4月16日はカレー記念日

カレー記念日

マスク会食 脳トレ以上に難しい

4月16日はカレー記念日

爽子

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感嘆詞。「あやや~」と「にゃ~」のあいだ。

息子があほすぎる。

実家の母にそれを話すと「あ~ら!あーたよりまし!まし!」と高らかに笑われる。

シュジンの母にそれを話すと「い~え!そんなことはけっしてありません!」と教育ママの腕まくりが電話の向こうに見えてくる。

どちらも解決には程遠い。は~~~。

 

PT350001

銘「さざなみ」「水」という お干菓子 『和の菓子』より

 

週末はいつも息子を叱っている。ともかく、わたし以上にどんくさい。朝→昼→ とこめかみの血管が熱くなるのがわかる。

怒髪冠を衝くとはこのことだ。土曜は夕方になると お習字に行ってアタマを冷やす。

先生はいつも穏やかで 御髪はふわふわとけぶるように白い。この御髪が冠を衝くということは決してない気がする。

先生はおっとりと話される。そのおはなしに、はっとしたりすっとしたりさせられる。先日のお稽古中はこうだった。

 「今騒がれている 野次 っていうの? あれね。わたしは ちーっともたいしたいことないと思うのよ。わたしがむかしお勤めしてたとき、労働争議がしょっちゅうあってね。わたしたちはな~んもわからんの。なんでもいいからそこへ座っちょき、って言われるの。だから仕方なく、座ってるんだけどね。はーまー、そのやりとりが あんな野次とかなんとかのレベルじゃあなかったですよ。

そりゃもう恐ろしかった。恐ろしくて恐ろしくて身の毛がよだった。でも 今はあんなことはしてないでしょうよ。だから 議会で野次を言ってる方は、こんなのはむかしと比べりゃたいしたことはないって思っちょるのかも知らん。ともかく あんなのは 上手にいなしてやらんとせんないですぃね」。

 

「え?息子さんが言うことを聞かない?どこもおんなじですぃね。そうやって正面からやりあえる今が花ですよ。おやりなさい。おやりなさい」。

 

PT350001

銘「あまのがわ」というお菓子 「和の菓子」より

 

この日のお手本は 「 みよ あけわたる ひんがしを 」。

かなのお稽古を始めたばかりなので、一文字一文字が大きい。

みよ あけわたる ひんがしを。 西の空の方向に向かって家路につく。

 

PT350001

銘「織姫」というお菓子 『和菓子』より

 

日曜もあほな息子はあほなままである。このひとには「損得勘定」という計算機能が全くない。生活全般、特に勉強の仕方にそれが顕著に表れる。「そういうやり方は無駄が多くて損でしょ!」と声を荒げて言うと「損して得とれ。急がば回れ。負けるが勝ち。って、むかしから言うでしょ」と50に近い母親に「むかし」を説こうとする。

 

ひんがしは 一夜明けても あけわたらない。

 

PT350001

「あまのがわ」の下絵

 

 もうもう最初っからやり直さねばと思う。でももう身がもたんと老体が悲鳴を上げている。

 

こういうときは「美しいもの」を見るのが一番だ。お花でも買いに行こうかと思うけれど、外は生憎のどしゃぶりである。図書館で借りている本が9冊。その中の3冊は、「くさくさするときのサプリメント本」であり、この「くさサプ本」の割合は、いつの頃からか「借りている本の3割」という一定量を維持している。

 

PT350001

 

『和の菓子』の方は、自分の本棚にあったものを最近お母様を亡くした友人に送った。今はもう絶版らしい。

 

『和菓子』の方は、わりと最近出た本だが、『和の菓子』と比べると編集の仕方が違う。

 

『和の菓子』は、たっぷりと余白をとり、間にお菓子の下絵やモチーフになっている日本画がさしはさまれている。

 

『和菓子』の方は、さまざまな有名店から同じ銘のお菓子を集めそれぞれのページに配置したり、お菓子のインスピレーションそのものの花鳥風月の写真を載せたりしている。

 

どちらかと言うと、『和の菓子』の編集が好みだけれど、どちらも捨てがたく美しいのはたしかだ。

 

PT350001

 

『樋口可南子のいいもを、すこし。その2』

 

 本当は手持ちの「その1」と、「その2」「その3」を並べて眺めたいところだが、予約中の「その3」の方はなかなか順番が回ってこない。順番待ち一番のはずが、どこかでどなたかのもとで、未だに離れがたく寄り添っているのだろう。

 

美人は「美しいもの」との相性がすこぶるいい。美人と美しいもの。その両者の「照応」の美しさを、アートというほどの遠距離ではなく、生活というほどの近距離でもなく、程良い間合いで見せてくれるのがとても心地よい。

 

街になじみ街にたたずむ樋口さんは美しい。美しい樋口さんがたたずむ街の風景もまた美しい。。。

 

これを見てしまうと、近頃の多弁過ぎるファッション誌は、たちまち新聞の折り込み広告とたいして変わらない気がしてしまう。「われをわれを」という輪郭が うるさい。。。

 

PT350001

『いいものを、すこし。その2』 より

 

