の娘が小学校を終えるまで(2020年まで、オリンピックの年!)は完全に専業主夫として生きると妻と合意。あと7年間のシュフ生活をどう楽しむか、毎日模索中。

ムーチョさんのブログ「カタルエ」はこちら→ 

ツイッターはこちら→ 

 

スポンサーリンク

 


ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • 江ノ島カランコロン

    出された食事に
     文句は言わない!

    って 思う私は おかしいのでしょうか。
     

    まずいと思ってもいいのですが
     それを 作ってくれた人の前で表現するには いくら小さい子供とはいえ
    言い方ってものがあります。

    「変な味」「まずい」 なんて言われたら 「せっかく作ったのに(泣)」 です。

    ことばは うんちではありません。
    自分で 表現して 自分だけすっきり しては いけないことを伝えたいです。
    材料を育てた人 流通に携わった人 料理をした人 おいしいと思っている人がいるのですから

    自分の感性を大切にしながらも 他の人のことも 思いやれる人になってほしいなぁ
    と思う私は 子供たちから 「説教が長い!」 とイヤがられています。

    食育も大事ですが 上手にケチを付ける言葉を 娘さんと探してみてはいかがでしょうか。
    ムーチョさんの ブログをみていると 想像力の豊かな娘さんたちだと思います。
    ムーチョさんのアイディアにも 感心させられることが多いです。ので楽しみにしてます。

    

  • 爽子

    作ったものをまずいと言いつづけられるのは、キツイですよね。
    ムーチョさん、かわいそうです。しくしく

    お嬢様ふたり、年齢も近いですし、若干はりあってる感じもありますね。

    いっしょに調理するのもいいですね~。

    自分の手をとおると、食物への思い入れがかわります。
    学校の菜園で、育ちすぎたきゅうりを収穫して帰ってきた日は、いつもきゅうりを残す息子がむさぼり食べました。

    *ものすご~~くおいしそうに食べる。

    *「ひゃ~~、○○ちゃん、きょうはよく食べたね~~。」のあと、綺麗になる。賢くなる。強くなる。足がはやくなる、等の適宜コロシ文句を付け加えてはいかがでしょう。
    外で十分に体を動かしたら、おなか減るので、食べてくれるようになると思います。

    もう、戻ってこない子供との日々ですが、なつかしく思い出しました。^^

  • tsukimachi

    tsukimachi

    ムーチョさん

    はじめまして、こんにちは!
    いつも拝見しておりました。

    「娘の食が細くて・・」 とか 「いい顔で食べてくれないのです・・」(なぜかいつも小学生の女の子)
    という親御さんがたまにご来店なさいます。
    器を変えたら食べてくれるのでは・・・と
    いろいろと親御さんなりの意識攻撃や対処法を試しに試した結果
    でもだめなのです・・と切実なる感じの方が多いです。

    器やのわたしが申し上げるとなんだか・・かもしれませんが
    家庭料理というのはそう変化のあるものではありません。
    いつものごはん、いつものおかず、いつもの食卓。

    本来それはとてもよいことで、すばらしいことなのですが
    子どもの目線というのは違うのかもしれません。

    お料理が得意で、レパートリーを沢山お持ちの方でも
    毎日忙しくしていると、盛り付けなども一定になりがちです。
    わたしもものすごく一定になりがち派です。

    ずいぶんと昔お嬢さんだったわたしは
    「かわいい料理」 が好きでした。
    星のかたちの人参にして、とか
    りんごはうさぎさんにして、と言っていました。
    ホットケーキもクマやうさぎのカタチにしないと食べない、目も別にちいさく焼いて、という娘でした。
    かわいいものを食べる自分をかわいく感じるから、でしょうか。

    料理店のように美しくばっちり!というものが家庭の食卓ではないので
    そこを目指すのはきっと違うのですが
    「かわいい」を目指してみるというのはいかがでしょうか。
    その一環で
    まずはお嬢さんとお茶碗とお箸を買いに行かれてみてはいかがでしょう。
    「かわいい」という感性で自分で選んだものは特別になると思います。

    実際、同じようなお悩みの親御さんが
    お嬢さんにお茶碗を選ばせて購入なさいました。
    偶然かもしれませんが、白米を食べるようになったそうです。(パンしか食べない子でした)
    次からはそのお嬢さんと一緒にご来店なさいまして、少しづつ揃えておいでです。

    食事中、食べ物で遊んでばかりの男の子にてんてこ舞いだった親御さんが
    その子の名前の入った器に変えられました。
    途端に、食べることに興味を持ったそうです。
    ホントニデスカ?!
    とその名前を入れた店主が言うのもヘンですがそうなのだそうです。

    食卓の変化はうつわというアイテムがお手伝いしてくれるかも、しれませんよ。

  • ムーチョ

    ムーチョ Post author

    ぎゃーOver40の皆さんからのコメント、ありがとうございます!!
    なんか恐縮です・・・
    あまりにもたくさんのご意見を頂いたのでちょっと自分の中で整理してから
    きちんとお答えしたいと思います。
    返信に時間がかかってしまってすいません・・・!!

