4月14日はカレー記念日

カレー記念日

鬼嫁は いつでもどこでも 後方支援

4月14日はカレー記念日

都忘れ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

晴れ、時々やさぐれ日記

〈 晴れ、時々やさぐれ日記 〉 ああ、憧れ。long for と look for のあいだ

 

――— 47歳主婦 サヴァランがつづる 晴れ ときどき やさぐれ日記 ―――

 

信任状奉呈式のキャロライン・ケネディーさんが素敵だった。

 

ごくシンプルなチャコールグレーの七分袖ワンピース。ストラップがチェーン使いのモダンなバッグ。胸元にはパールのダブルネックレスにペンダントの重ね付け。手元は普段から身に着けていらっしゃる大ぶりな時計とこれまた普段通りのブレスレット。

 

保守と革新、フォーマルと日常。程よくミックスされた新大使の装いは、見る側に信頼と親しみを感じさせた 。ナチュラルにセットされたヘアと薄めのメイクも、キャロラインさんという女性の、怜悧な知性と温かな人柄を伝えるものだった。

 

オーセンティック。ああ憧れる。。。

 

a1180_002026

 

報道では黒い靴に黒いバッグと言われていたけれど、わたしの目にはグレーの布地のお靴に見えた。シンプルなかたちとほどよいヒール。グレーに見えたお靴の底はちらりと赤かった、はず。。。

 

グレーのワンピースに黒のバッグ。パールの白に靴底のわずかな赤。そして何より、自然体の笑顔。

 

a0007_002410

 

馬車列を間近に見られた年配の女性の中には、あのケネディー家のあの女の子がと、キャロラインさんの来し方に思いを馳せる方もあったという。たしかに、この方の人生の厚みは、一時代の歴史の厚みに匹敵する。

 

お母様であるジャクリーンと比べると、控えめで静かな印象の彼女だが、彼女が選ぶファッションも彼女の醸し出す雰囲気も、お母様のそれよりわたしは好きだなーと俗な感想を抱いている。

 

ケネディー家といえば、飛行機事故で亡くなったジョン・フィッツジェラルド夫人のキャロリン・ベセットのファッションも、彼女のキャラクターと相まってとびきり素敵だった。

 

ソワレの席で、白いシルクのシャツの襟元を開け、黒いシンプルなロングスカートを合わせた彼女の写真など見せながら、「あのねー、本当に素敵だったのよー」と息子に話す。

 

a1180_002026

 

すらりとした長身に金髪の美しいキャロリン・ベセットは、わたしと同じ66年生まれだった。

 

「美しいひと」を見るとコッソリ「自分」とひき比べ、決まってがっくりやさぐれるクセはいつごろからついたのだろう。思えば息子と同じ10才の頃、小学校の洗面台で手洗いの順番を待っていて、「あ!」と思った瞬間があった。手洗いの順番を待つSちゃんの横顔が、わたしの造作とはあきらかに違うことに気が付いた。横顔が、違う。。。顔の大きさも首の長さもうなじも違う。。。

 

「美しい造形のひと」とは別に、「美しい空気のひと」というのに「あ!」と思ったのもあの頃だ。同級生がわーわー騒ぐ教室の中で、一人だけぽっかりと蜂蜜色の空気をまとうMちゃんは、何より手のしぐさがきれいだった。。。

 

 a0007_002410

 

思えばわたしの「やさぐれジンセイ」は、10歳のあの頃から始まっていた。ジンセイにはどうやら、努力してどうにかななることと、努力してもどうにもならないことの両方があるラシイ。。。

 

「自分と比べる」のはもう面倒だからやめにしたい。40代もそろそろ終わりに近づいた今、そう思う。

 

「きれい。」とか「すてき。」とか、とにかく自分の心が動いたことだけシンプルに切り取って、記憶の引き出しに大事にしまいたいし、「憧れ」を抱いていることは実はそれだけで心が動く。

 

a1180_002026

 

信任状奉呈式の翌日、安倍首相との懇談で、キャロラインさんはベージュのワンピースにカーディガンというスタイルだった。中にお召しのワンピースは以前何かで見たことがある。ノースリーブの上にカーディガンというのはお袖のあたりのおさまりがいい。こういう公に準ずる席で、カーディガンを合わせることの新鮮さも目を引いた。日本人のキャリア女性なら、うんとメンズライクなジャケットか、あるいはその逆にいささかデコラティブな中年フェミニン(?)な上着を合わせるのだろうけれど、全身ベージュで揃えられたカーディガンのコーディネイトは、決してその場の雰囲気を壊すものではなかった。

 

いや、もしかしたら着るもの云々の問題ではないのかも知れない。                                      キャロラインさんという一人の女性が 55年という歳月の中で培ってきた人としての品格。。。

 

うわーすてきねー。お靴も映してー。ベージュなのはわかったけど、もう一回全身をちゃんと見せてー。

 

