6月19日はカレー記念日

カレー記念日

仕事の日の雨は× 休日の雨は○

6月19日はカレー記念日

にゃまの

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、梅春。三寒四温のあいだ。

 

三月になった。壊れたままの温度計は、冬じゅう29℃をさしていた。

 

PT350001

 

三月になった。本州の西の端にいて、こんなことを言ったら北の方にお叱りを受けそうだけれど、三月の暦をめくった瞬間に「ああ今年もなんとか越冬したな」と思ってしまう。

 

PT350001

 

日差しが明るくなって、明るい色のものが着たくなる。学年最後の授業参観は、数日前なら迷いなく黒を選んでいたのに、昨日は急に若草色を着たくなった。冬色のおばさんで行くよりもせめて色だけでも明るくいきたいと思った。とはいえまだ首を出す気にはなれない。

 

タートルは脱ぎ着が面倒だ。顔を塗ったあとは特に。えいやっと若草色に首を通してえいやっと鏡を見る。危ぶんでいたほどの違和感はなかったので、そのまま真冬のものより毛羽立ちのないハーフコートを着て出かけた。

 

PT350001

 

小学5年の女の子たちはもうすでに小学6年に見える。小学5年の男の子たちは唇の上にうっすらと濃いめの産毛をたくわえながらまだまだ小学5年にしか見えない。

 

知り合いのお母さんたちに「引っ越すって聞いた。引っ越すの?ねえ引っ越すの?」と口々に聞かれる。「え?うち引っ越すの?ねえ引っ越すの?」と聞き返して笑われる。ともあれ、担任の先生とお会いするのはこれが最後になるのでちょっと長目におはなしして一年のお礼を言って帰る。体育館のフロアにグランドピアノが降りていたのは卒業式の準備だろう。今年ももうそんな季節だ。

 

PT350001

 

そういえば学生時代、謝恩会というのがあった。あれは一体誰が幹事をしてくれたのだったか。案内の文章に「お世話になった先生方に感謝の意を込めて」という文句があって、少しばかりの悶着があった。「いやいや、感謝には及ばない」と先生方がおっしゃったのだ。

 

「仰げば尊し」を、中学や高校の指導のもとに歌ってきたわたしたちは面喰った。「儀礼」を、ただ「儀礼」として流してしまうことに鈍感になりすぎていた。結局、「卒業記念」と会の名を改めて先生方の臨席をたまわった。

 

PT350001

 

その頃の恩師が、この春退官をされる。わたしたちの卒業のあとで改組があって、学部が新しくなった。それらの変遷の中で先生は学究生活を全うされ、長く教鞭をとられ、また一方で多くの同僚の先生の長年の労をねぎらわれてきた。けれどもしかし先生のご退官にあたっては、学内の記念行事こそあれ、わたしがイメージするような賑々しいパーティーは計画されていないそうだ。改組があった学部では、虚礼廃止の不文律があるのでこの度もその例に倣うことになっているらしい。

 

今風といえば今風。でも何か寂しさも残る。

 

PT350001

 

学生時代、梅春ものと呼ばれる洋服になんとも言えない憧れがあった。三島由紀夫の「女神」の一節がその頃の気分とリンクした。

 

「女の服飾は、空の色、海の色、夕焼けの色、あけぼのの雲の濃淡、池の反映、樹木、建物、部屋の配色、一日のうちのあらゆる時間、光線、会合の雰囲気、すべてのものと調和や対照を保っていかなければならなかった」

 

PT350001

 

梅春と呼ばれる季節はあっと言う間に過ぎてしまうので、よほど日々の変化に敏感に肌をそばたてていなければ捕まえそこなってしまう。ちょっとした怠惰やちょっとしたやさぐれの間にせっかくのこの季節の光陰を取り逃して毎年毎年「梅春」をとりこぼす。

 

先週のお稽古の日、お習字の先生がおっしゃっていた。「今が梅のいちばんの時期。梅の香りがすばらしいですよ」。

 

さて。掃除機を片付けたら梅を探しに出かけてみようか。黒のダウンは着ないでおこう。

 

 

 

 

 

 

 


晴れ、時々やさぐれ日記 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • nao

    こんばんは

    寒い寒いと思っていたけど
    夕方5時を過ぎても明るいし、うちの庭の梅も咲き始めました。
    花や木の芽吹きは本当に春を感じさせてくれます。

    子どもの頃、5月のゴールデンウィークは
    日本中が観桜会(お花見)をしているのだと思っていました。
    4月の春先は雪解けであまりきれいな季節ではありませんでした。

    明るい色の服を着ましょう。
    玄関にも春の花を生けましょうね。

  • サヴァラン

    サヴァラン Post author

    naoさま
    こんばんは

    北国の春
    わたしは10年ほど前に3年だけ山形で過ごしましたが
    ゴールデンウイークは東北のためにある!と思いました。
    4月も末になって
    それまでモノクロだった景色が一息にカラーになるあの感じは
    遅い春を待ちわびたご褒美だと思いました。

    明るい色の服 着ます!
    玄関に春の花 生けます!
    あたたかなコメントをありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

なんかすごい。

猫のさよなら

50代、男のメガネは

父の七回忌、写真の配置

OIRAKUのアニメ

第17回 海獣の子供

今週の「どうする?Over40」

「日常の平穏」は、いつだってホラー映画のオープニング。

日々是LOVE古着

自分でサイズ直し

黒ヤギ通信

ムーミン谷の仲間

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

mikityさん、チークの位置が古いです。

カレー記念日 今週のおかわり!

枕買ったら 目がよく見えるよ (当人比)

いどばた。

笑いをかみ殺したハナシをしましょう。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.25 ほむほむの後継者は、いま話題のあのヒトだ

ミカスの今日の料理 昨日の料理

切る覚悟:ねぎ酢だれ唐揚げとおまけの一品

わたしをライブに連れてって♪

おだやかな時間

これ、入るかしら?

vol.60 またまた髪について

絵手紙オーライ!

雨の日も また楽し。

あの頃、アーカイブ

【エピソード32】「外国」を肌で感じたEXPO70

これ、買った!

ゴルフウエアのワンピ買った!

四十路犬バカ日和

一年経って令和になって

KEIKOのでこぼこな日常

日本語って奥深い

昭和乙女研究所

昭和のあの町はどこへ…

ワクワクしたら着てみよう

パーソナルカラーが目からウロコのウインターでした

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.38】大人の女っぽく おならに対処したい。

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

七勝八敗

猫No.30  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

七勝八敗

猫No.30  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up