  • saki

    32歳専業主婦、6歳と2歳の息子がいまして、ウチも上の子は好き嫌いが激しすぎて困っているので、ものすごーく共感します!
    皆様のご意見、さすがですね。

    我が家では、上の子が「マズイ」と言ったとき、パパが「ママが頑張って作ってくれたのだから、言ってはいけない」と叱ってくれました。

    それ以来「マズイ」とは言いませんが、食事の時間になると「(食べるのが)めんどくさい〜」と言われてしまいます。それはそれで作るモチベーションが下がります…

    息子は幼稚園でも食べられないので、家庭で徐々に食べられるようにしたいのですが、なかなか難しいです。

    娘さんは保育園は食べられるのでしょうか? 食べられるのなら、ただムーチョさんに甘えているだけかもしれませんね。

  • ムーチョ

    ムーチョ Post author

    カリーナさん

    なんだろう、野獣っていう程暴れる感じではないのですが、冷静にまずいって伝えてくる野獣というか・・・
    そういう時はあんまり可愛くないです笑

    サヴァランさん

    「面白がる」ですか!確かに。「あっはっは!まずいか!しょうがねえな!」って
    笑い飛ばしてみるのも良いかもしれませんね。そこでダメージを受けてしまうのは
    僕自身の料理に対する自信の無さの表れでもあります。もっと自信を持たなければ・・・

    中島さん

    一緒に料理を作るというのは、かなり有効な解決策ですね!
    僕もたまにやっています、やはりこれは良いやり方なんですね。自信が持てました。
    ちなみに「なにが食べたい?」って聞くと、パスタかハンバーグしか言わないので
    本人はそんなに具体案を持ってるわけではなさそうなんですよね。

    月亭つまみさん

    これはむしろ逆なんじゃないかと思ってます。
    きっと、それなりに、本当にまずいんですよね。で、上の子が「まずい」というと
    下の子がそれに反発して「いや、まずくないし」って感じになってる気がするんです。
    下の子は僕に「パパ、自分の料理を自分で悪くいっちゃだめだよ」とか言うし。
    いろいろ気を使ってくれてるんですよね・・・

  • ムーチョ

    ムーチョ Post author

    じじょうさん

    インパクトある本のタイトルですね・・・!ぐぐっちゃいましたよ。
    今度読んでみようかな。諦めるって!そんな!!笑
    でも、諦める部分も必要かもしれませんね。100%好かれる必要はないというか。

    プリ子

    わがままを許すかってのを試す感じじゃないんですよね。
    たとえばなんか変なにおいを嗅いだ時って、思わず「くさっ!」って
    言うじゃないですか。あんな感じで間髪入れずに「まず・・・っ!」って言う感じなんですよね。
    もう、身体的反応レベルのスピード感なんですよね。

    れこさん
    具体的な対処法ありがとうございます。
    見た目を変えるのは結構効果あるのでできる限りがんばってみます。
    時間がかかるし僕自身あまり作業を楽しめる方ではないので、ついつい
    おっくうに感じてしまうのですが・・・
    味に敏感なうちにいろいろ、というのは同意です。
    アメリカに住んでた時ほんと思いましたが、アメリカは大人でも
    ケチャップと塩だらけみたいな食事を好んで食べています。
    子供の頃からの食習慣は、大人になっても引きずります。
    ああはなってほしくないな、と。

    由美子さん
    おかず1品担当、みたいな制度はいいかもしれません!
    おかずのレシピ本渡して、この中から選んで、といったら
    子供も選びやすいですもんね。やってみます!

