4月13日はカレー記念日

カレー記念日

足の爪 お腹がつかえて切れないじゃん

4月13日はカレー記念日

めー

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

なんかすごい。

春の匂いといえば

あいかわらず、明けても暮れてもマスク、マスクの日々である。
それでも、春になると、さまざまな匂いがマスクの網目をかいくぐり、鼻腔に届く。
1月の終わりころ、とつぜん空気がぬるみ、土の匂いを感じる朝がある。それを皮切りに、蝋梅、白梅紅梅、沈丁花、今時分花盛りのユキヤナギは、青っぽい匂い。

そのなかで、毎年春に必ず感じる、不思議な匂いがある。
 時期はちょうど、沈丁花と同じくらい。今年だと、先週や先々週くらいに、とりわけ強く匂った。
 どんな匂いなのかというと、それは「かんぴょう」の匂いである。
甘ったるいような、酸っぱいような、なんともいえない匂い。あまり、ずっと嗅いでいたい匂いではない。

今の町に引っ越してきて10年、駅に向かう道の途中で、毎年2箇所、匂う場所がある。
どちらも、地主さんの大きなお家の庭である。うちの近所には、昔からの農家の大きいおうちがたくさんあって、そういうおやしきの敷地には、植えたのだか、勝手に芽を出したのだか、たくさんの木が生えているものだ。
そうした木々のどれかが、匂いを発しているのだろうとずっと思っていたのだが、なにせ匂うのは春のほんのわずかな、せいぜい1、2週間程度のひとときで、しかも、風向きによってか、毎日匂うわけでもない。そんなわけで、毎年時期が過ぎれば忘れ、よく年「またあの匂いだ!」と思い出すということをくりかえして10年も過ぎた。いくどかは人に、「春に感じるかんぴょうの匂い」について、話したことくらいはあったかもしれない。ちなみに、オットは匂いそのものがわからないそうだ。(彼は金木犀の匂いもどうもわかっていないふしがある。)

去年のうちに、その2箇所のうち1箇所のおうちが、敷地改造の大工事をして、新しい母屋と集合住宅を建てたので、そこにあった木々はきれいになくなってしまった。その結果、今年はその場所で匂いが確認できなくなったので、やはり木の匂いなのだな、と確信を深めたものである。

そんな事情があって、今年はその匂いのことが、例年よりちょっと気になっていたかもしれない。先日職場で、私の自然科学の先生である同僚のTさんと、他館に配送する箱を用意しながらその話になった。ちなみにこのTさんは、この記事(2019年2月「はなをくんくん」)のなかで、保護猫に脱走されていたてんさいへんじんのTさんである。

「Tさん、今くらいの時期にさー、かんぴょうの匂いがする植物ってあります?」
と聞いてみると、Tさんは、
「かんぴょう?ガスの匂いとかじゃなくてですか?」とすぐさま言った。

ガス…?どっからでてきた?
でも、あの甘ったるいような、やや居心地の悪さすら感じさせる匂いは、ガスと言われればガスなのか…?

と私が言うやいなや、Tさんはその場から姿を消した。そしてしばらくして小さな植物図鑑を手に戻ってくると、

「ヒサカキじゃないですか?」と言ったのだった。

ま、まさか。何の気なしに聞いてみたのに、答えが返ってくるとは…。
えー!私の10年来の疑問が(といっても忘れ続けて10年来だが)、この一瞬で解決してしまうのか。そういう局面か!

知りたい、でも、知ってしまうのも惜しい気がする。でも知りたい!

Tさんが開いてくれたページを見ると、細長い、濃い緑の葉っぱを持つ常緑樹が載っていた。ツバキ科ヒサカキ属。名前の通り、神社のありがたい葉っぱ「榊」の一族である。
春先に白い小さな花をたくさんつけ、それが独特の匂いを強く発する。ガスの匂いともいわれるほど。と書いてあった。

たしかに、いつも匂いを感じる場所は、敷地の北側に面していて、アオキや椿などの常緑樹が多い一角だ。

ひえー、ほんとうにこれなのかも。だったらTさんはほんとうにすごい。
というか、わたしこの7年Tさんと一緒に働いているのに、Tさんが自然科学名人だってこと知っていたのに、なんで今まで一度も聞かなかったんだろう!

「かんぴょうって書いてないけど、なんかこれかも!」
と私が興奮していうとTさんは、
「ラーメンの匂いっていう人もいますよ」と教えてくれた。

ラーメン…?ラーメンとガスの匂いって…似てるんでしょうか。

草木瓜にもつぼみがついた。


その話をしてすぐの休みの日、さっそく件の場所にその「ヒサカキ」があるか確認しに行った。
しかし、その目論見を阻むものが、そびえたつ塀である。さすが地主の家だけに、セキュリティに厳しい。塀が高いぞ!
塀はちょうど私の背の高さくらいあって、その上から顔を出している木々の中には、目当ての「ヒサカキ」らしきものは見あたらない。

いまいましい塀め。これさえなければ、分け入ってひとつひとつの木を嗅げるのに。だが、当然のことながら塀は、そういう輩を排除するために存在している。

うーん、決め手にかけるなあ…。でも、これ以上塀の中をじろじろ覗き込んでいたら、通報されかねない怪しさである。

そうこうしているうちに、1週間くらいもたつと、例年違わず、匂いはあまりしなくなってしまった。たった1週間、でも確実に季節はうつる。春はことに、その勢いは奔流である。

あーあ、確認は来年に先送りかなあ、と思っていた矢先、ふだん通らない道を歩いていて、「あ!あの匂いだ!」と私の足を止めさせた一角があった。

かんぴょうの、匂い!

