4月14日はカレー記念日

カレー記念日

鬼嫁は いつでもどこでも 後方支援

4月14日はカレー記念日

都忘れ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、中和。老化と進化のあいだ

 

今のが最後ね。もうそれ以上買い換えることはしないわ。

 

母はたしかそう言っていた。最後というのは父の車のことだ。母には幸い自動車免許は無い。

 

PT350001

 

「あのね。今日クルマ屋さんに行って今日決めてきたわ。お父さんも古い。車も古いじゃ心配だしね。お父さんもこれからは小さい車の方が運転しやすいって言うし。輸入車の小さいのっていうのも故障とか修理とか、わたしたちにはそういうのも面倒だしね。ともかく今日の今日で決めてきたわ。今日の今日よ!今からクルマ屋さんが書類を持ってみえるの。んじゃあね」

 

3月も20日を過ぎて母の電話は例によって一方的だった。

 

「増税前のかけこみ消費?うちはカンケイないわね。だってあーた、わたしたちいつ死んじゃうかわかんないのにあれこれ買いためたって仕方ないでしょ」。この電話の数日前にはたしかそう言っていたはずだ。

 

PT350001

 

晩年の高峰秀子さんが麻布の豪邸を「減築」されたはなしとか、作家の佐野洋子さんが病気の診断がおりたその足でジャガーを買って帰られたはなしとか。当然すぎることながら相当スケールの違いがある。

 

違いはあれど、あの母からの「小さいくるま」のハナシは少々の驚きだった。「今ので十分。今のが最後」。前言をいとも簡単に翻し「小さいくるま」に乗り換えることに決めた両親は、老化しているのか、進化しているのか。父79歳、母77歳。

 

PT350001

 

シュジンのお義父さんはかなり前に運転免許を返上された。お義父さんらしい潔い選択は、家の前が大型スーパーという住環境と、歩くことを一切厭わない日常の習慣が手伝ってのことかも知れない。

 

わたしが今いる町では、ご高齢のドライバーがとても多い。みなさん果敢にハンドルを握られている。わたしの運転にも不安要素が全くないではないが、高齢の方の運転にはヒヤっとすることがないでもない。それでも。お年寄りの暮らしに「くるま」のはたす役割は大きい。

 

「車を小さくするよりいっそ運転をやめれば?」という言葉をわたしは母に言えなかった。「今までどおり」と「運転をやめること」のあいだ。その選択を遠くから見守るしかない。両親にしてなかなか小気味いい選択。そういう結論を切に願う。

 

それはそうと父が今まで乗った車は、わたしの記憶にあるだけで………。1台、2台、3台………。ジンセイの尺度ってなかなか難しいものだな。

 

PT350001

 

日曜の夕飯前。わたしはシュジンをパソコンの前に呼んだ。「この中古マンションは周囲の環境もその他の条件も、わが家的にはかなりいい線だと思う」と。

 

シュジンはその物件の価格には関心を見せたものの、マンションという点に案の定難色を示した。長期的に考えられるマンショントラブルへの懸念。それをまず口にした。

 

その上でこうも言った。「環境がいいってきみは言うけどさ。そもそもその〈環境〉の意味合いがボクときみとでは違うからね」

 

PT350001

 

わが家は今のところ持ち家がない。シュジン49、わたし47、息子11。来年の中学入学を視野に入れると住まいのことを具体化しておく方がいいのだろうとわたしは思う。え~?今頃?という友人の声が聞こえなくもない。

 

「そろそろ老親たちの近くに」「そもそもこのままでは落ち着かない」というのもわたしの正直なところだが、シュジンは若い頃から転々と住処を変えてきたせいか「なるようになる。なるようにしかならない」という雲をつかむような自説の中で飄々と暮らしている。

 

飄々は飄々でいい。けれども家族がいる以上それでは困る。とわたしは思っている。

 

PT350001

 

シュジンの言う「環境のよさ」とは、交通至便で病院を含む日常の用事が徒歩圏内でまかなえる場所のことを指す。つまりは完全にリタイア後の生活に焦点が当たっている。

 

かたやわたしの考える「環境のよさ」は彼とは違う。シュジンとわたし。それぞれ自分が育った家のイメージに強く影響されているのは確かだ。

 

PT350001

 

おうちの一軒や二軒。車の一台や二台。さして悩まずに買い求められる経済の方には無縁なはなしで恐縮だ。どこへ落ち着くか。どこを落としどころにするか。シュジンとわたしの話し合いはいつも平行線で終わる。

 

「中和でしょ。中和。ぼく、理科で習ったばかりだよ」。

 

親のはなしをサザエさんを見ながら聞いていた息子が言った。シュジンとわたし。今か老後か。老化か進化か。

 

中和ね。中和………。

 

 

 

 


