2月26日はカレー記念日

カレー記念日

固まった 肩を回して 寝違える

2月26日はカレー記念日

Jane

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

なんかすごい。

ページの上の一日

 おくればせながら、明けまして今年もよろしくお願いします!

 コロナで終わり、コロナで明けた年末年始。
毎年、できるかぎりはオットの義母の家でクリスマスを過ごすことにしているこの10年だが、ご存知の通りイギリスは、日本以上に大変なことになっていた。

 義母の実家のある島は、離島という地理的条件からなのか(といってもフェリーで30分)、ありがたいことにイギリス国内で最も感染者の少ない地域となっている。のだが、いかんせん島なので、いったん蔓延するとやっかいかつ医療体制が心もとない。そして島民は、罹ったらさいご重症化まっしぐらの老人だらけだ。そんなわけで、感染者や死者の数といった実際をはるか飛び越えて、島は厳戒態勢である。

 そんな中、ここ数年足腰が弱って家から一歩も出ず、小さな家in小さな島のミクロ・ライフを送っている義母が、あろうことかまさかの感染症で、緊急入院とあいなった。
クリスマスの数日前の出来事である。なぜ人は(というか義母は)、クリスマスになると病気になるのであろうか。

 ある日、数日おきにオットがかけている電話で、「何かウィルスかなんかにやられたっぽい」と、微熱や関節痛、舌が白っぽいなどの症状を訴えて、みるみるうちに症状が悪化した。
「大丈夫、大げさにしないで!」というのが口癖の義母に、オットが「病院に電話しろ!」と再三せっついてやっと連絡させ、その症状から当然コロナ疑惑→「検査キットを自宅に郵送」→「自分で検査して返送」→「結果を見てから病院で診察」というまだるっこしい経過をたどっている間に、朝、呼吸困難でほとんど意識不明になっているところを通いのヘルパーさんに発見されて救急搬送となったのである。泡吹いてたらしい。

 ザ・肺炎!
ヘルパーさんがいなかったら、もしかして彼女はいまごろこの世にいなかったかも…というくらいの酸素レベルだったそうだ。
義母よ、大げさにしないでって…あんた死ぬとこだよ!そしてお医者さんもだ。コロナ厳戒態勢もそりゃあわかるけど、そんなことしてるあいだに老人は死ぬ。

 病院での2度の検査の結果、コロナは陰性。
ほっとしたものの、しかし小さな家の中だけで暮らしていて感染とはいったいぜんたい…と思わずその菌(だかウィルスだか)の生命力に驚嘆してしまった私たちであった。とはいえ、当然家には買い物も届くし、ヘルパーさんや近所の友だちも様子を見に来てくれる。やはり人や物が移動するということは、知らないうちに、さまざまな微生物を運んでいるということなのだ。義母は食も細いし、抵抗力がないので、ウィルスや菌などの前になすすべがない。

 これがコロナだったら…という想像と、コロナでなくても、あらゆるささいな要因が、義母を簡単に殺しかねないという事実の両方に、ゾッとする。

 その後義母は順調に回復し、現在は自宅での生活に戻っている。昨日は、久しぶりに料理をした、ここ数日ものがおいしいと思えるようになった、と言っていた。ひと安心だ。

 でも、これから、義母の暮らしをどうしていくか、私たちはどうすべきか、考えなくてはいけない岐路にいよいよ立たされている。

 そしてこちらがわでは、オットと過ごす久しぶりの日本の正月となった。
毎年私の実家では、元旦の夜に父方の叔母や従姉弟一家もあわせて20人くらいも集まって、一緒にごはんを食べるのだが、今年は中止。

 昼過ぎにちょっとあいさつくらいのつもりで出かけたら、父が家から顔を出して、「家の中で密になるのもあれだから、一緒に下の神社まで散歩に行こう」と言う。
父、母、近くに住む姉、姪、オットと私の6人で連れ立って出かけた。多摩川沿いの神社でおまいりをして、近くの公園に行き、午後の日の名残を探して、ポットに淹れてきたコーヒーをのんだ。母は、なんかかさばるもの下げてるなあと思っていたが、肩掛けバッグの中に「六花亭」の詰め合わせを入れてきていて、めいめいに好きなのを選んで食べた。
「こういうのもいいねえ」なんて言いあって面白かったのだが、ようするにすごくコロナに気を付けているのだ。
東京都の感染者2000人越え、などというショッキングなニュースに「やばいよね…」なんて言いながら、自分がずいぶん慣れてしまって、危機意識が薄いんだなあと気付かされた。