私の歩いていた道の左側はマンションで、常緑樹の植木がならんでいる。
常緑樹!あやしい。このうちの一本か…?くまなく嗅ぎまわる私。ヒサカキの木は見あたらない。

こっち側じゃないのか…沈丁花も金木犀も、思いも寄らない方向で匂うことがあるから、ゆだんできないぞ。
そう思って道の反対側を見ると、そこは大学の敷地で、構内の端のうっちゃられた草ぼうぼうの中に、幾本か雑木が立っていた。
フェンスに取り付いてよくよく覗くと、その中の一本、緑の葉の中に、びっしりと小さな白い花をつける常緑樹があるではないか…。

これか、これがヒサカキなのか。しかし、ここに立っていても、件の匂いは感じられない。念のため、最初に匂いを感じたポイントに戻ってみたが、そこでももう、匂いは確認できなかった。

ちくしょう、風向きめ。私と木の距離、やく10メートル。フェンスさえなければ、直接花の匂いを嗅げるのに。私にできるのはただ、フェンスの柵越しに写真を撮ることのみ!

枝に、白い粒々がたくさんついているのがわかるでしょうか(ちょっとピンぼけ)

幹はこんな感じ

でも、匂いを感じた道の反対側に、ヒサカキらしき木を確認できた(あとで検索して確認したら、幹の様子もヒサカキのそれによく似ていた)。状況証拠としては、かなり肉薄できたのではないだろうか。

しかし問題は、私には「かんぴょう」の匂いとしか思えないのに、誰もそのように形容するものが見あたらないことである(ゆいいつ、「たくあん」と書いているサイトをネットで見つけた)。

ああ、近くにいって、花の匂いを嗅いで確かめてみたい!

春にひな祭りやお花見で、たまご、でんぶ、甘く煮たしいたけ、かんぴょうと並べて、太巻きを作る。私にとってはそのときの「甘く煮たかんぴょう」の匂いである。

ちなみにわたしは、かんぴょうも太巻きもきらい。

by はらぷ

※「なんかすごい。」は、毎月第3木曜の更新です。

※はらぷさんが、お祖父さんの作ったものをアップするTwitterのアカウントはこちら。


なんかすごい。 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • AЯKO

    Tさん数分で回答できるなんて凄い人ですね!
    私にはかんぴょうのようなガスのような匂い見当もつかないのですが、、、。
    匂いってちょっと離れたところで、ふっとしますね。
    私は近所の家の沈丁花の匂いが好きで、自分でも植えて大きくなってきました。
    1年のたった10日だけ存在感を放って、春を知らせて、その後ただの緑の低木として或る、というところが良いです。ヒサカキも花が咲かなければ存在に気が付かれないのでしょうね。
    買ってきた一年草は華やかだけど、宿根草や球根や木は季節の廻りを感じて愛おしいです。

  • はらぷ

    はらぷ Post author

    AЯKOさん

    こんにちは。日に日に「春!」が濃くなってくる毎日ですね。
    沈丁花、私も大好きです!
    子どもの頃住んでいた家の庭にあって、毎年くんくん嗅いでいました。
    ほんとう、春のわずかな時期だけ、白と赤紫の花におおわれて、あとはこんもりした小さな木なのですよね。そのたたずまいもいいよねえ。
    ヒサカキの存在感は、やや独特(笑)
    うちの庭は、日照時間に難ありで、なかなか多年草が育ちにくいのですが、球根類や地下茎の植物だけは、毎年息をふきかえし、庭をにぎやかにしてくれます。
    今は、花韮、シャガ、草木瓜、クリスマスローズ、そして、山吹とコデマリと羽衣ジャスミンが準備中。
    その後は…ドクダミ天国ですね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ミカスの今日の料理 昨日の料理

おい、おい、老い! :美味しい漫画#2

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

今週の「どうする?Over40」

ボーダーとパーカーで犬の散歩する女(私)。アップデート必須、という問題。

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

カレー記念日 今週のおかわり!

始めた気分だけで浮かれる 4月です

いどばた。

お財布、どうしてます?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.45 本のソムリエをきどる

50代、男のメガネは

学校の中におじいさんがやってくる。

絵手紙オーライ!

春は、にゃんスケッチ

ワクワクしたら着てみよう

還暦目前気の迷い!? カジュアルの扉開く!!

OIRAKUのアニメ

第48回 ゴジラS.P<シンギュラポイント>

黒ヤギ通信

ボツイチ鼻水出金簿⑤未納は突然に

昭和乙女研究所

エレックさんのエンゼルケーキ

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ミニウォレット買った!

日々是LOVE古着

香水もヴィンテージ

なんかすごい。

春の匂いといえば

出前チチカカ湖

第167回 イメージがコロコロ変わる案件

これ、買った!

セブンスピロー買った!

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

半醒半睡

猫No.33  by ミカス

猫大表示&投稿詳細はこちら!

半醒半睡

猫No.33  by ミカス

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up