晴れ、時々やさぐれ日記 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • nao

    去年、90歳で亡くなった義父が、87歳で向かいの塀にぶつけるまで車を運転しておりました。
    ぶつかったのが、人じゃなくて、ホントよかったです。

    家族である高齢男性から、車を取り上げるのはどこも苦労しているようで
    どんどん出来ることが減っていく中、「俺はまだ運転できるんだ」というのは
    生きる意欲にもつながっていたりするのでやっかいですね。

    そういう私の父も、75歳ドライバー。
    この車で最後にすると言ってから、2回は買い替えてます。。

  • こたつ

    こんにちは。

    車と住まいって、その人(夫婦)の価値観をちらっと見せてくれますよね…。

    知人に、75歳にして家業をやめ家を売り、全く知らない新天地で暮らしている老夫婦がいます。
    車はレンタル?リース?のようです。

    お子さんが独立されてるということが大前提ではありますが、
    「持ち家がないっていうのもこの歳になると身軽でいいもんだよ」と言われ、その潔さに驚きましたが、案外そういう方も多いのでしょうか?

    社会が成熟(進化?老化?)してくるとまた世間の価値観も変わるのかしら。

  • アメちゃん

    おはようございます。
    naoさんの義父さまのお話、私の父と同じです。
    85才の父も去年、どこかにぶつけて(母が「お詫びをした」と言ってたので、どなたかん家の塀だと思います)、それで運転を辞めました。
    それまで、ジープに乗ったり、最後の車も赤いスポーツカーみたいなヤツに乗ってて
    毎日のように温泉へ行くのを日課にしてたのですが
    車に乗れなくなってガックリ、急にウツっぽくなってしまいました。。。
    今年初め、車を売ろうということになり、業者さんに連絡したものの
    本人曰く「手放すとなったら、さびしいてなー、、」
    と、結局いまだに庭に置いてあります。
    naoさんがおっしゃるように、「生きる意欲」と
    老いとともに手放さなければならないこととの狭間で
    どうバランスをとっていくか、、、ですね。

  • サヴァラン

    サヴァラン Post author

    nao さま
    お返事遅くてすみませんm(__)m

    「これが<最後>の車」
    わたしも周囲に聞いてみたところ
    「<最後>はなかなか最後じゃない」みたいですね^^

    >家族である高齢男性から、車を取り上げるのはどこも苦労している
    ↑これは、ほんとうに、そうですね。

    いつ、だれが、どのタイミングで。。

    うちの場合はこういう場面こそ
    母の出番!と思ってますが。。

  • サヴァラン

    サヴァラン Post author

    こたつ さま
    お返事が遅くなりました

    「持ち家がないっていうのもこの歳になると身軽でいいもんだよ」
    ↑たしかに!たしかに!

    昨日わたしのお習字の先生(70代)も同じことをおっしゃってました。

    「家が欲しい」「車が欲しい」というのも案外一過性の欲望で
    人生全般を見渡す望遠鏡の倍率を思い切ってぐわ~んと上げてみれば
    「あれ?いらないんちゃう?」と思えてきます。

    >社会が成熟(進化?老化?)してくるとまた世間の価値観も変わるのかしら。
    ↑視界が晴れるコメント、ありがとうございます!!
    目指すは成熟!!精進します!

  • サヴァラン

    サヴァラン Post author

    アメちゃん  さま
    お返事遅くてすびばせんm(__)m

    やはりいつかは「壁」に突き当たる日がくるんでしょうね。
    お父さまの「赤いスポーツカーみたいな」車
    そして
    「手放すとなったら、さびしいてなー、、」というつぶやき
    ぐっときますね。。。。

    「生きる意欲」と「老いとともに手放さなければならないこと」の狭間。
    「人間」って、つねに何かの「狭間」にいるってことなんでしょうかね。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

50代、男のメガネは

大人なんだから。

これ、買った!

シャンプーブラシ買いなおした

ミカスの今日の料理 昨日の料理

おい、おい、老い! :美味しい漫画#2

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

今週の「どうする?Over40」

ボーダーとパーカーで犬の散歩する女(私)。アップデート必須、という問題。

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

カレー記念日 今週のおかわり!

始めた気分だけで浮かれる 4月です

いどばた。

お財布、どうしてます?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.45 本のソムリエをきどる

絵手紙オーライ!

春は、にゃんスケッチ

ワクワクしたら着てみよう

還暦目前気の迷い!? カジュアルの扉開く!!

OIRAKUのアニメ

第48回 ゴジラS.P<シンギュラポイント>

黒ヤギ通信

ボツイチ鼻水出金簿⑤未納は突然に

昭和乙女研究所

エレックさんのエンゼルケーキ

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ミニウォレット買った!

日々是LOVE古着

香水もヴィンテージ

なんかすごい。

春の匂いといえば

出前チチカカ湖

第167回 イメージがコロコロ変わる案件

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

足場不安

猫No.4  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

足場不安

猫No.4  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up