 実家のあるところは、都内といえどもまだ感染者のかなり少ない多摩の奥のほうで、こうした離れているところこそ、さまざまなニュースばかりが飛び込んできて、不安をかき立てられている、そんなふうに言うことも、もしかしたら可能なのかもしれないが、本当のところ、今の感染状況が、ピークなのか、まだ途上にすぎないのか、それは誰にもわからない。このコロナ騒ぎがいつか終わるとして、私たちは今、後に作られる年表の、どのあたりにいるのだろう。何をするのが、一番正しいのだろう。

 疫病や災害や戦争の歴史を後からふりかえったときに、「どうしてこのときこんなに悠長にしていられたのだろう」「なんであのとき止められなかったんだろう」「ひどくなるのはわかりきっていたのに」とつい思ってしまうけれど、今がその「とき」なのかもしれない。だとしたら私たちは、後の世からみたら、ずいぶんのんきで愚かにみえるにちがいない。

 お茶ものんだし、さあ帰ろうかとなって、公園の前で記念撮影をした。「マスクどうする?今だけ外す?」「いや、そのままでいいよ。後になって、ああ、あの年だよね、ってわかるじゃん」という会話をして、みんなでマスクをしたまま写真におさまった。

 この日の写真と会話を、数年後どんなふうに思い返すだろうか。そう考えると、何か胸にひゃっとしたものがかかる気持ち。それでも、今日も今日とて、ふつうに混んだ電車に乗って、仕事に行っている。緊急事態宣言どこいった。

今年もなにとぞよろしくお願いします!

by はらぷ

※「なんかすごい。」は、毎月第3木曜の更新です。

※はらぷさんが、お祖父さんの作ったものをアップするTwitterのアカウントはこちら。


なんかすごい。 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • Jane

    後の世の人になって、はらぷさんたちが公園でコーヒーを飲んでいるフィルムを観ているような気がしました(なぜか白黒)。確かに、昔のことを思い出すと、なんて呑気だったんだろうという気がしますね。

  • はらぷ

    はらぷ Post author

    Janeさん

    こんにちは!

    あのときの不思議でちょっと滑稽な時間を、あとからどんなふうに思い出すのかな、
    そのとき自分は何をしているかな、とわたしも想像をめぐらせてしまいました。
    そんなふうに、時間の流れの中に自らを置いて、ためつすがめつしてしまうのが、また人間って面白いなあと思います。

    一年後どころから、来月どうなってるのか…という感じの2021年の年明け。
    いろいろ見てやろう!という気持ちです。
    本年も、どうぞどうぞよろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

昭和乙女研究所

お菓子編 クッキー・ビスケットpart2

カレー記念日 今週のおかわり!

通勤で 咳をこらえる ツボ押すよ

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

写経のすすめ

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第30回 花粉症の世迷言

50代、男のメガネは

バスのなかであれやこれや。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

私たちが楽しければそれでいい:サーモンとアボカドのユッケ風

今週の「どうする?Over40」

月亭つまみとミカスが雑談するだけのPodcast番組、始まりました。

日々是LOVE古着

乱歩と指輪

出前チチカカ湖

第166回 私、これは意外と平気です(ゲスト付)

なんかすごい。

断水の金曜日

OIRAKUのアニメ

第46回 アーヤと魔女

黒ヤギ通信

ボツイチ鼻水出金簿③ my blue valentine

これ、入るかしら?

vol.76 顔をマッサージする

いどばた。

ちょい足しの調味料を教えて。

わたしをライブに連れてって♪

求ム、雑談者。若干名。

絵手紙オーライ!

きつねのお面(初午)

ワクワクしたら着てみよう

ワントーンコーデにレイヤードで抜け感をプラス!

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

これ、買った!

ブーツ型湯たんぽ!?

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

一陽来福

猫No.76  by まぁ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

一陽来福

猫No.76  by まぁ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up