テレビに文句を言うわたしを、シュジンと息子は冷ややかに見ていた。

 

PT350001

 

昨年、美智子さまがエリザベス女王の在位60周年の式典に出向かれたときも、わたしはテレビの前で叫んでいた。

 

ちょっとー。せっかくの帯がー、帯が見えないわー。前帯とお太鼓、ちゃんと見えるように、映してくれなきゃー。

 

a0007_002410

 

あれは、正式のレセプションの前のお茶会のときだったか。たしかこっくりとした白茶の地に摺り箔の静かなお着物に、光琳の杜若図の写しの帯を合わせていらっしゃった。お手元には小さくて四角い金泥のバッグ。控えめだけれど華のある、お祝いを伝えるための装い。ご高齢の女性の晴れのお着物として、なんて美しいのだろうとうっとりしたのだ。

 

a1180_002026

 

雅子さまのオランダご訪問。セレモニーの折の象牙色のイブニングドレスは、たしかに以前からお召しのものだったけれど、バッグだけもう少し変えられたらよかったんじゃないかなーと、一人で勝手に妄想していた。イブニングバッグという小さな面積だからこそ、唐織のような錦地を繊細な留め金で洋風のバッグに仕立ててもいいと思うし、びっしりと日本刺繍とビーズで埋め尽くした重厚なものでも象牙色のドレスによく映えたんじゃないかな。。。

 

なんて。誰にも頼まれないおかしな妄想をめぐらすのは、わたしのナイショの楽しみのひとつだ。

 

PT350001

 

お暇な主婦の戯言といえばそれまで。「それ考えて何になるの?」なんていう、シュジンと息子のことなど放っておく。

 

あーでもないこーでもない。あーしたら?こーしたら?そういう何かの「どんぴしゃり」を探し求めて「さまよう」感覚は、これでけっこうワクワクする「楽しい遊び」なのだから。

 

PT350001

 

冬の声が聞こえて来た。風景に色が少なくなった。外出はますます機会が減るし、人に会う予定もあまりない。

 

黒やグレーばかりのわたしの冬服に、今年は少しだけ色味が欲しいなーと思うけれど、家計のことを考えれば、思い通りの洋服やアクセサリーを買い求めるのは難しい。

 

でも。なーんか少ーしでいいから、色味が欲しいのよねー。

 

キャロラインさんのニュース映像を見ながら、お裁縫箱の中を探してみる。あの方は遠い遠い憧れ。憧れは憧れとして、わたしはここにいる。

 

これとーこれとー、これをこーしてー。

 

小学生の女の子が作りました!と言えばなるほどぴったりな、毛糸とフェルトとただの紐で作った「アクセサリー?!」の完成。

 

おばさんがこれするの、ちょっとヘンかなー。でも、まーいっかー。                                      この冬が少ーしだけ楽しくなれば、それで万事okだ!

 

 

 

 

 

 

 

 


晴れ、時々やさぐれ日記 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • ききょう

    公人ファッションチェック、素晴らしいです!「それ考えて何になるの?」と言われるような事を考えるのは、本当に楽しいですね!
    手作りアクセサリー、良いですね。私も端材で何か作ろうかしらん。

  • サヴァラン

    サヴァラン Post author

    ききょうさま
    コメントありがとうございます。
    最近やっと気づいたのですが
    「ひとさまのファッションチェック」と
    「それ考えて何になるの?」
    この両方を「趣味」にしているようでございます。
    特にファッションチェック
    チェックをしているという自覚もないですし
    じろじろ見ているつもりもないのですが
    「アホか!」と言われる域のようです。(知らんかった)
    手作りアクセサリー^^
    もともとおもちゃ屋さんで買い求めたフェルトビーズだけに
    小さい子の目にとまるようです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

50代、男のメガネは

大人なんだから。

これ、買った!

シャンプーブラシ買いなおした

ミカスの今日の料理 昨日の料理

おい、おい、老い! :美味しい漫画#2

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

今週の「どうする?Over40」

ボーダーとパーカーで犬の散歩する女(私)。アップデート必須、という問題。

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

カレー記念日 今週のおかわり!

始めた気分だけで浮かれる 4月です

いどばた。

お財布、どうしてます?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.45 本のソムリエをきどる

絵手紙オーライ!

春は、にゃんスケッチ

ワクワクしたら着てみよう

還暦目前気の迷い!? カジュアルの扉開く!!

OIRAKUのアニメ

第48回 ゴジラS.P<シンギュラポイント>

黒ヤギ通信

ボツイチ鼻水出金簿⑤未納は突然に

昭和乙女研究所

エレックさんのエンゼルケーキ

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ミニウォレット買った!

日々是LOVE古着

香水もヴィンテージ

なんかすごい。

春の匂いといえば

出前チチカカ湖

第167回 イメージがコロコロ変わる案件

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

三者会談

猫No.24  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

三者会談

猫No.24  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up