「おかあさん、何をさっきから『にゃ~』とか『あやや~』とか言ってんの?」

 

椅子の後ろを通る息子に言われてはっとする。とうとう、口に、出すようになってしまったか。。。

 

PT350001

『いいものを、すこし。その2』より

 

わたしは 自分の好みのものに出会うと「にゃ~」とか「あやや~」とか、おかしな感嘆詞をこころの中でつぶやくくせがある。

 

「にゃ~」と「あやや~」のあいだに、用法用例の違いがあるのか。。。時折 真剣に考えるけれど答えはまだ出ない。

 

「あやや~」の方には、もしかしたら「してやられた」「不意、不覚であった」という「悔い」が混ざっているのかも知れない。それでもこのときの「悔い」は後味の良い「悔い」である。

 

PT350001

『いいものを、すこし その2』より

 

「ともかくさぁ。おかあさんはときどき言ってるんだよ。にゃ~とか、あやや~とか。外でもハッキリ、誰の耳にも聞こえる声で。ぼくはもう恥ずかしくて。おかあさんがデブなのも恥ずかしいけど、そのトシして、にゃ~とかあやや~とか言うのも恥ずかしい。少しはぼくの身にもなってくれ」。

 

怒りが限界を越えて、意識の輪郭が、決壊しているのかも知れない。嗚呼。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


晴れ、時々やさぐれ日記 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • さり

    はじめまして。
    いきなりですが、わかります! わたくし、50歳で小4の男の子の母ですが、息子があほすぎる! 義母に言うと「一応私のかわいい孫なんですが、、、」と言われますし、夫にいたっては、「あんまり怒らないでやってね」と言いますけど、無理難題です。世間では褒めて育てろと言いますが、これも難題です。
    美しいものやすがすがしいものにたくさん接して、つかの間の心の平穏を慈しみましょうね。

  • サヴァラン

    サヴァラン Post author

    さりさま
    はじめまして。
    ありがとうございます!わかってくださって(泣)
    ほんと、小学男子という生き物は理解不能です。
    小学校も低学年までは100%かわいい存在でしたのに。。

    「褒めて育てる」
    以前こんなことがありました。
    息子:「ねーねーおかーさん。世の中では褒めて育てるって言うよ?」
    わたし:「おかあさんだってあなたを褒めて育てるつもりだったのに~。うえーん(不覚泣)」
    息子:「よし。よし」

    かくなる上は
    美しいものすがすがしいものにこころを寄せて。。。

    さりさまにも
    みなさまにも
    「美しいもの」「すがすがしいもの」
    お聞かせいただきたいです。

  • さり

    お返事ありがとうございます。

    うわ~子供の台詞も同じですね。褒めろ系本を指して「ママ、ほら、ここ読んでごらん。」って。

    ちなみに夫は何か困ったことがあると「にゃう~」って言います。

    私にとっての「美しいもの」はお天気さえよければ、木がもこもこの公園(但馬高原植物園が理想)か日本庭園ですが、雨の日は、、、難しいですね。だらだらしてしまいます。あえて言うと雨が地面に吸い込まれたり、はねるのを見るもの好きです。一瞬のことですが。

  • サヴァラン

    サヴァラン Post author

    さりさま
    こんばんは。

    ご主人さまの「にゃう~」
    オノマトペ人間として、握手ができそうです(笑)

    それにしても。
    小学男子という生き物は
    母親を膝かっくんさせるために棲息しているのじゃないかと
    わたしは真剣に思っています。

    但馬高原植物園
    ここなんですね→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%86%E9%A6%AC%E9%AB%98%E5%8E%9F%E6%A4%8D%E7%89%A9%E5%9C%92

    ああ~ ここは素晴らしい。
    ああ~ ここは妖精がいそう。。。

    雨といえば
    ピータースピアーの「雨、あめ」という絵本が好きなのを思い出しました。

    「一瞬のことですが」
    ああ、いいことばをありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

カレー記念日 今週のおかわり!

使ったよ バズるに続いて エモいまで

出前チチカカ湖

第167回 この妄想が好きだ。

なんかすごい。

わたしは人見知り

50代、男のメガネは

大人なんだから。

これ、買った!

シャンプーブラシ買いなおした

ミカスの今日の料理 昨日の料理

おい、おい、老い! :美味しい漫画#2

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

今週の「どうする?Over40」

ボーダーとパーカーで犬の散歩する女(私)。アップデート必須、という問題。

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

いどばた。

お財布、どうしてます?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.45 本のソムリエをきどる

絵手紙オーライ!

春は、にゃんスケッチ

ワクワクしたら着てみよう

還暦目前気の迷い!? カジュアルの扉開く!!

OIRAKUのアニメ

第48回 ゴジラS.P<シンギュラポイント>

黒ヤギ通信

ボツイチ鼻水出金簿⑤未納は突然に

昭和乙女研究所

エレックさんのエンゼルケーキ

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ミニウォレット買った!

日々是LOVE古着

香水もヴィンテージ

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ピップのむこうに、ユアマジェスティ。

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

先手必勝

猫No.34  by れこ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

先手必勝

猫No.34  by れこ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up