12月4日はカレー記念日

カレー記念日

洋服は 似合うかよりも 入るかどうか

12月4日はカレー記念日

都忘れ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、みなまで言うな。母と娘のあいだ。

「あーた。夏休みはどうなの?たろうは変わりなく元気なの?

あーたの体重は、まさかあれから増えてたりしないでしょうね!」

実家の母からの電話にびくりとする。

 

69c664946a8e35963db7ce2d77486f01

 

「たろうは変わりなく元気です」。そう答えてどきどきする。元気なのに変わりはない。いやむしろ、元気過ぎてひと悶着あったのだ。

 

「元気も元気、元気過ぎて。こないだとうとう鬼ばばあって言われたわ」。電話の向こうの母はカラカラと笑う。

 

20130725_gaga_13

 

「まったく。わらいごとじゃなかったんだから。。。だっておかしいじゃない。むかし宿題中に物差しで手を叩いたことを称して体罰だの、鬼ばばあだの。感想文を書き直させたことをもってきて、ぼくはお母さんの言いなりになってきただの。挙句の果てに、ぼくはずっとしいたげられてきた、とまで言うのよ。あの子ったら。しいたげるってどういう意味よ、って言ったら、そのままの意味だって、ご挨拶もいいとこよ!」

 

IMG_7571-11

 

母はカラカラと笑い続ける。

「たとえ、たろうの言うことが大人からすれば大げさだとしても。11歳のあの子はあの子のもの差しで、それはそれで精一杯の表現なんだから、今のあの子の主張を受け止めるしかしょうがないわね。それにしても鬼ばああって、あの子よく言ったわね。あっはっは」

 

20130725_gaga_13

 

こういうとき、母がわたしを慰めることは全く期待できない。余計な言葉を挟めば倍返しではすまされないので、笑い声も含めて適当に聞き流す。それより、これが原因でわたしが家出をしたことを、今ここで白状するべきか、受話器を持つ手に力がこもる。

 

なんのかんの言って。わたしは母に秘密をあまりもてずにこの年になった。それが完全に習い性になっているので、ここで家出のことを言わないままにすることは、わたしにとっては湿度の高い罪悪感というか、粘度の強い強迫観念というか、ともかく後ろめたさを残す際どい別れ目になる。

 

「あーたったら。そんな極端なことをして」。。。

 

白状するまでもなく、母の反応はもう耳元で聞こえている。

 

――― 言わない。話さない。わたしにだって、たろうの親としての矜持がある。

 

IMG_0299-1

 

「たろうのそんなの。かわいいもんじゃない。あーただって、さんざんわたしに言い寄ったでしょ。まったく、すばらしいことを。ほんとにまー。あーたときたら。

 

それはそうと。下重暁子さんがこないだね。。。」

 

yjimageO4WT56N7

 

下重暁子さんというのは、何年かに一度母の話題に上る女性だ。もとNHKのアナウンサーで今は随筆家、評論家。

 

「お若いときはあんなに可愛かったあの方が、お年を召してあんなになっちゃうんだから。わたし同い年だけど。年をとるってほんと一筋縄じゃいかないものだって思うわ」。

 

確か2,3年前の下重さん話題は、そんな内容だった。「あんなに可愛いかった」と言われても、「あんなになっちゃ」ってと言われても。わたしは母の「あんな」の語気の範囲でしか、下重さんを現実には知らない。それより下重さんに頭を下げる方が娘として正しい道だという気がする。

 

遖丞勧

 

そうだ。おおむかし。「画報」系の雑誌で、下重さんがお母様のものだという黒の婚礼衣装をお召しになっている写真を見た記憶がある。伸びやかな裾模様の大振り袖も、大きく立て矢に結んだ立派な丸帯も、すべてお母様のお衣裳の一部だとクレジットには書かれていた。

 

あの写真の頃で、おそらく50歳前後におなりになっていたはずだけれど、昭和初期のものというお衣裳の見事さと、下重さんのチャーミングな美貌の取り合わせは、お年を召した方が振袖を着るという奇異さとは別の「重厚で格調高い美」として強く印象に残った。

 

それに加えて、「持っているひとはあらゆるものを持っている」という下世話な感想をわたしに焼き付けた。

 

IMG_9416

 

「それはそうと、あーた。あの下重さんがね。このあいだ、おっしゃっていたのよ。わたしは決して、母にとっていい娘ではなかったって。しみじみとおっしゃるから、わたしびっくりしてしまって。

 

お着物のことに限らずね。理想的な母と娘と思うじゃない。今まで下重さんが書かれてきたものを読んでも。

 