  • ムーチョ

    ムーチョ Post author

    江ノ島カランコロンさん

    いや、ほんと同感です。
    こっちとしては作ってるだけでもありがたいと思え!って
    感じなんですけどね・・・

    「言葉はうんちではない」「上手にケチをつける言葉」、

    なるほど、うまい表現ですね!娘も娘の言いたいことがあるから
    それを制限するわけではなく、伝え方を教えるということですね。
    今度そういうタイミングがあったら、できるだけ冷静になってきちんと
    伝えてみます。

    想像力豊か・・・、ど、どうなんでしょう・・・!?
    楽しみにしてくださっているということで嬉しいです。ありがとうございます!

  • ムーチョ

    ムーチョ Post author

    爽子さん
    同情してくれてありがとうございます。
    まずいって言われるの、結構精神的にくるもんなんですよね・・・

    やはり、一緒に調理ですか。娘もだんだん身長も高くなってきたし、
    台所の調理台もちょっとずつ使えるようになってきました。こういう機会を
    増やさないとですね。

    tsukimachiさん

    なるほど、器ですか。

    いや、見た目ってほんと大事なんですよね。
    僕も親になるまではそんな風に思ってなかったんですが、
    子供のお弁当箱やお子様ランチに対するテンションの上がり方を見ると
    見た目の重要性を実感させられます。

    確かに、うちの食器は無地なものばかりだ!
    食器を変えてみる、という発想はありませんでした。
    今度、子供らと一緒にカワイイ食器を買いにいってみます(ちょうど少なくなってたし)。

    ありがとうございます!

  • ムーチョ

    ムーチョ Post author

    sakiさん

    おお、年回り近いですね。
    共感してくださって嬉しいです。
    食べるのめんどくさいーって、うちも言いますよ!

    そうそう、作った人以外の人がそういうことを言うのって超大事なんですよね!
    自分は作った本人だから、自分でいっても説得力ないし。
    うちは妻があまり夜食卓にいないので、そういうところも問題なのかもしれませんね・・・
    ちなみに保育園では結構きちんと食べられてるみたいです。

  • ソラ

    既に日がたってますので必要ないかも知れませんが…

    小学生のお嬢さん、お食事時にちゃんとお腹減ってますか?
    大人でも、お腹があまり減ってないと、好物は食べても好きでないものなら食べたくないものです。
    小学生は毎日何時間も机に座ってますので、常時体を動かせる幼稚園児保育園児より運動量が少なくなります。必然的にお腹も減りにくくなります。
    前はもっと食べてたとか、妹より大きいのに食べる量が少ないという考えは捨ててください。

    お腹の減り具合を調整する方法として
    ①おやつを調整する→カロリーの低いゼリーや果物を出し、高カロリーなお菓子を控える
    ②水分摂取を見直す→食事前に水分と取ると満腹感を感じます。また、牛乳は栄養価は高いですが高カロリーです。
    ③運動を取り入れる→外遊びする、スポーツ系ダンス系など体を動かす習い事をする
    ④食事時間そのものを見直す→夕飯を睡眠やお風呂などに支障のない範囲で遅くしたり、起る時間を早めて朝食までの時間を空けることで空腹感を高める
    などがあります。既に実践しているものもあるかと存じますがてん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ラジオブースから愛をこめて

サクラソング

眉毛に取り組む。

ある程度の年齢になったら、自然な眉のほうが素敵。細眉は確実に老けてみえると思います。(桜子)

いどばた。

一万円もらったら、どう使いますか?

ゾロメ女の逆襲

ゾロメ日記 NO.67 極私的 年度末 絵本考

50代、男のメガネは

新宿のコーヒーショップで、小さな嘘を聞く。

これ、買った!

とにかく明るいアイツ、買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

お国柄・その1 : オクラとささみの梅肉和え

今週の「どうする?Over40」

過去に出会う年ごろか。ブログで「すれ違う恋人」みたいになりました。

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

なんかすごい。

東京の佃島

着まわせ!れこコレ

シンコクな話

ただいま閉活中

(50)身体は隠居を求めてる

これ、入るかしら?

vol.37 春は何を着よう…

四十路犬バカ日和

愛犬とはぐくむコトバ

あの頃、アーカイブ

エピソード9★朝を告げる寿司飯の匂い。

KEIKOのでこぼこな日常

幸せの黄色い道

じじょうくみこの崖のところで待ってます

シン・ゴフジンラと、ドクターK。

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No14】お祭りが嫌いなのです。

昭和乙女研究所

『音楽の黄金時代』

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

ワクワクしたら着てみよう

家でもそこそこ小綺麗に〜 & ZOZOTOWNに着ない服を売ってみた2

ハレの日・ケの日・キモノの日

弱さも強さもナチュラルなオバフォ―祭りに集まったすんごいヒトたち

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up