それがあーた。あのおとしになって言われるんだから。自分はいい娘ではなかったって。

 

どきりとしたわよ。でも、これが本当なのだとも思ったわよ。きれいごとじゃなくてね。ずっとこのままきれいごとですませる方法だって、あったと思うのよ。少なくとも人前でおっしゃらなくてもね。でもね、下重さんはね。。。

 

ちょっと、あーた。わたしのはなし、聞いてるの?」

 

8789317

 

聞いてますよ。聞いてますとも。

 

下重さんのそのお話しが、何故そうやすやすとあーたとわたしの間柄にスライドできるのかはわからないけれど。

 

あーたはもしかすると下重さんのお母様にシンパシーを感じていて、わたしのことを下重さんと重ね合わせて、えらく感嘆しているのかも知れないけれど。それはちょっと、手前みそも過ぎるんじゃ。。。

 

そもそも。あーたと同い年の下重さんが、ご自身のお母様とのことをおっしゃるのなら、ここはその、あーたとおばあちゃんの関係を重ねて考えるべきところではないのかしら、もごもごもご。。。

 

BeatrixOst

 

「ね。いいですか。おやこというのは多かれ少なかれそういうものなんですよ。親の思い。子どもの身勝手。

 ちょっと、あーた。聞いてるの?聞いてるんなら聞いてるでなんとかおっしゃい!」。

 

ああ、お願いだ。みなまで言うな。言わせるな。胸が詰まる。

それにしてもこの感じ。

息子の舌鋒は、隔世遺伝だと、わたしは思う。ね、おばあちゃん。。。

 

 

 

 ※ 写真は 「Advanced Style」より使わせていただきました。http://advancedstyle.blogspot.jp/

 

 

 


晴れ、時々やさぐれ日記 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • okosama

    サヴァランさん、こんばんは

    山口の雨は少しはおさまりましたでしょうか。

    うちの場合、不思議なことに、一悶着あった時を狙ったように、実家から電話がかかってきましたよ。
    で、心配したがりで話がややこしくなるから、私は彼女に何も言わないんですけどね。

    ところで、
    クルエラ・デ・ヴィルは「鬼ばばあ」? それともカラカラ笑う電話の向こうの…?
    (怖くて最後まで言えませぬ 笑)

  • サヴァラン

    サヴァラン Post author

    okosama さま こんにちは
    コメント ありがとうございます。

    山口の雨
    あちこちからご心配いただいたのですが
    当地山口市は実はほとんど降りませんでした。
    山口県の東部、岩国市周辺がたいへんだったようです。

    実家のある名古屋も
    報道ではかなりの豪雨とのことでしたが
    実家周辺は大過なかったようで。

    先ほどの電話でも
    「そんなことより あーた!」と話題を横取りされました。

    クルエラ・デ・ヴィル
    あ!「鬼ばばあ」のイメージキャラともとれますね!

    (今回の画像、
    息子が「ばあばだ!ばあばそっくりだ!」と言うのを並べたつもりですが^^)

    ぎゃ!
    ということはわたしたち母子
    二人ともクルエラキャラってこと?
    きゃー、クワバラクワバラ~~~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

絵手紙オーライ!

ときにはペンスケッチで・・・

50代、男のメガネは

いや、もうボクはいいです。

これ、買った!

GUのオーバーサイズハイネックニットチュニックを買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

手紙 を書いて: かぶと干し海老のトロ煮

今週の「どうする?Over40」

どうする?コロナ。どうなる?わたしの年末年始。

昭和乙女研究所

お菓子編 復刻してほしいもの

カレー記念日 今週のおかわり!

薬局で 勧められたよ あの薬

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

SUQQUのアイシャドウとその効果

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第27回 配偶者呼称問題(女性編)

日々是LOVE古着

子どもの頃の宝探し

なんかすごい。

カリーナさんの本

出前チチカカ湖

第163回 最近なくしたものを語ろう

OIRAKUのアニメ

第43回 日本沈没2020劇場編集版 オーディオ・コメンタリー付き上映

これ、入るかしら?

vol.74 ドレスとカジュアル

いどばた。

誕生日がいっしょな有名人は誰ですか?

わたしをライブに連れてって♪

みなさん、ZOOMしてますか

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ゆるふわゲストハウスへ、ようこそ!

黒ヤギ通信

ゆっくりと

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

ワクワクしたら着てみよう

冬のペールトーンコーデにワクワク~♡

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

妖怪変化

猫No.48  by はらぷ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

妖怪変化

猫No.48  by はらぷ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up